どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

カテゴリ:災害を天恵として( 6 )

c0219972_10554941.jpg毎日新聞 10月23日(日)2時1分配信です。インターネットから転載しました。

「東京電力福島第1原発事故で福島県飯舘村が計画的避難区域に指定されて22日でちょうど半年になった。村は約2年での段階的な帰村を目指すが、やむなく新天地で生活を再建しようと試みる人も少なくない。同村伊丹沢で農業をしていた長谷川芳博さん(42)もその一人だ。ビニールハウスを福島市内の畑に移し、キュウリの栽培を再開した。「故郷は心の中にあればいい」。長谷川さんは、生まれ育った村にはもう戻れないかもしれないと考え始めている。

 「畑の表土を削るって、減った分の土はどっから持ってくんだ」。10月20日、村の除染や復興を巡り、福島市内で開かれた住民懇談会で、村側が示した除染計画に長谷川さんはかみついた。村は約2年で住宅地を、約5年で農地を除染し、帰村する計画を立てている。だが、長谷川さんによると「表層を削ればすぐに粘土層が露出し、農業には適さない土地になる」という。その日、質問への明確な答えはなかった

 専業農家に生まれたが、高校を出た後に上京し建設業に就いた。無我夢中で働き、建設現場で親方を任されるまでになった。充実感の一方でたまに目にする郊外の畑に懐かしさを覚えた。そんな時、父親が体調を崩し、31歳で村へ戻った。

 大量に肥料を入れ農薬をまく農業に疑問を覚えた。「ビニールハウスを一つ俺に任せてくれ」。近所の農家から笑われるのもお構いなしに、肥料と農薬を思い切って減らした。「野菜を無理に育てるんじゃなく、野菜が持っている育つ力を助ける。それが本当の農業じゃないのか」。数年の試行錯誤を経て納得のできるキュウリが実った。大手のコンビニにも卸すようになり、村おこしのリーダーにも選ばれた。

 原発事故に襲われたのは、家族経営を脱却し、法人化を考えていたときだった。1ケース(5キロ)2500円のキュウリは風評被害で200円まで暴落。ビニールハウスの重油代にも事欠くようになり、避難を決めた。「若い農業の担い手を育てる」という夢も、無人の村に置いてきた。

 福島市内で畑を借り、1カ月がかりで4棟のビニールハウスを移し、8月の末に収穫にこぎ着けた。「補償なんか当てになんねえ。自立せねば」。そんな思いが自分を駆り立てた。今は妻と娘2人で畑に近いアパートに身を寄せる。両親も近所に避難した。東電や政府に言いたいことは山ほどある。村の計画にも疑問を感じる。「村に戻るのは年に2回、墓参りの時だけになるだろう」。長谷川さんは村に愛着を感じつつ、この地に根を張ろうかと思い始めている。【川崎桂吾】」

