どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

カテゴリ:足元から社会を変える(政治・社会革命)( 214 )

総選挙、あと3日です

c0219972_09320723.jpg
「自公で過半数、改憲派が3分の2の勢い」なんて予測が出てますね。忖度新聞は別ですが、朝日も東京もあてにならんなー。やっぱり信頼できるのは、マスメデイアでは、日刊ゲンダイと赤旗と・・だけかなー、なんてつぶやく今日この頃であります。
あと3日で投票ですが、接戦区と支持政党なし(有権者の30%くらい?いや実質40%くらいで多数派だと思う)の動きが興味津々です。ここを変えれば草の民主主義の草の根が伸びて日本が変わる。つまり足元への働きかけが進んですそ野が広がる。
この間はっきりしたことを整理しました。
1つ、安倍はやはりずるい。応援スタートをなんと福島のたんぼでやった。集まったのは数十名の高齢男女、農協関係者?、あと自民党員。例によって争点隠し、憲法9条、原発再稼働、モリカケなんかにはノータッチ。教育無償化とかアベノミクスの成果強調ばかりですね。これでだまされる人々にも幸せが訪れますように。
2つ、公明党こんどばかりは候補者全員当選とはいかない区も。大阪3区?(ここはかって民主党がかったとこだな)、東京12区(さおりちゃんがんばれ!太田さんもういいじゃろ、引退される事おすすめです)、北海道10区も接戦です。
3つ、希望の党は、間違いなく解凍報告ですね。事前解凍をお勧めします。ぼくは都知事選当時から彼女の事を注目していましたが、党全体が「自公の別動隊」ですね。さいしょから小泉親子が裏で采配を振るい、そのうらには・・・という力が、やばい政党だぜ。前原さんは、ぼくはさいしょから目つきが苦手です。あの表情には裏があった。
3つ、枝野さん(立憲民主党)男上げましたね。なんと石原慎太郎さんや小林よしのりさんまでが支持に回っている。安倍内閣が嫌われている理由が鮮明になってきましたね。だって日本のことより北米に事優先政策なんだからね。今回ばかりは、憲法を守る政治か、アメリカの言いなり政治か、という選択肢になってきましたね。
新宿、池袋の街頭演説にあんなに(3000名以上?)人が集まり、枝野コールが起きる、まるで1968年10月21日みたいでした。元シールズ、今は新しき公共やママの会の応援演説をきいていると、「市民と野党の共闘」の現実性を実感できるようになってきましたね。これが希望の芽です。
4つ、共産党頑張ってますね。67選挙区で共闘勝利のために立候補取りやめ、21区の田川さん、本当に英断です。党本部の動きも良い。比例で増えると良い。ただし、未来社会のビジョンと党名については、なんとか努力してほしいものです。「明治維新から見つめなおすこと、地域協働党、協同組合社会と国連改革、アジアはひとつ」
5つ、イッセーの足元、なかなか動きません。家族ですよ家族、ここを変えないとはじまらん。さんきゅうの仲間たちとは毎日「選挙カフェ」やってます。都議選でKに入れた人全員が今回は・・・と変わりました。ご近所にはイッセー通信で案内していますし、毎週月曜日の9条駅頭署名(3000万目標)でも人々の関心の高さをひしひしとに感じられます。さあて、あと3日、人智を尽くして天命を待ちませう。

