どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

カテゴリ:さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動( 182 )

c0219972_01012493.jpg
金曜カフェは、これまで「ワンデイ金曜カフェはワンディシェフ方式で
続けてきましたが、
この数か月、売上低迷が続き
3000円台もありました。
家賃3000円も払えない。
それでも継続こそ力なりでサポートしてきましたが
「さんきゅう食堂」で、100円で飯食えるのに
カフェで800円というのは無理がありました。
コンセプトなど見直して
できれば再開したいとおもいます。
宮川さん、桑原さん
長い間、おつかれさまでした。
サイチェン イッセー

[PR]
by issei_tachikawa | 2017-06-16 01:04 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_21130661.jpg
わたぼうしさんから、玉ねぎが届きました。サラダにしようかな。炒めてもうまいし、あしたのおたのしみ。明日の当番は、なりたん、たつやくん、調理工夫たのむぜ。営業日、さんきゅう食堂は毎週火水金土(土だけは第2第4のみ)、さんきゅうハウスでの夕食は毎晩、カフェは月・木・金、たのしみながら感謝していただきます。平本さん、平尾さん、佐野さん、そして市川さん、皆さんごちそうさまです。
須田塾の映像クラブからのインタビュー2回目にお答えしました。その時話題になったのですが、国際ソロプチミストさんが、子ども食堂支援で「提携店で昼飯」チケットを出している。「さんきゅうさんも提携しませんか」と提案されたので、「検討します」とこたえたら、もう決まったと早合点された可能性が高い。まあ良いことなのでいいかなー。
家事代行サービス3件こなしました。Kさん宅の草取りは今日で一区切り。池も直したいのですが、断られたので残念、フードバンクの食品置き場に向いている事務所が空き家になっているのは要注目ですね。タイミングを見計らって交渉開始。
3日のシンポジウム情報を教訓にして生活保護の受給(者)という言葉を廃盤にして、利用(者)にしています。行政(福祉課)としては、利用する方が良い生活レベルなのに何らかの理由で利用していない家庭へのはたらきかけこそ目標とするべきなのに、再就職を働きかけて利用者人数を減らすようにケースワーカーに指導していると聞きました。どう考えても日本国憲法第25条違反の行為ですよね。円卓会議で問題にしなくては。


[PR]
by issei_tachikawa | 2017-06-08 21:46 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_21510281.jpg
・・・さんは、・・・に渡り、言語学校を創るという.DAYSJAPANの愛読者ということで話が弾む。大沢さんのサポーターだという。たくさん寄付いただいた。で、さんきゅうハウスにモノを運んでいる途中で、7月から「ガレージセールやろうぜ」という気が昂じてきた。おおさーさんに電話したら「イロリン」からもいくつかもらえるらしいし、最近寄贈品が増えていて、倉庫が満杯状況でもあるので、ガレージセールはタイムリイだと思う。こうえつリーダーがやるきになっている。「生きるって」気力が出てきたこと自体がとてもハッピイなのだ。売り上げの半分が当事者のほうへ、半分はさんきゅうハウスの運営資金にすればよい。ステッチマルシェと同じ扱いだな。さあ、6月、夢のラップもういっちょう!だぜい。
c0219972_21513182.jpg
夢のラップもういっちょう!滝沢政光さまさま




[PR]
by issei_tachikawa | 2017-05-31 21:59 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_17100796.jpg
アパッチは朝早く、ちゅーか何日も前から買い物な度の準備でお疲れ様。鶏の丸焼きジューシーでした。
鶏さんにもありがとう・・・。
30回めの大会ですが、北は北海道、南は沖縄まで、たくさんの仲間が1年に1回の出会いを楽しみました。「今年で来年は最後かもね。」というセリフは、ひとによっては冗談でなくなる。でも平気で口走る人も。
今年もいろんな人とお久しぶりの出会いを満喫しました。元東邦大Bの男性、休止中のエクぺ、57歳にして5時間半でフルマラソン完走した女性、社労士で活躍するSさん、そして駆け込み亭主人などなど。
お天気にも恵まれましたね。あつからず、さむからず、いいかげんで。
来年はこのメンバーなら1時間申告でいけるな。この駅伝は、速さを競うものではありません。8.5kmを何時間何分で完走するかを申告して、ゴール時刻が申告時刻に近いほど成績が上がるので、電動車いすの方でも優勝可能なのです。
競争社会にモノ申して、安倍を倒す、俺の願いです。気持ちが良いから参加する。おいしいものを担べて呑みたいものをのんで、ラストはボケさんの雑草音頭にあわせた盆踊りで盛り上がりました。