◎今稼動中の原発は、10基、止まっているのも含めて何処に災害・テロ・事故が発生するのかは、誰も(神でさえ)予想できない。人間が組織的に永遠にノーミスで機械を動かせる可能性はゼロ。運転中及び停止中の原発はだんだん老朽化し、揺れやゆがみに温度の激変にもろくなっている。(脆性疲労)一刻も早く次の事故が発生しないうちに全ての原発を停止することが、人類存続の前提条件である。こんなことは過激でもなんでもない。当たり前のことを粛々と実行すること、これが脱原発に繋がると信じています。(イッセー)
[PR]
by issei_tachikawa | 2011-10-23 10:54 | 災害を天恵として | Comments(0)
・1986年の悪夢がよみがえる。ソ連ウクライナ地方チェルノブイリの原子力発電所の爆発後、ジエット気流に乗った死の灰が地球の生き物に降りかかる。安心して食べられるものは爆発以前に生産されたものだけだ。体内に入ったセシウム137(ガンマ線)は筋肉、卵巣に残り、半減期は30年、ヨー素131の半減期は8日だが、甲状腺に集中するので喉頭がんを誘発する恐れあり。
・こうなった場合、自衛策としてとりうることもいくつかる。米は灯油用の入れ物にドライアイス入れて密封すれば数年は持つといわれているが、買占めに走るより今一番困ってる現地のおにぎりが優先だろう。あと、ヨード剤飲めばヨー素対策にはなるそうだが放射能が来てからでは遅いし、副作用も心配。昆布とかとろろ昆布くらいのほうがよいかも。あと、「うがい薬」にはヨードが入ってるのでヨード剤の替りになるという宣伝は間違いです。家庭用の放射能測定器も販売されているが値段と効果を考えると疑問。
・死の灰はジェット気流に乗ってくるので、雨に当たらないこと。外出する場合は、マスクを湿らせるて付ける。帽子、ゴーグル、ビニールコートくらいは用意しておくといくらかマシだと思う。
・あと、こういうときには平時のシステムは機能しないと割り切ることが大切。「東電の対応が遅い」とか「事実を迅速に正確に知らせるべきだ」などという姿勢そのものを変えることが先決です。
原子力発電所が暴走爆発している非常事態時に、特定の人だけに決死隊せよと命じる権利はないとおもいます。それでも、現場で自分の命を捧げて頑張ってくれているみなさんには、本当に頭がさがります。チェルノブイリのようにたくさんの犠牲者がでないことをお祈りするばかりです。
・人工透析、入院手術、さまざまの理由で電力がないとこまる人用の必要電力は何kwhなのか?
・1台の車両に数人しか乗せないで走ってきた電車は、日中30分に1本位に減らせないのか?
・真昼間にこうこうと電気つけている事務所、工場でも日頃からもっと節電しよう。
・GDP基準の経済成長路線から、GDH(幸せ感享受可能経済)へ転換できる地域たすけあい経済をつくろう。この厳しい体験をのりこえて貧困も格差も環境破壊も最小限にする「くらしやすい社会」をつくろう。
◎こういうときにこそ神戸、三宅島、新潟などの体験がいきてきます。声掛けあって、励ましあって支え合える世の中は、今まさにここにあるのです。それをつくるのは自分自身、あなた自身です。ひとのせいにしない、命令や指示よりも自分の原始的なエネルギーの力を信じて進みましょう。火事場の底地を今こそ発揮するのです。被災現場からは、高齢で足の不自由な母親を背負い、小学生のこどもの手を引き、重い荷物ぶらさげて山の上まで避難して助かった50代の母ちゃんの話も聞こえてきます。東北がんばれ、にっぽんがんばれ!
[PR]