[PR]
by issei_tachikawa | 2017-10-19 09:32 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_22462979.jpg
平尾会長から、たくさんの野菜たちをいただきました。きゅうり、ししとう、赤トウガラシ、ギンナンも2袋、なんとすぐに食べられました。「農家自慢のお米」5kg2袋もいただきました。
さっそく今晩の寮食に、そしてコミカフェ「鉄っちゃん」では、すぐに湯がいてごまあえでいただき、明日の食堂では成田シェフの腕前に期待しています。ちょうどカフェに来ていたお客様にも買っていただき、店頭ではご近所の方にも買っていただき、運営資金の助けとさせていただきました。
今日としさんは期日前投票し、約1か月半、恒例のお遍路さんに出かけます。Aさんから「2人頼んだよ。」と報告有り。Kさんからは、「比例は・・・にしたけど、小選挙区では誰に入れたらよいの?」ときかれたので、市民連合推薦の候補を進めました。
ポスター見て、3人の候補者比べると、努力の跡が示されてますね。自公推薦者は知名度不足を「しんちゃん人気」でカバー。2人並んで写ってます。結果どう出ますかねー?
3000マン署名も5名増えました。カフェのカウンターに常設しています。
選挙って、囲い込みが目的ではないのですよ。地域コミニケーションを活性化させるチャンスなんです。話の切っ掛けは、どこでもありなんです。リスルホールのトイレのなかであろうが、コンビニのレジであろうが、散歩中のタマジョーであろうが、どこでも話しかけれるんです。
いつもは照れ臭いけれど、22日まであと10日間、出会った人に話しかけてみよう。
「選挙ですよね、もういきましたか?」
「いかなきゃいけないんですかねー?」
「だれかいいひといますかねー?」なんてね。
c0219972_22464568.jpg
てっちゃんの天丼、くってみんさい。あしたはいよいよねんきんですわ。
[PR]
by issei_tachikawa | 2017-10-12 23:06 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_16534121.jpg
政治、選挙で地域から国を変えていくってのは具体的に何をイメージできるのか?答えは人それぞれでよいのですが、ぼくは人の意識と動きの、だからつながり方(好きではないが「きずな」)の変化がテーマです。
その際にこだわっているのは、変えること(活動の主体になること)と変わることです。結果を恐れないこと。最後の最後まであきらめないこと、推移を観察し、次の教訓を導き出していくことなのです。これがおもしろい。
天木直人さんは70歳、京大卒、元外務省の官僚、詳細は彼のブログとかみてください。今回の選挙で彼が21区から立候補した。晴天の霹靂?ぼくは彼の事全く知らん。興味もなかった。「小泉純一郎のイラクサマワへの自衛隊派遣に反対して、いろいろあって首になった。」と誰かから聞いた。本も出している。今日のカフェで読んだ。
70歳かー、俺より1つ下、全共闘の時の立ち位置はどこだったんかなー?てなことをかんがえていたら、10日の立川駅頭演説会に来ていた。弁士は小糸健介さん(われらが21区の市民と野党の共闘統一候補)なのに、天木さんがたすき付けては端っこにいる。なんでや?と不思議に感じた。
その日はそのまま帰ってきたのだが、昨日の夜に彼の演説をインターネットで聞いた。「自分を統一候補にしてほしいと共産党、社民党などに働きかけたがけんもほろろでことわられた。自分ならアメリカのくびきから日本を解放できるのだが、このままではどっちが勝っても日米同盟強化になる。憲法9条なんかいますでにぼろぼろ。守るといっても守れない。今回の選挙結果はどっちが勝っても日本のためにはならない。」とおっしゃっている。
たしかに一理ある。状況は厳しい。でもさ、昨日のブログでも書きましたが、共産党は67区で野党と市民の共闘を生かすために立候補取り下げたんだよ。これは画期的だと思う。
あと、民進党の身売りと分裂ですが、ある意味とてもすっきりした、ではないか?いままで東電労組や兵器産業労組なんかも入れて、ぬるっとまとまっていて「原発どうすんのよ?」に明白な答えを出せなかった民進党から、「立憲民主党」が躍り出て、ツイッターでは何十万のフォローアーを生み出し、街頭演説でも大群衆を集めて、立候補者も78名になった。
枝野さん、おれはいってることにも筋がとおっているが、人相(特に耳)が良い。違う意見に十分耳傾けて、じっくりと政策を練り上げていける資質を持った人だと思う。
そこで天木直人さんとサポーターのみなさんにお願いです。ほんきで勝とうとしているのであれば、ぜひとも立候補をとりやめて、一緒にやりましょう。おれも金があれば出たいです。あなたが1500万円も運動資金集めたのはすごいと思います。70年間の生きざま、人望の厚さの証明になりますね。
でも、だからこそ今回ばかりは、自分を捨てて、大同につきましょう。イッセーから天木直人さんへのラブコールとお願いでした。
★★★今日もさんきゅう選挙カフェやってます。わたぼうしさんの野菜の寄付、自主耕作の野菜(小松菜、しゅんぎく)の収穫もあるよ。カフェは11時からです。夕方までいるよ。


