どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

<   2012年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

c0219972_12215024.jpg■「日本未来の党」設立=候補者・公約、来月2日発表―みんなに連携打診【12衆院選】
-----------------------------------------------------------
 滋賀県の嘉田由紀子知事が「卒原発」を掲げ結成を表明した「日本未来の党」は28日午後、東京都選管を通じて総務相に設立を届け出た。未来には、「国民の生活が第一」や「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」(脱原発)、みどりの風の一部が合流する。嘉田氏はみんなの党にも連携を打診している。
 未来の本部は都内に置き、嘉田氏が代表を務める。嘉田氏は同日、大津市内で記者団の質問に答え「大変重い責任がある。身を引き締めている」と述べるとともに、100人規模の候補者擁立を目指す考えを重ねて示した。
 未来は、「脱原発」の山田正彦共同代表、生活の広野允士参院議員会長ら、前衆院議員と参院議員計8人のメンバーで届け出て、政党要件を満たす国政政党として船出。生活などの合流が済めば70人超の勢力に拡大する。12月4日公示、16日投開票の衆院選に向け準備を急ぐ方針で、党役員や公認候補、公約は同2日に嘉田氏が都内で発表する方向で調整している。 

かって市川房枝さんが、224万票(メイビーアバウト数値)とって参議院議員全国区でトップ当選したことがある。個人の人気・実績・人望でこれだけ集めるのは立派なこと。時代の変わりめには、何かとんでもないことが置きそうな予感がしてくる。3月11日事態、その前からリーマンショック、イラク・アフガンへの「北米十字軍」侵略戦争などがおこり世界秩序のパラダイム(保護原則)がガラガラ崩れ落ち、国内では長引くデフレ期に消費税増税という暴挙がまかり通り、TPPも国民的な論議不在のままに参加コールが起きている。

自殺で抗議する命が年間3万も10年間続いている。孤独死、企業内のメンタル(精神疾患、主にうつ病)は100人に1人発症している。

なんて世の中だと嘆いていても始まらない。歴史を前に進めるチャンスなのだ。都知事には、今までの原発推進に手を貸さない人をえらぼう。そして霞ヶ関にも脱原発・反TPP・消費税今は増税なしの人を送り出したい。嘉田さんの「日本未来の党」には、大いに期待できそうな気がします。信頼の輪を広げましょう。
[PR]
by issei_tachikawa | 2012-11-29 12:00 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_14322756.jpg

24日の学会(日本福祉教育・ボランテイア学習学会)で、3年間の取り組み紹介の準備中に気になった。日ごろから「やり直しができる社会をつくろう」と考えて、呼びかけてきた。だがしかし、その要件は何かという問いへの答えが実に難しい。

個体性と社会性の2つのうち、個体性に焦点当てて、ざっと項目を並べてみる。
健康であること(精神的、身体的)
生活費があること(収入、セイフテイネット)
友達がいること(家族、親戚、友人、その他)

それだけか?いやいや本人がその気にならないといけない。では何がその気を刺激するか?厳密な答えはひとそれぞれではあるが、誰にでもほしいのが生きる理由、生きがいであろう。未来に何らかの希望がもてると言い換えても良い。

今の地球は人間のせいで病んでいる。温暖化、資源の枯渇、人口のい爆発、飢餓、その一方ではたくさんの食料が十分食べられるのに廃棄されていく。1日に3リットルの水しか消費できない人々(チャドなど)が存在する一方では50リッターも無自覚に使っている人々がいる。(日米など)

命の持続性を真剣に論議すればおのずとこの問題に突き当たる。要するに、経済の不均等発展と富の偏在国際的および国内的にそれぞれの問題が顕在化している。

あと考察に入れるべきテーマが残っている。
命の相互依存性
循環性
固有性と多元性である。

葉っぱも虫も、鳥魚動植物の全てが死滅すると茶色になる。人間も同じ。作られ方や保存環境要件で腐ったり発酵したりの違いが出るものの、すべての生き物はその役割を終えると茶色になっていく。何故他の色ではないのか?赤や黄色や青ではないのか?

