どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧



・何かの目標を達成するために一定期間欲望を自覚的に押さえ込むと、自分でも信じられないくらいのエネルギーがわいてきて、集中力が発揮されることがあるようです。
・その場合の考察対象となる欲望は、酒・タバコ、セックスについてです。好きな音楽を聴きたいとか、歴史上の謎をときたいとか、ゆっくり休みたいとか、うまいもん食いたいとかも少し係ってくるかもしれませんが、ここでは主に上記2欲望について過去の事実を振り返りながら考えて見ます。
・25歳くらいからぶっつぶれた活動家同士の暗い同棲生活におさらばするために、起死回生の一撃みたいに大学院入学を目指していました。東大の経済はペーパーテスト2年連続で合格しても論文と口述試験で落とされる。しかたないので3年目は京大受験したが失敗(よく覚えていないのですがメイビー)、4年目もうこれでだめだったらやめる覚悟で京大受験。6月から3ヶ月間、禁酒禁煙で受験勉強に専念しました。
・前夜にノートを読み込んでいたテーマについてずばり出題されたりのラッキーもありましたが、なんと言っても忘れられないのが仏語和訳問題。時間切れでベルが鳴り後ろから順番に回答用紙が集められてくる間にも書き続けて提出し何とか回答できたのです。おそらく80点くらいは取れたのでしょう。このときの決断力、持続力、集中力は3ヶ月間の自分との戦いの成果であったと今でも確信しています。
・合格間違いなしという確信をもってホテルに帰り、サッポロ黒生で1人乾杯、ダンヒルはうまかった!テレビでは、「坂部ギンの青春・・・ギンさんをもう一度探してください」をやっていた。
・アメリカの企業や政治社会では、腹の出た人は自己管理のできない人として他者の上に立つ資格が無いとみなされてしまうという見方もあるらしいが、本当かもしれない。
・話し変わるが、自分が○○が苦手デーとかいってしり込みする人がいる。自分も計算(数値)とかヴィジヨンづくりは超にがてと思い込んでいた。しかし最近になってやれば出来るじゃんと思えることが2つあった。1つはCFPの受験で。2つはモデル事業3年目で。CFPの6科目の中では計算問題が多く出題される「金融資産運用設計」に合格できたのはうれしい。多少自分を見直したりもした。(自衛隊受験時は中学程度の分数問題がまったく解けなかったのだから) モデル事業についても最初は苦しかったが暗闇で手探り、道なき道を歩みながらNPO6団体と連携協働しながら何とか格好をつけられつつある。なんだい俺にもできるんじゃんという感じもつかんだ。それに今年は支援室の松浦、高橋も加わって事業展開ができているのでますます心強い。
●いくつになっても人は変わりうる。限界に挑戦することであなたの寿命ももっと延びるかもしれない。これからの30年間で、医学、スペイン語、韓国語、中国語、自然農のセカンド、ジャンベなど打楽器、1人語りと一人芝居にも挑戦してみたい。
●今日のお笑い。デイサービス事務所で。お弁当配達終えてキーを返しにいったらすでにシャッターが折りかけていて、中でスタッフさんが業務日報作成中。背中を丸めて入ろうとしたのだがシャッターに引っ掛けてガガット音がした。
「気をつけてねー、あぶないよ。」
「いやーぼけが始まってるんで少しはからだ刺激するほうがいいんですよ。」
「そんなー」という会話をしながら出てくるときにまたまた引っ掛けて音が!
「そのうちお世話んなるかもしれませんから。」といって満点大笑いを頂戴しましたとさ。おつかれ!

[PR]
by issei_tachikawa | 2009-10-29 19:49 | イッセー心理学、行動哲学、唯身論 | Comments(0)
・日本って村社会、日本人は集団主義とかいわれてきた。でも小泉・竹中主導の市場原理主義ですっかり様変わりしてしまった。昨晩、BIG ISSUE、セカンドリーグ支援室、パルのパン屋さん、ゼネラルプレスの有志で新宿野宿者のみなさんにパンの配給をしたところ、都庁の受け入れスペースには500人以上が泊まっていたとのこと。格差がどうのこうのではなくて絶対的貧困が放置されていることが問題なのです。
・ところで、一人ぼっちだなーと身につまされたことってありますか。ぼくは、20代の後半であります。或る年の正月、崎山さんのアパートに転がり込んでいた。コタツで彼は自慢げに年賀状をぼくに見せたが、それは行き着け呑み屋からの1通の賀状だった。彼に来たのはこれだけ。でもふーたろう生活だった俺にはゼロだった。
  それから何年後か、京都の山科駅で乗り換え通路を歩いている途中で体内をかけめぐった不安の渦。「もしも今ここでオレが倒れたら誰か本気で悲しんでくれるだろうか?」と言う問いかけに確信的答えは出なかった。やばー!一人ぼっちじゃん。
・あれから30年以上たって今では、メルとも、笛とも、米とも、地域のともだち(地トモ)、パルとも、中学高校野球ともだち(野るとも)、政治活動ともだち(政とも)、CBやNPOともだち(コミとも)、そして分類不可能のなんとなく友達(腐れ縁みたいなのも含む「なんとも」など約200~300名のオレから勝手に友達といえるやつら)がいる。とりあえず親戚・兄弟含めるとセーフテイネットらしきつながりがいつも見えているの他者や社会のことに気を使う余裕がもてるのはありがたい。(マジに・・・)
・そしてできれば、NPO法人 NALCさんでやっているような時間預託と地域通貨を組み合わせたような仕組みが全国ネットでできるといい。いろいろ考えていたら、株式会社ナカショク(新潟県新発田市)の社長 本間さんから「農業やる気のある人なら20~30人は受け入れますよ。」というメールをいただいたので、BIG ISSUE 服部氏と相談しています。派遣切りなどへの対応策の1つとして、野宿者就労事業育成のモデルにでもできれば良いと思っています。この動きに学生、ボランテイアさんがどのような形で係ってもらえるかもポイントだと思います。スパンの長い取り組みになるねこれは。あわてないで着実に進めていこう。

