どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

<   2011年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

c0219972_213614.jpg・小学生でも知ってる事実:第二次大戦では、三国同盟を締結していた。しかし、日本にヒットラー型の独裁者は存在しなかった。日本の政治的文化史の特徴、鎌倉幕府以降の征夷大将軍でさえ天皇の宗教的な祭儀権、国民統合力に依存しないと政治的権力奪取と維持できなかった。これって今も本質的な変化なし。
・大陸観念論と唯物論、近代哲学の系譜。デカルト、カント、ショーペンハウアー、ライプニッツ、ハイデッガー、ニーチェ。
ヘーゲル、フィヒテ、シェリング、フォイエルバッハ、ルーゲ、バウアー、ヘス、シュトラウス、マルクス。経済的に先に発展したイギリス、政治的に過激なフランスに比べると、どちらも後進的だった(といわれるが?)
「西田哲学」からさかのぼって、本居宣長に行き着く。『玉くしげ』(岩波文庫 黄 219-5)探してみたら、絶版くさい。どなたか持ってませんか?
・環境先進国ドイツ、ほんまかいな?どうも最近ますます疑り深くなっている自分を発見する。何が先進なんや?リサイクル率、リユース活動の普及、ごみの減量経年変化と廃棄物前年比等などが気になるが、すべての基準を疑うと、一国評価にも影響してくる。ひとつ言えることは、自然破壊のすさまじさは日本の比ではないこと。マルクスは「自然の変革は自己変革の前提だ。」というようなことをいっていた。(『経哲草稿』)
・いきなり3.11以降の話。メルケル政権は、原発17基全廃を決定。2022年までに目標達成する計画を作成したという。管政権は、G8向けのいかにもアイマイモコとした計画のレベル。せっかく浜岡停止しても、他が地震・津波・テロでやられない保障はない。54基全て停止してから論議しないと危ない。命が先決。
・ドイツでは、昨日20万人近い脱原発パレードがあった。ユーチューブで見ると、デモは道路いっぱいに広がって進んでいる。日本では何万人集まっても、数百名づつに寸断されてすすむので、歩道から見た印象は「なんやすくないやんけ」である。
・この違いは、緑の党がしっかりと国会内で活動しているかどうかに関係していると思う。3.11以降原発のこと、被災者のことを真剣に考えている日本人は増えたはず。この市民意識の高まりを、何とかして1000万署名、国民投票、2020年までに廃炉決定にまでもっていきたい。
そのために必要なのは何か?1986年チェルノブイリ以降の反原発運動で活躍した皆さん、その後何人の人をこちら側に招きいれましたか?活動家層の開放性、積極的な宣伝・説明のエネルギーを充填させなくては。
原発論議だけで人の心をつかめるのか?答えはメイビーノー。人々の感性に訴えるような活動が必要です。もちろん利益誘導もね。CB(コミュニテイビジネス)としての再生可能エネルギー生産と分配事業⇒脱原発運動も有りなのではないか?

c0219972_20424953.jpg

[PR]
by issei_tachikawa | 2011-05-30 16:03 | 国際政治(歴史、原理) | Comments(0)

癌と向き合って生きる

c0219972_1123465.jpg「放射線というのは(障害との)因果関係がハッキリしない。『がん』が放射線によるものなのか、化学物質によるのか、自然発生によるのかが一切わからない。何年後に『がん』になるのかわからない。そういう因果関係のわからなさで、放射線による発がんというのが軽く見られる」(


癌とは何か(自分自身のことかなと思うのだが)
原因は、放射性物質、化学物質、自然発生などと語られる。いくつかの事実に注目したい。
癌による死亡者は2010亡くなった方の40%に迫り、50%目の前。
男女共通で、肺がん、大腸がん、すい臓がん、肝臓癌などが怖い。胃がん、乳がん、子宮ガンが比較的対処しやすい。高齢男性は、前立腺がんも悩みの種。
乳幼児死亡率が低下し、医療技術の発展で他の疾病による死者は減る、ガン死亡は一部除くと増えている。
「早期発見早期治療」が叫ばれるが、なまじ通院し医者の言うとおりにしたために命を短縮したのではと疑える事例が多い。
癌保険がはやる。