[PR]
by issei_tachikawa | 2017-10-12 08:31 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_16352840.jpg
さんきゅうハウスでは連日、選挙カフェやっている。明らかに今までの選挙とは違って利用者(元ホームレスOB=今はアパートや寮生活者)の意識や行動が変化している。
その1つめの証拠は、質問が多いのだ。「どこにいれたらいいの?」「誰にいいれればよくなるのか?」「俺たちの見方は誰なんだ。?」とうとう。
都知事選挙のときは、宇都宮・細川・小池支持にわかれたみなさんでしたが、今回は希望の党には入れないという人が多い。理由を聞いてみたらKさんの答えはこうだ。「小池さんって憲法変えたいんだろ。原発も動かすのに賛成だと。あと都知事になって何仕事したのか?もう信用できないな。」
ちょうど3000マン署名といっしょに選挙トークもしているのだが、その際に(いやいつでも)考えさせられる「事実」を変えるように努力している。
ぼくは話を末広がりに展開するように、どういうことか?自分と同じ意見(同調者)を求める運動になってはいないか?なってると思う。
そういうときどうするか?ぼくはその場で3Qトークを進める。いきなり「署名お願いします。」ではないのだ。それに、お願いすることでもないだろ、思う。
「憲法9条読まれましたか?」
「9条って変える必要を感じますか?」
「9条があると自衛隊は日本の何が守れないんでしょうね?」とうとう。
こうやると、実に時間がかかる。じれったくなることもある。でもね、大事なことだと思う。たかが選挙、されど選挙、政治活動は多様な生活の一部なんですから。「自公や希望維新の支持者とはつきあいません」などと言えないじゃろ思う。
2つ目の変化は、話しかけてくる人の外側に複数の仲間のつながりが見えてきていることだ。Aさんから、「今日周りに話してみるよ。」と笑顔でいわれた。彼は地域の居酒屋の人気者なのだ。あとKさんは1人で9条署名30筆もあつめてくれた。Iさんも「アパートの1階2階で話してみる。」という頼もしい反応だった。
まだ中途半端ですが、これからエンジン全開にしていこうと思う。しゅっぱーつ!


[PR]
by issei_tachikawa | 2017-10-11 16:35 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_21212791.jpg
この時計我が家の2回のトイレに置いてあります。毎日眺める。時々思い出す。2じ46ぷん、あそこから日本の経済・政治・文化・軍事、要するに日本社会の地殻変動が始まったのだなと思う。多くの庶民が、今まで当然とかんがえてきたことが、おもいこみであり、それは何者かによって情報操作された結果でもあることに気が付いた。
その一つが原子力発電所の安全性であった。今でも原発周辺地域(迷い込んだので地名が確認できなかったがおそらく大熊町か富岡町)の荒れ果てた田んぼ、腹減らした猫、こわれたままのハウスの風景が忘れられない。避難家庭の子どもたちからも教わった。帰る時にペットボトルに水道水を入れながら、なぜって聞かれると、「福島の水は飲めないから、おみやげ」と答える。国会前でぺんぺん草を熱心につんでいるこども、「福島の草は放射能で触れないから」と答える。度重なる除染活動に参加する生協の友人、なんでや?そんなんやっても無駄やろと言いたいが言えない。「そんな風に考えるのは敗北主義だ、故郷を追われた人たちの事を考えなくては」と真剣に言われる。なぜかことばを失う。たしかに原発を再稼働させるかどうかの判断は、県知事の意向に係ってくるのだが、政府としてどうなのかが今も問われている。廃炉計画だけではない、再稼働と輸出も止められる政府を創りたい。
あと、憲法ですが、共謀罪法案について反対キャンペーンしていて驚いた事実がある。賛成の人に聞いてみたが、なんとTOC条約も提案されていた共謀罪(テロ等組織犯罪準備取り締まり法)の条文に目を通さずに賛成していたのだ。きちんとよんでると自信もって言い切る人はゼロだった。しかし、この点では、反対する側に立つ人も危ういと感じた。この危惧の念は、憲法論議に関しても癒えている。まずは読んでほしい。そして歴史の勉強、とくにベトナム戦争やイラク戦争もしなくてはならない。憲法全部でなくてもよい。せめて、9条や前文くらいは暗記して、念仏のように街歩きながら、チャリ漕ぎながら唱えて歩くと良い。日本国憲法の主人公というか主体は1人1人の個人にあり、個人自由が前提となって様々の権利や義務が語られていく。縛られているのは政府、公務員の側なのだ。この点では天皇や摂政も同じなのである。
民主主義ってなんだ?奥田君が久しぶりに集会に現れて、「この度衆議院議員に立候補しました。」と笑いをとって久しぶりのさわやかトークをきかせてくれたが、市民と野党の共闘で、本気で安倍を倒そう。対立の構図は、2極です。(3ではない)日本国憲法9条に反する「集団的自衛権」と称するアメリカ軍追随容認を認めた安保法制を廃止するのかいなか?憲法9条の3項に、自衛隊明記を認めさせるのか?原子力発電所の再稼働を容認するのか?ぼくはこの点の筋を通してくれる代議士(政治家ではない)に投票します。
今日は、なんと21区の4人の立候補者が夜の立川駅南北に分かれて、選挙戦のクックオフ集会をしました。ぼくは小糸けんすけさんのちらし100枚を撒いて、要所要所のどでかい拍手で、心込めて応援しました。福島さんともお久しぶりの握手、「パルシステムです。」といいながら。「いつもおせわんなってます」といわれたので「こちらこそ」と返しました。
通行人の反応が今までと少し違ってきました。「おつかれさまです。」といいながら仕事帰りの方にさしのべると、10人に1人は受け取ってくれます。その瞬間、「ありがとう」と添えます。1人1人の小さな工夫がつながって世の中をじわりじわりと変えていくのです。
〇共産党は、小選挙区で67名の自党候補者をおろしたとのこと、本人もまわりも断腸の思いだったことでしょう。これは日本の政治史上初めての英断ではないでしょうか。
★★★民進党は希望の党に飲み込まれて、百合子の「踏み絵」踏むことを拒否した枝野さんの立憲民主党のもとに78名もの有志が結集した。これこそが日本の希望だと思う。勝利の旗をみんなでつかもう。
c0219972_21214014.jpg

