どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

<   2014年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

c0219972_09495435.jpg『シェアコーヒー』、本当に金がなくてコーヒー飲めない人でも飲めるように、ボトルに喜捨を集めています。BIG ISSUEの「保留コーヒー」をまねしました。その基金で誰かが支払うと、カフェの売り上げも増える仕組みです。












c0219972_09500797.jpg
ペルーのカハマルカ地方からのフェアトレードコーヒー、立川市砂川6丁目の「まめ吉」山口さんが自家ガス(熱風)焙煎されたものを、イッセーが仕入れて運んでいます。

都心では、1杯750円から1200円くらいですが、さんきゅうカフェでは250円、おまかせセットにすれば、なんと200円。

地域の居場所、たまり場として、人や生き物どうしの交流率を高めたいという思いを伝えたい。






c0219972_09493782.jpg


ちょこっと本屋さんも。須釜スタッフが対談で登場する『生活保護で生きちゃおう!』は、貴重な当事者感覚を学べます。これまでの売り上げは『さんきゅうハウス』運営資金にしていただきました。感謝フォーnaomi




c0219972_09483470.jpgボランテイアスタッフのけていさん渾身の力作、寄贈して頂きました。いや?レンタルか?どこの風景だかわかりますか?








c0219972_09492224.jpg地域の情報センター的ラックには、『のんびる』、BIG ISSUE、さんきゅうハウス通信など読んでためになる面白い情報がたくさん。




c0219972_09490188.jpg






元国立市議の大貫さんもサポートしてくださいます。いただいた色紙は、額に入れて壁に吊るしました。「豊楽」、豊かな楽しみ、(時空を共有して)生を豊かに楽しむ、そんな場所になれたらいいなー。再見 イッセー盃(拝)カフェの営業日拡大を求めていますが、今は毎週木曜日、11:00-17:00、カルチャー教室や会合などでの場所貸しもします。
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-02-27 10:07 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(1)
以前から親鸞がすきで50歳前後から『歎異抄』をいつも持ち歩くようになった。すでに文庫本3冊目になった。2冊目は友人にあげた。今内ポケットにしのばせているのは、京都弁バージョンとノーマルの5:5版、著者は京都ネイテイブではないが、「親鸞が当時こういうことばで伝えようとしていた」浄土真宗の教えの実践編として大変面白い編集だと思う。

BIG ISSUEの販売にかかわる○さんは、口が悪い。態度がなってない。仲間につらくあたることが多かった。そのつどぼくのこころがきしむ。注意することも考えたが本人の主体的判断、霊感が訪れるのを毎週火曜日に祈ること数年、最近の彼は変って来た。

仲間を馬鹿にしなくなった。バックナンバーの棚整理を進んでやりきった。毎週バックナンバーの注文が出る。リピーターさんがついてきたことの証明だと思う。そのうちの1人はかなり身近にいる人(女性)ですが、○さんがどこで寝ているのか心配だとか、最近の体の状態はどうかなど聞かれる。

○さん実は、体は最悪の状態から少し浮上したもののいつまたどん底にはまってもおかしくない状態だと思う。彼だけではない。路上生活ではまともなものが食えないし、様々のストレスを抱え込んで身体も心もぼろぼろになる寸前、いやすでにぼろぼろの人もたくさんいる。

ときどき『歎異抄』の3章をおもい出す。今朝もそうだった。声出して読み上げてみる。要は、善悪の世間の基準がさかさまであり、悪人はホンガンタリキにすがるしかないので真っ先に往生するべしとしているとことが光る。長い経文を暗記する必要も無い、辛い修行を潜り抜けないと仏になれないということでもない。たったの1回でよいから、心の奥底から1回、「ナムアミダブツ」ととなえれば往生間違いなしと言い切る。

西欧の一神教が善悪の2項対立にこだわるのに比べて、浄土真宗の考え方はとても現実的で普遍的に感じる。最近あるお寺の住職が集会で配ったチラシが縁でさんきゅうカフェを訪れてくださり、これからの連携協働を約束してくださった。

