どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

積もったねー

c0219972_11383339.jpg
こちら立川市ですが、10Cm以上、場所によっては15~20cmも積もってます。49軒の自治会、ぼくは自治会長も喜んで引き受けてますので、ご近所の除雪状態の見回りしながら、安否確認とか世間話して過ごします。中には80歳以上の女性単身で体調もすぐれない人のお宅が気になるので、いってみたらすでに誰かが雪かきしてくれていたので、一安心しながら門から道路までの雪をどけて、外に出やすくしました。あと、そろそろ役員改選時期なので、次のバトンタッチがやばいかなーと思われる2つの班(3分の1)の役員と話して、状況確認しましたところ、案の定で、その場合は1人飛ばしにするのですが、これがまた簡単にはいかない。「みんなやってるのになんで?なんで?}」という意見も出る。そこを調整するのが面白いのです。振り返りみれば、セカンドリーグ支援室時代の2年間も、毎日が「人事部長」だったなー。面白くてためになりましたぜ。さて、雪かきですが、写真の通りいちおう我が家のまえと、前のお宅のとこと(このひと夜勤なので昼間は寝てます)、左右のお宅のところ少しを協働しました。しかし、4年ぶりとのことなので、雪かき用のシャベル、かわなきゃーと思ってあっというまに4年たち、またまた小野寺さんから借りることに。これでやるとはやいね、がんがんすすんで、49軒分やってしまいそうな、いやいやじょうだんです。さてこれから今日も「さんきゅう」です。でようとおもったら、利用者の1人から電話で、「〇ちゃん泊めてんだけど米がないんですが。」ときた。答えて曰く、「ありがとね、本来はNPOでシェルター持ちたいんだけどね、力量不足で。取りにこれる?だめだよな、じゃー帰りに届けるよ。」ということで話がつきました。これは地元だからできること。昨日は、所沢のFB代表から、1週間前は千葉の柏市から「泊まれませんか?」と電話がありましたが、「すみません無理です、行政か社協にいってください。」と誘導するしかありませんでした。千葉にもネットワーキングしてるシェルターあったけな!忘れてたごめん。
c0219972_11384470.jpg
写真の木、左は桑、右はけやき、どちらもとりさんが、近所の公園で種ついばんで、我が家に運んでくれて育っています。2月に「変なお宅拝見」という市民恐竜(交流)大学が、我が家で持たれるそうです。楽しみ。
[PR]
# by issei_tachikawa | 2018-01-23 11:39 | 家族、地域家族 | Comments(0)
初雪や、犬の足跡、梅に花・・なにいってんだか。さんきゅうカフェはお休みします。YPO(家事代行サービス)会議は、やります。11時からね。おにぎりの販売、コーヒー、甘酒などはやってますから、ぜひ売り上げ貢献を!
[PR]
# by issei_tachikawa | 2018-01-22 10:40 | Comments(0)
c0219972_17450021.jpg
こういう情報ってのは、普通の市場経済では企業秘密なんですが、当方NPOですから、地域の経済が活性化すれば良いと考えて一定公表しています。
詳細に関しては、2015年度WAM助成事業成果報告書をご覧ください。
http://sanq-h.org/2014.WAMreport.pdf

1つは、セカンドハーベストジャパン様
2つは、パルシステムの株式会社パルブレッド様
3つは、ジーピーエス様
4つは、社会福祉協議会様(TS⇒)
5つは、社会福祉法人にんじん様(LA・・⇒)
6つは、某餃子メーカー様
7つは、お寺様
8つは、御料亭様
9つは、わたぼうし様

あと、フードドライブも実施しています。まだ仕組みにはなっていませんが、実験展開中
1つは、パルシステム東京立川センター⇒パルシステム東京主に立川地区の組合員様
2つは、さんきゅうハウスのご近所の皆様(カフェ、食堂、家事代行サービス、麻雀等クラブ、みどり立川NW、三多摩フードバンクなどのつながり)
3つは、国際ソロプチミスト様
4つは、ワーカーズコープ様(タマジョーマルシェにさんきゅうハウス&フードバンク立川で出店し、そのご縁で食品が集まります)
ありがたいことです、こうしてまとめてみると、みなさまの優しい気持ちが伝わってきます。共に歩まん。未来へ!できること、やりたいことを、ひびこつこつとつみかさねていきましょう。
●食品提供先についての質問には、詳細に関しては後ほどお答えしますが、たかが食品、されど食品です。フォルクローレの演奏依頼や3000万署名での連携や、ぶっちゃけたコミニケーション、見回り、就労準備動機づけの効果にもつながっているようです。
●冒頭の画は、ケテイさんより寄贈していただいたもの、さんきゅうカフェに飾ってあります。「被爆はまゆう」などとおなじく「さんきゅうハウス」の宝物の1つです。


