どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

<   2013年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

c0219972_2011840.jpgこちら側からの発信と向こう側からの受信の交流する地平を手探りで探しています。すでにさんきゅうカフェの個性が随所に現れてきています。

1つは、保留コーヒー。ホリュウという漢字は、イタリア語のsospensioneの直訳みたいで、イメージが硬すぎるしわかりづらいのでとりあえずシェアコーヒーにして、貯金箱もどきばら銭入れをカウンターに置き、能書きを掲示しました。

要は、ここで1杯のコーヒーを飲める人は、財布に金があるひと。でもハウス利用者のなかには1銭ももたない人もいる。そういう人だってたまにはコーヒー飲みたくなるはず。ならば、1杯飲むときに、無一文の誰かがあとで飲めるようにいくらかでもプラスの金を入れてためておきましょうというものです。

これはBIG ISSUEの取り組みのコピーです。よいことで今すぐできるのなら真似しちゃおうという軽いのりで始めてしまいました。

2つめは、地域活動情報ラックです。市民活動センターや公共の施設にはどこでもあるものですが、さんきゅうカフェに来て入手できる情報はまた個性的だと思います。今おいてあるのは、BIG ISSUEバックナンバー、さんきゅうだより、連携先団体の宣伝チラシ、『のんびる』バックナンバーなどなど。

できれば、ラックを2つにして、立ち寄ってくださったみなさんの宣伝チラシも置けたらいいナーと思います。

3つめは、コーヒーのフェアトレードと地場産直です。ペルーの北部(カハマルカ地方)⇒砂川のコミカフェ「まめ吉」⇒羽衣町のさんきゅうカフェがつながっています。この種のコーヒーでは破格の値段です。1杯200円!これで有機栽培・熱風(ガス)焙煎コーヒーが飲めるのは、日本全国回ってもここだけしかないでしょう。(たぶん)

あなたの一杯でペルーのコーヒー生産者はフェアトレードの恩恵を享受できるのです。

今日ぼくはパルシステム東京総代会議に出て、これからカフェの運営に参加してくださる方と打ち合わせをおこなってから、カフェに来たのですが、お客様はレストランサラ(チャンプルーの会)関係の女性、近所の高齢女性、そして最後は市民の意見でサポートしてくださっている[NECCO」カフェの方でした。

NECCOカフェのネコは、ニャンコでなくて根っ子のNECCO、ババの早稲田通りにあるということなので、11/8セカンドリーグ運営委員会の前に寄ることにしました。こうしてコミカフェネットワークがゆるやかに1つ1つ確実に広がっていきます。

人に始まり人に終る、NPO活動、企業活動、生協事業、本質同じ。さんきゅうカフェを、遊び・習い・つくり・集まる場所に育てて行きたいです。
◎カフェ事業は、来年3月まではパルシステム東京様からの助成金でサポートされています。先日は2名の運営委員さんが見学に来られて、こちらは3名で応対させて頂きました。(写真は当日の歓談風景)

★明日も良い天気になりますように。楽天やっぱ強いな、今日勝ったら明日はマー君だろうな。ぶつぶつ。川上哲治さん、赤バット93歳昇天、ラジオ時代の弾丸ライナー、ジャンプするファーストミットをかするようにしてライトスタンドに、これは子どもごころに強烈な衝撃でした。イメージの豊かさ、継続が成功のポイントかな。
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-10-31 19:35 | さんきゅうハウス活動 | Comments(0)
c0219972_22294220.jpgまだ完成していません。試作品です。今回はあえてボリビアから入って、子ども性、税金と大企業の内部留保、玉ジョーのコミカフェ紹介、そしていつもの予定表と行きました。

