どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa
c0219972_12150679.jpg
昨日11時半から夜の10時過ぎ(なんと!二次会は鉄っちゃんで)までごいっしょしました。このアットホームさ(俺の家に帰ったみたいな)は何なんだろうか?今まで考えてました。
ともだちがいっぺーおるゆうこともそうですが、「・・・歩み」(パンフレットの22頁)見ると、1986年に今の形(連合会)に移行することを決定した。んで今年超党派の協同組合信仰研究議員連盟ができて、協働労働法制化に向けた議論が開始されるとあります。
正直感動です!1986年、ぼくは長年の「フリーター(ホウムレス)」から立川生協の職員になりました。1970年代中頃、「サラリーマンになれない」自分と対話し続けて「大学院進学」を決意して、東大と京大に挑戦しました。
その傍ら大阪の港地区での全国金属関係の自主生産・自主管理運動の支援もしていました。また、東大センセー4人、明大1名、法政1名などで「生産組合研究会」をやっていました。
問題意識を一言でいうと、「そこから近未来社会が見えるのでは」ということでした。運動論で言えば企業倒産後の資本家・技術者・営業などの逃亡と、金属何十人で逃げ場のない高齢労働者の「ここで働き続けたい」というエネルギーに依拠して、自主生産・自主管理企業の横への連帯を強め、点線面とエリアを拡大していくというもの。
労働運動の全国展開では、総評がなくなり同盟が多数派になり、労組の組織率が落ちていき、全国金属とか全造船などは、少数派の労働運動としてあまり評価されなかった時代に、「地域多数派」を目指して田中機械、細川鉄工、大阪亜鉛などの自主生産が頑張っていました。もうなくなりましたが大和田さん(田中機械の労組委員長)、未だに印象深いです。友人はいまでもあそこの縁業で活躍中。
当時、いかなる企業形態で再建が望ましいのかを考え、南ヨーロッパ(リップ)やイギリス(アッパークライド造船)、日本(ペトリカメラ、パラマウント製靴)の運動を調査し、大事な事実に気づきました。「南欧には一般的な労働者の協同組合が日本にはない」という気づきです。
なんでやろ?ぼくの仮説ですが、「日本ではアナーキズム(無政府主義などという翻訳は間違いで、絶対自由=究極の秩序を追求する思想、あらゆる権力に抵抗続ける)やアソシィアションの運動が弱い。個人の自由や幸せのまえに、行政・会社・国家・裏返しの地域がかたられてきたのではないか」というのが答えです。とくにアナ・ボル論争へのかかわりの間違いは、歴史的な制約がありやむ負えなかった側面もありますが、いまようやく次が見えてきたのかなーという感じです。
森野君(ゲゼル研究会)から「日本人で『地域』を理論的・実証的に最初に扱ったのは権藤盛郷」と教えられてなるほどとふにおちました。
さてワーカーズ、法制化されて、その次にどんなチャーミングな運動と事業を展開してくれるでしょうか、共にこの地域で働き生きるを楽しみましょう。パネラーとして最後の3分で申し上げたことが、小生のメッセージでした。
改めまして、労働者協同組合(ワーカーズコープ)の30周年を心の奥底からお祝い申し上げます。

[PR]
# by issei_tachikawa | 2017-09-24 12:15 | パルシステムで愛と協働の地域社会を | Comments(0)

さんきゅうハウスNOW

c0219972_16020751.jpg
地域のパン屋さんがたんせいこめて作ったパンが売れ残る。今まではともかく、何とかしたいという声が届いたので、さっそく動いた。
今日で3回目の引取りと配達、「誰に任せようかなー」考えた末に、担当を「うしさん」に決めて、3回トレーニングした。オージェーテー!懐かしい言葉、PDCAもね。
このパン特徴は以下の通り。
1つ、無添加である。
2つ、調理パンが入っていて、味はおふくろの・・。評判は良い。
3つ、ジバサン、地場消だから、運動の広がりを予感できる。
NPOむきじゃん!
おまけに、牛さんはもういい年なのに毎日ぶらぶらしているだけでつまらなそうだから、「たばこちんかせぎ」には格好の仕事です。
本日は20個を「社内販売」してうれしそうでした。
ただし、3人の「当事者スタッフ」が必死に手を差し伸べてくれてのことです。牛さんはおそらく、数の計算が苦手で、今まで他人にモノを売ること(営業)なんてしたことがない。だからなんでも向こう(買い手)の言いなりになる恐れがある。その他もろもろの心配もあるのですが、いきなりベストはない。ベター追求で行きます。
2つ目の話題。カフェのお客様と麻雀クラブやフードバンクそして寺子屋&カルチャー教室つながりのお客さを「さんきゅう食堂」に誘っています。すでに2名の女性が食べに来てくれましたが、今日はカフェ始まって以来のマサルくんが食べてくれました。
まさに地域食堂の面目躍如、にしていけるかも。子どももくるといいなー。緊急支援が必要な方は無料で開放します。昼飯+ドリンクで500円。お互いにメリットあり。