何が問題なのか
癌の原因全くわからないのではない。何がどこまでわかっているのかを再考察すること。
癌もどきと癌の違いは、転移するかどうかだといわれるが、僕は違うと思う。
「転移」するのではない、もともと全身病なのではないか。
つまり、血液の汚染ががん細胞を生成している。
それは日常の営み(食事、消化吸収、細胞の生成と消滅、心身の運動、呼吸、排泄、発熱と冷えなどの新陳代謝バランス)が癌細胞を作っている。毎日毎晩数セン単位で。
なのに、発症する人としない人がわかれる。ここにピンポイントして再考察すること。
安保徹・福田稔の「自律神経による白血球支配の法則」がヒントになる。交感神経と副交感神経のアンバランス(過度の緊張持続、ストレス)が、顆粒球とリンパ球のアンバランスをもたらし、顆粒球の過剰が緊張の持続を支えて、リンパ球の一部を担う「NK細胞「(癌細胞に対する免疫細胞の主力)を弱らせる。
この状況は、何によって生まれるのか?動物性脂肪の塊と酸化たんぱく質過剰摂取、塩分過剰、酵素不足、背景としての低体温、新陳代謝阻害などが問題。

イッセーの対応(それぞれが自分で考える方が良い)
要するに免疫力を低下させることを減らして、逆に免疫力を鍛え向上させることを実行している。
(詳細に関しては、『食・運・交のありかた考』を参照)
おれは定期健康診断は卒業した。百害あって一利なし。酒・たばこの方がマシ。
好きなもの食って、やりたいことやって、おおらかに生きていることが、理にかなっていて運がよければ長生きできるのだろうが、それはあくまで結果である。良い結果は良い取り組みから生まれてくる。みんな違ってみんな良い、金子さんのうけうりではない。本気でそう感じる。自立せよ、人の意見は参考にするだけで良い。判断するのは自分の心身、経験と直感と少しの知識を活かすこと。
癌はNK細胞に特化した生き延びる力を鍛える相手なのかもしれない。人は毎日トレーニングして生きているのかもしれない。この「事実」を摘出して考え続けることは実はすっごく面白いのだ。
癌は決して怖くない、とても愛せる存在なのかもしれない。ユダとキリスト、あなた自身の体内に2人のあなたが住んでいる。どちらを見える化して生きるのかの選択権はあなた自身にある。だから人生面白い。
面白いからやめられない。80歳、90歳は決して長寿ではないのかもしれない。平均寿命、120歳の日本にすれば世の中どうなるのか?これは考えるに値するテーマだと思う。遠くをみながら足元を忘れないこと。
[PR]
by issei_tachikawa | 2011-05-26 11:02 | 気・血・道 | Comments(0)
c0219972_959697.jpg・ケーナとであって25年以上たった。アンデスの楽器なので、インカ、南米のこともそれなりに勉強したらいくつかの発見があった。
・インカは、「民族数80と人口1,600万人」(ウイキペディア)インカ帝国などと言われているが、「タワンテイン・スージュ」(4つの州)という方が適切な表現だと思う。公用語はケチュア語だったらしいが、アイマラとか他の言語を話す人々はそのまま認められていたらしい。征服者スペインがキリスト教布教のために教会をたてスペイン語を強要したのとは大違い。西側の肌の白い人々のような文節的な思考・言語体系がなくて、縄文字によって穀物(トウモロコシ)の収穫高を記録していたらしい。
・アルファベットとか漢字がないのは不便だろうなと思う人は多いだろうが、世界の先住民ではむしろよくある例かもしれない。アイヌーンのユーカラ(長編の詩=伝承)は活字ではなくて声=語りで連綿と伝えられてきた。魂の部分はむしろ人の声の方が伝わるのだろう。以心伝心。
・さらに立ち入って考えると、「目は口ほどにものをいい。」という格言も気になる。喋るよりも伝わる力があることが多い。だから笑顔は大事なのだ。辛い時ほど人の笑顔なのだ。
・石の文化もさかのぼっていくと面白い。有名なマチュピチュ、ペルーの遺跡は世界最高峰につくられた街の跡。あんなにでかい石をどうやって運んだんだろうか?何人の労働の成果なのか?さらに不思議なことは、積み上げられた石の切片に隙間が全く無いこと。どうやって平らにしたんだろうか?インカと言えば黄金だが金を溶かしてアナをあける技術をもっていたのだろううか?1750年代のことだ
・フォルクローレに譜面や指揮者はにあわない。バイオリンが入ることもあるが、何となく音が合ってないのもかえってそれっぽい味を出している。ほとんどのケーナ奏者はロングトーンの練習なんかしないようだ。これも面白い。テナーサックスだとロングトーンとドレミ(キー別の)練習で数ヶ月かける。いや数年かかることも。尺八なんかは、首フリ◎年、音だし◎年とかいわれる。ケーナはバックに入れて山のてっぺんでも、マラソンのゴールにでも、どこでも持っていける。とても便利な音具。いった先々、吹いたその場で友達が出来ることも。
「見てきたことや聞いたこと、今まで覚えたぜーんぶ、でたらめだったら面白い、そんな気もーちわかるでしょう。」(ブルーハーツ)
[PR]
by issei_tachikawa | 2011-05-25 09:51 | 音楽大道芸活動 | Comments(0)
c0219972_1002238.jpg★「台湾 稼働中原発6基順次廃炉の方針」