◆南米の右向きげんこつ「ボリビア」の話 マヤ(その1)
・動物園もあるんですが、はやらないそうです。その理由は?
「園にいるのは、リャマ・アルパカなどその辺にいる動物ばかりなので誰も金払ってはいかないんだろう」という人がいますが、真実は何か?
・ラパスの小学校の校庭には、二ノ宮尊徳ならぬ「エルネスト・チェ・ゲバラ」の銅像がたっているということ。そういえば日本で活躍中(今もたぶん)のバンド「ロス・トレス・アミーゴス」のリーダーのひげが立派なので、もしかしてと聞いてみたら「おれはゲバラが大好き、というより尊敬してる。もちろんモラレス大統領もね。」といってましたっけ。

◆ボリビアの話:パヤ(その2)
・ラパスは標高4000mくらいだろうが、平気で人が住んでいる。結構都会化されていて車も多いらしい。その中の1台が、「某区役所」の表示つけて走っていたので中をのぞいてみたら運転手はボリビア人、「この車は日本から来た。」というので、「なんで日本の役所名I消さないのか?」と聞いたら、「なんで消す必要があるの?」と逆質問されたので返答に困ったらしい。これってNHKテレビねたですが。

◆ボリビアの話し:キムサ(その3)
神話がとても似合う国だと思う。世界で一番標高の高いとこにある湖、チチカカ湖には、天孫降臨の話が伝わっている。そういえば、雲が目の前を流れていったり、雷が耳元で鳴ったりするのかもしれない。
グルーポ・アイマラの人たちと新大久保「酒林坊」で呑み始める前に、リーダーのギタリストがマジな表情で、「パチャママ」(大地の神)とつぶやいていたこと情景を思い出す。ボリビア先住民の信仰は、昔の日本人も(今も?)共有していた(る)のではないかなー。

◆子どもたちの自立応援、しかし自立って何か?どうすれが応援になるのか?
子どもたちの行動、どこまで自由放任できるかが重要です。
◆セブンイレブンの母子感動譚は山口さんちでもあったんだーと2重に感動(詳細はイッセーブロ20131030で)いくつになっても磨いておきたいのは?人の痛みに共感できるやさしさ、おもいやり、美しいモノ・オトに感じられる感受性
◆国税庁の「平成24事業年度・法人税等の申告事績」によると、法人税の申告件数は全国で276万1千件で、申告所得金額が45兆1874億円で申告税額は10兆1874億円となっています。いずれも3年連続で増加しています。(ちなみに復興特別法人税額は6758億円)
ただ申告した法人の中で、黒字なのは27.4%に過ぎず、黒字法人の申告黒字平均額は5966万円です。つまり70%以上が赤字企業となっていますので、政府で検討している法人税減税については70%以上の企業には関わらないものとなりますので、どれだけの効果につながるかは疑問もあります。それにしても大企業の内部留保総額は、270~280兆円ですと!
日本経済全体100とすれば、大企業の割合は0.3%!(433万社中の1万1千強)、正規雇用者では2:1
事業高比較は?「1%が90%を支配している。」事実は北米だけではないのか?

「政治はどう考えても生活の一部でしょう。」
「政治から利害関係を捨象したら何がのこるのでしょうか?ひとそれぞれ・・」
「でも政治に無関心だと気が付いてみたら『集団的自衛権』楯にとって、自衛隊がアフガニスタンに派兵されたりしかねない。」
「いつまでたってもいっこうに解決策が見えてこないどころか悪化の一途をたどる福島原発の汚染水垂れ流し問題、タンクをあといくつつくれば済むのか神様もお手上げ、これでオリンピック?」
「原子力発電の問題って政治と生活が絡み合っていて実に難しい。せめて来年の市議会議員選挙では脱原発議員を増やしたいものです。」

・玉川上水沿いでイッセーおすすめコミカフェ
砂川のこんぴら橋から東に向かって北側を歩くと5分でまめ吉に、さらに東に向かい
千寿小橋渡って今度は上水の南側歩くと直ぐにステッチがあり、更に玉川上水駅南口から今度は上水の北側沿路を東に向かうとKAZE、樹まぐれ、に行けます。鉄ちゃんはちょっと別方向です。イッセーの隠れ家?


