どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

イッセー通信配布活動余韻です

c0219972_8182240.jpg

両面印刷ですが、自宅プリンターの調子が悪いので近所のスーパーで勝手にA4トレイを引き出して、片面印刷済みの100枚をセットして印刷します。マネジャー(男性)に聞いたら、「紙詰まりの原因になるのでやめてください。」といわれても、あきらめないで勝手にやっています。紙詰まりしたことはありません。

新たな配布先40件のうちで、路上でしか会えない白髪のご老人(男性高齢者なんていうよりこの表現の方が彼の人間性がより的確に伝わる?)どうすっぺーか考えながらチャリこいでいたら、近所の踏み切り渡ったところでばったり会えたのです。(紙=通信、ミーンズ神)のお引き合わせか。

渡すべきかどうか迷った挙句にやめてしまった人がいます。まだ迷っています。裾野を広げたいという願いと近所でいらぬ軋轢は避けたいという気分が戦っています。一晩考えましたが、「フツーは避けるべ、だからこそオレは前向きに考えて渡してしまおう。あとは向こうの問題」ということで、今日配ろうと決めました。

先月号で「なんだー来たんなら声かけてくれればよかったのに。」といっていただいたメダカヤ(目高舎)には遠慮しないで寄りました。ちょうどキヨミさんは図書館だったので、ハルヨさんとおしゃべりしていたら彼も帰ってきて30分くらいおしゃべりを楽しみました。これも通信のご利益だな。コミニケーション=地域つながりのきっかけづくり、縁結びのツールということ。

砂川町6~8丁目、柏町4丁目、幸町2件、武蔵村山市大南と緑ヶ丘を撒き終えて最期が「さかえの住宅」49世帯の自治会ですが、配布は11軒だけ。事業系のチラシと違って、イッセー通信は顔の見える相手を絞り込んで配布しています。経費と環境を配慮するとこうなりますね。

あと10数枚あまっていますが、これは今日のコンサート(マルキチャイ、with遊で4時から)に持っていこうかな。9月2日の寺さん暑気払いでも渡せるな。

そうだ山田「理事長」ご夫妻からは、「横芝通信」いただいてますので、毎回郵送しています。神奈川、岩手、岐阜、千葉、大阪、広島、熊本とか読んでほしい友達にはわるいけど今回はパス
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-08-31 08:02 | イッセー通信 | Comments(0)