どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

<   2012年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

c0219972_11432272.jpg1980年代の話。明学、神大、立正、京都の4大学中心に集まっていたカウンターカルチャーグループ。総数は50名とも100名とも伸縮自在、いいかげん。規約も規定もなにもないただの飲み友、なのにヅカやキムデジュンで戦闘的な活動もできるというヘンな奴ら、さらにコウサクシャや相模原の戦車止める会などとも共闘したり、自前演劇「ワンスアポナタイム・イン・三里ヅカ」なども現地で上演した。

中でも圧巻は、新宿歩行者天国での「ダイヒンミン」、近所の店からダンボールもらってきて、焼酎のみながらトランプ、100人規模の「◎◎さんがほしい」とか、「かごめかごめ」やろうぜという提案もあったが残念ながら実施せず今にいたる。

文化は意外に簡単に変えられる。自分ひとりでもできるが、友達誘えばもっと面白い。面白いこと、気持ちよいこと、美味しいもんに人は弱いのだ。なんかやってるなーとわかると好奇心が刺激され、様子見ながら仲間が増えてくる。最初は1人でも気がつけば万人となる。

住みかたについても常識は個室、戸建志向だが、人のうち渡り歩いたって暮らしていける。この寒いのに河原で立派に暮らしている人もいる。(立川市内でも20名くらい)昔、ロンドンでリブインがはやった。金持ちが都会の家をそのままにして引っ越してしまったあとに住み着いて暮らす若い芸術家などが話題になった。今のさんきゅうハウスとも少し通じる考えだと思う。

個別に分断された生活と言うのは実は不便で、とてもさみしいもの。世の中いらんものが満ち溢れている。溜まり場がたくさんできるといい。あいてるもの、余ってるお金、使わないものを集めると意外に大きな力になる。愛と協働は足元の宝モノの発見しだいで地域に根付いていく。昔、向こう見ずだったフアットの活動を思い出しながら、今日もせっせと「原発稼動の是非を問う都民投票」署名を集めています。

受任者のみなさん、期限まであと1週間ちょっとです。30万人の力で都民投票請求しましょう!
[PR]
by issei_tachikawa | 2012-01-31 11:41 | 国内政治、市議選、国政選挙 | Comments(0)
c0219972_22374111.jpg光太が北千住にアパート借りて「自立」します。会社からの住宅手当で足りる家賃なのでやりくりし易い。出陣式は鉄っちゃんでかな?それとも?団地から芋窪への初めの一歩、忘れんなよ。そしてグリーンフィールズもね。


c0219972_22381333.jpgののか(野花)は、高校卒業して働きます。何になるのかな?早めのお孫さんに期待が・・・そうだ卒業祝い考えないとな。31日で18歳です。


c0219972_22383438.jpg進吾は、35歳までの長期戦かな?車のフロントには『革命家100の言葉』(ゲバラのイラスト表紙)が、このひとを使える人はいるのだろうか?メイビーノーワン


イッセーの仕事(セカンドステージリーグ)どうなるのか?どうしたいのか?日々やれるだけのことはやりきろうと思っています。70歳からの、つくる(野菜、米、音具)、育てる(米とも)、遊ぶ(旅、フォルクローレ、ジェンベ)、表現する(小説)計画の準備中。

おかあは?当面は2月25日KINGライブで走り回っています。

◎たまたま見たテレビで知ったこと:レデイガガの衣装やツール(付け爪とか)って日本人の若いデザイナーがつくってるんだね!「ブランドにこだわらないとこがステキですね。無名のぼくらを見つけてくれたんだから」ということ、なるほどなー。市場経済下での演奏活動プロヂュース、KING・NOW、2月25日(土)の午後、今年もステッチでやります。こうご期待!
[PR]
by issei_tachikawa | 2012-01-29 22:34 | 家族、地域家族 | Comments(0)
c0219972_151115.jpgようやく準備期間が過ぎて本格的なパルらしい中間支援組織を提案できる局面が来ていると感じる。そこでいくつかわかったこと、気になることを記しておきます。