■11から12月の活動予定
さんきゅうカフェ営業日 毎週木曜日11:00~17:00
BIG ISSUE販売支援は毎週火曜日、7:50~8:30
11/2~3 東大和市産業祭、日本・ペルー少年野球連盟の販売支援演奏10:00から
11/9(土)  東村山市産業祭 同上、場所はいづれも市役所内の広場
11/11(月)パルブレッド打ち合わせ
11/16(土)pm KING inステッチですが、イッセーはワイナマユで帽子の女で演奏。
11/17(日)立川市競輪場のフリマーにさんきゅうハウスから出店です。
11/23(土)10:00~15:00 ステッチマルシェ
12月22日(日)夜は、荻窪「with遊」で恒例のライブ&忘年会ですよ。予約制
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-10-29 17:34 | イッセー通信 | Comments(0)
c0219972_14421878.jpg野末さんから教わった玉川上水沿いのユーカリ、梅雨(つゆ)あけにピンクががった白い花が咲くらしい。

c0219972_14423594.jpgまめ吉さんの庭に生えているユーカリは、生えたのか植えたのか?いずれにしても50年後は最初の写真くらいに大きくなるという。

c0219972_14425437.jpgアンコールワット?ではありません、近所の団地の遊び場、誰がつくったんじゃろーか?「夢は枯野を駆け巡る」

c0219972_1443624.jpg宮城まり子創設のユーカリ学園、やなせたかしさんも応援していたらしい。

c0219972_14432070.jpgレインボウユーカリの幹だとさ。あたますっきり午後の部へ!今日はギター(ベース)教室とジェンベ教室です。いずれもステッチホールにて。
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-10-28 14:43 | エッセイNOW | Comments(0)

自分用つぶやき

2つのことを心がけるべし、というより感じが悪いので二度と口走らないこと。約束破ったら「倍返し」

1つ、「今やってることはみんな頼まれ仕事で、70歳越えてから本来のやりたいことを始めようと思う。」この言い方はなんなんだ!今付き合ってる皆さんに失礼このうえない。また寂しい思いをさせるかもしれないのに、なんて無神経な言い回しだろうか。二度と口にするなかれ。

2つ、「農やる場所を探している。2つ方面から誘われているが気が乗らない。1つは、夏が暑苦しい。他は海岸沿なので津波が・・・」コレ聴いた生産者、誘ってくれた友達は何を思うだろうか。「もうイッセーさんとは2度とくちきか無いし、顔も見たくない。」といわれてしまうならまだよいが、なんともいいようのない甘ったれたセルフに自分でも信じがたい。こんなことを口走り人を傷つけていた自分が存在することが別世界の出来事のようだ。

というわけで反省の1日でした。今日はかなりテンションが高いので要注意です。余り外に出ないほうが良いのかもしれない。じっとだまってコナミ日本シリーズを観る・・・
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-10-27 19:07 | イッセー心理学、行動哲学、唯身論 | Comments(0)
c0219972_12121551.jpg山梨県棡原村(ゆずりはら)は長寿村として有名だったが今では都市化と食の欧米化がすすんであまりかんばしくないらしい。ある意味沖縄と共通の問題をかかえているようだ。

それはともかく、「死に際」で素敵な人生を歩んでいる高齢者のニュースがいくつかある。上原さん(仮名、96歳)は、誕生日パーテイの日に、集まったみなに「自然薯食わせてやる。」といって山に入ったきりいつまでたっても帰ってこない。

心配になった家族・友人が探しに行ったら、自然薯を掘り出そうとして自分がスコップで掘った穴に頭からさかさまに突っ込んで事切れていたという。このニュース、20年くらい前の新聞に載っていた。

もうひとつの事例:これは遠山さんのじいさま(たしか当時93歳)の話。やはりお誕生日パーテイの日の夜、8:00頃だったらしいが、自宅風呂にいったきり戻らないので家族が見に行ったら、両手を出して湯船の中でご臨終だったそうな。お顔はとても安らかな笑顔に近かったということ。これは、ある年の年末、片桐さんの退職祝いの飲み会で遠山さんから直に聞いたのでまだ強烈な印象が残っている。