[PR]
by issei_tachikawa | 2009-10-27 21:42 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_1615456.jpgののか8娘)は15歳、高校1年生です。

「今日さー先生に『あなたはいつもソーメーだねっていわれた。」(のの)
「どういうときに言われたの?」(母)
「遠足の班分けでー、4人から9人っていわれたんだけどー、ひと組2人だけができちゃったからさー、1人誘って4人にしたんだよ。そしたらほめられた。」
「そういう子に育ってくれて母は涙が出るほどうれしいよ。」
「・・・・・・」
「家んなかで自己中のあなたからは想像もできないけど。」
「学校も家もなんて無理だよ。家でこうだから学校ではほめられるんだろが。」
2人は大笑い。
その後で、のの(野花=ののか)が聞く。
「ソーメーって何のこと?」
母は満点大笑い状況のもとで国語辞典(大辞林)を開いて読みました。
「①理解力・判断力がすぐれている・こと(さま)
  かしこい・こと(さま)」
それでののはドウ感じたのか、情報が入りましたらお知らせいたしますが・・・
[PR]
by issei_tachikawa | 2009-10-20 22:04 | 家族、地域家族 | Comments(0)
●20代 高田馬場の寄せ場で仕事にあぶれて帰れないことがあった。その日ぐらしで、財布に10円玉数枚しかなかったから鷺ノ宮のアパートまでの切符が買えない。迷わずM君に電話したら金貸してくれるというので品川まで歩いていった。心底ありがたいと感じた。

●20代 祖師谷での共同生活パートナーと口論になり家出して、日雇い鳶職の先輩Sさんの借家で正月を迎えた。彼は自慢げに1通の年賀状を見せてくれたが、差出人は呑み屋のおかみ(つまり義理状)だった。彼も一人ぼっちなのだなあと身につまされた。

●30代 Cさんの池袋のアパートで暮らしていた。線路の向こうのKさんのマンションにも泊まったりしていた。でもオレはそれぞれ真面目に付合い、社会運動していた。Aさんとの件でCさんから三行半をつきつけられて困っていると、友人の紹介でBハウスに転がり込んだご利益が今につながっている。立川生協再建計画に参画したり、ジュンコと出会って結婚できたのもこれが縁だった。

●30代 新幹線で京都から東京に向かう途中のトイレの中で、背中に激痛が走り耐えられない状態になり三里塚行きを中止して祖師谷の姉宅に転がり込み、3日間寝たきりだった。姉が母のように世話してくれてありがたかった。

●40代から60代 3人の子どもらの友達が我が家を駆け込み寺にしていた。例えば、Kくん、Rくん、何も問題はないのだが居心地の良いたまり場を求めてくる光太や野花の友達など。特に社会貢献などという感覚ではなくて、さりげなく来るものは拒まず、家と家とを隔てる敷居を下げることが少しはための復活につながればと思う。

●立川市議会議員の大澤事務所で野宿者支援をしている。ぼくの分担は毎週水曜日7:50までに事務所の鍵を開けて、『BIG ISSUE』を販売員に希望冊数だけ渡し、1冊当たり140円を受け取って記録する。雑誌は新宿の事務所からまとめて届くので販売員は取りに行く交通費を節約できる。今の日本の都会に新しい「ため」いっぱいの人間関係をつくるにはどうすれば良いかについて考えている。

●なぜ野宿に追い込まれるのだろうか。普通は倒産などで失職し、収入も蓄えも無くなり住みかを追われて、頼るべき親子親戚友人知人がまったくいないという状態がヤバイのだが、さらに突っ込んで考えると、駅公園路上等で人が寝ていても、何も手を差し伸べなかった「新自由主義」「市場原理主義」「自己責任論」にのっかった政治の責任は重い。民主党政権でこの問題をどうするか期待注目!