やさしくなってきた(他者の痛みを感じられる)○さんは、まだまだこれから良い方向に変わっていってくれると願う。人の笑顔、それが人生究極なのではないか。みんながありがとうをいいあえる場所に育ってほしい。「善人なおもて往生をとぐ、いはんや悪人おや。」「善人だにこそ往生すれ、まして悪人は」 本願他力、他とは自然、八百万の神々、インテイ、パチャママ
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-02-26 11:03 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_21463558.jpg本日の2・23緊急討論集会「原発再稼動をどうやって止めるのか」@京都大学でも論議します。

再稼働判断 自治体を軽視 防災計画、審査に「含まず」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014022202000135.html

2014年2月22日 東京新聞朝刊から

 政府は二十一日、原発の再稼働に向けて原子力規制委員会が進めている安全審査と、原発から三十キロ圏内の地方自治体が原発事故に備えて定める地域防災計画は無関係とする答弁書を決定した。安倍晋三首相は規制委が安全と判断した原発から順次再稼働する方針で、地元の自治体を軽視する姿勢が浮き彫りになった。

 民主党の菅直人元首相の質問主意書に対する答弁書。衆院事務局によると、首相経験者が質問主意書を提出するのは初めて。答弁書は安全審査と地域防災計画の関係に関し「(安全審査のための)新規制基準には防災計画にかかる事項は含まれていない」と説明している。

 安倍首相は「世界最高水準の規制基準で安全性が確認された原発は再稼働する」と方針を示している。答弁書によれば、「安全性」に自治体の防災計画は含まれないことになる。

 地元自治体が防災計画をつくろうとした結果、住民の安全な避難や近い将来の帰還が困難と判断した場合でも、規制委の安全審査を通れば再稼働できるかどうかとの菅氏の質問に対しては、答弁書は「防災計画は都道府県および市町村において作成等がなされる」「政府は同計画の作成の支援等を行っている」と、事実上「ゼロ回答」だった。

 菅氏は取材に「首相の言葉は『安全性』に住民の安全も含まれていると国民をミスリード(誤った方向へ誘導)している。それが答弁書で明確になった」と話した。
◎ どうすれば再稼動をとめられるのか?

[PR]
by issei_tachikawa | 2014-02-23 11:11 | 脱原発・自然エネルギー産業の拡大 | Comments(0)
c0219972_2023853.jpgさかえの住宅の松尾さんとは不思議に気が会うみたいで、彼から誘われてお茶にいった。

彼は彫金師を生業にしている。サラリーマンも少しやったらしいが、ほとんど自営業の世界で暮らしている。年は1つ上だから、69歳、下北の生まれ。青森県でなくて、東京都ですが。(笑い)

「明日は同窓会」とおっしゃる。「下北沢の駅近線路際に彫金師のたまり場があったんですが、その同窓会やるんです。」ということ。

「なかなか名簿みつからないんで。小学校の同窓会なんかやるのも幹事役引き受けてくれる人がいればいいんだけどねー。」といいながら思ったんだけど、ニコタマ小(二子玉川小学校)の同窓会は、今のところ「ドン、やんじ、イッセー」の3人だけでやっているのですが、いきなり拡大を目指すのではなくて、思い出す人に声かけて、またその人に聞いてみてという手もあるかなーとおもいました。

今思い出す人、銭湯の新井さん、富士館会館の雨宮さん、パーマの川渕さん、学級委員だった小関さん、初恋の人:神取(かんどり)さん、豊田、松本、荻野、石松の「4人組」(イッセー含む)、斉藤まへー、古田、石田、小山、吉田(現代詩集『ピーテカン』まだもってるよ)、矢頭、大久保、長谷川ミーちゃんなどなど、まあ、ぼちぼちさそってみましょうか。

