どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

<   2014年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

c0219972_10041997.jpg

すっごく面白いよ。
1つは「おれも友達1人さそって見るよ。」という利用者が3人いること。活動の広がりを実感できますね。孤立が一番恐い。金なんかなくったって、家族が無くたって、仕事や将来の展望なくても、語り合える仲間が実感できれば鬼に金棒だね。旅行がそのためのきっかけづくりになるとうれしいな。
2つは本音が聞けること。誘っても「絶対行かない。」という人がいる。でもしっかりとワケを聞けば、「かえって疲れるからだ。」と答える。その理由は、「今だってなにがおきるかわからんじょうたいなんだから。」ということ。これは、同じ事実の受け止め方の違いの多様性認識論の領域なので、彼の気持ちなんとなく分かってしまいました。
3つは、1つ1つみんなの意見を寄せ集めて成功へ導けること。マネジメント⇒サバイバルゲームへ???少なくともドラッカーなんておれたちには不要かも。
4つは、忘れていた合(愛)見積もりの感覚を取り戻せること。まだまだ知らないこと、新しい発見や出会いが無限にあるんだなー
◎写真は、火曜日のさんきゅう食堂のおかず。ちじみ、きむち、こんにゃく煮付け、みそしる(なめこ)でした。すべて立川純福音教会の女性(ワーカーズコープの職員でもある)のみなさんが、自宅でつくって車で運んでくださいます。本当に心からありがとうを申し上げます。
◆またまた木曜日!今日のカフェ調理はずうさん、冷やしうどん「ずうさん」バージョンさっぱりなつ風味でおいしくいただきました。ごっそさん。長岡式酵素玄米おにぎりは、本日限定6個にしましたが、2つでました。残りはイッセーの晩御飯。カフェのあとパルブレッドさんで専務と打ち合わせして、今帰りました。「おかえり!」「ただいま!」両方フォーミー、バイミー

[PR]
by issei_tachikawa | 2014-07-31 10:12 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_20574163.jpg1月13日フードバンク山梨さんにお邪魔します。大型リフト付バスで行く計画です。 
以下は、関係者に今さっき配信したメールです。「おつかれさまです。いろいろたいへんな世の中になってきましたがこれからがおれらの力の見せ所です。
本日から、11月の1泊2日研修・交流旅行(wam助成金事業)の広報とお誘いをはじめたところ、23名が参加表明または前向きに検討すると言う答えをいただきました。30名は超えるとかもしれません。8/20で第1次集約、8/31で再度カウントします。
バスの見積もりは、大型リフト付きで、イッセーと白倉さんでやっています。8月中には予約します。宿泊は、65歳以上と障がい者手帳の方は1000円、他は2000円2食付で、3700円と4700円です。
「11月まで生きてたらな」という冗談も飛び交い、楽しいハウスの1日でした。
友達を誘ってみるという利用者さんが3名でました。これは予期せぬ効果でした。
あらゆる事業や活動を支える基礎は「人と人のつながり」です。お金は世の中余ってるとこでは死んでいます。それを回して活かしましょう。冷たい金も回せばあったかい、眠れる個人金融資産どんだけあるか?!1500兆円ですよ!さんきゅうはハウスにも少しは回せるでしょう。 イッセー」
増田レアさんからのコメントには以下のfbメッセージをお返ししました。
「レアさん、11月13日(金)の夕方から夜の交流企画に参加してください!魂のレベルでお願いいたします。賀川さんにも声かけたいと思います。できればパルシステム山梨のみなさんにも遊びにきてほしいです。いつもお世話になってるみなさまに恩返しの気持ちです。そうだ!森戸さんもよんじゃおーっと!」
◎ 督さん、ガンなんて恐いこと無いんや、自分でつくたんやから、自分で治るんや。
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-07-29 20:59 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_21230691.jpg今日は早めについてしまった。一番?かと思いきゃ、すでに日本山妙法寺からは「4:30からやってました。」といわれた。砂川の米軍基地拡張実力阻止でもいっしょだったし、ヅカでもいっしょ、そして今日と半世紀もお付合い。おれたちは負けない!