 台湾の馬英九政権は稼働中の原発6基(3か所)について、老朽化による危険性を回避するため、運転期間を延長せず18~25年に順次廃炉とする方針を決めた。
―中略―また、来年末の運転開始を目指していた建設中の第4原発については、安全性を再確認することになり、運転開始はさらに先送りされる見込み。
馬政権は今後、新たな原発は建設せず、これまで総発電量の約2割を占める原発への依存度を低くし、クリーンエネルギーの開発を強化する方針だ。(毎日新聞 2011.5.24の要約)

★「ドイツ「緑の党」また躍進」

 ドイツ北西部ブレーメン州の州議会選(定数83)が22日投開票され、反原発を掲げる環境政党・緑の党が躍進し、メルケル首相率いるキリスト教民主同盟を抜いて第2党に浮上した。
ドイツ2大政党の一角・民主同盟を緑の党が上回るのは州選挙で初めてで、DPA通信は「福島第1原発の事故が引き起こした原発論議が、緑の党に有利に働いた」と分析している。
福島の事故後、ドイツでは反原発機運が高まり、3月の南部バーデン・ビュルテンベルク州など2つの州議会でも緑の党が大勝。同州では5月、国内16州で初めて緑の党の州首相が誕生した。
地方分権の強いドイツでは州選挙結果が国政に及ぼす影響が大きく、緑の党の相次ぐ躍進はメルケル政権に打撃となった。
「脱原発」を進める政府は6月、原発全廃の時期などを盛り込んだ新政策を閣議決定する方針だが、原発の早期閉鎖を求める声がさらに高まる可能性がある。―
以下略―(毎日新聞 2011.5.24の要約)

「たんぽぽ舎」からの毎日通信「地震と原発事故情報 その78 」から転載しました。
★朝から水浴びして、「脱原発」「国学研究」「さんきゅうハウス存続」などの気持ちを固めました。まずは足元を固めよ!広域の連帯や支援は足元の事業や生活、そして政治や趣味を楽しむことを通じて実現していこう。身近なところで、家族とかご近所でコミニケーションを。
[PR]
by issei_tachikawa | 2011-05-25 08:53 | 脱原発・自然エネルギー産業の拡大 | Comments(0)
c0219972_15374874.jpg・5/24(火)新事務所で被災地応援につながるトークイベントを開催、70名が真剣に話し合いました。
・2人の方から経験談を話していただきました。講師は
本間 春夫さん(㈱ナカショク、代表取締役)
赤城 智美さん(NPO法人 アトピッ子地球の子ネットワーク事務局長/専務理事)
・お二人の話から以下3つの点を学びました。
1つ、その場でずーっと暮らし続ける人と支援者(期間限定の係わり)との関係は、主体が現地にあることを再確認させられました。被災された方同士の人のつながりが復興の基盤になる。厳しい条件の下で、その自立性がどうすれば育つのか。答は現場にあるような気がしました。
2つ、「一番困ってるかなと思って近づいてみたら、『私たちは大丈夫ですから他の方を助けてあげてくださいといわれた。」(赤城さん)というお話を聴いた瞬間に目頭が・・・。立川のホームレスの人達もそうでした。野宿生活だと放射線被爆は避けられない。そんな状態なのに被災地の人を気にかけている。本来日本人の地域文化はこうだったのではないか。
3つ、「ぜんそく、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などのハンディを背負った方への支援をやりきることが支援活動全体の成否につながっているような気がします。」(参加者Mさん)は、傾聴、見守り、主体は現地という重要な点を指摘しています。
・終わりの無い新しい地域社会づくりが始まっています。参加者のみなさん1人1人が「被災地応援につながること・できること」を見つけて帰路につかれたでしょうか。
・ぼくは当面「さんきゅうハウス」を通じて、係わって生きたいと思います。本間さんとも初対面でしたが、「ナカショイク体験研修」の約束をしました。(野宿者、bigissue販売者とむすぶため)清水さん(石巻で被災)のとこにも早めにおじゃますることを約束しました。(地域自立復興のモデル?)
[PR]
by issei_tachikawa | 2011-05-24 15:28 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_11532180.jpg・ドイツのメルケル政権(キリスト教民主同盟、原発推進だった)は2050年までに原発全廃を決定しましたが、フランスは云々という報道が多い。受動的な視聴者、読者は「やっぱりむづかしいんだよなー。」で判断停止してしまう。ほんまかいなとおもって各国の対応を調べてみました。
(イタリア)
すでに全廃を決議していたのに、一部再開に変更した後、福島事故を受けて4/19再開を向き凍結。6月に国民投票予定はつぶされる可能性もある。
(スペイン)
9基稼動中だが、新規計画ゼロ
(デンマーク)
原発ゼロ。電気の50%以上が風力発電から
(スエーデン)
福島事故以降「脱原発」の方向
(スイス)
3基の新規計画を凍結。世界最古の加圧水型原発(ベツナウ)は、40年を超えて稼動中。2023年まで合計51年間も動かす予定らしい。
(オーストリア)
1978年の国民投票で原発ゼロに。62.3%水力、33.9%火力、再生可能エネルギーは2.9%だが、2020年までに34%に増やす計画。
(フィンランド、アイスランド)
実質的には脱原発の方向で動いている。
(ノルウエー)
この国は推進の構えを捨てていない。