by issei_tachikawa | 2011-03-15 13:11 | 災害を天恵として | Comments(0)
・日頃の備えが肝心だ。それもなるべくシンプルでドカーンと来た直後の3分から3日間生き延びればよし、あとはたすけあいの力でなんとかできる、なんとかする。
・どこに寝るか、何を用意するか。
これはあくまで一戸建てに住んでいる場合だけの話ですが、寝室は2階にするほうが安全です。それと窓ガラスに頭を接近したり、倒れやすい家具が頭の近くにないような設計を自分で作ること。仮に狭くてそれが不可能の場合は、机の下に頭を入れて寝ると言う手もあります。冷蔵庫、テレビ、本棚などの家具は直下型大地震発生の直後に「走る落下する凶器」になります。グラット来てから数分間が生きるか死ぬかの瀬戸際ですから、パニックに陥らないように。
(常備していたいものは)
ヘルメット(家族なら人数分)軍手、タオル、マスク
大型のくぎ抜き(1.5m以上のもの、神戸でがれきの下に埋まったり、倒れた柱に足をはさまれた人を助けるのに役立った。ゆがんで拓かないドアをこじ開けるのにも役立つ)
スニーカーか登山靴(ガラスの破片の上を歩いて避難することになるから)
ミネラルウオーター(1日分はいつも水筒に入れて持ち歩くと良い)
そのほかの防災用品とか乾パンなどの食料も用意している人もいるでしょうが、ぼくはそこまでは必要ないと思う。普通の健康状態ならば(判断が難しいですが)水さえあれば3日間は生き延びられますし、またどんなにたくさん用意してあっても破滅的な被害状況下では使えなくなる可能性が高いので。
土曜日にコープ東京の国分寺店で買い物したら、レジに長蛇の列だったので不思議に思って、店員さんに聞いたら「地震の影響で買いだめでしょう。」とのこと。これは我が家には無い発想だ。中には肉類のトレーを5つとか魚をたくさん買っている人も。東京電力のアナウンスを聞くと、輪番的な地域停電の予定があり、立川は明日早朝に始まると言う。冷蔵庫止まったらせっかく買ったもんだいなしになる。
◎大きなゆれを感じたらどうするか?僕は瞬時に自分の位置を確認することが肝心だと思う。新大塚の8階にいたときには、全員に机の下に入り、ホンシン・余震の判断が出るまで待つことをすすめた。火災の場合は窓を開け放って非常階段が使えるかどうか確かめること。
ヘルメットをかぶり、ゆれが収まるのをじっと待つ。収まったら外に出るかどうか?この判断が難しい。一概には言えないが、金曜日は2時間くらい8階事務所内にとどまり、地中のエネルギーがそれなりに解放されたと判断して、4時ごろ徒歩で帰路についた。
立川市砂川町の我が家までは40km以上?到着時刻は、翌日1時15分、所要時間9時間15分だった。途中6時にラーメン、ガーナチョコレート1つとメロンパンを食い、9時に缶紅茶、12時におにぎり1つとおでん(がんも)を食ってエネルギーを補充した。休憩は3回とったが寒さのためゆっくり休むきになれないというのが実情だった。東北の方はさぞかし大変だろう。何か出来ることがあればと考えている。
◎友人は、職場=南砂町(墨田区?江東区?)で夜を明かし、始発で帰ってきたというが、いざというときにどちらが賢い判断となるかを決めること(予想)はなかなか難しい。というのは首都圏直下型地震の場合だと都心は阿鼻叫喚の生き地獄となり、交通網は寸断され、歩いて帰る以外の帰宅方法は考えられなくなるはず。だとすれば、1ヶ月に1回くらいの歩行帰宅訓練位しておく方が良いかもしれない。ぼくは4月から実行しようと決めている。ついでにフルマラソン用のトレーニングもしようと思う。一石二鳥。