僕の答えは、大地へ帰る準備なのだということ。いのちの持続性を死滅と再生の観点からさらに掘り下げてみようと思っています。学会に呼んでくれた督さんに感謝しています。またさんきゅうハウスの体験をさせてくれているNPO法人の仲間のみなさん、ホームレスのみなさん、生活保護を受けているみなさんにも心からありがとうです。共に歩きましょう。ゆっくりと大地を踏みしめながら。生きるという字は、人が土に交わると書きます。このことの重みを再度みなおしましょう
[PR]
by issei_tachikawa | 2012-11-27 14:30 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_19311189.jpg転送・拡散してください!

━━━* 希望都市、東京へ。宇都宮けんじ通信 2012年11月24日号 *━━
みなさん、こんにちは。「希望都市、東京へ。宇都宮けんじ通信」をお送り致します。

新事務所もオープンし、社民党、生活者ネット、共産党、国民の生活が第一、新社会、みどりの風、緑の党の支持を得て、「希望とし、東京へ。」に向 けて一気に動き出しました。 菅直人前首相も支持を表明。力強い言葉を寄せてくださいましたのでご紹介します。

「東京都政と脱原発は、極めて大きなつながりがあります。東京都民は、福島原発で発生した電気を使っていた当事者です。福島原発の事故がさらに広 がっていれば、東京都民も逃げ出さなくてはならなくなっていました。ですから、東京が率先して原発ゼロに向かう政策をとることが重要です。宇都宮 けんじさんには、ぜひ、それから私どもと一緒になって進めていただきたいと思います」(前内閣総理大臣・菅直人)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 27日(火)@日比谷野音 宇都宮けんじさんと東京から脱原発を! 大集会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
> 原発はきらいだ! もうコリゴリだ!
> 脱原発の東京を作ることは、脱原発の日本を、脱原発の世界を作ること。
> 原発のない社会を未来の子どもたちに。

> 鎌田慧さん、飯田哲也さん、神田香織さん、制服向上委員会他、豪華ゲストとともに脱原発政策について語り合いましょう。手話通訳もつく予定です。

> 期日も迫っています。14日のキックオフ集会以上の人びとで、日比谷野音を埋め尽くして脱原発の思いを伝えましょう!
チラシはこちらから↓。ダウンロードしてぜひぜひ広めてください。
http://utsunomiyakenji.com/pdf/20121127hibiya_yaon_shukai_flyer.pdf

> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 応援メッセージ
> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いろいろな方から、宇都宮さんを応援するメッセージが続々と届いています!
「あの人も応援してるよ、この人も」と、周囲にぜひお知らせください。
・映画「弁護士 布施辰治」を見て布施の言葉「生きべくんば民衆と共に、死すべくんば民衆のために」を引用し、涙で絶句した宇都宮さん。
> 貧困も原発も、福祉も教育も、そんなあなたに任せてみたい。 あなたが私たちの先頭に立つ東京を見てみたいのです。 (ドイツ文学翻訳家・池田香代子)

> ・私達は、大都会東京に住む市民だからこそ、有限の資源を大切にし、自然の恵みを生かす生活をめざしています。女性、若者、老人、障がい者、普通 の市民がいたわりあう社会でありたいと願っています。
 前の都政は、常識ある市民を「バカ」呼ばわりし、隣国と無益な紛争を起こし、憲法を蒸しするリーダーに引きずられてきました。 人間の尊厳、市民の主権、隣人隣国への敬愛、憲法の権威など基本的に大事なことを傷つけてきた流れを後継する都政であってはなりません。宇都宮 さんは、つがんだ都政を正す唯一の候補者です。 (パルシステム生活協同組合連合会元理事長 下山保)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
> ◆ 政治家とは、困っている人のために働く存在
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>  2010年、3万2000人の弁護士を束ねる日弁連の会長選挙に、日弁連史上はじめて完全無派閥で立候補し、激戦の末に、当選を果たした宇都宮 けんじさん。日弁連会長として、人権擁護などに尽力するなかで、東日本大震災と原発事故が発生。福島をはじめとする被災者の支援に、先頭に立って 取り組んできました。

>  2011年4月、いち早く、文部科学省が福島県内の学校・幼稚園などで屋外活動を制限する際の目安とした放射線量の見直しを求めたほか、 2011年10月には、「避難区域外の避難者に対する損害賠償に関する会長声明」、2012年4月には、「障がい等を有する福島原子力発電所事故 被害者に対する損害賠償について特別の配慮を求める会長声明」を次々に出すなど、迅速かつ勇気ある行動が話題を呼びました。