[PR]
# by issei_tachikawa | 2017-09-20 16:02 | Comments(0)
c0219972_22103723.jpg
1つは、猫の話してるとき。動物が好きなんだなー、わかるよおれには。猫はしかとしないからなー。変な目で見たりもしないし、「あんたは精神病院に行った方が良い。薬飲む方が良い。」なんて上から目線のいいかたもしないからなー。
2つめ、Sさんがくると目が輝く。心配になるんだろうな。見ているだけであやうい。カフェまで歩いてくるのにも杖ついて、わずかな距離なのに汗びっしょりだ。スロープもあぶない。前後左右どちらに転倒するかはらはらする。彼がさっと立ち上がってサポートしてくれる。
災害時の復興支援なんかにもいかしてあげたい。もっとも災害なんて起こらない方が良いことはもちろんですが。
3つめ、今日の気づき。30日の3色パステル画教室(講師はにろりん)に出たいって!これってまじに驚きでした。かねてから歴史が好きなのは知ってましたし、いずれ寺子屋でも話をとねがっていたのですが、絵が好きだとは思いませんでした。
30日の申込、これで4名となりました。にろりんみてるかにゃー。いずれにしてもせっかく群馬からきてくれるんですから、にぎやかに行きたいものです。

[PR]
# by issei_tachikawa | 2017-09-19 22:10 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_21500128.jpg
今日は都心である集会に3人の仲間は出かけ、残った3人はどうすっぺーか考えた。僕は「ひとりでも2時からやろう」と思って、現場に行ったらなんとすでに大道芸人が2人も。聞けば、それぞれ別にやるので、終わりがいつになるか?メイビー6時ごろみたいな答え。
ここでの選択肢、1つ、今日はやめる。2つ、夜にやる。ぼくは2を選んだ。
家でしっかり昼寝してから、北口デッキに戻った。6:00過ぎてたのに、大道芸まだやっとる!少し見たらけっこうおもろい。でもこのまま帰るには惜しいなーと感じたので、南口に移動して、しゃべり始めた。だんだんエンジンがかかってくる。
話の肝は以下の事。
1つ、今国会解散してる時かよ。
2つ、なのになぜ、自民黒幕の判断、危機意識とチャンス感覚(今しかない)
3つ、ロンドンテロの根源、2020年東京でのテロ予測と憲法9条
4つ、朝鮮と日本の関係史、国際情勢の中で金vsトランプを見ての評価、IS戦闘員と若き自衛隊現職、共通項は「貧困」、浅田次郎も自衛隊員だった!
5つ、戦争論と9条
話していると終わらなくなる。ある意味当然だなと思う。17歳くらいから悩み始めて、誰ともコミニケーションしないで十二指腸潰瘍を患い、多くの先輩に恵まれてベトナム反戦運動を始めてから50年、話はいくらでも出てくる。
途中で50歳くらいの女性がチラシを見せながら「近くでまかせてもらってもいいですか?」ときく。もちろんゴーアヘッド、アクションウイズユー。チラシあとでみたら「デマで沖縄への偏見をあおった「ニュース女子」東京MXテレビは訂正と謝罪を!」とある。仲間だな。
もう2つうれしいこと。僕の話は6時から7時半まで続いた。左の方で背の高い黒い上着と黒いズボンの高倉健さん風の男性がじーっとたちすくんでいて、僕の話を目線合わせない位置で聴いてくれているようだった。
僕の話は、インパール作戦総括で終わった。自衛隊をアメリカの世界戦略の後押しと安倍内閣の点数稼ぎのために使ってはいかん。戦争はもう二度とやってはいけない、やらせてもいけない。やらせないぞといいきって話終えた瞬間に寄ってきて、「ぼくもその通りだと思う。」といってくれた。めったにないであいだぜ。
彼は、横川橋梁の社員だったころ、イラクとかシリアに行っていた。どれだけ貧しい人々がいるか。イスラムの活動家がどれだけ熱心にたくさんのひとの面倒をみているか。まのあたりにまのあたりにみてきたという。
署名をしていただくのを忘れるくらい感じました。名刺渡しました。スパイじゃないよな!とおもいました。俺の命なんかどうってことない。なにしろ戦争と原発、搾取と貧困無くしてからでないと死ねません。「近未来社会」(みどり立川、みどり東京ビジョン)に必要なインフラ、仕組みについて触れたところで話は続きにしました。また来週月曜日にね。お楽しみに。
もうひとつの収穫、BIGISSUE販売員のKさんに署名お願いしたら「30名ぐらいはいけるかな」ということ。うれしいぜ。草の根民主主義に根が生えて、地面にしっかりねづいていきます。

[PR]
# by issei_tachikawa | 2017-09-18 21:50 | Comments(0)
c0219972_22230675.jpg
昨日のMLで地域のYさんから「台風でもやるんですか?」ときかれているとの情報入手、媒介は社協の早川さん。
今朝、勝男さんからの電話で話し合って、「全員と連絡とるのは無理なのでとりあえずやる方向で準備しましょう。」と決めた。この時点ではぼくも参加するつもりでいた。
電話切ってから、ふと思い立って、できるかぎり「全員」に電話かけしてみた。Yさんの返事は「自分も入れて4名みんな今日は休むといってます。」次に、男性Iさん、kさんからも休むという答え。
しばらく来ていなかった2名からは、「登録抹消」に依頼もあり、10時の時点で参加確定はスタッフ3名、地域(ご近所の女性)1名のみだった。
実際にはFさんご夫妻とT夫人も参加して、トータル8名参加となった。
この経験は大きい。スタッフには若干の謝礼も出して、家賃2000円も払える。台風にびびらないでちゃんと情報も流して、無理しないでやれた意義は大きい。
報告は、最初に神の馬からあり、次に剛司からもあった。彼らの声もこころなしかはずんでいった。「もしもシャッター閉まってたら、来た人にさみしいおもいさせちゃったからねー。」といって胸なでおろしたひとこまでした。
◎明日のカフェは、敬老の日のためカフェ休業します。

[PR]
# by issei_tachikawa | 2017-09-17 22:23 | Comments(0)