どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

<   2013年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

with遊は、JR荻窪駅南口下車徒歩5分にあるコミカフェです。オウナー経営者は田辺恵一さん、ココの面白いとこは元お風呂屋さんだったこと、ホールとレストランがあること、銭湯(おぎのゆ)時代から地域の情報活動センターだったことかな。

田辺さんと2007年に夕焼けビュッフェで会ってから毎年年末にワイナマユで演奏させて頂いています。今年も12月22日〔日)に予定されています。

昨日はサロンの休憩時間「サプライズタイム」に1人で演奏させて頂きました。コンドルとサリリだけでしたが、コンドルの由来、先住民の歴史についてアドリブトークを入れました。何かが伝わったと思いますが?

サロンは予想を超えるすてきなあつまりでした。その計画性、実行力、面白さなどに感服しました。2010年の3月から2014年の5月まで合計30回のサロンが計画されて、毎回コーディネーター1名、プレゼンテーター2名を決めて実施されています。

今回のテーマは「空き家へと全員集合まちづくり」でした。プレゼンテーターは、認知症予防学校寺子屋ぴいぴいけいの代表、八百琴美さん、株式会社N9.5の代表取締役 齊藤志野歩さん。斉藤さんは阿佐ヶ谷商店街の活性化を狙って熱心に活動されている経験談を話されました。

イッセーもチャンプルーの会で7年間中間支援とお弁当配達手伝いをしてきたので、同じ身につまされる問題を共有できました。八百さんのお話は聴けませんでしたが、シニア男性を地域に巻き込むすてきな工夫をされているように感じました。またの機会を楽しみにしています。

サロンは、アルコールやドリンクとつまみもでて、和気藹々と進んでいきます。さんきゅうハウスでも当事者の方たちが主体になってコミニケーションを深める集まりがもてるといいなーと感じました。べてるの会(北海道浦河市)やベテ袋の経験も参考にしてもうひとひねりしてみようと思います。

with遊の田辺さん、まち博サロンの土屋さん、高具さん(CBすぎなみ)、サロンのメンバーのみなさん、昨日は声かけてくださりありがとうございました。またの機会を楽しみにしています。遊び銭湯や再生(うまれ)けむ イッセー
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-05-31 14:56 | NPO,CB,SB論 | Comments(0)
c0219972_14115561.jpgセカンドリーグ神奈川は、2008年ごろから準備に入りました。最初にCBS(コミュニテイビジネスサポートセンター)の永沢さんを訪ねて実に的確な助言をいただいたことを思い出します。元理事の安井さんも事務局の中心でリードして頂きました。小生も支援しながら学ぶことができました。ありがとうございます。

NPO法人セカンドリーグ神奈川の理事長、六角さんが退任され、昨日の理事会で、新理事長の岸さんが選出されたとのこと。1年目は主たる事業(コミカフェ起業支援、子育て支援事業への支援、人材育成、配送センターでの市場展開など)の基礎固めで大変苦労されたことでしょう。改めまして、六角さんおつかれさま!岸さん、これからよろしくお願いいたします。理事の皆様、事務局のみなさん、これからいっしょに地域活動の醍醐味を満喫しましょう。

パルシステムはもともと地域生協ですから、各家庭がいわば細胞であり、家の経営主体である女性や男性が出資、購買、運営の参加することで地域の暮らし課題解決の役割を発揮できます。ですから生協本体がさまざまの地域活動に積極的なかかわりをもつことになります。

なのにあえてリスクを承知で地域活動またはその支援活動を別組織にして委託事業も含めて展開する意義は何でしょうか?
1つは、地域活動や地域事業関係の経費がはっきりすると言うことではないかと思います。内部で1人の担当者が十手観音的な業務をこなしている状態ですと、地域のためにいくら使っているのかが鮮明になりません。外部化することで収益業務である個配の経営課題の次もより明白にみえてくるのではないか。