 座右の銘は「真理は寒梅の如し 敢えて風雪を冒して開く」

>  東京都は、福島原発で発電した電力の最大の消費地。原発事故の被害者のみなさんを全力を挙げて支援する、救済する大きな責任がある。脱原発を東京から、と強くアピールしています。

>  「日本の社会は、私の父や母のように黙々と働いてきた、名もない農民や漁民、労働者などによって支えられてきた。政治家とは、そうした人びとの ために働く存在。ひとりひとりが大切にされる社会にしていかなければ」と。

> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ メディア必見
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
> ・『週刊金曜日』「抵抗人名録」(2012年11月23日号)
> 佐高信さんが、宇都宮さんは、エリートという勝者の喜びと落伍者という敗者の悲しみを共に経験していると評してくださっています。

> ・ニュースサイト「BUZZAP!」 「都知事候補が風営法によるダンス規制、都条例によるマンガ・アニメ・ゲームの表現規制に対して反対を表 明」
http://buzzap.jp/news/20121116-night-club-law12/
> IT、音楽、アニメ・漫画などのニュースサイト「BUZZAP!」にて、中野キックオフ集会での宇都宮さんのコメントが紹介され、ツイッターでも 数多くツイートされて、話題を呼んでいます! 表現規制については、ネット上でやはり関心が高いようです。

> ・朝日新聞WEBRONZA+
「石原前都知事と橋下大阪市長のカルト企業・軍事優先の野合vs宮部みゆき著
『火車』の宇都宮けんじさん」
http://webronza.asahi.com/bloggers/2012111900002.html

> ・IWJ 「宇都宮健児氏インタビューダイジェスト」
http://www.youtube.com/watch?v=p5ayy2Q04lI&feature=youtu.be
岩上安身さんによるインタビュー。脱原発、福祉、尖閣諸島問題などについて、
とてもわかりやすく、コンパクトに4分にまとめられています。

> これからはテレビ討論など、テレビ出演の予定が目白押し。詳細が決まり次第、 お知らせします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 今後の予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆27日(火)17:30~19:00 @日比谷野外音楽堂
「宇都宮けんじさんと東京から脱原発を! 大集会」
鎌田慧さん、飯田哲也さん、神田香織さん、制服向上委員会他、豪華ゲストとともに脱原発政策について語り合いましょう。

☆29日(木)18:30~ @高円寺駅北口
「人にやさしい都政を! 宇都宮けんじさん高円寺北口参上!」

宇都宮さんの予定は、直前に変更になることもあります。ご了承ください。
※各地の勝手連の情報は、http://utsukatte.blog.fc2.com/などのブログをご覧ください。

 「同質の集まりは和にしかならないが、異質の運動の集まりは積になる」とい
う格言があります。
和とは足し算、積とはかけ算で運動が広がっていくということです。
人にやさしい社会に向けて大きく市民運動を広げていきましょう。

※メルマガ登録をしたのにメールが届かないという方がいらっしゃいましたら、
ぜひもう一度登録していただけるようご案内ください。
------------------------------------
> ■発行:人にやさしい東京をつくる会
>
> ◇事務所所在地
> 〒160-0004
> 東京都新宿区四谷3丁目3番地 エスパス・コンセールビル2F
>
> ◇公式サイト
> http://utsunomiyakenji.com
> ◇公式ツイッター
> https://twitter.com/utsunomiyakenji
> ◇公式フェイスブック「宇都宮けんじ」
> http://www.facebook.com/utsunomiyakenji
> ◇公式フェイスブック
> 「宇都宮けんじさんと東京を変える100万人サポーターズ」
> http://www.facebook.com/utsuken.supporters
> ◇公式ユーストリーム(動画中継サイト)
> http://www.ustream.tv/user/utsunomiya_kenjiTV
>
> ■本メルマガに関するお問い合わせ:
> メール:office@utsunomiyakenji.com
[PR]
by issei_tachikawa | 2012-11-26 19:05 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_15331150.jpg