・原子力発電所に関する各国の対応がニュースになります。日本のマスコミ=テレビ、新聞(東京、毎日、赤旗など一部を除く)には、自立した首尾一貫的報道姿勢が欠落しているので、無自覚に受け止めていると、かならず既存の秩序感覚が刷り込まれていきます。または現状改革的な当たり前の行動がいかにも過激であるかのごとく印象づけられていきます。要注意ですね。
・外国のまねをする必要などありません。請け狙いの政策にはノーを。
[PR]
by issei_tachikawa | 2011-05-23 07:36 | 脱原発・自然エネルギー産業の拡大 | Comments(0)
c0219972_11371335.jpgギリヤークさんとの出会いは写真集でした。1980年だったかな。1人で京都に行ったとき孤独感にさいなまれながら黙々と大学内で生き残る(ポストを得る)ための準備をしていた。誰も魂で話せる相手がいない。心の交流がない。これって一番辛いことなんだと身にしみて感じる日々。どこぞの本屋で彼の写真集を見つけて読み込んだ。
「誰かに似てる。そうか三島由紀夫だ。神社でトレーニングしてるらしい。おれも18歳時に空手の練習してたっけな。」などと考えながら、「いつか会いたいなこの人に」と思っていたらなんと、上野美術館で猪風来(イフウライこと村上信義)のグループ展見終わってでたらギリヤークがあわてて「みせじまい」しているとこ。
そのときの会話、今でもよく覚えてる。
(ぼく)「あれ!日本にいたの。」
(ギリヤーク)「うんこれから北海道に行くんだけど」
最初からタメ口でした。これに感動していたのですが、実は彼って誰に対しても同じように振舞うんだね。孤独だが自由な表現者(修験者)はうらやましい。
あれから30年もたったのに時が止まっている。彼が祈りながら踊りながら笑いながら泣きながら大道で動き回る姿が目の前にある。7月1日は、北海道苫小牧でやるらしい。10月は新宿住友ビル前の広場だろう。
36歳からの大道芸、今年は81歳かな。インターネットにどなたかのインタビューが載っていたので転載させていただきます。感謝

「(前略)モスクワで踊ったときにね
おばあさんがね「彼の踊りは祈りの踊りだ」って言ってくれたんですよ。大衆ってのは、ありがたいなぁって思って、嬉しかった。でもね、最初は「向こう行ってもカンパはもらえないよ」って言われたんだけど、ちゃんと入れてくれたよ。若くてものすごくキレイな女のコが、放り投げた衣装をきちんとたたんでくれたよ。最近、若いコがすごい増えてきたんだけど、どうしてだろう。今までは年配の人が多かったんだよ。去年、大阪のアメリカ村でやったんだよ。あそこは若いコがいっぱいいるけど、みんなあんましお金持ってないんだよね。踊ったら、すごい集まってくれて「ギリヤークさん頑張ってください!」って言ってくれてね。10万円以上入ったよ。京都では、女子高生から悩みの相談受けたりね。みんな生き方について悩んでるらしいんだ。それでボクの踊り見たら、生きていく元気が出てきました。ってね。もう嬉しくて嬉しくて。