松尾さんには、イッセー通信も届けている。「親父は東京新聞(みやこ新聞といっていた)とってたよ。『朝日なんか取るんじゃねー』とも行ってたのに今は朝日だよ。」といってテレ草そーに語る。

10時にいって昼前までのんびりしてしまいました。奥様のてづくりふかし芋いただきました。「こんどはうちにもきてくださいよ。」といって帰りました。
◎彼は、俳句会をやり、プレゼント用の杖も作っている。作品を見せていただきましたが、なかなかすてきでした。ワイナマユの幸路さんに通じる何かを感じました。
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-02-22 12:41 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)

大雪のおかげで・・・

ゆっくりできましたし、ご近所のコミニケーションが進みました。

c0219972_17202398.jpg幸路さん(ワイナ・マユ長老)にお願いして作っていただいたコーヒーカップは、まめ吉さんのカウンターにしっかりおさまりました。

c0219972_1722550.jpg試しに「カフェモカ」をいっぱい。

c0219972_17233562.jpg左はいつものカップ、右が幸路正人作、左の方がはるかに大きいと感じますが、すっぽりと右のカップに収まるのが不思議でした。

c0219972_17254516.jpg大通りにストップしていた灯油車を自治会有志で救出。丁度帰っていた光太大活躍、もうほとんどヒーローでしたよ。左となりの糟谷さんの雪かきもした。万が一の際に、高齢単身で困る人がどこでどういう状態(気分も含めて)でくらしているのかをキャッチしておくと良いですよ。

[PR]
by issei_tachikawa | 2014-02-15 17:31 | 家族、地域家族 | Comments(0)
◆福島甲状腺がん、7人増加33人に
 (2月8日 東京新聞より)
 東京電力福島第一原発事故による放射線の影響を調べている福島県の「県民健康管理調査」の検討委員会が七日、福島市で開かれ、甲状腺がんと診断が「確定」した子どもは前回(昨年十一月)の二十六人から七人増え三十三人になった。「がんの疑い」は四十一人(前回は三十二人)。(中略)
 しこりの大きさなどを調べる一次検査で約二十五万四千人の結果が判明し、千七百九十六人が二次検査の対象となった。
 「確定」と「疑い」に、手術の結果「良性」と判明した一人を含む計七十五人のうち二十四人について、原発事故が起きた二〇一一年三月十一日から四カ月間の外部被ばく線量も公表。一ミリシーベルト未満が十五人、一ミリシーベルト以上二ミリシーベルト未満が九人だった。
 国立がん研究センターなどによると、十代の甲状腺がんは百万人に一~九人程度とされてきた。(後略)

◆作業員「本音書けない」 東電アンケート 元請け経由回収
 (2月12日 東京新聞朝刊より)
 東京電力が、福島第一原発で働く作業員の待遇面など労働環境改善のために実施しているアンケートを、元請け企業を通じて回収していることが分かった。
作業員たちの話では、下請け企業の中には、作業員の回答を提出前にチェックしたり、回答の内容を指示したりするところもある。作業員からは「こんなやり方では実態は分からず、改善につながらない」という声が上がっている。
 アンケートは、東電が事故後に福島第一原発で働く作業員を対象に始めた。作業員の立場は弱いため、回答者が特定されないよう、匿名で、通常は所属会社や元請け、年齢なども記載しなくていい。
 東電はアンケートの記載内容に配慮しながら、回収する段階では元請け任せ
に。回答用紙は「作業員→所属する下請け→上位下請け→元請け」というように会社を通して回収。東電へは元請けからまとめて郵送されるという。
 作業員が特定される恐れを小さくするためには、作業員が線量計を借りに立ち寄る東電の管理施設に、回収箱を置くなどして直接回収をする方法も考えられる。
 ある作業員は「(上位下請けから)下手なことを書くなというプレッシャーがある。従業員の書いた内容を全部確認してから封筒に入れ、提出させられた」と話す。線量計の不正使用を目撃しても見なかったと書くよう指示された作業員もいたという。
 東電の担当者は「回答用紙は作業員が記入して封筒の封をする。中身は(元請けなどに)見えないようになっている」と回収方法は適切だとする。
 東電は作業員を安定的に確保するため、昨年十二月の契約分から元請けへの支払いを増やし、日当をかさ上げすると発表。作業員に適切に行き渡っているかどうか、今後アンケートで確かめるという。
 だが、作業員からは「会社にチェックされているかもしれないと思うと、変なことは書けない」との声も上がっている。