23日金曜日の1時半から4時半までです。会場は、立川市民会館(アミューたちかわ)参加費は無料です。

パネラーはお二人で、稲田佳代さん(毎日新聞東京支部社会部)「生活保護費のみ直しが市民生活に及ぼすこと」、高橋亜美さん(社会福祉法人「子供の家」が運営する「自立援助スタッフ)「児童養護施設等を経た青年たちが抱える問題と困難」です。コーディネーターは、さんきゅうハウス副代表の吉田和雄です。

特別報告として、理事の大沢豊が「新さんきゅうハウスの設立経過と現状」についてお話します。

イッセーは最初の挨拶役です。伝えたいことは3つ。
3年間のありがとう、感謝の気持ち
この活動の目的:幸せ(不幸せ)、希望(絶望)ってなんなのか
やり直しのできる社会、カウンターカルチャーをどうやってつくるのか(生活と政治)
です。

駆け込み賛同も受け付けています。
電子メールは、kyoko6208@aol.com
faxは,042-525-8733

土曜日は、シンポジウムの成果を踏まえて、さんきゅうハウス含めた立川での野宿者支援活動について「福祉教育ボランテイア学習学会」で20分お話します。督明さんと甲州街道駅南側の高速バス乗り場で、7:00に待ち合わせ、早起きの習慣が活きてくるなー。

何でかかわっとるんや?自問自答中。「しえん」でないことは確かです。何を作りたいのか?パルシステムに期待することもあるよ。
◎★★ facebookで拡散しておくれ、たのむよ!
[PR]
by issei_tachikawa | 2012-11-21 15:35 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)

加齢と感動

c0219972_1447222.jpg年取るにつれて感動体験が減るような気がする。なぜだろうか考えての答えは、体験、繰り返す単調な日々、記憶にありそうです。

体験というのは大切なことで、いつも現場からというのは仕事の鉄則ですが、これも毎日同じような体験がつづけば、気持ちも言動もマンネリ化してきます。先が読めてくる、全体が見えてくると、何が起きても結果は予想通りか、違ってもそこそこであり、感動体験は減ってきます。選挙・投票への動機が弱くなるのも基底には自然の流れがあるのかもしれません。

あと、毎日同じようなことを繰り返していては、感動が薄れてくるのもしかたがないこと。それがいやな人は、自分で自分の行動に変化をもたせるのが手っ取り早い対策です。起床時刻を変えるとか、食を1回抜いてみるとかでも気分が変わります。新しい関係性に目覚めることだってあります。(自己変革、社会変革の可能性は無限です。)

記憶を削除してしまうと、今までの関係性が変化します。いやなやつが好きになる。詰まらん仕事に興味が芽生える。絶望が希望に変わることだってあります。「ごめんなさい、ゆるしてください、ありがとう、愛してます。」は以外に日常で使える自分へのランコマンド(指示)になります。

しかし昨日は最近まれの感動を覚えました。
1つは、賀川トクアキさんを3月9日のセカンドリーグ茨城設立記念シンポジウムの基調講演に招くことに成功したからです。予定があいていたことが奇跡的、快諾していただきました。心底うれしいな。
2つは、帰りのスーパーひたち降りた上野駅ホームで、安久(あぐ)さんにばったり再会し、なんと12/23コンサートにも来ていただけることになったこと。梅屋庄吉を知っている日本人に出会うのも彼女で3人目です。アテルイと坂上田村麻呂との関係にも詳しそう。日本史や世界史のセンセーだったそうです。
3つは、with遊にチラシを届けにいたっら、杉並CBプラスの理事長(だと思いますが名前は?)と再会、いっしょに話した女性2名にもコンサート案内できました。

などなど、年食っても感動はほしいですね。人生喜怒哀楽、ぼけちゃんの歌にあったけな。
[PR]
by issei_tachikawa | 2012-11-17 14:18 | イッセー心理学、行動哲学、唯身論 | Comments(0)
c0219972_21114160.jpg東新宿の本部で約2時間、グリーンコープ連合常務理事 行岡みち子さんのお話を50名ほどで伺った。主催はパルシステム生活協同組合連合会と生活サポート生活協同組合・東京。刺激的でありながら心温まる取り組み報告でした。

グリーンコープの福祉事業は完全にセカンドステージに入っているのだなーと感じました。資金の作り方にとても工夫が感じられます。組合員1人毎月100円の寄付が、まとまって年間1億4千万円になり、取引先の寄付も加えれば4億円にもなる。「一度も赤字になったことがない福祉事業」は学ぶに値しますね。