わかったこと:セカンドリーグというよりセカンドステージリーグの方が伝えやすい。いずれにしても、セカンドステージに立っている(客体的及び主体的双方の意味で)人々の連携協働(ネットワーク)なのですから。

セカンドステージは、セカンドライフとは違います。後者は、定年退職後の生活をいいますが、前者は、どんな世代、個人、組織にとっても、主体的な受け止め方でその到来を感じ取り、認識し、行動に役立てられるステージです。

具体例です(世田谷子育てネットの代表、松田さんから伺った体験談がベース)。
彼女は小さいな子どもを抱えて精神的にパンパンでした。ある日、下北沢のカフェで同じ悩みを抱える女性と出会い、共同保育とか預けあいを初め、だんだん勢いが増してきて、コミカフェ事業やまちづくりを事業とするに至りました。彼女にとってのセカンドステージは、最初の気づきの頃におとづれていたわけです。

もしも彼女が、厳しい事実に蓋をして見ない振りしていたり、降参してしまっていたら何も始まらなかったかもしれない。でも彼女は一念発起して地域でつながる中に社会を変えるきっかけを見出したのです。

パルシステム全体に置き換えて考えてみる良い時期かなと思います。
コハイデ頑張っている現場の皆さん、
現状を何とかしたい、これではもう先が無いかもしれない、何か新しいことにチャレンジしたいと考えていませんか?
考えてみれば、事業の諸部門全てがクロということはありえないことです。必ず、不採算部門が生まれる。セカンドステージリーグも今までは、そうでした。そのために多くのみなさんから資金提供いただいてなんとか持続してきました。これは大変幸せな事実ですが、この辺で根本からその事実の意味と意義を捉え返して、120万組合員、5000名の役職員、14000名以上の生産者の方々、300社近い流通関係のみなさん、1200に及ぶCB(コミュニテイ事業)のみなさまの総力を挙げて「くらし課題解決事業のセカンドステージ」における新たな事業の柱として、セカンドステージ事業を提案すべき局面が来ています。地域をどうしたいですか?住みやすい、ここで暮らし続けたくなる、ここで一生終わる、ここであなたと暮らせて本当に幸せだったといえる地域の中身は何でしょうか?何と何があればそのように感じられますか?そのような地域づくりのために投入できる経営資源は?何をどれだけ?6W2H GDHをパルでも考えて見ましょう。

期待は大きい。やりがいのある事業です。いのちある限り係わりたいです。
[PR]
by issei_tachikawa | 2012-01-25 14:59 | パルシステムで愛と協働の地域社会を | Comments(0)

脱原発NOW

c0219972_20501550.jpg1月25日、東京電力柏崎刈羽5号機が定期検査で停止する。 残るは東電1基、関電1基、北海道電1基、中国電力1基の計4基、全原発停止へあと一歩と迫っています。

原発再稼動について都民投票実施請求署名活動、そろそろ第二次集約でしょうか。イッセーすでに、砂川町、柏町をベースに、100名の署名を集めて提出しました。

グルーピングしてみると以下のようになります。
さかえの自治会(御近所) 47件中の35件、2件は断られました。10件残しています。
旧立川生協組合員、職員
柏小学校PTA関係
SSC(ステッチサポートクラブ)
知ってるお店(てっちゃん、Fクリーニング、Y商店など)
オレ以外の家族つながり
◎ チャンプルーの会(サラ)、さんきゅうハウス関係は、ダブルので他の受任者に譲っています。つまり、ぼくは手をつけていません。たのむよ!Oさん、Sさん