3つ目は自分のおやじの話。84歳の夏だったか、少し風邪で寝込んだらしいがある日「おじいちゃん起きてこないねー。」といいながら母が見に行ったら、布団の中であの世に旅立っていたらしい。(イッセーは当時ズカの小屋にいたので現場の詳細については知りませんが)

3人とも死に様がハッピーでうらやましい。このイメージを大切に、同時にコレに固執することなく、天衣無縫・天真爛漫な人生が過ごせたらいいナー。だといいなー、でも他者の笑顔が大事だからなー、多少は無理しないと。向こう側から見た生き方が大事かも。ホンガンタリキ、すめらおおがみ
◎写真は、棡原村の吉村一男さん 99才、 血色が良く元気がよく棡原で一番長寿か? 多少の畑仕事、庭の草取りは今もやっている。 何でも食べる、運動が好き、グランドゴルフを皆で わいわい言いながら月に4回するのが楽しみ。
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-10-27 09:37 | 気・血・道、医・食・農 | Comments(0)
c0219972_22194550.jpg
袋が有料になるので、2種類(大中小とあるのだが、あえて大だけかった。「まとめて出せば少しは環境にやさしいだろう」)近所の店で買った。分別手順書をもう一度読み直して、曜日ごとの排出物を再確認した。

ここまではどこでもやるだろうが、僕が気になるのは回収作業員さんの腰痛対策。どうかんがえても、今まで49件分の回収1箇所から各戸回収になるのだから、労働負荷が高くなるのは確実。自分でやってみればどんなに辛いかがわかる。何倍になるのかは?

そこでどうするか?ぼくは棚をつくって、その上に排出物を乗せてあげることにする。コレで少しは回収労働が楽になるはずだ。いや作業負荷が軽減されるはずだ。

実は、ケーヨーD2という店でも丁度良い高さと幅の縁台を売っている。2500円。今まではそれを買うつもりだった。でも「だがまてよ、余り木なんかどこかにあるのではないか。せっかくだからドイトしよう。」とおもいたち、近所の材木屋さんを訪ねた。

以前にもここでパネルを2枚かった。浩太と自分のベットのせんべい布団の下に厚手の合板パネルをしくことで、西式の6大法則を順守しようとしたわけ。それ以来そこのおばさん・おじさんとは顔見知り。先日板を求めに行ったら、横幅200cm、奥行き30cm、厚さ1cmくらいの板1枚、160円でいいと!あんまり気の毒なので300円払ってしまった。これでも店で買うよりは安上がり。

他の部材については、幸い芳郎さん(義父、11/10で1周忌)から受け継いだ残材があったのでそれを使った。その結果できたのが写真の棚です。必要は生みの母なり。その気になれば結構出来るんじゃん。芳郎さんの仏壇に比べては月とスッポンのできですが
◆そうだ、4本の柱の部材は、木頭さん(フォルクローレギタリスト)の新しいバイト先でもらったのです。ラッキー
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-10-26 09:46 | 足元地域から政治を変える(ライフワーク) | Comments(0)
30年越しで意味が納得できました。Yさんのひとことに助けられました。深謝

結婚する前、まだ元気だった「立会人」(だったけ?)の坂内くんが、「おまえたちは、ほんとうによくできてるよ。われなべにとじぶただなー。」というので、ぼくはてっきりダメだしされてるんだと思い込んでいました。

「どちらかが割れてるにちがいない。でも、坂内くんはどちらが割れ鍋だといってるんだろうか?おれなのか?それともじゅんこなのか?」

試しに彼女に聞いてみましたが、「わからない。」でした。

それが昨日、さんきゅうカフェのなかで何かを作業中の会話中に、Yさんの声「それって、われなべにとじぶた?」という笑い声まじり。

カウンターの中で「星野式にアレンジされたゲルソンジュース」を作っている僕の前に来たYさんに聞きましたら、なんと「補い合ってる」という意味だとおっしゃる。

いやーたまげましたねー。坂内くん、ほめてくれてたんだー。あの世で笑ってるだろうな。ごっそさんでした、ていうのはきいたほうがいうんだよな。
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-10-24 22:02 | 面白い言語学 | Comments(0)
地域セカンドリーグをNPO法人などで外部化するメリット(地域セカンドリーグ共通と各地域固有の)