2つは、各エリアでの地域事業をそれぞれの経営資源をつなげて推進できるようになります。具体例をあげれば資金ですが、資金力の強いNPOバンクをつくれば地域貢献度は1つの地域でこじんまりとやるより高まるはず。フードバンクも、山梨や東京にあるNPO法人が協働連携できれば、地域貢献度が上がります。

さらに3つは、行政や金融機関、他のCBやNPO、大学や小学校などとの協働連携は外部化したセカンドリーグのほうがやりやすくなるし、融資や助成も受けやすくなります。今まで各地域生協が独自で推進してきた市民〔地域)活動助成活動の成果も高くなるでしょう。

これからが楽しみですね。パルシステムから定年退職者が地域に帰り、起業したり地域活動に係りながら生涯現役で福祉のまちづくりをしていけば、先日の大阪(DMが背景にある母さん28歳と息子さん3歳の餓死)のような事態も未然に防げるはずです。地域の暮らし課題は日々刻々変化し、新しい状況下で新しい事業や活動が問われます。セカンドリーグは地域の暮らし課題を、地域のみなさまと自組織の即自的な利害を超えてつながりながら心豊かな助けあいの地域、男女多世代他民族チャンプルーの地域を創造していきます。

一人は万人のために
万人は一人のために
喜びと痛み、両方for YOU(ウルフルズです)
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-05-30 09:23 | パルシステムで愛と協働の地域社会を | Comments(0)
c0219972_9264797.jpg昨日でチャンプルーの会〔注〕でのハンズオン(現場)支援を修了いたしました。全く向いていない配達=自動車の運転で自損事故を起こしてしまい皆様に多大なご迷惑をおかけしています。にもかかわらず事務所に戻って報告した際に「からだは大丈夫か」と気遣っていただきました。代表はじめみなさんから教えて頂いたことは別の場所で別の機会に生かすつもりです。7年間の連携協働事業で、金や物に換えられないたくさんのコト・モノをいただきました本当にありがとうございます。

ぼくが米軍基地拡張反対のタタカイを応援にきたのは1967年1月17日、立川市民になったのは1986年年3月、なのにレストラン・サラに入ったのは2007年の春でした。家からチャリで20分、同じ市内の寂れた商店街にこれほど生き生きとしてすてきな地域活動が根付いていると知りませんでした。

モデル事業(食・農・福祉・子育て等の地域活動のCB)の推進でNPOから学び、生協連合会として何の経営資源を提供できるかを検討するのが目的でした。

とてもブログでは書ききれないたくさんのコトを学びました。

1つはNPO成功の理由です。ひとことでいえば人の力です。起業したときの女性の決断力、友達縁、チイキのあらゆる経営資源を活用しようとする熱心さ、誠意には誠意をもってこたえていく日常活動の積み重ねが、さまざまの困難を克服してここまできているのだなーと実感しています。

特定非営利活動って何なのか?本や調査記録だけではおそらく実感できないでしょう。現場での事実、喜怒哀楽とのとの対話が、CBC(コミュニテイビジネスコーディネーター)を成長させてくれます。チャンプルーの会では2007年度からお弁当配達ボランテイアも有償になり、逆に外部からの研修受け入れも原則有料としました。でも労働力は商品化していない。資本主義の根本的な矛盾=労働力の商品化は、労働者をサラリーマン化します。

生活のために与えられた仕事をこつこつとこなして働く。仕事は上から命じられるのを待つ。できれば仕事の量も労働時間も増やしたくない。でもサービス残業は文句言わずに引き受けるし、他へ異動されても素直にいうことを聞いて働き続ける。これに比べて、チャンプルーの会のみなさんは実に生き生きと笑顔でNPOで働いています。ここに来るたびに元気をもらって帰ります。14年間事業を継続してきた源はやはり人間力なのだなーと感じています。

