どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

カテゴリ:3.11が問かけること(自然災害、原発)( 47 )

c0219972_09354552.jpg
あの日は(その日からブログ書きまくってますので、ぜひ一緒に振り返りください)9時間半歩いて帰ってきた。新大塚発4:00頃、立川の砂川7丁目自宅に付いたのが1:30だった。
たいへんだったけれど、人間への信頼を確かめられた日でもあった。たとえば、田無の駅前でたまっていた群衆に向かって、バイクの青年が叫ぶ。東大和までだれか一緒に乗ってきませんか!って。すぐに希望者が後ろに乗って出発した。お互い知らない同士なのに、おどろいた。
9時間半も歩けたこと自体が驚きでもあった。これは天啓か、「日頃からたすけあうのですよ、人と人との信頼関係ほどたいせつなものはないのです。忘れていたでしょうこの事実を。」というような声を、何か月かたった日にどこかで聞いたような気もする。神戸の時、三宅島のときにも。
10月に3人で南相馬支援に行ったが、帰り道、2度と耕されないかもしれない荒れ果てた田んぼ、壊れたハウス、逃げられない動物たち(猫)を見ていたら、怒りの涙が込み上げてきた。あのときほど「原発無くさないと死ねない。」と感じたことはない。
そのごの国会金曜日デモで、たくさんの人と出会ったが、子どもの一言が忘れられない。ぺんぺん草を積んでいる子がいっていた。「福島の草はとれないんだよ。」って。広島に疎開していた子が帰るときに,水筒に水道水を汲んでる子がいっていたらしい。「おみやげさ。福島の水は放射能でのめないから。」と。
あれから6年たつのに、未だに10万人近くの方が避難されている。原発周辺で避難解除勧告が出たが帰る人は極少数だろう。無責任な東電、安倍内閣、原発メーカーを許してはならない。原発なくして、廃炉事業と自然エネルギー事業を拡大し、輸出もさせないような政府をつくるために、各自ができることをやりきることこそが、「忘れない」の現在的意義なのではないかなー。とおもいつつ、これから、飯館村みそづくりの第3回に向かいます。
さんきゅうカフェで11時から、お昼は長岡式の酵素玄米です
●P.S.2010年暮にさんきゅうハウスを立ち上げた数か月後に地震・津波・原発爆発、初年度の資金繰りに苦労した。何よりも気つかったことは、「東北復興支援の方が先なのでは」という自問自答だった。ハウスの利用者(当時は河原生活)の一言に感じるところあり。彼曰く「俺たちなんかより今は福島応援してやろうぜ。」と。助成金や寄付金申請時にもやたら気いいつかうとしでした。でも、背に腹かえられずでしたが。
●2011年12月の振り返り記事もよんでくれるとうれしいな。

[PR]
by issei_tachikawa | 2017-03-12 09:36 | 3.11が問かけること(自然災害、原発) | Comments(0)