[PR]
by issei_tachikawa | 2017-05-14 17:26 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_23274753.jpg
5月4日(木)はケテイさん&トシチームで営業します。11時から5時まで、おまかせセットなにがでるかにゃー、酵素玄米おにぎりは好評です。まめきちコーヒーは、今回スペシャル企画で、ガテマラブレンド
5月5日(金)きよし&だいすけチームは、お休みするそうです。しっかり憲法の学習しましょうね。

[PR]
by issei_tachikawa | 2017-05-03 23:28 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_13133151.jpg
誰でも苦手意識ってあるよな。おれの場合、昔は、女性(本当だぜ)、数学や計算、アジアの言葉、しゃべるのだって苦手だった。計画的にいきるのもだめでした。ライフプランなんか40歳までたてたことないし、結婚する直前まで、金をためるすべ(口座)をもっていなかった。笑われるけれど本当なんです。人前でしゃべるとき赤面し
てたし。(ただし1965年の話)
でも、仕事で克服できたり、たくさんの女性や男性から人生教わってなんとかできるようになってきた。自分の場合はこうなんですが、さんきゅうの仲間には苦手意識克服できていない人がけっこういる。
その一人をジャムづくりにさそってみた。ほんのカルい気持で。「包丁なんてさわったことないよ。」というひとに、リンゴの皮剥かせる。これって冒険だぜ。責任問題でもある。でも、そんなこといってらんないのだ。おれひとりじゃーできない。
土曜日は3人で、リンゴジャム19個作った。なんだおれにもできるじゃん!て自信持ったのか、「残りはいつつくんの?」ってきいてきたので、チャンス到来!来週火曜日に3人でやることになった。
さらに、翌週の火曜日、17個つくって、リンゴ35個をすべて有効活用できました。
新しいジャムづくりチーム誕生です。そのうち本人の同意がとれたら、集合写真公表しますんでおたのしみに。
ジャムの注文お受けしてます。なるべくカフェまできていただきますが、ダメな場合は、チャリでお届けします。1つ、500円、リンゴはパルシステムのジョナゴールド。
少し水が多すぎました。そのことあらかじめもうしあげておきます。かんそうきかけてください、次回から改善できます。

[PR]
by issei_tachikawa | 2017-03-26 19:18 | さんきゅうハウス活動 | Comments(0)
c0219972_10100169.jpg
昨日もさんきゅうに向かって歩いていたら、三多摩の某所に住む女性から電話で「パルの広報紙で、さんきゅうハウスでフードバンクされてると聞きました。」と。
聞けば「父親の暴力から2人で逃れて働いています。息子を大学にやりたいので貯金していたり、諸事情で生活保護は無理です。月2回でもパン届けていただけますか。」ということ。
「立川からは遠いので配達できませんが、しばらくしたら該当区域でも活動してる団体があります。担当から電話しますからしばらくおまちください。」と切ってから、府中の緊急派遣村、高見さんに電話したら、すぐにフレンドリイにつなげてくれた。
17日が今月2回目の三多摩フードバンク配食日ですが、それを待たずに、昨日重田さんが訪問してくれました。先方の笑顔がみえるようです。19日の寺子屋は、講師フレンドリイの重田さん、まだ席には余裕がありますので、みなさんふるって申し込みください。2時から、さんきゅうカフェにて、参加費は500円+ドリンク代(300円)です。
そのあと、昭島の組合員さんから電話で、「サバイバルセットが余ってるんですが」ときた。車の運転自信がないとおっしゃるので、チャリで取りに行った。原則、食品提供されるかたご自身でさんきゅうハウスに持ち込んでいただくことになっているのですが、臨機応変の対応が必要なのです。こうしてやがて仕組みができてきます。つくるんですが、できてしまうともいえる。両方、フォー・ユーやね。
セットは、来週のフードバンク立川(柏町便)に載せよう。今回はなかなかの中身だぜ。

[PR]
by issei_tachikawa | 2017-03-10 10:10 | さんきゅうハウス活動 | Comments(0)
c0219972_11153678.jpg