●全てを政治、行政、大企業の責任にするのではなくて、個人でもできる支援は今すぐやってみようと思う。小さな努力でもたくさん集めれば大きな力にできる。問題解決待ったなし!こうしている間にも野宿に追い込まれる人が増えていく。26日月曜日はBIGISSUE本部の人とセカンドリーグ支援室、㈱ゼネラルプレスの有志が「夜回り」に出ます。ってなことを考えていたら大沢さんから電話で「明日から販売者が2人増えます。」とでんわ。いつまでのボランテイアか? 答えはいまのところ無期限だな。紀平さん「人として生きていくことの性(さが)」でしょうか。

☆☆☆朝、新潟新発田市の株式会社ナカショクの社長 中尾さんからメールが、「農業やりたいひとがいたらうちで引き受けますよ。」とのこと!これぞまさに渡りに船、さっそくBIG ISSUE東京事務所に電話したら、あたってくださるとのこと。『のんびる』編集室もすぐに動き出してくれた。信頼とたすけあいを世に広げよう。


㈱ジーピーエスからはBIG ISSUE読者に産直品プレゼント支援、その他にもパルシステムは1頁の産直広告支援、夜回り支援、代表 佐野氏と湯浅氏(反貧困ネットワーク)の『のんびる』公開インタビューなどを実施しています。あきらめない・あわてない・切れないでしぶとく続けようと思っています。
[PR]
by issei_tachikawa | 2009-10-20 19:54 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_1425020.jpgバケツ稲豊作

1.氏 名 イッセーよしむら イッセーと呼ばれるとうれしい。自称:デリートよしむら

2.1946年6月14日生、血液A型(よくBでしょと言われる)
  ふたご座、子どもの頃の直感「このまま勉強するとやばい。」
  「トレーニングは哲学」(変な野球少年)
  動物占いでは、ラクダか? 好きな花は、野花、アマランサス
  背高泡立ち草

3.大学院でモンドラゴン協同組合連合を研究、2007年パルシステム・ファーストステージ終了、同年4月 セカンド・ステージ「入学」、卒業の見込み無し、一生生徒かも。(笑い)
所 属:パルシステム生活協同組合連合会セカンドリーグ支援室でしたが、2011年6月14日以降は、特定非営利活動法人 コミュニテイビジネスサポートセンター(代表理事 永沢映)を通じた委託業務を遂行し、2014年3月31日で終了、以降は「死ぬまでパル」を実行中です。

5.パルシステムでのキャリア、役職及び地域活動(40歳からの転職=就職)
1986~90年配達歴は3ヶ月、通常便+こんせん牛乳深夜便担当、立川生協常務理事: 拡大、業務・システム管掌
1990~2000年連合会総務係長:国際活動委員会、給与・社会保険・福利厚生健康づくり担当、安全衛生委員会とグループ役職員共済会事務局、ISO14001茗荷谷サイト担当及び内部環境監査委員、OPENまいんど編集長
2001年 事業支援部係長:イレギュラー・トラブル対策、情報化推進担当
2002~2005年 共済事業課長:共済キャンペーンの統一、事務センター補助、会議、交流・合同研修等外部対策
2006~2007年 FP事業課長:ライフプラン相談管理、びぃあらいぶ編集長、CFP4科目合格後資格返上
(地域活動)
1993~1996年立川市立柏小学校PTA会長
1986~フォルクローレ演奏活動(ワイナマユ、ロス・サバドス)
1987~2006年 引きこもり社会復帰支援、立川自立生活センター、育て上げネット、柿木カンパニーと連携協働で
2007年以降高齢社会の食と職を考えるチャンプルーの会会員、高齢者・障害者などにお弁当配達(週4回)
NPO法人 さんきゅうハウス 理事長
フーバンク立川代表、三多摩フードバンク事務局
みどり立川 
KSC(宇宙ロックバンドKINGサポートクラブ)、ジェンベ教室
フォルクローレバンド(ワイナ・マユ=若い川)
福島原発告訴団(第2次)
玉川上水さかえの自治会会長
気・血・道(医食農)コンサルタント
パルシステム東京(消費生協)立川地区 総代
課題:食・農、健康、運動、大道芸、人の笑顔
  E-mail : a064kys@ac.auone-net.jp  
個人ブログ:http://issei2nd.exblog.jp/
FB友達440名
  ★共著で『100万人の人間力』(パート1~3)を出しました。彩雲出版、1,400円。
  ☆『自主管理社会主義』(某大学学生新聞1980年4月新入生歓迎号)
  ★ 写真集『第2次砂川闘争の記録・・ベトナム反戦闘争』
  ★ イッセー通信毎月1回発行、100部、ご近所配布と郵送3部、20171108現在62号

c0219972_14255774.jpg
咲いている時よりも散り際がきれいだといわれますが、桜のジュータンもなかなか良い。
[PR]
by issei_tachikawa | 2009-10-20 14:19 | 自分史(1946-2066) | Comments(0)
ようこそイッセーブログへ!今後モデル事業に係わる記事は今まで通り「食・農等コミュニテイビジネスモデル事業更新中」(2007年10月スタート、パルシステム連合会地域活動支援課HP)にブロガー交替して掲載しますが、それ以外の記事はこのブログに掲載します。引き続き休憩代わりにお立ち寄りください。

c0219972_10551976.jpg

[PR]
by issei_tachikawa | 2009-10-19 10:33 | 自分史(1946-2066) | Comments(0)