「こどもたちを大切にする社会を」奨学金でしか行けない大学、って?
[PR]
by issei_tachikawa | 2017-10-10 22:05 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_19341802.jpg
2時からのスタンでイング&辻説法準備で立川駅北口にいったら、大道芸やってる。南口にいってみたら共産党がやってる、若木さんに「すみませーん」といわれたが、困った。引っ返して北口に行ったら
金子さんがBIG ISSUE売ってる。その前でやらせてもらった。お礼に2冊購入。署名は彼1人で30名も集めてくれた。本当に頭が下がります。
22日の論点をわかりやすく話した。マスコミは3極などと分けているので、2極に絞り込んだ。
高齢の女性がとしさんにつかかってはなれない。話していて気になる。助け船出そうか迷っている間にいなくなったので、あとで聞いてみたら、一応9条はそのままでの意見で、ほっとひといきついたのだが、なんでもよいから話したかったんだね。それくらいたまってるんだな。まあいろいろある。
終了間際に杖ついた高齢男性が目の前に現れて立ち話した。聞けば、青梅の老人ホームにいたのだがあなたは自立できるからといわれて、都営住宅申し込んだら、上砂1丁目に入れたんだそうだ。「3人応募したら全員受かった。老人ホーム特別枠というのがあるらしい」とのこと。巷では競争率100倍なんていわれてますから、このルート選択もありかな。
あっと、利用者OBから電話で「誰に入れたらよいのですか」と。期日前投票に行きたいらしい。立川田クロス?しらんなーではすまないので、これから検索して教えてあげよう。
あと普段は政治に無関心な親戚からも同じこと聞かれる。ほとんどの人は毎回選挙にはいくが支持政党は無い。こういう人たちの心中がざわついているんだなーと感じる。
いっそのこと俺が出れば話は簡単なんだが、いかんせん600万円どころか、これから15日までに
さんきゅうカフェで落とすべきかねがないくらい。なんとかしたいものだ。
なんとかしたいものだ。でも「筋を通す政治家を国会へ」を貫きたい。22日までの青春にのろし火を!
利さん6日からしばらく東京を離れるので、のぼりをあづかった。インターネットで「小糸けんすけ」ひいたら、けっこう好感持てるひとではないか。このブログをどうやっていかすのかだな。