たくさんの取り組みの中で、今の僕の心に入ってきたのは「抱撲館」、「ほうぼくかん」と読むのだそうです。誰もが生まれてしばらくの間は抱っこして守ってもらえる。たとえ悲惨なめにあってこの世のすべてを失ってもまだまだ命はある。ここにきて友達に出会い、いっしょに協同して、やり直してみないか。ホームレスの社会復帰をサポートする家を社会福祉法人グリーンコープが運営しているそうだ。

21室は福岡市のシェルター、60室がホームレスの居室で、自立をサポートしている。すごいな!と感じたことは、組合員が交代で調理に参加していること、食材はグリーンコープ仕入れ、さらに「ファイバーサイクル」という地域事業に参加できて、製品の20%は国内向け、80%はパキスタン支援に使われているとのこと。

帰ってきてから、北九州ホームレス支援機構のホームページを拝読して2度目の感動を味わいました。生協に問題提起した奥田知志(ともじ?)さんは、やはりクリスチャンでした。「彼の15分間の話を聞いて完璧に同感してしまいました。まったく異議なし一緒にやろうと決めました。」と行岡さんはおっしゃいました。今の九州に賀川豊彦さんがよみがえったのか!

あと学べる点が1つありました。ホームレス支援のイベントに多様な人々が参加している点です。「いのちはみんなおんなじ」ですからね。

7日からいままでの深い悲しみを乗り越えてブログ復活です。改めてよろしくお願いいたします。
◎写真は、2011年6月18日、立川市の空き缶回収規制条例制定に抗議するデモンストレーション風景、朝から晩まで12時間も働いてもわずか1200円程度の収入、それでしか暮らせない人がいる世の中、どう考えてもおかしい。
★抱撲(ホウボク)館のhp
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%8A%B1%E6%92%B2%E9%A4%A8&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=
★北九州ホームレス支援機構のhp
http://www.h3.dion.ne.jp/~ettou/npo/top.htm
[PR]
by issei_tachikawa | 2012-11-13 21:08 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)

酵素について(続き)

1.役立つ知識(事実)
1)1つの酵素は1つの働きしかできません。アミラーゼではたんぱく質分解はできません。「腕は良いが頑固な宮大工」
2)食べ物から補充しないといけない酵素も多い。
3)加齢とともに分泌が減りますから補給が必要です。
4)肌のしみ、しわなどは酵素とビタミン、ミネラル不足が原因と思われます。
5)酵素が減ると、自然治癒力(免疫力)が低下し、疲れやすくなったり、イライラしたり、病気にかかりやすくなります。
例)発ガン、便秘・下痢、血糖値上昇⇒糖尿病、血圧上昇⇒高血圧、肥満など

2.摂取方法上の心得(注意点)
1)加齢によっても分泌が減るし、体内から分泌されないものもあるので、健康を維持するためには、毎日まめに食物から摂取しなければなりません。
2)48度以上に加熱すると死滅してしまうので、限りなく生に近い食事を心がける。
3)長岡式などの酵素玄米、生ジュース(2回目で実習)を毎日食べると良い。
4)生野菜サラダ+ナッツ類、紫蘇油・亜麻仁油、えごま油、オリーブオイルのドレッシングは有効、皮・皮と実の切片に多く含まれているので、「丸ごと」摂取が良い。
吸収率を考えるならば、先に生を飲む、主食を食べる前がベター。(①88ページ)
新幹線と鈍行列車
5)摩り下ろすことで酵素量が2倍、3倍にも増える、消化吸収率も高まるといわれている。(細胞膜が破れて、中に閉じ込められていた酵素がにじみ出るから)
6)酸化しないうちに食べること。すったら直ぐにが理想。例)すったりんごは直ぐに茶色に変色する。酸化の事例。コンピニのカット野菜はあまりお勧めできません。
7)農産物の農薬、放射能が心配な方は、信頼のおける農家と直につながることが大切
8)自分の食べるものですから自分で作る、地産地消=市場外流通を創れば理想です。
9)その他の留意点
・十分な睡眠が酵素の分泌を促進しますから、早寝早起き(8時~4時)がおすすめ。
・旬のもの、加工度の低いものが良い。