久しぶりー!って感じで、リビングまで通していただいて話し込んで気づいたら30分なんてのもあった。
奥様はしてくれてもだんなはだめだったというのもあった。
ずいぶんと疲れてる気のどくな方もいた。
月日のたつのは早い!原発もはやくなくしましょう。(東大地震研「4年以内にM7以上の東京直下型発生確率70%」だと。実にいい加減でこんなんオレでもいえるが、とりあえず原発なくす原動力の一部にはなる。)

金子さん(BIG ISSUE販売員)は、御近所とサポーターあわせて120名以上も集めたらしい。おれも残りの期間悔いのないように集めきるつもりです。1万名の受任者のみなさん、がんばろーぜい。
[PR]
by issei_tachikawa | 2012-01-24 20:47 | 脱原発・自然エネルギー産業の拡大 | Comments(0)
毎朝のようにジュースをつくる。人参、レモン、かんきつ類、りんご、それに紫蘇油をたらす。生野菜と豆腐、ワカメのサラダにナッツ(カシュー、アーモンド、胡桃)をくだいて振り掛ける。ときどき半熟ゆで卵も食う。クロワッサンは毎週買っている。
上記の素材は90%以上パルシステム東京からである。ときどき在庫切れするので、近所のスーパー(コープ東京上北台店、いなげや、マルエツ、ピーコックなど)で買ったり、国立の「しゅんかしゅんか」や「あひるの家」で調達する。
舌が、ミライが違いを判断する。とくにパルのりんごや人参はうまい!出来が違うのだ。それでいて価格は自然食品店に比べて高くない。牛乳、卵もそうだ。
りんごを食うたびに、八峰園やゴールド農園、雄勝などのつくる人にありがとうがでる。毎日、俺たちの健康のことを考えて、顔思い出しながら、欠品出さないように出荷してくれる。これは産直というより「市場外流通」だな。半世紀かけてみんなの努力で培ってきた信頼関係、これは永遠だ。ほんとうにありがたいとしみじみ思う。

市況が逼迫すれば、キャベツ300円超えたりすることもある。でもつくる人はこちらに出荷してくれる。逆に、こちらは近所の農家の露地販売でキャベツ100円でも、170円くらいのキャベツを買い支える。でも時々は迷うことも。それでもやはり長年のつきあいを優先して近所より高い野菜でも買い続ける。それでトータルコストはどうなるのか?計算すればそれほど高くは無いはずだが、損得で選んでいるのではないから続ける。

土作りには時間がかかるのだ。ありがとうをつぶやきながら今日も動き始める。昨日は、午前中、藤川太さんの「世界経済はどうなる」講座にでて彼の魅力(自信、諧謔精神、クールな市場分析・予想経済学)を再確認し、夜は福嶋さんちでSSCの新年会でした。今日は、署名活動追い込みです。俺達はまけない!

c0219972_1462180.jpgc0219972_1465748.jpg

c0219972_1471492.jpgc0219972_1473187.jpg
[PR]
by issei_tachikawa | 2012-01-22 14:02 | パルシステムで愛と協働の地域社会を | Comments(0)
モデル事業とは、パルシステムセカンドリーグ支援室が、2007年度春から手がけた食・農・子育て・福祉等コミュニテイビジネスモデル事業のこと。

成果1:マッチング力(人の出会いのチャンスをつくる、それなくては会わなかった人どうしを会わせる)向上
チャンプルーの会とCB関係のみなさん、他地域のNPOプロヂューサー、プレーヤー、サポーター

成果2:専門家動員力向上、NPO単独では資金的に無理だったでしょう。永沢さん、沢登さん、山根さん、加藤さん、キムさんなど、みなさんとの連携協働関係はいまも継続し、実践起業ジュク、災害復興支援などにもいきています。