以下のように考察対象を分けて説明します。
1.地域のパルシステムにとってのメリット
2.地域の諸団体、諸個人にとっての
3.地域セカンドリーグ(中間支援組織)にとっての

1.は更に以下のように分けて説明します。
1)組合員にとって
2)経営者にとって(理事、専従役員、監事)
3)職員にとって

2.も以下のように分けて説明します。
1)NPO、CBのプレーヤーにとって
2)地域を詳しく知りたい行政職員にとって
3)地域に広がりたい大学などにとって
4)再生を図る商店会にとって
5)販路を求める生産者(農・林・漁業、工業)にとって
6)専門家にとって

1. 各地域パルシステムにとっての地域セカンドリーグ「外部化」メリット

1)組合員にとって
・組合員活動の狭い枠を越えて、地域の様々の人たちとつながれる場所、機会を提供できます。
・組合員活動の成果物も大きくなります。例えば、川や湖の浄化、里山復活などは地域全体で取り組むほうが成果が大きくなります。
・子育て終了世代に起業など働き収益をあげるチャンスを造ります。

2)経営側にとって(理事、専従役員、監事)
・地域事業に経営資源を投入することで地域の信頼が高くなり、営業効果につながります。
・地域事業や活動にどれだけ経営資源を投入しているかの事実が「数値」や「グラフ」で見える化する動力が強まります。
・パルシステムの組合員が、地域でどんな活動、活躍をしているのかの実際が認識できます。地域市民活動助成基金の有効活用につながります。地域と生協のつながりが持続可能なものに変わっていきます。
・理事さんの退職後の仕事づくりもすすめます。
・行政、大学などと連携・協働を促進します。生協本体ではつながりづらい。例)埼玉県蕨市まちづくり推進協議会の問題

3)職員にとって
・在職中から地域情報を入手し、休日は地域で生きる(遊ぶ、習う、造る、つながる、動くなど)ための機会が増えます。
・定年後の生活の展望が開きやすくなります。
・『のんびる』地域版が役に立ちます。(今後の課題)

2. 地域の諸団体、諸個人にとっての地域セカンドリーグ「外部化」メリット

1)NPO、CBのプレーヤーにとって
・パルの経営資源を活用する機会が増えます。
・資金が足りないところには、融資先の紹介や助成
・人材育成のサポートを受ける可能性が広がります

2)地域を詳しく知りたい行政職員にとって
・文句なしにありがたいことのはずです。
・「セカンドリーグさんとおつきあいしていてよかった。」とほめられるように
・モデル地域を設定すると進めやすいです。

3)地域に広がりたい大学などにとって
・これも、文句なしにありがたいことのはずです。
・地域での評価が上がり、学生獲得を促進します。
・どこの大学と協働連携するか?これは固有の課題です。

4)まちづくり、ご当地キャラ、お宝商品などで再生を図る商店会にとって
・他の地域での成功事例の提供でサポートできます。

5)販路を求める生産者(農・林・漁業、工業)
・ジャスメックの品質管理システムを活用
・地場産直の推進

6)専門家にとって
・講演、講座機会が増えています。場の提供もよるスムーズに(千葉の例)

3.地域セカンドリーグ(中間支援組織)自身にとっての「外部化」メリット
・自前の事業計画策定、執行がやりやすくなります。
・地域の諸団体のプレーヤーとつながりやすくなります。
・彼らの知恵、能力を活用できる機会や場が広がります。
この点は、他都道府県からしっかりと情報収集やりなおすと良いと思います。
・営利事業、非営利事業の区分けと全体のつなげ方に工夫が要ります。
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-10-23 23:13 | パルシステムで愛と協働の地域社会を | Comments(0)
朝、進吾が飯を食っている。カレーをかけている飯は、なんと白米ではなくて、長岡式の酵素玄米でした。これは大変うれしい変化です。