昨日、紀平代表、田中さんご夫妻とお話していて、これからセカンドステージ事業を推進するに当たり、パルとして何が出来るのだろうかというテーマを一緒に考えていきたいなーという話になりました。くらしたすけあいのまちづくり、NPO活動のチイキ面展開の話です。和歌山のオレンジコープ、神奈川のサンフォーレ、和の家桜井、ココ宮内、ケケアタウン小平、グリーンコープと北九州ホームレス支援機構との連携など、たくさんの成功事例をいっしょにみてきましたが、これからが本番です。

無理せず、いそがず、あきらめないでこつこつとできることから1つ1つやりきっていきましょう。チャンプルーの会のみなさん、本当にお世話になりました。緊急で困った時以外にも田中さんの米寿お祝いにはぜひ一言声かけてくださいね。あとデイとかひろばでも一緒に楽しい時(詩・音楽・大道芸で)を過ごしたいですね。

〔注〕1998に出来たNPO法人で、正式名称は「高齢社会の食と職を考えるチャンプルーの会」、事業高3500万円、会員数80名、スタッフ20名、レストラン・ディサービス・ひろばの3店舗を経営しています。活動エリアは東京都立川市若葉町周辺ですが、全国・外国からも研修者が訪れます。詳細に関してはホームページをごらんください。
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-05-29 09:02 | NPO,CB,SB論 | Comments(0)
c0219972_22204795.jpg今回視察交流で見えたのは3名でした。専務理事の趙完衡さん、常任代表李相國さん、そして30歳の若手職員さん、案内役はパル連合会の瀬戸さんでした。笑顔の女性はレストランサラの大村さん、イッセーだけがいい思い?それでええねん(昨日からウルフルズにはまってます)

c0219972_22211373.jpgお昼はレストランサラの定食、今日のご飯、グリーンピースがきれい。

c0219972_22214392.jpgデイサービスにもお邪魔しました。丁度工作の先生(ボランテイア)が来られていました。

c0219972_2222283.jpgそしてさんきゅうハウスの食堂とリビング居場所見学、ソウルでも路上生活者支援が課題になっているそうです。寮長の大川さん、利用者の皆さんおつかれさまでした。

c0219972_22221926.jpg帰り道でパルシステム東京さんの配送者発見!早速担当者と交流です。携帯スマホにインプットされている配送データやトラブル情報などみてびっくりの様子でしたが、先方のIT化はどんな状態なのでしょうか?

c0219972_22224074.jpg立川センターの中西雄太さん、結婚とプロパーテスト合格されたとのこと、みんな拍手喝采でした。お土産はソウルのやきのり。

c0219972_22225595.jpg夜はジェンベ教室、6月は25日火曜日6:30~8:30、7月は9日(火)と22日(月)の2回やります。
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-05-28 22:18 | パルシステムで愛と協働の地域社会を | Comments(0)
c0219972_142497.jpg志村喬(七人の侍、「今回も負け戦だったな」)
財津一郎(強がり演出する弱虫役がうまい)
藤田まこと(必殺必中仕事人、当たり前だのクラッカーなんてね)
笠知衆(坂部ギンの青春-坂部ギンさんをもう一度探してください、原稿なくされたときの表情)
蟹江敬三(今NHKの朝ドラ出演中、いぶしギン)
イッセー尾形(真夜中のタクシー、知る人ぞ知る)
松田優作(もういうことなし五言絶句)
イマワノキヨシロウ(タイマーズ、あと10年いてほしかった)せめてハイローズ(ひろと&まーシー)

いやー年齢をかんじさせますなー。あと男性ばっかりというのはどうなのかなーと思って、女性のタレントを思い出そうとするのですが、名前は浮かんできても、上記の男性7人のように小生の万感胸に迫る的れべるの人が思い出せません。まあ、あえていえば「ジュリア」のバネッサ・レッドグレープと「ジェラシー・of・イタリアンスタイル」のモニカビッテイ、「第3の男」の主演女優アリダ・ヴァリくらいかなー。そういえば原節子なんていうビッグスターがいたらしいが彼女の出た映画みとらんし。