◎稼動中の原子力発電所に関しては、即時全て停止すること。これが問題解決の出発点である。この提案は決して過激ではない。きわめて理性的提案である。地震国日本では、いつどこにどのくらいの揺れが来るかは誰も予測できないのだから。また、故障・事故の無い原発、安全な原発などはありえない。この際だから、しっかりと日本と世界の中長期的エネルギー政策と地域社会づくり(エネルギーの地産地消)に関して、勉強してやり直そう。原子力情報室、たんぽぽ舎のみなさんが、3/13付けの東京新聞朝刊で誠実なコメントをしていることは人類と地球の希望に繋がると思う。
[PR]
by issei_tachikawa | 2011-03-13 23:17 | 災害を天恵として | Comments(0)
・神戸の場合は、1995年1月17日、午前5時台に地震発生。本部ビルは完全に倒壊した。災害対策本部長(労政部長)木下氏は、自宅からすぐに自転車でかけつけたが、本部に集中しすぎないで職員は近所の配送センター、生協店舗、その他施設に駆けつけて人名救助、安否確認からはじめた。数千人の職員の安否確認のために、自転車・バイクを使って駆け回り、全員の安否確認まで1ヶ月かかったいう。つまり命が第一、あわてない、パニくらないということだ。
・店舗も軽度の破損で済んだところは朝からオープンし、当座の地域の食糧確保に協力した。おにぎり、パン、ミネラルウオーターなどは無料で配ったと言う。非常時には事業の再開も大切だがそれよりむしろ、、地域の人の命を優先的に考えるということ
・勤務状況はその辺にある紙に縦横の線を入れるなど全て手書きで記録した。幸い取引先銀行に前月の給与振込みデータが残っていたので、いったん見込み給与を支給し、後で清算する形をとった。つまり非常時には支援のネットワーキングが必要だがITシステムなどに過度に依存してはいけない。人と人の絆、信頼関係が生き延びる生命線なのだということだ。
・供給システムの再稼動はその次の課題だった。経営の前提は命、日頃は忘れがちの真理が顔を見せてくれる。「都心に勤務中に被災して徒歩で帰宅途中疲れて公園で休んでいたら、ホームレスらしき人がダンボールをくれた。いつもは汚いものを見るような目で見ていた自分が恥ずかしかった。」というツイッターもいる。被災直後の神戸、三宅島でも見られた風景が復活する。声掛け合って励ましあう、たすけあいの地域を復活させるのだ。・たすけあい共済の給付申請手伝いのために、全国からボランテイアが現地結集した。700万件加入の全国のたすけあいの輪が回りだす。「生協さんが最初に来てくれはった。」と一人住まいの高齢女性からいまでも感謝のメッセージが聞こえる。
・1年たって職員の健闘をたたえて旅行サービスが提供された。職員の頑張りには具体的に何か形になるコトやモノで感謝の気持ちを表現してすすむのが経営鉄則なのだということか。
今回の三陸沖地震の被災については、津波、原子力発電所放射能漏れ、火災などの被害実態が明らかにならないとまだ動けないが、出来るだけの支援をしたいと思う。今まさに人間としての判断が問われている。ミチコは仙台のおばあちゃんちで元気だとメールが入ったが、井沢のオイドンは大丈夫だろうか。心配だ。
・あと、長野、茨城、千葉でもほぼ同時期に活断層が動いているようだ。東京についても引き続き厳戒態勢をとる必要がある。想像を超える被害状況下でも出来るだけ冷静な判断で人間力を信じて乗り切ろう。
[PR]
by issei_tachikawa | 2011-03-12 21:39 | 災害を天恵として | Comments(0)