◎1人1人で何ができるだろうか?情報収集のアンテナを広げかつ絞込み、考え続けること、友達と社会に発信しコミニケーションし続けること、コレが肝腎だな。沈黙は容認につながります。せめて、東京新聞くらいは、毎日目を通して、広告料減少とタタカウ新聞を支えようと思ってコンビニに通っています。

◎毎週金曜日の官邸前パレード(?なんというべきか?)にも最近いってないし、経済産業省敷地内脱原発テントにもごぶさた、それでも商業用原発稼動ゼロ始まってから160日(半年近く?)たっていますね。裏で進行する再稼動の動きを肌で感じながら、雪の中をコンビにに向かいます。そうだ「生ワカメ」かわなくっちゃ!
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-02-15 10:15 | 3.11が問かけること(自然災害、原発) | Comments(0)
ドイツでは1980年代に「みどりの党」ができて、約30年後に脱原発の政府方針が与党(キリスト教民主同盟、メルケル首相、女性党首)から発表されて今に至る。

日本では昨年(2013年)緑の党が誕生したが、これから具体的にどうするかはまだまだこれからの状態かと思う。

ドイツと日本、19世紀には似たところがあった。経済は英仏に比べて後進、原材料資源が不足、大陸観念論の伝統(デカルトからマルクスまで)と主体正論(西田哲学、梯哲学、梅本克己主体正論、黒田寛一のプロレタリア的人間の論理)、ブルジョア革命不在などなど。

しかし最近で気になるのは活動家がどれだけ育っているのかという問題です。

都知事選、あなたは何をしましたか?自分自身に問いかけてください。自分自身に・・・

ぼくは以下のことを実行しました。
1つ、家族に聞きました。「誰に入れますか?」と。「あなたにとって都知事選挙とは何ですか?」とも聞きました。5人家族ですが、脱原発の方に3票いれました。1人は連絡とれずに不明のまま、1人は投票用紙は渡したものの誰に投票したのかは不明のままです。

2つ、近所にはミニコミ(イッセー通信)を2回、約300枚配布して投票を呼びかけました。原発に関しては、2011年3月11日以降地域に情報提供してきました。米屋、八百屋、和菓子店、クリーニング、布団屋、知的障害者の作業所(NPO)では、買い物ついでとかミニコミ配布時に誰に投票するかでコミニケーションを深めました。意外なところで脱原発の意見が出て心強くしました。

3つ、親戚に電話かけしました。支持者が多様なことを知って勉強になりました。4名の有力候補者に投票先
が別れている事実を知りました。本当に庶民の意識は多様なのでした。余り深くは考えていない人が大半でした。その人たちはもうすでに都知事選などは忘れていることでしょう。

福島に親戚がいて、「選挙公報を送ってくれ」と連絡してきたという親戚もいました。東京都民は自分が日々使っている電気を福島や新潟(柏崎)でつくっている事実を忘れていられても、向こうではそうはいかないのですね。このゆがんだ構造、何とかして改善したいと強く願います。6月立川市会議員選挙、脱原発議員を増やしましょう。

◎政治に不満がある時、人はどうするか。IT情報によれば、、家でぐちる▽外でがなる▽投票へ行く−−などのほかに「立候補」がある。それには供託金が要る。都知事選は300万円。(市議選は?30万かな。)得票数が有効票数の10分の1未満だと都に没収される。
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-02-13 17:58 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_22135548.jpgかってはレーニンの『国家と革命』(1965年から1980年まで)&吉本隆明『共同幻想論』(1970年代)、『古事記』の理論をベースに考え・しゃべり・発信し行動していたが、最近はあまりにもいいかげんな制度であるがために義務感で投票はするが、立候補者誰の公約も信じないようにしていた。