[PR]
by issei_tachikawa | 2017-10-09 19:41 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_21175792.jpg
ややあきらめムード(ほんまや)でアイムホールにかけつけました。入ろうとしたらびっくり!立ち見出も会場いっぱいです。
しょっぱなから共産党田川さんの率直な挨拶に好感もてました。でたかったでしょう、さぞかし。それなのに党の方針(野党候補の一本化と本真の市民との共闘)で、小糸さんに席を譲ったんですから、断腸の思いのはず。でもなぜか表情さわやか、明るい笑顔がわざとらしくない。
12区のさおりちゃんこと池内さんもがんばってるし、この手の「歴史的妥協」(コンセション・イストリック=フランセ)は日本全国で実行されているんでしょうから、まさに「チェンジ」のお手本だね。他者の変化を求める前に、自分たちから、自分から変えられるところから変えてみる。結果を恐れないで、有権者のセンスを信頼して祈りながら歩む。
因みに東京21区は、国立、立川、日野、多摩市と八王子の一部、大塚と東中野の分区という構成ですが有権者数はいくつなんだろうか?今までの21は、長島(希望の党)、小田原(自公)が約8万票とって、交替していた。他は合わせても3万くらいだったので、相手にならない。まあ、こんかいもだめじゃろとおもっていたら、エリア拡大したので、もしかするとという可能性が生まれています。これから先は、短期決戦、本人のパワーやキャラもさることながら、サポーターの努力が問われます。
小糸さんは面白い人物です。腰がめちゃ低い。握手するときに正座(どげざ!)してるみたいや。35歳で主夫だって。こども4歳、奥さんも大変だね。もしかするとキャリアかな?アベノミクス批判と消費税政策はちゃんとききたかったですが、あとでHP見てみよう。
9条についての政策は、もちろん護憲側ですが、「教育改革」から発言するところが彼らしさなのかな。ありきたりの反戦平和論では、これからの世代の魂をとらえられないですからね。
最後の大きな蕪の話は僕には示唆的でしたが、会場の高齢参加者にはすこしわかりづらいというか、筋が違う感じだったのかもね。「9条どうすんのよ、簡単でいいからいってくれ!」という意見がとびだして、しばらくざわつきましたが、最後はまとまりつけてキックオフとできました。
c0219972_21421399.jpg

[PR]
by issei_tachikawa | 2017-10-08 21:42 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_21152795.jpg
1099名が立候補、465名が当選する。過半数は233、3分の1議席なら155以上は欲しい。今回ばかりはいろんな人(親戚やさんきゅうハウスOBなど)から問い合わせが入る。
1つ目の論点、多いのは「何党に入れたらよいのですか?」、前回の都知事選で小池に入れた人も今回はさすが迷っています。「希望の党」、中身は絶望的ですが、政策が出たので比較してみる。
論点はたくさんありますが、1つは原発、2つは安保法制。希望の党は「2030年に原発ゼロ」と公約している。しかしだ、先日の田中委員長の置き土産的な柏崎原発再稼働に関しては「委員会で安全性に関して認められたのですから」といって、東京都としては反対しないと言っている。これが実態です。
2つめの、安全保障法制、中谷さんが防衛大臣の頃にできたもの。内容はアメリカ(アーミテージ・ナイの分析)の言いなりです。9条については、希望の党と自民党は集団的自衛権が違憲であることを認めない点では同じです。
昨日の党首討論では「シビリアンコントロール」がでてきたらしいですが、これまた嘘のつきはじめです。9条の1項、2項そのままなら、憲法変える必要無し。専守防衛、本土防衛のための自衛隊の存在については、憲法においては何も語られていない。ということは否定も肯定も憲法論議からだけではわからない。改憲の理由が存立していないのですよ。
希望の党の公約はじっくり読んでみると、実現可能性の乏しいものばかりで、結局安倍政権の維持存続をリスル結果に終わるのだということです。
さんきゅうハウスの仲間で話していると、たくさん教わります。希望論についてですが、彼らがいうところの希望って何なのか。「カミさん子ども連れて逃げられた。親戚とも付き合ってない。路上生活、仕事ない、人生展望ない、でも、だから怖いもんもない。みんななくなっちゃって、あと失うのは命だけだよ。」という開き直り。これがおれたちのパワーになるんです。
2つ目の論点、個人とか政党、宗教批判は慎む方が良いと思うね。聖書、コーラン、生命の実相(谷口雅春、生長の家の創始者、故人、日本会議のカリスマ)古事記、資本論、ケインズやゲゼルの著作などすべては本質的には違いがない。幸福実現党のバイブルも同じ。
なのに、これだけ対立してヒートする。なぜなんだい?なにかまちがっていないかい?愛の対極にはなにがあるのですか?ここが2つ目の論点になると思う。
ぼくは、40になるまで、投票は2回しかしていない。していない。1つは奥崎謙三、2つは戸村一作の選挙、中山千夏さんときは半日付き合ったがあきれてやめた。(おれがへんくつすぎたのかも)
3つ目ですが、ここが肝心です。10日告示、22日投開票、1人1人が何を心がければよいのか?結論はひとこと、すそ野を広げるんですよ!
日本の反体制運動が(9条守れも同じ)なんで負け続けなのか?理由は明白で、空気が同じ人とばかり付き合ってるからなんです。今まさに天啓が、隣の人に語り掛け、家族で話し合い、職場や地域で次の政権をを何党に、誰に託せば良いのかをマジに話し合いましょう。
ゆずりはさんでも憲法カフェするみたいです。さんきゅうハウスでもやるよ。
さてと明日は、2時から、立川駅北口デッキでマンデイアクション、みんなよっといで。