あっそうだ!五番町夕霧楼の松坂慶子さん、これはもう美の頂点だったかなーと思い出す。

話変って、上記男性9人に加えてプラスワンするとしたら、桂サンシ師匠だろうなーと思う。「新婚さんいらっしゃい」あれって、何十年ものですかねー。ときどきため口聞きたい人が出てきて大笑いすると言うシナリオも面白いし、夫婦・家族にテーマを限定して円満化対策をだすとこもよく出来ている。

先日の岡山県在住の夫婦(とうちゃん)の不満は、「子どもらからも『お父さん』と呼んでもらえない。」ということ。パパ、ダディ、いずれもダメでツネオチャンとしか呼んでもらえないところが不満だという。これに対して師匠は「お父さんというネームプレートつけて『ただいま!』するんですよ。」と提案した。いやー笑えるなー。でもさー今更家父長制(大家族制度はありだとおもうけれど)の復活なんてありえねーし、友達家族ってのもえんちゃう?

人生一番大切なのは人の笑顔ですねー。最近は、ウルフルズもええねん!「両方FOR YOU」サイコー!
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-05-27 13:58 | 尊敬する日本人(そんにち)シリーズ | Comments(0)

希望の原理(続き)

c0219972_12433595.jpg近所の75歳の男性が脳梗塞で倒れてリハビリ中、長島さんの例をあげて励ましているつもりだったが、「あの人はバックにナベツネがついてるし、金持ってるからなー。」というクールな反応なので、少し考えさせられました。同じ事例を出しても受け止め方や反応は人それぞれ、求められているところに情報は伝わるのだなー。でもいつか伝わるという信念は大切だなーとも思う。

三浦雄一郎さんが80歳で親子エベレスト登頂成功!とりあえずおめでとう。元はスキー選手の彼が登山を始めたのはメタボ対策だったそうです。最近の彼は心臓不整脈とのタタカイも大変だったらしい。この偉業を支えたのは何だったのか?

気力(決意)、体力の維持=毎日のトレーニング、資金力、家族力、仲間の支えなどが思い当たる。イッセーには資金力がないので当面宝くじでも当たらない限りエベレストは無理やなーと思う。だからフルマラソンくらいにしとくかってのはランナーに悪いか。

いずれにしても長島さんといい三浦さんといえば超有名人なので、成功事例としてあげる場合は、少し相手のことを配慮するやさしさがほしいな。こういう話で、逆に落ち込んでしまう場合もありそうなので。

今日は、くらしサポート生協の総会、記念講演の講師が督さんなので、出かける。といっても、話を聴きたいだけではなくて、今の彼にふさわしい(彼にプレゼントしたい)本が見つかったからだ。昨日の朝、目が覚めたら増田昭子さんの『在来作物を受け継ぐ人々・・・種は万人のもの』(農村文化協会)が思い浮かんだので、早速彼女の自宅まで買いに走ったのだ。

おそらくこんな体験は彼女の人生でもまれだろうというか初めてではないか。彼女の笑顔がみれてぼくもうれしかった。何十年間に及ぶ癌とのタタカイの成果が、同じ境遇に置かれている督さんにとって何らかのエネルギーになって伝わることを祈る。まだまだ人生はこれからだよ。これは読者全員に伝えたいことなのです。

一人は万人のために
万人は一人のために 
痛みのシェアーを
足元の命を見つめながら
ゆっくりと歩もう 
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-05-25 11:19 | イッセー心理学、行動哲学、唯身論 | Comments(0)

希望の原理

例えばこういう境遇のひとに僕は命の継続を語れるのであろうか?