これだけくっていれば通常のメニューに固執しなくても大丈夫になる。

「まごたちはやさしいこく」が生きてくる。

腹八分目とか、◎回噛みなさいなどと言う無理なコマンドは消えていく。

いつもあったかいご飯が食える。

かまなくても大丈夫、発酵しているから

保存用の電子ジャー洗わなくても大丈夫

おかずはとてもシンプルになる。米麹で漬けたかぶ、きゅうり、白菜などなど。みそ汁にはワカメと豆腐(共生食品の)、焼き魚(青肌系)はときどき食いたくなったらそえる。

つまり管理栄養学や近代医療の呪縛から自由になって、人生を楽しめるようになります。(たまに食う白米もなかなかうまいぞ!寿司、納豆、うな重にはやっぱり白米だな。和食文化には配色、かみ合わせの味が大事)

進吾は理屈ではなくて、ミライ(漢字忘れた、舌の突起、味を感知する)で分かったのだと思う。

上手いものを好きなだけ食って、そこそこ生きていられる。何にどんな栄養があるとか、何が身体によいとか悪いとか、そのような議論は全て近代西洋医学と管理栄養学の手のひらに乗った議論です。

大事なのは存在を時間空間を超える宇宙レベルで認識できる食(血)と運動(動)と気の理論ではないかと思います。

息子はようやく23年かかって体得してくれたようです。ありがとう進吾、グラーシャスアラビーダ共に生きる喜び
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-10-22 21:54 | 家族、地域家族 | Comments(0)
お客様は33名(お子様2名)、1日の売り上げは12000円でした。経費はまだ未集計です。パル東京さんの助成金で、スタッフの仕事もいつもと違って有償ボランテイアにできました。ワイナマユ様など複数の皆様から祝花と寄付金、命照時様からご祝儀いtだきましてたすかりました。スタッフのみなさんは9:00から夜遅くまでの活躍で本当にお疲れさまでした。

c0219972_7514431.jpgお花や助成金ありがとう。

c0219972_7541495.jpgまめ吉さんご一家、お子様がさんきゅううどん完食、フェアートレード&砂川からの産直熱風焙煎コーヒーありがとう、心のこもった笑顔をありがとう。何よりの励ましになります。まめ吉さんのブログです。http://ameblo.jp/mamekichi-cafe/

c0219972_7574029.jpgわざわざ茨城県からかけつけてくださったお寺さんのご住職、茨城でも安穏朝市どうかなーと期待しています。

c0219972_759327.jpg当面のメニューです。入り口右側の壁に掲示しました。地域活動情報ラックも置きました。(写真撮るの忘れたー!)

c0219972_815116.jpg予想に反して(!)満員になりあわてるスタッフ。でもステッチで店長経験ゆたかなずうさんのリードとやはりレストラン経営の経験豊かな岡田さんの気合がスタッフのみなさんの動きを支えてくれましたね。市議の大沢さんもまめな活躍でした。他のボランテイアさんも本当におつかれさまグラーシャス!

c0219972_854983.jpgもっと徹夜で話したかったのに(笑い)雨の中車椅子で自宅に向かう皆様、送り出すスタッフの皆さん、再見。「木曜日も来るよ。」とおっしゃった方が2名いらっしゃいました。交流率、リピート率、こだわっていきますよ。さんきゅうハウスらしい、カフェとはなんぞや?歩みながら考えて行きます。ご支援よろしくお願いいたします。次回の営業日は、10/24(木)11:00から17:00までです。以降来年3月までは、毎週木曜日に営業することが決まっています。もちろんできれば営業日数増やしたいですが・・・
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-10-21 08:10 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)