民主党などという政党には、最初から期待していないし、逆に共産党や社会民主党などという組織には組織名称への反省や過去の運動への反省が皆無なので期待したこともない。かといって自由でもないし民主主義の民を忘れた自民や極左・極右政党にも日本を任せられる理由が無い。宗教団体が政治をやるにいたってはなにおかいわんやである。アウトオブクエッション(問題外!)

要するにこうなってくると人の所為(せい)にしていないでイッセー党を立ち上げ、マック赤坂よろしくイッセーで立候補するしかなくなってくる。今回も立川駅頭で、ゲリラ演説会を考えていたのだが、宇都宮さん陣営に迷惑がかかり、脱原発運動にも水をあびせ、パルシステムと生協事業の足を引っ張り、さんきゅうハウスの評判を落とす悪影響を考慮して断念した。(分別くさくなったというか、天啓に従えないというか、まあ大人だからか)

しかし本当に悔しい。なんとかあと30年以内にリベンジしたいものだと考えている。

そのためには何が必要か?
1つ、都知事だけではなく内閣総理大臣も直接投票にしてはどうか。なんとなく北米の大統領制をイメージしているのだが、
2つ、重要案件については住民投票を実施するべきだ。そうすれば今回投票しなかった53.85%の都民もすこしは意識と行動を変えて、投票率も80%くらいいくかもしれない。インターネット投票、いかなる仕組みのもとにどうすれば実現可能か?
3つ、選挙に金がかかりすぎる。都知事選で45億円いじょうだと!しかし驚くなかれP3C対潜哨戒機(いまあるのか?分かりませんが)はかって1っ機120億円していた。15秒間にオリンピックプール満杯くらいの石油が世界中で消費されている。ただ単発に選挙費用をうんぬんしても始まらないだろう。なにはともあれもっと安上がりな選挙を実施するべきである。
4つ、投票率50%以下の首長選は無効⇒やり直しとするべきである。もちろん国税で。イタリアなどの経験からまなんではいかがでしょうか。

とりあえず6月の市会議員選挙でイッセーのリベンジ作戦第一ステージを始める。今回脱原発都知事誕生を願っていっしょけんめい動かれた宇都宮弁護士はじめ運動員のみなさんや、イッセーの言葉を信頼して1っぴょう投じてくださった皆さんに改めてエールを送ります。本当にお疲れさまでした。グラーシャスアラビーダ

98万票+95万票+アルフャ=約200万票は、脱原発を望んでいます。舛添さんの得票は、211万票ですから猪瀬vs宇都宮(433万vs96万)と比べれば、善戦でした。「脱原発票を2つに分断しようとする陰謀に負けた」感じでもあります。でもタタカイは、ここ(地域)から、今からりべんジ始めて、人と人との間にできた壁を溶かして住みやすい地域をつくりましょう。

戸村一作、奥崎謙三、中山千夏、林きよみ&はるよ、大沢豊、僕が今まで応援してきた候補者です。5勝4敗、いよいよ10回目の挑戦が始まります。ライフワークの1つが、「地域から国会かえて脱原発」なのです。
◎写真は、国立の葉々屋(チャイを売ってる店)の女性がこしらえたかまくら。中はあったかい?
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-02-10 15:03 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_1442295.jpgこれが立候補者当事者と近くのサポーターだったらもっと緊迫感上がるのでしょうが、僕のほうはそうでもないのでマイペースで近所の人とコミニケーション楽しんでいます。正直『散歩のついで』的な取り組みです。