成果3:コンサル力向上、お弁当配達、研修受け入れなど有料化アドバイス成功、リスク管理(リスク箇所のチェック、障壁除去、電気自動車の整備、人事世代交代

成果4:借りテンポ増やして、子育て支援事業開始、これもモデル事業あったからこその成果

成果5:10年後のサラについてスタッフの様々の思いが語られ、専門家を入れて、ワークショップを開催することが出来て、NPOの存続力をつけるのに役立ちました。

成果6:支援室とNPO、地域セカンドリーグの信頼関係(連携協働の心)が出来ました

◎以上を、他の2団体と一緒にやったことで、「事実」の比較考察が可能になり、競争心が育まれ、最終成果報告会に結実しました。

◎2008年度、すぎとSOHOのくすのきエコデーはどうだったでしょうか?(総括分から、一覧表にアウトプット、アウトカムを挿入すること)

◎R⇒P⇒D⇒C⇒Aの循環のなかで総括する

◎セカンドステージ事業、セカンドリーグ(中間支援組織)事業のなかに、モデル事業をおいて振り返ること。グランドデザイン、ビジョンを語り、モデル事業の目的、目標を3つに要約して振り返る。
[PR]
by issei_tachikawa | 2012-01-21 17:43 | NPO,CB,SB論 | Comments(0)
c0219972_2014690.jpg糖尿病で足首を切断したSさんは、しばらくハウスで泊まっていたのですが、やむおえず救急車となりました。以下は手配してくれた大沢さんからの報告とスタッフからの感想です。

「今日のお昼にさんきゅうハウスに行くと、予定通り病院に診察を受けに行ったT君が立ち寄っていました。表情も明るく、宿泊所での個室での生活にも慣れてきたようです。K市のケースワーカーに報告するように言いました。こちらはひと山越えたようです。

 次にSさん。この間少し歩きまわったせいか足の傷は皮膚が破れ拡大していました。もう、素人では治療に責任が持てそうにもありませんでした。消毒と包帯を巻きなおし、車いすで食事に出ました。大沢事務所で吉田さんも一緒に話をしました。さんきゅうハウスでは楽しかったそうです。顔見知りの人達がたくさん出入りしていたからでしょう。
 「これから救急車を呼んで入院してもらうけど病院を出てはだめですよ」と何度も念を押し、本人が「出ません」ということを何度も確認をして、救急車を呼びました。救急隊の人にもこれまでの理由を話をして入院先を探してもらいました。
 A市のK病院、立川市のTS病院、も含めて断られました。立川市泉町のSセンターも問い合わせたらしいですが「自主退院するような人は入院させないが、治療だけはする」という回答だったので、「どうしますか?」と救急隊員聞かれたので、「そこは断って他をさがしてください」とお願いしました。しばらく事務所の近くに停車したまま搬送先をさがしていました。

 結局、。F市のT病院に搬送していますと連絡がありました。夜8:30過ぎにその病院へ行ってきました。足先を治療しベットの上で起き上がっておられました。「出ないでいます。」とのことでした。一安心です。

 明日、ケースワーカに話をして、入院の手続きなどをします。

 大川さんのお世話でやっとここまでこれました。大川さんには本当に感謝します。

 今後は、当病院で診断書などを作成してもらって次の療養病床に移行することを検討することになります。さらにその後、立川へ戻りアパート生活が出来るようにしていきたいと考えています。協力してくれる人を増やし、私たちの力をもっとつけていくことが必要です。

 次にビッグイシューを販売しているOさんが、アパートをさがして来られて「ここに入りたい」といってメモ用紙を持てtきました。生活保護を受けている人達がたくさん住んでいる古い懐かしい感じの物件です。大沢は何度もそこのアパートには出入りしてきました。大家さんを調べて連絡したら空いている部屋は2Fということでした。Oさんは68歳ですし足元も不安定なのでそこは無理です。
 次に近所の不動産屋を2軒回り、1軒はこれから探すということになりました。もう1軒は1階のいい物件を直接紹介してくれました。平屋の1室でなかなか良さそうでした。ケースワーカーに相談して、携帯電話を持つことを条件に入居は可能なようです。まず、身分証明のために住民基本台帳カードを作ることから始めます。(同カードは本来の目的のためにはちっとも役に立ちませんが、変な所で機能を果たしています)」(大沢)