[PR]
# by issei_tachikawa | 2018-01-16 17:54 | 三多摩フードバンク&フードバンク立川 | Comments(0)
c0219972_11403565.jpg
近所のパン屋さんで売れ残ったパンが翌日9時までに社会福祉法人「にんじん」に届く。それを週4回いただいて、こちらの自由にできるのがありがたい。
個数はもちろん売れ行き次第、パン屋さんの幸せとこちらのそれは正比例?逆比例?考え方だと思う。売り切れて地域経済が活性化すれば、NPOや生活困窮者にとっても、良しと考えてもよいだろう、と僕は思う。
さて、配布先であるが、さんきゅうハウスにくる「現役」には無料で配布する。
土曜日は食堂休みだったので河原の人たち5名に届けた。というわけで、昨年度までは河原に行くのは年2回、2017年度の取り組みでは月2回、第1第3金曜日だけだったのが、このパンをいただけるようになってからは河原訪問、生活者とのコミニケーション回数が増えて、その分意思疎通が良くなり、信頼関係も強くなってきている、と思いたい。
(その目安)向こうから注文が出るようになる。もちろん「御用聞き」もどきもしている。パルシステムでの営業歴が大いに役立っている。ひとなつこいからね(わらい、本当はシャイなんだけれど、誰も信じません、ま、いいか)
先日も、「ハローワークいくときに靴がないのでありませんか?」いわれたので、すぐに電話して倉庫にあった靴を届けてもらった。担当は、N君と決めている。
あと、いちばん流れ寄りで暮らしているMさんからコートと毛布の依頼がったので、チャリで届けた。さんきゅうハウスと河原は歩いても5分くらい、チャリだったらすぐに往復できるので地の利があるね。羽衣町に引っ越してよかったにゃーとおもう。
土曜日は、初めて「中州」に渡って、パンとジュースと栄養ドリンクを届けた。中州の水たまりには雑魚がたくさんいたし、こうのとりかとおもわせるほどでかい「ごいさぎ」もいて、こちらがわとは別世界のように感じた。
変なたとえですが、電車で青森から海底トンネルくぐって北海道にでたときのような、感じでした。中州は府中市なので、いままでは派遣村や日野の有賀さんにおまかせだったのですが、なるべく見回りは欠かさないようにしようと思う。
Oさんという仙人みたいな78歳の男性も済んでおられる。寺子屋講師候補として狙っています。
写真は来週「わたぼうし」さん通じていただけるノンアルコール純米甘酒、たのしみだにゃー。河原にも届けるよ。


[PR]
# by issei_tachikawa | 2018-01-14 11:42 | Comments(0)
c0219972_21315360.jpg
今日の当番は、ケテイさん、かつ丼風の料理(肉は鶏肉だよな?おれじつは、三つ葉マニアなんで、しびれました)、生野菜にイワシの煮つけ、山芋とサツマイモの揚げ物にノリが巻いてある、あとは神の馬より送られた「かきなべ」と米麹のつけもの、いやー3日分いただきました。ごちそうさまです。
羽衣包括の女神が妖精連れて来てくれました。2人ともおまかせセット喫食し、おにぎりも4個お持ち帰り。話は異様に盛り上がり、無限の時空間を3人で羽ばたきました。宇宙、限りなし。60兆の細胞が、さわめきました。食後に、フードバンクの棚の在庫チェックをされていきました。
あと、わたぼうしさんからの「ノンアルコール甘酒」リクエストは、8ケースとなりました。
それから、「カンリニン」Mさんが、カリンのはちみつ漬けをつくって、お湯割り試飲したところ、反応良し。のどが調子悪い近所のひろ子さんには、最高のプレゼントでしたね。
夕方からは、来週仕事始めのカフェ店長(きよし&だいすけ)が米炊きに。3月25日の亀井英さんアゲイン「聞いてどうだった?」に誘いましたが、好反応、だよな!食べ物変えれば生活習慣病は治せます。遺伝とか外敵のせいにしないで、自己免疫力を高めるトレーニングを毎日続けるのです。気・血・道(食・運・心)は、くせになればやめられなくなる。好きなもの、納得いくだけ食べても、細かいことは気にしないでも、生活習慣病にはならない心と体、人間関係を創れます。亀井おやじの86年間の体験知を習得しよう。だいすけと潔には、ぜひ聞いてほしいです。世の中変わるぜ!ほんまや。
28日の憲法カフェの申し込みは、17名になりました。まだ入れますよ。2時から、さんきゅう寺子屋です。講師は、反骨の弁護士、いだやんこと位田浩弁護士、開業場所は大阪市北区、アスベスト裁判等で活躍中です。終了後、都心である立憲民主党決起集会に合流する人もいるみたいですが、僕は講師らとてっちゃんで交流予定です。
c0219972_21560042.jpg
お正月仕事始めのチイキ食堂メニュー、お正月のお餅カンパも使い切りました。合計300個以上のお餅カンパが、全国の仲間からよせられました。心の奥底から御礼申し上げます。リサイクルに出そうとしていた衣服の一部を、八王子の森下さんご夫妻が箱つめして、「てのはし」さんに送っていただきました。もうついてるだろうな。森下さんありがとう!
[PR]
# by issei_tachikawa | 2018-01-11 21:32 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)