60台半ば、元は学校の先生だったらしいが、今は近親者ゼロの生活、自分の歯は全て抜けてしまって、脳内に水がたまることで歩行が困難になり、認知症も少し出ている。

今月65歳になったので、共済年金がおりて、介護保険が適用され、ヘルパーさんも来てくれる様になった。

まづは一息ついたのですが、一番の懸念は本人の生きる意欲です。

他の人は、いつも問題ばかり起こしているBIG ISSUEの販売員ですが、口を開けば「おれなんか何の希望もない。毎晩酒飲んだくれて酔いつぶれて寝るしかない。」といっている。間違いを指摘されると反論して居直ったり、逆に「おれなんてばかだから誰か後ろからハンマーで頭かち割ってくれ。」とも言う。

ぼくには彼らを励ましたくてもその気持ちを言葉にすることができないでいる。

他方では逆の事例にも出っくわす。昨日、田村さんのお見舞いにいった時の話。

彼は、アコーデイオン奏者、3週間前に豊田駅のエレベーター出口で転倒し、大たい骨骨折でリハビリ中なのだ。これからの生活どうするのかはっきりした展望が出ていない。

アコーデイオンってのは大変重たい楽器で、車椅子の人が運べる重量ではない。金払って人を雇う余裕もないしどうしようかと迷っているらしい。ぼくの体が2つあればと考えても解決策は出てこない。今は一緒に悩み痛みのシエアーをしている状態。

この彼には長島茂雄さんが77歳自主リハビリに取り組み、右足太ももの筋肉が復活して来た話や不整脈乗り越えて80歳でエベレストに挑戦する三浦雄一郎さんの話は励みになるらしい。

そのわけは本人が「まだまだこれからだ。」と自分につぶやく理由を持てるからなのだと思う。それは自分が真底やりたいこと、調べてみたいこと、解きたい疑問、趣味、仕事、愛情、家族何でもよいのだが、自分がこの世で存在していてもよい理由探しなのかもしれない。これがじつは一番難しいのだろう。

田村さんを励ますことはできたのだが、路上の人々に何ができるだろうか?NPO法人「べてぶくろ」に係わる社会福祉士、中村あずささんの「他者を支えることが自分を支える」(特定非営利活動法人ビッグイシュー基金『ホームレス白書』16ページ)と言うコトバに答えが隠れているような気がする。
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-05-24 13:42 | イッセー心理学、行動哲学、唯身論 | Comments(0)
c0219972_14164359.jpg「チイキが変る、少しづつ、小さなことの積みかさねで」と書いたことと深部で通低する「事実」が見つかりました。これって大発見だぜ。長続きする夫婦の手順書または金婚式マニュアルのようなものかも。

どういうことか?説明するぜ。わからなかったら電話くれ、口頭で説明するから。(冗談、深夜のケータイ長電話は堪忍してくれ、脳腫瘍になりたくねー、お互い様)

KINGライブ、これで何度目かなー?ジョージの曼荼羅(まんだら)ツー、後楽園(この頃はツインジェンベとかで9人編成、それから、福生、立川の柴崎公民館、横田基地内、ステッチでは5回やった。いつのまにやら観客の1人=サポーターであると同時にプロデューサーもどきになっていた。そして昨日の桜木町、だからこれで11回ライブを聴いた事になる。

KINGとのつきあい史=じゅんことのそれでもある。ここがポイントなのだ。なんか今日は自分がとても素直で発言に確信がもてるので、あとでふくろだたきにあってもいいぜという覚悟で、私小説化してみます。

KINGとであって最近までは、「嫁さんのおさななじみ」の兄弟がやってるバンドでした。これってほんまやで。おれがそもそも他人の音楽聞いて暇つぶししてる時間があるんだろうか?いやそんなのないぜと感じたことすらある。

なのに今ではKSC(KINGサポートクラブ=会員数は国籍性別所属宗派・党派もちろん年齢など一切不明の無限、なぜならKINGを聴いてKINGが好きになればみんな会員だから)の会長まで上り詰めて(笑い!!!)しまったのです。