(中略)
ギリヤークさんの練習ってどんなことを。
普段はね、基本を教えるんだけど、それ以外に呼吸方とかね。でも練習してるのに、カンパ置いてくれる人がいるんだよね。掃除のおばさんがお弁当置いていってくれたりね。あとホームレスの人も真似するんだよ。

それは何とも言えないフリーダムな光景ですね。
ボク独自の運動があるんだけど。毎日スキ腹のときにやるといいよ。ニューヨークに行った際に、バレエダンサーなんかにも教えてね。ギリヤーズウォークと言われたけどね。周りの自然とひとつになっていくんだよ。宇宙の星と自分が一つになってね。

動禅。動く禅のようなものですね。
そうそう! よくぞ言ってくれたっ! この踊りのバックボーンになってるのは、禅なんだっ! そう動く禅!」
[PR]
by issei_tachikawa | 2011-05-22 08:36 | バンド・演劇・大道芸活動 | Comments(0)
c0219972_7385256.jpgおれもそうだったな。40歳からの正規職員=定職についたので、何か月分かの給料をまとめてもらえるという実感がなかた。「財形やっとけよ。」とアドバイスする。資金つくるには、給与天引きが一番なのだ。手元に置いたら使ってしまう、これがふつー。
なのに、ぜってー新品買わない人もいる。ひとそれぞれ 
[PR]
by issei_tachikawa | 2011-05-22 02:08 | 家族、地域家族 | Comments(0)
c0219972_7455677.jpg・JFケネデイ、1917-1963.11.22 キューバ危機=第三次世界=人類地球滅亡の危機を乗り越えさせた功績?アメリカ公民権運動=黒人、アジアン、ヒスパニックなどの地位向上、差別撤廃に功績?ベトナム戦争の拡大に向けてマクナマラ(フォードの社長だった)を国防長官に招聘した。
・バラクオバマ、就任演説は世界中から熱狂的支持、熱烈な期待を込めて受け止められていました。気持ちはわかりましたけどね、一緒に喜ぶ気にはなれませんでした。
就任から2年余、何やったの?功績は何?って考えると、答えはむしろマイナスです。アフガン、パキスタン侵略軍増派、保険・年金法改正も?トルネード、ハリケーン対策も不評、リーマンショック以降の景気も失業率10%がそのままです。そしてきわめつけは、今回のビンラディン「殺害」の狂言芝居臭いやりかた(前後でタリバンと会ってさえいる)、自国やインド、イスラエルには核を容認しながら不服従の国には「テロ国家=悪」のレッテルをはっていくという政治が見えています。「ノーベル平和賞」受賞には、パロデイといって済ませられないものが。
・さて、就任演説の台本書くのは「専門家」です。歴代の大統領にはそれぞれ有名なライターがついていた。できあがりぐあい、採点してみました。どっちが評価高いか?ケネデイとオバマ比べると、ぼくはわかりやすさ、覚えやすさの点でケネデイのライターに軍配を挙げます。
・ケネデイの方は、暗誦(暗唱?)しておくといろんな場で使えます。単語だけ変えれば、いろんな場で使える。
・比べてオバマの方は、覚えづらいから使いづらい。これはなぜか?この答えを出すヒントとして、1つ面白いのは、エマニュエル・トッド『帝国以降・・・アメリカシステムの崩壊』(2003年4月藤原書店)です。要するに、アメリカは世界の企業、世界の銀行、世界の警察、自由と民主主義の防衛軍的な役割をとうに終了しているのに、それを認められないでパラダイムシフトを提案できないでいる。ブッシュは世界からアホ扱いされ嫌われまくりオバマは世界の期待を背負って当選したが、その尻拭い露払い的な役割しか演じられていない。そしてここがトッドの面白い分析なのですが、「中国やアメリカに敵対し激しい戦いを演じてきた国々も遠からずフツーになっていく」というばら色の未来予測です。
・まあ、今回の浜岡原発停止、普天間、さかのぼって郵政民営化(日米規制緩和委員会)などでアメリカからの「外圧」は続き、時の首相は相当な肝っ玉の持ち主で無いと勤まらないのかもしれませんが、安全保障条約にまつわるパラダイムも根本から転換して考えていくと、国会決議で廃棄できるんですよとなる。