サンエトワールの福島さんとは30年近くの付き合い。コーヒー250円でいつまでもいて気兼ねない。まるでさんきゅうカフェだな。この店は朝日新聞おいてあるので、たぶん脱原発のほうだね。ちょうどパンやいていて大忙しだったのであえて聞かずに、「イッセー通信vol.15」差し上げて、東京新聞を置いてつぎへ。

柏町団地南側の八百屋さんにぶらっと入る。りんご1つ、泥つき人参1本、ブロッコリー1つ買ってかね払いながら「選挙誰に入れますカー?」と聞く。

藤野さん(70歳、男性、1973年にここに来た。)答えが余りにもクリアだったのでこちらがびっくりでした。
「そりゃー脱原発のひとだろー。」ということでした。
「争点ずらされてますよねー。意図的に話題にしないようにしてるとこもあるし。でも何で脱原発なんですカー。」
「福島でこりねーのかということだよ。」
「そうですねー浜岡事故ったら東京も終わりですよねー。」
「委員会がいう安全審査」なんて信用できネーよ。元から安全だって言ってたやつが横滑りしてんだから。」
(田中委員長のことだなとおもいつつ黙って聞く)
「本当に安全なら東京湾岸につくればいいんですよねー。」
「いやー安全委員会の委員長の家のとなりにつくればいいんだよ。」
ちょっとこちらが心配するくらいにはっきりおっしゃるので
「支持政党おもちなんですかー?」って聞いてみた。
答えは、否でした。

この50年間たくさんの選挙にかかわってきたなー。最初は、戸村一作、奥崎謙三、中山千夏(当選)、林キヨミ、大沢豊(今回5期目に挑戦)、でもおれの立場は、主人公はおれたちということ。政治家は俺達個人の意思、利害関係をまとめて調整し、世の中の新しい秩序をこしらえていくために、方向指示する(強い意志を表明=見える化)仕事ができる。

コレ入力中に、さんきゅうハウスの利用者のAさんから電話が入る。21日のそばうち教室の打ち合わせ。就職活動中、彼は優秀なそばうち職人なのだがユエあって失業中。「もしも就職決まったら講師できなくなるんですがどうすれば?」と聞かれる。答えはクリアー「そっちを優先しろよ。大船に乗った気でいてくれ。」といいながら「9日は・・・・・さんによろしくー!」と提案した。あと4日のあいだにどんだけ友達増やせるかなー。
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-02-05 14:28 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_14224289.jpg
イッセー通信 vol.15 2014年2.1号
もう一度都知事選挙特集です。

●「前回の選挙で猪瀬さんに入れた、選挙権がなかった、または原発どうするかを考慮ぜずに投票してしまったみなさんへ」
今回はかならず原発とエネルギーについて積極的に取り上げ、提案し、公約の1つに入れている候補者を選びましょうね。よく考えてください。「原発どうするかは国政の課題です」とか、「オリンピックは原発なしではやれない。」とかおっしゃっている候補者を信用できるでしょうか?
もうひとつの質問です。選挙公報が配られて、16名の候補者の公約が読めます。その1つ、高齢化と防災対策、誰かの公約信頼できますか?ぼくはできません。なぜか?東日本大震災を教訓にしていないからです。

●「東日本大震災と福島原発事故」は都政と密接に関係あるのではありませんか?
津波でやられた宮城県石巻の或る村の話です。3.11以降2週間以上、どこから何も応援が来なかったということです。「行政に期待してるほうがおかしいよ。」と清水さんが言ってました。
でも驚いたのはそのことではなくて、災害発生時に寝たきりのお年よりをリヤカーで公民館に避難させる訓練を日ごろから行っていたことです。「左右前後を誰が分担するかとか、
道順とか、道路の状態とか或る程度わかっていたからね。」と彼は言います。
いざというときに行政や企業に期待したり、依存するのはやばいですよ。何もやってくれなかったなどと非難することも気持ちわかりますが間違いです。
自分らで助け合い・協働して生き延びるしかないと感じます。
(注)清水さんは今、石巻近くでゆるやかローンで斡旋する社団法人(パルシステムが人や経営資源を出しているようです)の事務局をしています。