飯館村で味噌づくり

飯館村にいってきました。仮設住宅で味噌を作りました。13回目の企画で、延べ1000人くらいが参加し、1.12トン(!)の味噌をつくったよ。夜の交流会では原発を廃炉にの思いがこみ上げてきて、酒も何年分かのんだなー。もっちゃんごっそーさんでした。厳しい環境の中たくましくあかるく生き抜いている飯館の「むすめたち」や「にいさんたち」からたくさんの元気をいただきました。立川駅からチャリで帰り道、まめ吉母と妹さんにばったり会ったので、写真集をプレゼントし、栄子さん・芳子さん・とし子さん・波多野さんやみなさまから頂いたお土産も差し上げました。うどは、小学生の息子さんにも受けたらしい。青大豆はさっそく半分水に漬けました。20時間漬けて、今日の夕方煮ました。素朴な味、うまい!さんきゅうだよりとイッセー通信は、清瀬の方お二人、荒馬座の方などに「さんきゅうハウス」のお話をしてから差し上げました。味噌の里親プロジェクト、事務局のやまげんさん、レアさん、美沙さん、ほんとうにお世話様、おつかれさまでした。声かけてくれてグラーシャス(ありがとう!)最後に朝5時起きで大豆を湯がいてくださった飯館村のみなさま、駅やホテルとの往復運転していただいた自主耕作グループ代表の方にもこころから御礼申し上げます。
[PR]
by issei_tachikawa | 2015-04-20 19:40 | 3.11が問かけること(自然災害、原発) | Comments(0)
c0219972_15363497.jpg
今黙祷終了して思うこと。1つ地震・津波・原発爆発、区別して考えないといかんなー。2つこれから「想定できること」と「「しづらい、というかできないにちかいこと」も区別してかたらんとなー。3つ、「忘れない」努力は「自分の持ち場での何かの行動」につながってこそ実をむすぶんだろーなーということです。
1つめは、マスコミや「原子力利害関係者」(原子力破壊発電で大もうけしてきた人々=大学研究者、GE・WH・三菱・日立・東芝などのメーカー、地元の関連企業と誘致に積極的だった政治家、そして沖縄以外の電気事業者、さらに無関心のままに電気を使ってきた全ての日本人(特に大人)への警告として肝に銘じるべきだと思います。とくに福島原発爆発の事実と原因は未だに十全な解明をされていないことは忘れないでいたい。原発爆発とその後の事態に関しては「人為的に作られた」(犯罪)といってよい。責任者が出てきていない。告訴団第2次にも多くの人が加わってほしい。
2つめ、原子力の「安全性」はとても人類が証明できるものではないこともはっきりした。かりにそれが証明できるとするのなら、人間が太陽をつくれてしまうし、人間自身(細胞)を作れてしまうということになる。これは命への冒涜です。手を触れてはならない部分に手を入れて生活に生かそうとした気持ちは分からないでもありませんが、スリーマイル、チェルノブイリ、茨城JCO、福島などだけではなく、毎日毎日どこかの原子炉で何らかのトラブルや事故がおきていたのに、マスコミ・電力会社・自民公明政権は争点隠しに余念がなく、国民の大多数は「安全神話」などというマスコミ用語を安易に使って騙されてきた。福島原発爆発で生じた多くの犠牲(関連死何千人でしょうか?、避難中20万人以上?、餓死したり殺された動物達、二度と耕されない田畑などなど)からとことん学ばなくてはならないと思う。
3つめ、では僕が考える「忘れない」とか「追悼」の気持ちをどのようにあらわすべきなのか?ということですが、せめて原発はなくしてから死にたいと思います。「原発さえなかったら」と厩舎の壁に書いて他界された方の死も無駄にしないように。
そんなこを考えながら東京新聞読んでいたら、今日の朝刊4面に、城南信用金庫理事長吉原さんのインタビューが載っていた。3.11以降、城南シンキンの5w2hが分かりやすく語られています。全国民必読!
パルシステムも復興社団創ったり、石巻仮設住宅支援、カンパ、飯館村味噌の里親プロなどがんばってきましたが、まだまだこれからですね。被災直後の関心は正直薄れるというのが常ですし、「だから生きていけるんだよ。」といえば私たちが人生で遭遇するあらゆる不幸にも通底する事実ですが、いまとこれからのつながりと活動を通じて、蘇る過去と創造する未来との接点と対話しながら生き抜いていきたいとおもぴます。
「荒れ果てた二本松の田んぼ、飼い主に見捨てられた犬猫牛豚鶏達、甲状腺がんにおびえてくらしている親子」などなど、事実を直視して対話しながら、助けを求める人々の側にたちつくした政治をつくっていきましょう。4月の統一地方選挙で脱原発候補を応援し、争点隠ししている議員には明確な回答をもとめていきましょう。
[PR]
by issei_tachikawa | 2015-03-11 15:36 | 3.11が問かけること(自然災害、原発) | Comments(0)
c0219972_11013904.jpg
c0219972_11013201.jpg
c0219972_11011253.jpgc0219972_11012487.jpg
c0219972_11005830.jpg
2014年もあとわずかですね。レストランサラにおせちをとりにいきました。田中さん(理事長)、幹子さん、紀平さん(前理事長)にりんごジャム買っていただきました。ありがとう!
イッセー通信も今日中に撒ききりますよ。というわけで今日になった河原生活さんへの物資供給はいけません。
避難地域指定が次々と解除されていきますね。とくに南相馬市はボランテイアでお邪魔したところなので腹立たしい。除染で安全性が証明されることはありえないのに、指定解除の意図のうらにみえみえなのは、補助金カットだけです。コレも安倍の誤ミックスの1つだな。
原子力破壊発電装置は、商業用としては停止していますが、福島では冷却水がどんどんたまっていく。捨てる場所もないからタンクにためているのですが、いったいあといくつ増設すればよいのか?誰にも予測できない。海の汚染が思いやられます。オリンピック招致のために「完全にブロックされている」とウソをつく首相も、うわさによれば精神安定剤に依存する生活が続いているという。
◎画像の羊人形は、まめ吉さんで撮りました。
★昨日の夜、風呂の壁清掃するのを楽しみにして湯殿に入ってみたら、なんとぴかぴか綺麗になってるじゃん。誰が?と聞いてみたら、どうやら消去法で「ののか」とでた。ありがたいね。何もいわれんでも率先しておおそうじ。さすがや!
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-12-30 11:13 | 3.11が問かけること(自然災害、原発) | Comments(0)
c0219972_15084631.jpgパルシステム東京にはこのよぷな素敵な職員さんがたくさんいるのかなーと想像するだけでも元気になりますね。高田さんからのメール勝手に掲載します。おこられるかも。その場合は直ぐに削除しますから、今が読みどころだよ。