[PR]
by issei_tachikawa | 2017-10-08 13:01 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_18101262.jpg

楽しみながらやってます。よくしゃべり、よくわらい、よくおどり、パフォーマンスでいっぱい。自分でも不思議なくらい、言葉がつきません。いもづるしき?スピーチ、今日のテーマは、大きく言えば「安倍のご都合解散⇒総選挙の争点」ですが、絞り込んで「踏み絵」の意義でした。民進党のなかで希望の党に入れてもらえない人たちが、新党創るという。良いことなのですが、見せ方が下手だね。入れてもらえないから、やむおぜず・・やむおぜず・・ではないでしょ。筋通すゆうことでしょ。「安保法制、9条壊憲」を踏み絵にする希望の党は、すでに自民党からラブコールさえ送られている。(送り主は石破さんだけどね)こっちはこっちで、野党と市民の共闘、カッテレンでいく。すっきりするじゃん。10日告示、22日衆院議員選挙、世直しチャンスですぞ。写真は、聴いてくれていた高校生(いや大学生?)にシャッターお願いしました。ついでに署名お願いする人もいましたが、じょうずに断られました。「まだ勉強中なので」ということ。そうだよね、おしつけ、あしばやではいかん。ゆっくりと確実に草の根民主主義の根を大地に伸ばしていきのです。いつまでやんのかな?答えは「命ある限り」ですね。
[PR]
by issei_tachikawa | 2017-10-02 18:24 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_23570409.jpg
当選) 松下玲子 (野党連合) 2万4500票
落選) 高野恒一郎(自民党)  1万4000票
これで、明日の立川駅北口デッキアクションは、さらに盛り上がるね。
そいえば、新しき公共(シールズの発展)のデモに、共産党の山添参議院議員と元民進党の枝野さんが来ていたなー。
希望の党なんかにこびないで、政治家としての筋通して「独立党」そしきすればええやん。民進党がこれで本真の野党らしくなって「安保法制廃止、9条の理念実現、モリカケ証人喚問、消費税10%中止、オスプレイ配備反対・辺野古移転反対・高江ヘリパッド工事中止、原発再稼働・輸出反対」を貫いてほしいな。
安倍のミックスの批判だけではなくて、福祉充実と格差是正・解消の経済政策も出してほしい。
以上、10月1日のビッグ・ニュースでございました。
イッセー通信111部配布終了、林さん(メダカヤ)で栗をごちそうになりました。彼とは1987年の出会いなので30年のつきあい、文集42号に僕も書いてます。「新しい政治的文化のために」がテーマ、義兄の伊藤正男さんのことを書きました。200円です。さんきゅうカフェに置いておくよ。
今日は、商店主さんとの出会いが3つありました。2つは和菓子屋さん、1つは、柏サイクルさん、しっかりと筋を通すおつきあいです。でもかたくるしくはないよ。ジョークもいっぱい。
国会少数でも、地域多数ってことは可能です。民進党解党で、希望の党(政策中身は自民党の補完)の公認得られないえらいさんたちは、地域からやりなおしてはいかがでしょうか。
明日のニュースが楽しみやね。

[PR]
by issei_tachikawa | 2017-10-01 23:57 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)