3.何を食べれば良いのか
1)長岡式酵素玄米
2)生野菜(旬を心がけ、好きな野菜、生産者との出会いが大切、茨城産直センター坂入、JA谷田部飯泉、千葉和郷園など)キャベツ、かぶ、ブロッコリー、小松菜、生姜、生わさび、ごぼう、人参、きゅうり、ミニトマト、レンコン、山芋、たまねぎ
春(芽もの、毒だしのウド)、夏(葉物)、秋(実物)、冬(根物)
3)果物ジュース(ゴールド農園、八峰園、おても会梅野、松本さん)旬で選ぶ
4)発酵食品
納豆、みそ、酢、醤油、米麹漬物、豆腐、みりん、ヨーグルト(ビフィズス菌が腸内細菌のバランス維持改善といわれているが?要研究)、チーズ(とりあえずカマンベールを選んでいるが要研究)

4.要注意
1)食いすぎは酵素の無駄使い。内臓脂肪⇒肥満注意、万病の導火線
2)一日3食、朝飯絶対、30品目などは「神話」に近い。cf)朝、昼抜き健康法
3)断食、ミニ断食は免疫力を高める?
4)摂り過ぎると危ない油(①100ページ)
5)免疫力低下食(①104ページ)
6)西洋薬も飲まないほうが良い。(①108ページ)
7)激しい運動も高齢になるほど健康阻害の危険あり(①116ページ)

5.実験データ(この項目だけ1ページとって独立させること)
1)生食効果(①52ページ)
2)食物繊維摂取と大腸がん(①42ページ)
3)生命の光=酵素の発見(①56ページ)
4)イヌイットの健康調査(①70ページ)
5)母乳の免疫力(①73ページ)我が家の3人の子供たち全員母乳、最初と最後は助産院で出産、しかし2番目もなかなか強い!安易な因果決定論は?

6.参考文献
①鶴見隆史『「酵素」が免疫力を上げる』(2011年 永岡書店)
②新谷弘実監修『免疫力は上がる!「腸」健康法』(三笠書房)
③石原結實『生姜免疫力』(2012年2/27 株式会社 講談社)
④南雲吉則『ゴボウ茶を飲むと20歳若返る!』(2010年2/14ソフトバンククリエイテブ株式会社)
⑤永田和宏『たんぱく質の一生・・・生命活動の舞台裏』(2008年6/20株式会社岩波書店)
⑥中島常允『食べもので若返り、元気で100歳、生命はミネラルバランス』(2000年、株式会社 地湧社)
[PR]
by issei_tachikawa | 2012-11-10 09:34 | 気・血・道、医・食・農 | Comments(0)
1.酵素の定義
「生命の光」(Dr.E.ハウエル 1899~1986)
「たんぱく質という殻に包まれた、生命力のある触媒」(①60~61ページ)
「身体の中のさまざまな反応を促進させる触媒(仲介役)の役割をするたんぱく質」
人の身体の動きを司る触媒(化学反応の素=もと)人は酵素なしでは生きていけない。
(わかりやすい実験)タバコの灰=酵素 
角砂糖の上にタバコの灰を乗せて火を付けると燃える。cf)洗剤の酵素パワーとは違う

2.酵素の働き
1)食べた物をエネルギーに換える(エネルギー産生)
2)食物の消化と吸収(血肉化)
3)呼吸する(酸素を吸って炭酸ガスを出す)
4)手足を動かす(運動、筋肉を動かす)
5)臓器をきちんと働かせる
6)血圧の調整、血管の掃除、血栓除去
7)発汗、かじかみ
8)老廃物・毒素を対外に排泄する
9)細胞の再生・アポトーシス(細胞の自殺)
10)免疫力の維持(身体の恒常性、自然治癒力の維持)
11)物事を考える(思考)
☆要するに、人間の諸活動力の源泉