「吉村一正様 お世話になっています。コミュニティワーク連絡会に加入いただき助成基金から手づくりうどんが続いているんですね。松長より入稿の手続きを進めています。 パルシステム商品の自販機ともう一つの事業は毎月、商品を発注して対面でビル内の職員に販売します。「職場でもっと食べようよ、仲良くなろうよ」そのツールはパルの商品で!組織に頼らないで、まっさきに思いのある職員が主体的に動く、このエネルギーをもらったのが、市民活動でがんばる皆さんです。 男性の参加はうれしいです。ソーシャルラブリーおじさま(吉村さんや小林さんやデンデンの木村さんたち)の活躍をこれからも期待しています。 今後ともどうぞよろしくお願いします。------------------------------∞生活協同組合 パルシステム東京組織部 市民活動支援課高田 範子〒169-0072東京都新宿大久保2-2-6 ラクアス東新宿7Ftel:03-6233-7617 fax:03-3232-2577 【内線】5206Email:takata-noriko@pal.or.jpURL:http://www.palsystem-tokyo.coop/」
◎で、土曜日の味噌の里親1周年、手前味噌もちより交流会、これはぜひ立川でももう一度やりたいと思っています。詳細がわかり次第、あらゆる広報ルート(withyou、『のんびる』、イッセーブログ、FB、「さんきゅうハウス」スタッフML、SANTAMAアクションMLなどで呼びかけますのでお待ちください。
◆以下は土曜日の集まり集合写真です。みんなの笑顔がすてきでしょ。このとおりの集いでした。
c0219972_15241928.jpg