「大沢さん、きょうはお疲れさんでした。大川さんも一週間お世話さまでした。Sおじさんはおとなしくかわいい人でしたね。
「さんきゅうハウスはたのしかった」といってくれたのがなによりでしたね。
Tくんもそうだと思いますが、自分の立場をわかってくれる、話に耳を傾けてくれる、困難なときや苦しいときに助けてくれる人や居場所があるという記憶がどこかに残っていれば、人は前向きに生きれるのではないかと思います。」
[PR]
by issei_tachikawa | 2012-01-17 19:55 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)

さんきゅうハウスNOW

c0219972_2023593.jpg5名の方から緊急カンパを頂きました。セブンイレブンで使える金券3万円も入っていました。おかげで今日の食事会でデザート購入できました。いつも気にかけて下さる皆様、本当にありがとうございます。

参加者は20名(スタッフ6名)ほとんどの方はハウスの利用者ですね。生活保護受けている方の参加はありませんでした。BIG ISSUE販売者の参加も前回は1名でしたが今回はゼロ、地域の高齢者や買い物弱者の方への声かけも今後の課題になります。

食事会メニューは、お好み焼き、地元西砂農家からいただいた大根を活かした煮物、えのきだけのおつゆでした。いのちを「頂きます」がいえなかったので、「ごちそうさま!」の声そろえて、大川スタッフのがんばりをたたえました。ぼくでも逆切れしそうな状況でもニコニコしていられる包容力には頭が下がります。

最後に話を少しさせていただきました。要は3つ。1つは、これまでハウスが続いているのは、多くの皆さんからの寄付をベースにしたわかちあいのきもちであること。2つは、助けているのではなくて自分もどうなるかわからない状況下で一緒にいきのびたいという感覚であること。3つめは、3月25日の案内でした。

3月25日はカラオケという案が出ました。ワイナマユにもスタッフの一人から再度の演奏依頼がありました。その場で受けましたが、詳細については、23日のスタッフ会議で話した方が良さそうですね。

Kさんは今日もハウスの奥で寝ています。包帯を替えて消毒するのは医療行為、これは家庭でならともかくさんきゅうハウスの仕事の範囲なのかどうか、考えて喋っていたら「戦時だからなー」という言葉が口をついて出てしまいました。「そこで倒れてるやつを見捨てて知らん顔できるかい。」ということです。希望と言うコトバは過去を振り返って実感できるのでしょう。わたしたちは負けない、何があってもしぶとく生き抜いてゆく・・・・
[PR]
by issei_tachikawa | 2012-01-15 20:20 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)

原発NOW

c0219972_14311262.jpg原子力安全委員会分科会が、原発周辺にヨウ素剤配布を検討しているとのこと、とんでもない!
そんなことに経費使うのならば、54基廃炉費用とすでに再処理不能で原発内にたまっている放射性廃棄物処理費用を試算すべきです。

「国有化、3月にも結論」とのこと。これは遅すぎる結論です。緊急事態下での話を、電力、エネルギー産業の中長期的な企業形態の論議にすりかえてはいけません。「再生可能エネルギーか原発か」と言う論議と同様に、間違っていると思います。一刻も早く賠償請求に応じなければならない状況下で、今までの東京電力的な経営判断に任せると言うのは筋が違う。電気代値上げ、社員の高い給料、企業年金レベル維持、福利厚生施設維持などは全て常識的な判断を逸脱しています。国家レベルで責任をとることを優先させるならば、東京電力(場合によっては他の9社も含めて)国有化して復興支援策を実行すべきではないかと思います。

