どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

さんきゅうハウスNOW

c0219972_20311312.jpg賀川一枝さんから宅急便で差し入れが届いたので、さっそくハウスに届けた。無洗米5kg、手づくりの梅干し、パルのせっけん洗剤、石鹸歯磨きも、先日はベニート氏からも夏用のパジャマなどをいただきました。利用者、スタッフより心から御礼申し上げます。

福祉医療機構さんからの助成金の採用していただきほっと一息、つくまもなく次の課題を追っています。

8月6日の夏祭り会場は、立川公園、夕方から始めます。河原の住人が参加しやすい距離なので、月曜日に数名でチラシを配布します。ワイナマユのみなさんも参加してくれる意向ですが、詳細については、7/26(火)の夜に決めてもらいたいです。資金提供だけよりも、現場を見ていただくほうが親近感もてると思います。
◎行き方は、モノレール柴崎体育館の先を左折して50メートルのところ。公園使用許可も下りるようです。
◎7/25から来週いっぱいをメドに多摩川河川敷、路上、生活保護受給者の自宅、療などを訪問し、夏祭りチラシを配布する予定。多摩川河川敷の仲間には下着類のセットも配ります。路上の仲間などには夏祭り会場で配ります。

11月のシンポジウムもやる方向で話が進んでいます。呼びかけ範囲も広くなりそうで、楽しみですね。野宿者の問題が、実は多くの弱者を含めて地域に暮らす人々みんなが助け合って生きれる社会をつくるための一里塚であることがわかりやすい集まりにしたいです。「何で、今、さんきゅうハウスなのか?!」1人1人が自分の胸に手を当てて考えると、「もしかしたら明日のわが身かもしれない」となるかもしれません。少なくとも過去のイッセーを振り返ると、そのような気がします。この活動は実は自己救済兼なのかもしれません。

今日のお昼が、大川スタッフ手づくりのカレー&わかめの味噌汁。2人の利用者さんは、顔色も良くて少し安心でしたが、「今晩何処で寝るか決めてない。」と言っていました。
「ある意味自由で幸せじゃん。帰りたくもない家に無理して帰ってノーコミニケーションよりも。」なんて冗談言ってしまいました。さんきゅうハウスの問題は、一般家庭の問題にも繋がっています。
「ともかくこういう場所は続けようぜ。」と5人で語り合いました。帰って御唱念だ。

P.S.昨日のテレビで、市民ファンドと気仙沼のふかひれ加工会社の話を知った。
746名は津波で流された工場復活再生基金に参加している。こういう関係がさんきゅうハウスでも出来ると嬉しい。困ってるヒトを助けたい、助けたら喜んでもらえた、つながっていると言う実感を確かめられる、こういう仕組みを保障すればよいのだと思う。求めよ!それがあらゆることの原点だから。
[PR]
Commented by michael kor watches at 2014-07-08 22:42 x
I¡¦ve been exploring for a bit for any high quality articles or weblog posts in this sort of space . Exploring in Yahoo I eventually stumbled upon this website. Reading this information So i¡¦m glad to exhibit that I've a very good uncanny feeling I discovered just what I needed. I so much for sure will make sure to don¡¦t omit this site and give it a glance on a constant basis.
michael kor watches http://www.lakesidecertified.com/images/Michael-Kors/michael-kor-watches.html
Commented by issei_tachikawa at 2014-07-11 09:44
this isIissei Yoshimra speaking(writing),see you
by issei_tachikawa | 2011-07-22 20:29 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(2)