[PR]
by issei_tachikawa | 2014-10-06 15:22 | 3.11が問かけること(自然災害、原発) | Comments(0)
福島民友新聞 5月15日(木)14時44分配信
 「患者が大量出血し、緊急の輸血が必要」。14日午前9時ごろ、県北地方の病院から県赤十字血液センターに一報が入った。病院によると、200ミリリットルで100本分以上と大量の血液が必要だが、他の患者や緊急時のための同センターの在庫が尽きてしまう可能性があった。異例の事態に、同センターは地元ラジオ局を通じて県民に献血を呼び掛けた。
 放送の直後から、ラジオを聞いた県民が各地の献血施設に詰め掛けた。福島市役所前に設けた献血バス2台の前には大勢の市民が集まり、最高気温30度を超える暑さの中、献血待ちの列が絶えなかった。
 多くの善意で、通常の平日の約2倍となる516本分の血液が集まり、必要量を確保することができた。同センターの職員は「一報を受けた時はどうなることかと思ったが、驚くほど多くの人の協力のおかげで本当に助けられた」と感謝。今後も継続的な協力を求めている。
◎心温まるいいはなしだなー、3.11はやはりある意味天啓だったのかもしれないな。
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-05-15 19:34 | 3.11が問かけること(自然災害、原発) | Comments(0)
c0219972_11504938.jpg
こんなふうに使うだけでは風に悪いぜ。「風評被害」ていうことばを、アホマスコミが好んで使ったのは、護送船団方式崩壊の1990年代前半だったと思う。
おれはたまたま住宅購入頭金捻出のために千代田生命一時払い養老(当時はなんと6.6%、いや8.8だったかも!)中途解約したら直後につぶれてしまった。。
あとで知った事実だがその他、東邦生命、協栄生命など数社がつぶれて、その理由の1つとして「風評被害」(ソルベンシーマージン比率悪化が根拠だったが)があげられた。
このことと、福島の放射能被害状況に関する情報化といっしょくたんにしてはならないことは明白ではないか!
かんたんに、あんいに、何も考えないで「フーひょー」などというなかれ。特に自分で食い物つくっていない消費するだけの都会に住む日本人はアホマスコミに踊らされないように、最新の注意を払うべきである。
「おいしんぼ」の表現だって、この観点からみれば、1つの情報として語り伝えられるべきコトとして当然の表現行為なのではないか。
鼻血について「そんな事実は無い。」ということは、元双葉町町長、何人かの医師の実体験と証言に裏打ちされて反論されているのは事実である。
かといって福島全体がやばいとか、福島県人への差別と偏見を助長するような使い方は絶対に容認できないことも当然である。
今大切なことは、足元の放射能だって事実についてわからないという事実を語り継いでいくこと、安全安心キャンペーンには組しないで、一刻も早く全ての原発を廃炉に着手することだと思う。ガンについてだって事実と原因が科学的に証明されていない(わかっていない)のだから、わからないことはわからないというべきである。
再稼動、輸出、モンジュや六ヶ所など論外である。戦うべき対象は何なのか?しっかりと見極めて生き延びよう。自主避難者へも補償するべきだろう。

[PR]
by issei_tachikawa | 2014-05-14 11:52 | 3.11が問かけること(自然災害、原発) | Comments(0)
◆福島甲状腺がん、7人増加33人に
 (2月8日 東京新聞より)
 東京電力福島第一原発事故による放射線の影響を調べている福島県の「県民健康管理調査」の検討委員会が七日、福島市で開かれ、甲状腺がんと診断が「確定」した子どもは前回(昨年十一月)の二十六人から七人増え三十三人になった。「がんの疑い」は四十一人(前回は三十二人)。(中略)
 しこりの大きさなどを調べる一次検査で約二十五万四千人の結果が判明し、千七百九十六人が二次検査の対象となった。
 「確定」と「疑い」に、手術の結果「良性」と判明した一人を含む計七十五人のうち二十四人について、原発事故が起きた二〇一一年三月十一日から四カ月間の外部被ばく線量も公表。一ミリシーベルト未満が十五人、一ミリシーベルト以上二ミリシーベルト未満が九人だった。
 国立がん研究センターなどによると、十代の甲状腺がんは百万人に一~九人程度とされてきた。(後略)

