どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

デリートよしむらのデリート事例

無駄(不要)、危険、不安、非効率、逆効果、環境破壊、人の心を傷つける、常識のウソなどを見抜いてしまうともういてもたってもいられないのがイッセー流です。ただし、即断は禁物です。デリートコマンド出るまで何十年かかった場合もありますから、今では筋金入り、鬼に金棒といっても良いでしょう。他人の研究もパクリましたが、1つの科学的な結論を翻すためには何十倍もの成果や資料を確かめてから結論を出すことにしていますから、できる限りもうひとつの思い込みは避けたい。イデオロギー戦争は必要な場合はやるとして、通常は「事実」に裏づけされた仮説に基づいて「生活改善」論議と提案を行うことにしています。何のためにか?社会を変えたいからです。元気な高齢者を増やしたい。自分も死ぬまで現役でいたい。かわいそうな人が多すぎる。このままでは人類は滅びる。それを止めたい。まだまにあう。

「食」のデリート事例
・食事を女性に作っていただかなくても自分で出来るようにしました。50年かかっています!
・玄米崇拝主義的主食(玄米良し白米だめというのは間違いです)
・サラダ油、紅花油、残り油、マーガリン、揚げてから時間がたった揚げ物、てんぷらなど
・40~60歳までの20年間は、牛豚鶏卵牛乳などはデリートしましたが、今はパルシステムの豚鶏卵乳は少したまに食べることもあります。
・白砂糖、精製塩、原則市販の醤油など市販されている調味料は不使用
・食品添加物は90%パルシステム基準に合わせています。ほとんど買い物しませんから
・着色された液体入りの缶物(自販機で売ってるやつ)
・水道水
・間食、ほとんどゼロです。
・夜食、同じくゼロ、夕食は毎日6時前後で終了です。ただし、仲間と飲む時は何時でもかまいません。けっこうルーズです。
・一人酒、喫煙、ほとんどしなくなりました。やめたつもりはないのですが、欲しくなくなってきた。さんざんやったじゃろーということです。

「医」及び生活上のデリート事例
・医療機関での定期健康診断に変えて「毎日自己健診」を楽しんでいます
・家庭用常備薬(胃、風邪)
・風邪、頭痛、腰痛、腹痛、肩こり、飽満感、げっぷ、便秘や下痢、疲労感、すべてなくなりました
・石鹸(食器、風呂はデリート、洗濯時のみ少し使用継続)、歯磨きもやめてたわしとブラシ、デンタルピック、デンタルフロスを使用
・車廃車済み
・新聞の定期購読
・エアコン
・電球は99%LEDに交換
・口座は、労働金庫1つにしました。
・電気、ガス、水道料金の自動引き落としもやめました

「運・心」のデリート事例
・きつい運動 野球とマラソンにはまだ色気がありますが今は自主トレのみにしています
・「あいつはいやだ」とか「苦手だ」という意識もデリートしました。全ての不幸は自分の何かに係っている=自分の側にも原因がある=自分から先に変れば万事上手く回るという考えにいたっています。だから人のせいにしたり、人を攻めたり批判したり、傷つけないように気を配ります。

まだまだたくさんでてきそうですが、今日はこのへんでおあとがよろしいようで・・・トントトントン
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-08-06 13:05 | 気・血・道、医・食・農 | Comments(0)