その理由は2つある。
1つ、じゅんこは男女間のうんぬん、ほれたはれたなんかを超えてKINGがすきなんだという事実を感じてしまったこと。
2つ、これが最重要だ。自分でKINGの一人ひとりが、今は別個に歩むことになってしまったベクトル先生やツノケン含めて大好きになってしまったことなんだよ。

昨日もそれを実感したので言葉にした。中でも感じたことや考えたことを歌詞(コトバ)にしてくれるあっちゃん(佐野篤、リーダー)の一言がじーんとくるのにはまいったぜ。「わかりづらい」なんていっていてはもったいない。とにもかくにも1回ライブに来てほしいな。ジェンベ教室もあなたをまっています。
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-05-18 08:38 | バンド・演劇・大道芸活動 | Comments(0)
KINGはこころの故郷(ユリ)なんだな。それは誰にもあったし、今もある、見える人にはみえる

「5歳の男の子がすっぽんぽんで歯磨いてるとおちんちんがふるえる」ような、「おれたちいつもまるだし」ってこと、かくしようがない

桜木町は客層が面白い。ジョージとも福生とも、むろんステッチとも違う。団塊サラリーマンが多かった。女性もぽつりぽつりと。

ジャズのライブハウス用に、フォービートも3曲やった。これっておれも20代中頃に、王子の「女の世界」(今は絶滅品種的キャバレー)でやったことがある形式だったのでやたらなつかしくってしびれたぜ。

KINGスタンダードナンバーも、ここで聴けばまた違った味がでていた。らいくあローリングストーン、ブルーイメルダ、コブラノマーク、いるかの記憶などなど。

ウッズいいなー!

まりあちゃんも乗ってきてる。

らりちゃんの指笛、荒城の月、ズーじゃのナンバー最高

津田君いないのでさみしかったぜ

次のステッチライブは、11月16日、土曜日の午後だぜ。
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-05-18 01:23 | バンド・演劇・大道芸活動 | Comments(0)
c0219972_1034188.jpgAさん介助に気を配り動いてくれたセカンドリーグの仲間2人に、マチジギョウのML(メーリングリスト)でお礼を出したら、どうやら2人は入っていなかったらしく、パルシステム連合会地域活動支援課の河野さんが2人に転送してくれた。これぞまさに「あったかいこころをまわす仕組み」の実際だと思う。

まめ吉の常連のひとり、齊藤さんがお米を10kg車に積んできていたところに、なんの連絡もいただかなっかたがばったりとであってしまった。聞けば「さんきゅうハウスにもっていきたいんですけど」とおっしゃるので、ぼくが引き受けた。さっそくAさんのいる旧さんきゅうハウスに届けた。

たくさんの人がさんきゅうハウスの動きを見守っていてくれる。なんともいえない感謝の気持ちでいっぱいです。

この絶望的状況下での希望ってなんなのか?それは理屈ではないんですねと感じる。Aさんは64歳なのに長い路上生活で歯をすべて失ってしまった。元は学校の先生だったというのに、どういうわけなのか失業し住む家も失い、家族親戚の影すらないような一人ぼっち。身体もがたがた、歩くことすらままならない。神経系統にもがたがきているらしい。

要するにはげましようがないじょうたいなのですが、AさんはYさんのようにやけくそにはなっていないし、笑顔を絶やさないので人にはすかれるみたいです。「おれなんか後ろから頭かち割られて死んじまってもいい」といって仲間うちの自分より弱いものをたたくYさんだって根は優しい人なんです。

みんなが他者の痛みをシェアーして、手をさしのべあう小さな行動がすこしづつ社会革命を推進していくのだと思います。希望とはまさに現状から目をそらさないで立ち向かう人と人のつながり、あったかい人のつながり(お金、人とひと、情報、モノと場所)をまわしていく行動のなかにあるのだとおもいます。(E.ブロッホ『希望の原理』)
◎画像は、賀川さんちのエヴァちゃん、口にくわえてはるのは?もしかして?ひえーっ!
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-05-17 10:28 | パルシステムで愛と協働の地域社会を | Comments(0)