リスク管理再考

三陸沖でM9.0の地震発生、新大塚8階もゆれにゆれた。2人は机の中に入り、1人は全体を監視しながら本震がやむのを待った。その間恐らく30秒から数分、でも実時間よりもはるかに長く感じるのは、強い恐怖感が神経の著しい集中をうながし、瞬時に無限の時間を生きるからだろう。まさに時を刻んで生き抜くということか。
パソコン本体が床に落下したり、デスクトップが倒れたりしていたが、家が心配なのと、もたもたしてると帰る機会を失う恐れがあるという判断で4:30に新大塚を撤収し、明治通りを歩いて高田馬場に、いつもの店で味噌付け麺を食ってガーナチョコレートとメロンパンをかじりながら西武新宿緯線に沿って玉川上水を目指した。
長蛇の行列、革靴にスーツの男性、ハイヒールの女性が気になる。「リスク管理してませんね。」と感じるがそれは言葉にならない。旅行用のコロコロバックを引きずる羽田空港から直接に新青梅街道にでたような感じの人もいる。これは災害なのでしかたがないか。
イッセーのスタイルは、スニーカーにジーンズ、フード付きジャンパー姿、そしてリュックを背負っている。ショルダーバックだと重心が偏るので肩がこりやすい。手提げバックなどはなるべく使わない方が良い。
オフィスの仕事で必要が無くても非常時に使うものはロッカーに入れておくのだ。又は逆転発想してオフィスサラリーマンスタイルを反自然とみなせば、通勤と来客無し・営業なしの平時は、スニーカーで通勤し、路上・階段はもとよりプラットホームや空いている車中をもトレーニング場にしてしまうという手もある。革靴、シャツ、ネクタイ、スーツなどは全て事務所に備え付けておく。このほうが健康管理上は優れている。イッセーは最近の5年間はこのスタイルで通している。
あと、ビル街を歩いて帰宅する場合は、ビルの看板、窓ガラスが丸まって爆弾のように落下してきて頭を直撃というリスクを避けるために、なるべく道路側に沿って歩く方が良い。もちろん車にも細心の注意を払いながら。
それから交差点で信号を待つ集団からは、離れて待つことが賢い選択だと思う。今までの交差点事故で右方向から人の群れに車が突っ込んできてやられるという事例が気になるから。
このように気配りする目的は、自分や家族だけの命を保障したいということよりも、イヌジニを避けたいと言う気持ちに根ざしている。災害をきっかけにして、みんなバラバラ私的利害の争奪戦的な無縁地域を声掛け合って励ましあい助け合いながら生き延びる温もり地域にしていくことが使命である。
[PR]
by issei_tachikawa | 2011-03-12 12:35 | 災害を天恵として | Comments(0)
c0219972_9511784.jpg・一言で感想を:いやーためんなりましたむしろ励まされました。
・サラリーマン化していた意識を変えるきっかけになりました。
・驚いたこと
港の近くは緑が無い。ほとんどの木や草が焼けたままになっている。観光地だったとこなので悲惨な感じがした。
スーパーなど店が無い。田舎(すみません)の万屋しかない。
子供がいない。高齢者ばかりが目立つ。
夜中に火山ガス(NO2)警報が何度もなる。そのたびに目を覚ますので眠れない。しかたがなしに日記をつける。
池に行ったら男性高校生が2人遊んでいたが、ブラックバスしかいなくなったという。小魚はみんな食われてしまったらしい。イヤハヤ
・感動体験
到着した時の救援センターは、草ぼうぼうで廃墟同然でしたが、草取り貫徹したらベンチとかブランコが出てきた。聞けば元は千代田小学校だったのだと。似たような話:阿古(アコ)部落のAさんはご主人を亡くして86歳の単身独居生活。帰島しても庭にはびこった萱とか竹をかれないので手伝ったボランテイアの鎌が何か固いものにぶつかった。草を刈ってみたら「太郎の墓」と書いてある。周り囲んでみんな泣いたんだってさ。
「風の家」(日本医師会が寄贈したロッグ造りの保養所)での交流会の時に、島歌のライブを聴けた。シマウタというと沖縄が有名ですが、三宅にも伝わる歌がある。何人かで回しで歌うのですが、基本のメロディだけが伝承で、あとば歌詞とかは即興アドリブ自由なんだと。
ワイナマユ(若い川、アンデス音楽バンド)で演奏中に、最近禁句にしていた「三宅島がんばれ!」が腹の底から飛び出しました。
・辛かったこと
毎日3回仕出し弁当、おかずは魚(海の幸!)と漬物(きゅーりのきゅーちゃん)これを2週間続けると芋が猛烈に食いたくなる。
毎日白米で生野菜を食わないと便秘になる人が出る。ぼくは圧力釜持ち込んで玄米を炊き、朝は生野菜・果物・豆乳ジュースを飲んでいたので便秘にはならなかったが、「キャベツが食べたい」という人のために、お店でキャベツ、キューリ、トマトを買ってきてだしたら喜ばれた。翌朝、「おかげさまで出ました。」という報告をもらってぼくもうれしかった。
移動は全て車、散歩は禁止されている。歩く、走る、登るは毎日の生理的欲求なので禁じられるとつらいが、この際我慢するしかないと割り切って、任務終了後、玉川上水についてからシントン(鷹野台)まで約5kmをひたすらあるいた。心底気持ちよかった。
それまでは、芋食ったり、歩いたりがこんなにも楽しくてありがたいことだと感じたことなんて無かったのに。欠乏体験が感謝の気持ちを目覚めさせてくれました。
・余談ですが
食えることのうれしさと感謝の気持ちに気づいたのが、5日間の断食(ハンスト)明けの王将です。
字を読めること、字の存在自体がうれしいと感じたのは、留置所の壁に貼ってある掲事物を読む時でした。
おしっこ、うんちできることの気持ちよさは脱腸で入院手術して回復した時でした。
自分の手を見つめる。五体満足、家族もおるし、仕事(収入)もある。土地といえだってあるのに、満たされない感情に支配されることが多い。まだまだこれからだ。あと56年はがんばろう。
[PR]
by issei_tachikawa | 2010-07-25 17:47 | 災害を天恵として | Comments(0)