・新設予定の、上関(かみのせき)原発の着工計画は当分の間凍結していただきたいとの要請が、山口県知事から中国電力の社長に寄せられたとの事。島根の方もどうよう。今現在、稼動中の17基もいずれ定期点検に入る。他方、今停止中の原発の運転再開がないとすれば、これはどう考えても雇用も視野にいれながら再生エネルギーを提案しないと生きていけない状況になってきましたね。楽観視は禁物ですが、大空を見上げて未来に希望をもって歩もう。
5/22(日)15:00-20:00 たちかわ生協の今と未来を語り合うかい 女性総合センター・アイム1階
5/24(火)10:00-13:00 東日本支援のシンポジウム 東新宿本部
6/5(日)11:00-14:00 さんきゅうハウスお食事会 高松町公民館調理室
6/11(土) 100万人(200万といきたいとこ)の脱原発パレード(立川、全国)
6/18(土) 13:00ごろ カンカンでも
6/25(土) 10:00-15:00 ステッチ・マルシェ(青空手づくり市場と呑み会)
[PR]
by issei_tachikawa | 2011-05-19 16:52 | 国際政治(歴史、原理、批評) | Comments(0)
c0219972_21474976.jpg・3.10までは「停電」なんてありえないと思ってたよな。みんなそうだろ、日本人は。南米ボリビアの山地ノ公民館で、会議中に停電になった。牛が電柱を倒したのが原因だとか聞いて、みんな笑い転げたってな話を余裕でしてたっけ。それが3.11から事態がいっぺんして、「計画」という枕詞付きで立川も停電した。いい経験だね。東電とか政府などを批判する気持ちはオレも持っているが、今は地域のエネルギー自立に向けた訓練期間として捉えたい。〈罪を憎んで人憎まずかな)
・シンカイ電気の大谷さんがチデジテレビの営業に来る。実に粘り強い人だ。いってることは二の次でオレは人間性を感じ取る。大谷さんは誠実な人だと感じる。でもはっきりいいいますが、東芝、日立、三菱、GE、WH(つくってないか?)のテレビは絶対買いたくない。幸い大谷さんがもってきたカタログは、シャープのだった。これでめでたしめでたし。家族会議の結果、チデジに変えることにした。子どもらが出て行ったらもう一度考えよう。オレに関してはテレビは必要ない。精神衛生上悪いから。
・既にデリートしたエネルギー、電気関連製品
エアコンは使わない。
扇風機も屋根裏部屋にしまったまま。小さいけれど庭があるので、伸び放題の雑草や桑の木とか木々の合間抜けてくる風は涼しい。
は廃車にした。
新聞の定期購読はしない
トイレの温水洗浄機やウオーマーは付けていません。このライフスタイル経験25年、前はテレビもなかった。通算の節電・省エネ実績は何KW、何円?大谷さん試算しておくれやす。(マジにだよ)
・城南信用金庫さんが、脱原発宣言してくれたので口座を開こうと思うが、残念ながら近くに支店がない。コンビニ提携についても?しばらく検討したい。
・ケータイは、AUからソフトバンクに替えようと思う。番号が変るので連絡の手間がかかるが、孫さんの「脱原発」宣言には共感できる部分があるので実行しよう。
◎『東京新聞』今日もさえている。24-25「特報」では、「原子力ポスターコンクール見送り、教育に『推進』おかしい。市民が中止要請」とクリアに打ち出している。1994年から文部科学省と資源エネルギー庁主催で全国の小中学校生徒から応募を受け付けてきたのだが、9つのヒントは原発の利点や安全性を強調する内容のものばかり。これでは洗脳教育になる。たまりかねたNPO法人「環境市民」(京都市)が1万2千名の中止要請署名を集めて、イッセーも署名した。これが記事になりました。
◎「日本の電気はなぜ高い!? 新規業者縛る『制度』」も読んでためになります。
◎4面には、つなぐ支援として、役立ちたい、ボランテイア募集、アクセス情報、放射線と電力使用状況が毎日掲載されている。これは読者の分析評価力向上(自立)を助けるデータになる。因みに、17日の東電供給能力は、4500万kw、使用量はピーク時(午後4時)で3448万kw、76.6%です。これを10大電力会社のエリアごとに出してくれるといかに電気が余っているのかが良くわかると思う。
因みに、電気受給状況数値を毎日掲載しているのは、東京新聞だけです。
[PR]
by issei_tachikawa | 2011-05-18 13:52 | 脱原発・自然エネルギー産業の拡大 | Comments(0)