◆作業員「本音書けない」 東電アンケート 元請け経由回収
 (2月12日 東京新聞朝刊より)
 東京電力が、福島第一原発で働く作業員の待遇面など労働環境改善のために実施しているアンケートを、元請け企業を通じて回収していることが分かった。
作業員たちの話では、下請け企業の中には、作業員の回答を提出前にチェックしたり、回答の内容を指示したりするところもある。作業員からは「こんなやり方では実態は分からず、改善につながらない」という声が上がっている。
 アンケートは、東電が事故後に福島第一原発で働く作業員を対象に始めた。作業員の立場は弱いため、回答者が特定されないよう、匿名で、通常は所属会社や元請け、年齢なども記載しなくていい。
 東電はアンケートの記載内容に配慮しながら、回収する段階では元請け任せ
に。回答用紙は「作業員→所属する下請け→上位下請け→元請け」というように会社を通して回収。東電へは元請けからまとめて郵送されるという。
 作業員が特定される恐れを小さくするためには、作業員が線量計を借りに立ち寄る東電の管理施設に、回収箱を置くなどして直接回収をする方法も考えられる。
 ある作業員は「(上位下請けから)下手なことを書くなというプレッシャーがある。従業員の書いた内容を全部確認してから封筒に入れ、提出させられた」と話す。線量計の不正使用を目撃しても見なかったと書くよう指示された作業員もいたという。
 東電の担当者は「回答用紙は作業員が記入して封筒の封をする。中身は(元請けなどに)見えないようになっている」と回収方法は適切だとする。
 東電は作業員を安定的に確保するため、昨年十二月の契約分から元請けへの支払いを増やし、日当をかさ上げすると発表。作業員に適切に行き渡っているかどうか、今後アンケートで確かめるという。
 だが、作業員からは「会社にチェックされているかもしれないと思うと、変なことは書けない」との声も上がっている。

◎1人1人で何ができるだろうか?情報収集のアンテナを広げかつ絞込み、考え続けること、友達と社会に発信しコミニケーションし続けること、コレが肝腎だな。沈黙は容認につながります。せめて、東京新聞くらいは、毎日目を通して、広告料減少とタタカウ新聞を支えようと思ってコンビニに通っています。

◎毎週金曜日の官邸前パレード(?なんというべきか?)にも最近いってないし、経済産業省敷地内脱原発テントにもごぶさた、それでも商業用原発稼動ゼロ始まってから160日(半年近く?)たっていますね。裏で進行する再稼動の動きを肌で感じながら、雪の中をコンビにに向かいます。そうだ「生ワカメ」かわなくっちゃ!
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-02-15 10:15 | 3.11が問かけること(自然災害、原発) | Comments(0)
c0219972_7573454.jpg
「私たちで「問題の本質は手紙を渡したことではない」「問題は政府が原発問題に無策なことである。国民は政府に怒っている」と世論形成していきましょう!!
今、私たちに出来ることは、「ツイッターやFB、ブログで山本議員への応援メッセージを拡散すること」です。

政府は事の本質=原発問題から国民の目をそらすため、山本太郎議員が天皇陛下へ手紙を渡したことあえて大変な騒ぎにしたいのです。このまま議員辞職となったら相手の思う壺です。

政府側・いわゆる工作員と呼ばれる人々は、この問題で太郎さんに非があることを、ものすごい勢いで書きたて、拡散しています。
それに屈してはいけない。私たちで「問題の本質は手紙を渡したことではない」「問題は政府が原発問題に無策なことである。国民は政府に怒っている」と世論形成していきましょう!!」

この写真と文章シェアしてください!天皇陛下に事実と真実をお知らせする行為は合憲です。なぜなら、憲法は国民の強い意志バックにで制定されたものであり、国民のために存在するのであり、脱原発は国民の80%が支持しているのですから