3.酵素の種類(①77ページ)と活性基(ミネラル)
体内に13000種類以上、動脈内だけでも98種類以上、60兆の各細胞に3000種以上
(ポピュラーな酵素)
ラクターゼ 乳糖分解 小腸から分泌
ジアスターゼ 消化酵素 唾液
アミラーゼ、ペプシン 炭水化物分解 胃液(熟睡下では分泌が少ない)⇒カルシウム
プロテアーゼ たんぱく質分解(9000種類以上)
リパーゼ、ぺプチターゼ、消化酵素⇒亜鉛
SDO(スーパーオキシドジムスターゼ)活性酸素や過酸化脂質を攻撃してやっつける⇒亜鉛、銅、マンガン
(続きます)
[PR]
by issei_tachikawa | 2012-11-09 20:02 | 気・血・道 | Comments(0)
c0219972_1041023.jpg
1.定期健康診断受診義務の強迫観念を疑う。
(医食農の研究・診断・決定・自己責任・祈り)
2.自己検診、日常生活での「身体の声」を認識し、それと対話する訓練をする。
もしものときの「医者」との連携協働心得、病院だけでなく医者を選ぶ
3.食においては「ゆる・ベジ」または「ベジタリアン」
1)ゲルソン⇒星野式
2)イッセー食
3)粗食、小食、断食年間で一ヶ月、週1~2日は1食、2食
4)新井式:好きなものを食べても「中心の間違えなければ」大丈夫
★要は、腸内細菌のバランスを保つ食事、血液を浄化する食事、免疫力(主に白血球の生命力、小腸が大切)を維持する食事を心がけること。
4.運動は「いつでも・どこでも・安上がりの」ついでに方式で続ける。気持ちが良い=◎
5.快眠・快便:理想は9時~4時の7時間、毎日1~3回
6.夜更かし、徹夜は若いうちに
7.体温を上げる努力を(下げない努力も)
1)お風呂?
2)ジョギングかウオーキング
3)酒も少しならコミニケーションツールとしても有効(でも呑みすぎる?)
8.ストレスに負けない、ストレスを吹っ飛ばす工夫を 笑いの実践、
9.コミニケーションと社会革命
むかついた時、逆にほめる
人の良いところに気を向けてほめる。人を好きになる努力を
人を変えようとしないで、自分から率先して変わる努力をする。
cf)日野原重明さんとステーブ・ジョブズ
10.さまざまの「してはならない」「食べてはいけない」指導については、原因究明と結果解釈の混同、個人的体験の無媒介的(科学的な検証が不十分)な一般化の無理が気になる。
「小太りが健康に良い」などという説もその類に感じる。

★食べたいものを充分(満腹ではなくて!)食べて健康であれば幸せ限りなし。
[PR]
by issei_tachikawa | 2012-11-07 09:50 | 気・血・道、医・食・農 | Comments(0)
c0219972_9473169.jpg1.外科手術(腫瘍組織を切除する)
2.抗癌(自然免疫力をも破壊してしまう)剤
3.放射線療法
(以上が近代西洋医学系の三大療法)
4.免疫療法、特異的免疫療法[永田『たんぱく質の一生』94-97ページ]
5.癌ワクチン療法:丸山ワクチン ネタは結核菌(結核患者には癌死が無い?)、料金高い、手当て面倒
6.温熱療法
7.食事療法
・ゲルソン療法
・星野仁彦式(ゲルソン療法の星野夫妻式アレンジ) 
・済陽高穂式(ゆるベジに近い?)
・その他加藤式など民間療法はたくさん存在します。
8.その他 ?エタノール局部注射

以下のような分類も可能
①原因療法
②補充療法
③対症療法

[治療の4原則](中村『大往生したけりゃ医療とかかわるな』40-48ページ)
1.自然治癒の過程を妨げぬこと
2.自然治癒を妨げているものを除くこと
3.自然治癒力が衰えているときは、それを復活すること
4.自然治癒力が過剰である時には、それを適度に弱めること

「効く」の内容
①治療
②延命効果
③症状の緩和
④癌の縮小
.「レントゲン画像の上で,癌の大きさ(面積)が半分以上になっている期間が4週間以上続くこと、そして、抗癌剤を使った患者の2割以上がそういう状態を呈すること」コレは何の基準でしょうか?
A.抗がん剤が効くとして採用される基準です!試した約80%の患者には効かない叉は反応しない薬でも「コウガンザイ」として認可されてしまう。これでも薬なのか?毒薬!
[PR]
by issei_tachikawa | 2012-11-06 09:45 | 気・血・道、医・食・農 | Comments(0)