伊方が定期点検で停止し四国電力の全原発が止まり、稼動中は5基のみ(!)なのに停電は発生していません。稼動中は北海道電力の泊3号機、関西電力高浜3号機など、昨年の稼働率は38%、過去3番目でしたが、12月の稼働率は15.2%。住民投票で真を問うべきなのは、民主党だけではない。

立川断層がいつ動くのか?誰にも、神仏にも予測できない。浜岡が地震・津波にやられたら、日本は壊滅です。どさくさにまぎれて原発を輸出したり、せっかく停止している危険物を再稼動させたりするのは、いのちへの冒涜です。

原発事故、爆発リスクは以下の通り
・地震
・津波
・原子炉の緊急停止時の急速冷却(脆性疲労)
・テロ
・操作ミス、人為的ミス

当面の代替エネルギー生産方法は、LNG(液化天然ガス)、揚水発電、水力と火力で十分間に合います。同時に再生エネルギーへの投資額を10倍以上に高めること。軍事費(F35 1機 200億円?!、米軍思いやり予算?)
◎写真説明、都心の町で、空き缶を回収し、生計の立てている人もいる。1日12時間働いても収入は?おそらく1000円台、格差社会の事実から眼をそらさないで!誰もが転落するリスクを背負っているのです。
[PR]
by issei_tachikawa | 2012-01-14 14:29 | 脱原発・自然エネルギー産業の拡大 | Comments(0)
c0219972_11214126.jpg今はこれや!という判断で、御近所をしらみつぶしに廻っています。面白いぜ。

家の中にいれてもらえる。中には、奥まで入れてくれる人も!20年もつきあってて初めてだぜ!これが日本の地域社会の事実なんだなと思う。ここも変えないと、霞ヶ関や役所の論議・決定だけでは何回政権交代しても社会の内実は変らない。あと54年も在るのだから何とかしたい。

「絆」が流行り、日本がよいしょされる。廻ってみると理由がよくわかるよ。孤立した寂しい人が多い。内の自治会にも会い方に先立たれ、子どもはいないか既に自立していてたまにしか来ない人が10人位いる。47軒の10%以上が単身生活。その中で寝たきりの人は何人いるだろうか。いまのところ出会っていないが、これから増えてくるのは間違いない。(けやき台や若葉町団地では多くの寝たきり者がサラのお弁当を取っているが)

署名活動にはこういう生活者の声を生で聞けると言う利点がある。

それからこういうことでもないとわざわざ訪ねることは無いだろう人にも会える。PTA役員で一緒して近所に住んでいても、10年間全く話していなかった人も署名してくれた。これはうれしいが考えさせられる。署名・住民投票請求活動では数が問われるのだが、人と人のコミニケーションを地域で活性化するチャンスでもあるのだと思う。

そういったら家の中だって違って見えてくる。署名しても「私だけね。」と言われることがある。瞬間・・・ウッ!と感じる(率直に言うとむかつく)のだが、それ以上は問わずに1名分いただいて次へとなるのだが、「家の中が身体で言えば細胞なんだからなー」と思う。愛と自立と協働を念仏のように繰り返し唱えながら、男の家事の必要性、子どもへの期待と信頼を再確認する。

というわけでいろいろあるのですが、「あったかくなったら同窓会やろうね。おれ幹事やるから。」と言い出して後へ引けなくなって、柏小学校PTAの飲み会をテッチャンでやることに決まりました。Kさん、Sさん、Mさんにはまだ伝わっていません。校長、教頭(現在は幼稚園の園長さん)にはイッセーから連絡します。

◎因みに、署名数は、2012年1月13日9:00現在で、60以上は取りましたが、まだまだ行きますよ。この勢いで1万名の受任者が集めてくれれば、50万以上は集まる。都議会にはかる場合の目標数は有権者の50分の1プラスアルファで、21万4256名、やろうぜ!大阪はすでに目標達成したようです。
[PR]
by issei_tachikawa | 2012-01-13 11:18 | 脱原発・自然エネルギー産業の拡大 | Comments(0)