どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

立川フードバンク会議、大収穫でしたよ

ゆっくりと歩んでますが、だんだん仕組みになりそうな気分です。2重構造(?)のつながりができつつあります。

1つは、三多摩レベルでパルブレッドさんの協力をいただき6団体連携ですすめているもので3年目に入ります。最初は配布受ける側だったひとが、仕訳や配布側にまわったり、府中と立川では対象者を路上生活者から母子家庭などの生活困窮者にまでひろげるなどの成果(アウトカム)を生んでいます。
2つは、立川市内で行政を巻き込む意気込みで、社会福祉協議会とワーカーズコープとさんきゅうハウスの協働連携ですすめています。昨日はボランテイアさん3名を交えて、さんきゅうカフェで会議をもち、いくつかのことを決めました。

1つめ、フードバンクチームで水曜日にもカフェを開いて、緊急対応や相談の場とします。シェフをだれがやるのかなー?楽しみです。これで本部企画の木(もく)カフェ、当事者の就労支援準備の月(月曜だかたつき)カフェ、水曜日のフードバンクカフェ、そして「くんちゃんの土曜日定食カフェ」が続きます。

2つ目、3月6日(日)10時から2時まで、こども未来センター前市場復活です。フードドライブもやるよ。
3つめ、3月13日(日)、さんきゅうハウス左側スペースで事業始めます。ごみ関係は、裏の駐輪場の物置(99000円のを4万円で入手!)に入れて、きれいにしたスペースで何するか?夢、イメージを出し合いましょう。フリマー、小物ショップ、物々交換スペースなどなど、いろいろ意見が出ています。
[PR]
by issei_tachikawa | 2016-02-17 10:35 | 三多摩フードバンク&フードバンク立川 | Comments(0)