天皇はこれまで政治的な権力を握った人たちとは実に微妙なある時代は隠然とした、ある時代は密室で公然たる国の統治権を発揮してきました。

時代が変れば過去は忘れられがちですが、忘れてならないことは第二次大戦火に於ける天皇の動きです。国民は命を捧げて国の民族の利害を守らされたのです。しかし日本人はフランス人とは違って天皇陛下をギロチンに書けるようなことはしなかった。

外国に追随することは無いのです。でも天皇陛下に各方面から情報を提供することは、国益にも叶うことになります。ただし、あの手紙、陛下の心まではとどいていないでしょう。でも山本議員が本当に伝えたかったことは福島の人たちの窮状です。国会は、政府はなにをしているんですか!福島事故の徹底した事実分析すら達成していないのにトルコに原発を輸出している。メーカーの三菱・日立尾・東芝、認めた自巧民政権、原子力発電の利益を享受し続けているみなさんは、山本議員の行動をとやかくいう資格は無い。

汚染水垂れ流しが続いている。放射性廃棄物の処理場問題も解決していない。福島原発の廃炉計画だって出来ていない。なのに東京電力様は何様なのでしょぷか?1千数百億円の黒字だと!損害賠償すら完了していないのに。

ようするに政府は犯罪に等しい行為を続けています。その関係者は山本議員の行動をとやかく言う資格はないと思いますよ。田中正造さんの行動と山本太郎議員の行動の本質は何か?!水俣だって天皇陛下に事実真実をお知らせしていればもっと的確に解決できたのではないのでしょうか
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-11-02 08:15 | 3.11が問かけること(自然災害、原発) | Comments(0)
c0219972_11342117.jpg
・塩釜の和食料理店で清水くん(石巻の復興を応援する社団の事務局、パルも出資、鈴江氏が代表理事)から聞いた話。ある150人くらいの集落では、認知症の方も多数いたのに、津波・地震でも全員無事だった。理由は、こまめな避難訓練の実施による避難行動のイメージ形成と習慣化だという。

(訓練方法について具体的な説明)
認知症の人1名当たり、1台のリヤカーを用意し、1人は引き方、2人が押し方で高台まで運ぶ。これが大いに役立ったということ。認知症だと自分では逃げらんないからなー

イッセーのリスク管理論は、自然の驚異を想定するなかれ・避難訓練は役に立たないので無意味を前提にしていたのだが、かなり認識を改めてみる必要を感じました。3.11時の新大塚での経験だけで判断してはいけなかったのだ。

・昨日の朝、立川から西国立に向かうJR南武線車中で、本田さん(旧立川生協理事、元デイサービス・サラ責任者)御夫妻とばったり!似たような出会いは、これで3度目か?一期一会が何度も続く。

さんきゅうカフェの店頭で何を見せる化しようか、考えている矢先、「去年のサラ文庫は、売り上げ9万円だったよ。」という情報をいただいた。さんきゅうハウスのベニート文庫や『のんびる』も販売してはいかがでしょうか?家賃の足しくらいにはなるし、ご近所・通り過ぎる人々との接点にもなるような気がします。

・国分寺は、非常に元気で85歳。他にも、元気90才、100歳を迎えそうな友達がたくさんいる。カフェで「ビバ・100歳(77歳、88歳、90才なども候補)」パーテーを企画してはどうでしょうか。その場合は、レンタル半日、◎円とかになるかな。

・広報で「地域福祉について考える市民委員」を募集しているので、「適任」ではないか?自分で言おうのもなんですが、「まさに俺に向いてる、おれのしごとやろ!」と感じるので、「地域で互いに支えあうまちをつくるために」の意見書を書き、明日福祉総務課に提出します。採用かどうか?分かりませんが、採用されたらいいなー。
◎写真コメント:彼岸花、といえば赤、白は良く見かけますが、玉川上水千寿小橋の西側にオレンジ色のを発見、さっそく撮ったのですが誤って削除してしまいました。残念、翌日いったらもうしおれていました。そうかあれが最期の輝きだったのか・・・
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-09-23 09:30 | 3.11が問かけること(自然災害、原発) | Comments(0)