何聞かれて何話したのか?
すみません忙しくて
ブログにも,FBにも書いてませんが
1つは、セカンドステージって何という質問
答えは、オルターナテイブ、ネクスト、ニューなライフステージのこと
一般的には、定年退職後の地域での生活局面だが、この意味では
2番目よりも奥行きが深い
2つは、セカンドリーグの役割について
セカンドステージに立っている団体(個人)をたすけること
経営(人と人のつながり、志金=あったかいおかねを回す、もの、情報=広報、居場所づくりなど)
の支援が仕事
3つめは、さんきゅうハウスへのかかわり
1)イッセーはなぜか代わり始めたのか
2)今何をやっているのか
3)さんきゅうハウスにとってのセカンドステージとはなにか
4つめは、行政やセカンドリーグ、他団体からの支援はありますか
答えは
1つ、生活保護申請がやりやすくなった、転居資金についてはまだまだこれから
2つ、パルシステム連合会の助成金のお世話になっています
3つ、パルシステム東京コミュニテイワーク連絡会会員として
withyou(組合員市民活動応援の広報紙)を活用しています。年会費2000円はありがたい。
4)立川市社会福祉協議会、地域包括支援センターとYPO、フードドライブ・フードバンク
炊き出し、麻雀・囲碁・将棋クラブなどで連携しています。
「食品申請書」がかなめです。
5つめ、これから立川をどうしたいですか?個人的なライフプランはありますか?
支えあいの町に、家族への常識を変えて
地域家族的なつながりを育てていきたい。
競争、勝ち組優先、格差是認、強欲な資本主義から
低成長でも、緑(農・林・水産業主軸、原発ゼロ、代替エネルギー増産)豊かな、たすけあい=失敗しても大丈夫な
優しい社会に
見果てぬ夢、愛と革命
●80歳で、ホノルルマラソン挑戦、一人語りと一人芝居で大道芸、本格的に「自然農」やれる環境づくり
といいつつ、永平寺の門も見えてきます、神仏習合が夢
イッセー


[PR]
by issei_tachikawa | 2017-03-09 11:16 | さんきゅうハウス活動 | Comments(0)
c0219972_22073780.jpg
若葉包括の職員さんがお昼食べがてら、FB中継ぎにきてくれた。生活保護受けたが、支給日まで食うものがない、電気(東電か!)も止められている方への食品配布のため。
早速フードドライブ寄せられた食品が役立ちましたよ。パル東京さんありがとう!
昼頃、kingの佐野さんが来てくれて、4月ライブの打ち合わせ終了。コラボ相手は、日ハムカントクのリクエストを伝えた。実現するといいなー。すでに5名予約申し込みが入ってます。佐野さんに、演劇集団くすのき、大野和男さんの生涯、菊池びよさんとさんきゅうハウスのつながりについて話しました。きっといつかつながる予感がします。
3時前に、『のんびる』読者の宮田さん(五日市町)が来店、話が付きませんでした。福島の南相馬支援に関心があるということなので、編集部に電話して、会員になる方法をお伝えしました。いろんな縁結びができて幸せな一日。
夜は、BIG ISSUE金子さんと競輪場近くのトリヒデさんで飲みながら5月寺子屋の講師お願いしました。5月14日(日)2時から、彼の一人語りを聞きます。BIG ISSUEもその場で買えるようにします。これはなかなかのもんですよ。
●いよいよチャンプルーの会と「さんきゅうハウス」コラボ畑の打ち合わせも進んでいます。自主耕作の会の会員になりました。砂川闘争の伝統を継承する心構えで、楽しくやっていきましょうね、ゆるゆるでありながらしんのはいったこらぼになるといいね。なせばなる。どうせやるなら気持ちよく。

[PR]
by issei_tachikawa | 2017-02-24 22:20 | さんきゅうハウス活動 | Comments(0)
子どもらの服や漫画などをががっと整理して、リサイクルに出した。完了率90%ですが、なかなか面白い。
「DEAR BOYS」、「のだめ・カンタビレ」、「リアル」なんかは1からそろってるぜ。
衣服はでるはでるは、屋根裏部屋にはまだ大量の衣料がおきっぱである。これをかたづけたらそれこそ「さんきゅうハウス」砂川になりそうだぜ。
自分の本もずいぶん整理が進んだ。とくに健康・医療関係本だけで、500冊くらいある。日本人の医者の平均寿命?56歳という風評もあるが、どうだか?調査中
いずれにしても、整理整頓しながら、過去・現在・未来に向かって自分のあたまであれやこれや思い出にふけったり、今年の構想をねってみたり、来年の市議会議員選挙の事を考えたり、結構楽しみながらやっているのです。
家事代行サービス、ためしに有志集まってYPO(収益アリ事業)としてやっていますが、仕事のほとんどが社会福祉協議会、地域包括支援センター経由ですが、最近はカフェのお客様とか「チャンプルーの会」の会員さんからの依頼も入ってきます。
その都度誰が適任かの判断がこれまた面白い。なかなかデータベース化しづらいのですよ。失敗してきた人間は自分の長所すら自覚的に見えるかすることが苦手なものです。
そこを掘り起こすには、長期の付き合いが必要です。こころを開ける相手にしかいいたくないこともある。
家事代行しながら、相手さんの身の上話に傾聴することも。いままでの体験が生きてくることが多いのです。「どんぞこかいいくぐってきたもんにしかわからねー部分ってあるかもなー。」幸せとか豊かさって、なんなんだろうね。

[PR]
by issei_tachikawa | 2017-02-01 15:37 | さんきゅうハウス活動 | Comments(0)