●2020年までに日本のどこにも震災や津波やテロが起きないと誰が保障できるんでしょうか?
2011年3月11日以降「無計画停電」の日、冷蔵庫が使えなくなって苦労しましたね。
砂川公園で若いお母さんから子どもの内部被爆が心配だという切実な声を聴きましたし、大沢・稲橋・五十嵐市議の提案で、公立小学校給食材の放射能測定を市に陳情しようという活動にたくさんの若いお母さんが熱心に(切実に)取り組みました。
スーパーの棚には南三陸産(宮城県)のわかめが売れずに残る事態が続きました。
爆発したのが福島でなくて浜岡だったらどうなったでしょうか?答えは明白で「東京も壊滅」だったかもしれませんね。
これが2020年までに起きたら、もうオリンピックどころの騒ぎではなくなります。
原子力発電所54基、稼動してはいませんが毎日冷やし続けています。水が止まったら(電源喪失したら)またまた非常事態です。福島の汚染水タンクのバルブが劣化して水漏れの状況さえ正確にはわからない状況です。
こんなに危ない状況なのに、そして相変わらず福島事故の事実調査は完了しておらず、全電源喪失がなぜどのように起こったのかが解明されきっていないのに、東京電力は新潟の刈羽原発再稼動を盛り込んで予算計画をつくっています。(アンジュングンさんのような気分になってしまうのはぼくだけか?)

●都知事の権限で東電や安倍政権の暴走を止める努力をするべきです。今回の都知事選では、原発エネルギーに依存し続けて日本壊滅のリスクを背負い続けるのか、今すでに稼動原発ゼロ状態をYONAOSIのチャンスとするのかが問われています。
「今すぐ原発ゼロは無責任」なのでしょうか?
えっつ!?「今すでにゼロ稼動なのにおかしいですねー」

むしろ「いつまでに、どうやって原発に依存しない日本を(地球を)つくっていくのか」の期限を明示しないほうが「無責任」ではありませんか?
福島事故の原因究明は完了していない。除染作業も進んでいない。子どもの癌陽性が増えている。使用済み核燃料廃棄物の最終処理場も決まっていない。54基の原発には1万7千トンも放射性廃棄物がたまっています。福島にもういちど大地震、来ないように祈りますが、来たらどうするんですか?

なんの展望もないのに、新潟で再稼動させるんだと?新潟の人に迷惑でしょう!東京の人が使う電力ですから、新潟・福島など過疎地にリスクを押し付けるのはもう許されないでしょう。なんか沖縄の米軍基地、かってここにあった砂川米軍基地(今は横田)、無責任安倍内閣が再稼動させようとしている新潟原発がつながってみえてきませんか。

改めるべきは、電力産業に群がる利権構造ですね。1基4000億円、三菱・日立・東芝メーカー儲かってきた。東京電力役員年収平均で4000万円、東大などの研究室には莫大な研究費がでていた。この利権構造はなくなったのでしょうか?どうもあやしいな。なくなっていない。
事故っても責任者は遠距離にいるのでほとんど恐怖も感じない?内部被爆はするが。

沖縄の名護市では、米軍基地移転反対の市長が再選された2日後に工事用測量開始の通告が!特定機密保護法案強行もひどい。安倍政権が推薦する都知事候補には投票しないで、山口県でも、東京とでも原発やめて自然エネルギーと自家発電に切り替えて生きましょう。

◎Aさん、読んでくれましたか?いっしょにさんきゅうハウス続けていきましょう。続けること、つぶされないように経営資源を配分すること、あきらめない、あわてない、笑顔と思いやりが世の中を変えていきます。行き詰ったら笑い飛ばそう。はははっ!はははっ!ははははっはは(藤田俊紀、気功師、さんきゅうハウス講師)
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-02-02 14:22 | イッセー通信 | Comments(0)