c0219972_21231907.jpg神戸からという女性と話し込んだ。短時間にずいぶんとぶっ飛んだ話が出来てよかった。戊辰戦争・明治維新の軍事的評価論、インパール作戦敗北の教訓、特攻隊から党員になった義兄の話などなど。高齢男性も加わって「ビジヨン」の話ししていたら、斉藤さん登場、待ってましたとばかり握手してからショット。立川市議選の報告もしといたぜ。「大沢さんはまじめにしっかりやってるからね、よかった。」と笑顔でした。










c0219972_21233286.jpgテントの前に座ってるといろんな人が来るよ。大型バスから外国人が手を振ってくれる。「ノーニュークスラリイ・ナウ、we shall over come, green revolution!」とさけんだら、笑顔が返ってきた。










c0219972_21234323.jpg抗議行動の主要テーマは、川内原発再稼動反対だったと思う。チェルノブイリ時に日本の自民党政府は「ソ連に比べれば日本の原発は別のタイプだから安全レベルが高い。」といっていた。今回は「原子力規制委員会」なるものをつくり、科学技術の粋を集めて巧妙に推進するというやりかた。今、パブリックコメントができます。1000万人ではなく、8000万人(くらいは脱げんぱつやろ)の総意を結集しましょう。
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-07-25 21:39 | 脱原発・自然エネルギー産業の拡大 | Comments(2)
c0219972_09453957.jpg
1つめは率直な感想です。餃子事件を思い出します。シントン(小平市鷹の台駅近くのコミカフェ)で萩原さんから「セーキョーは何をやってるんですか?」と問い詰められ、「自動車でたとえるならトヨタがやったことの責任はトヨタ自身が負うべきだと思いますよ。日産に責任は無い。」と答えてしまったのでけんか腰につっこまれた。
「営利企業の市場競争と、生協同士の競合は質的に違うだろ!生協に寄せられていた期待、信頼を破壊した責任はパルにもあるはずだ。日本生協連と大手生協だけの責任と切り捨ててしまうのはいかがなものか?」と。
挙句の果てに「生協の協同性を破壊した責任は宅配やりだしたパルシステムにあるんじゃないのか。」とまでいわれた。でもここがふんばりどころだと思って冷静になって答えた。「すでに地域では共同購入の仕組みに耐えられない事情抱えた方がふえていたんですよ。それに共同といっても実質的に1人か2人のグループも増えていたし、旧来の仕組みに固執していてはいけない。希望者誰もが入れる仕組みを考えた結果が個配だったんです。」と答えた。
「立川生協で個配提案したのはおれだから」という自負にも支えられて、何とかけんか腰にならないでその場をクリアした。26年前のことです。
今回は出所が、マックやファミマーだったので、市中に走った衝撃も半端ないものだったろう。「どうしてこうなっちゃうの?」と素朴な疑問が寄せられている。「何をたべたらいいの?」と疑心暗鬼になる人も多いだろう。
気持ちは分かります。しかし、もっと勉強してください。この点についてのみいえば、自分の身は自分で守るしかないのですよ。
これは現代食流通の裏側にあるチョン簿(不正)行為の氷山の一角にすぎないのです。マックは「販売の20%が該当する。」などといっていますが、何の証拠も開示されていません。かってある生協の営業担当が、個別訪問先で、「マックのハムバーガーなんて何が入ってるか分かりませんよ。オーストラリアのおおみみずのみんちとか。」などといってるのを聞いたことがあるが、当たらずといえども遠からじかもしれない。マックは「調達先をタイや中国の担保企業に切り替えて、23日には販売を全面再開する。(東京新聞7/231面左上)」としているが、早すぎ!工場立ち入り調査位するべきでしょう。コスト考えるとでき無いのか?安いものに走れば、代償は高くつくこと明白です。
「どうすればよいのか?」「何を食べたらよいのか?」答えは明白です。マックやファミマー、市販品だけじゃないでしょ。産直、国産、地場産、自家菜園、自給自足、何でも選べるのです。生協ならおすすめはパルシステムですよといわせていただきますが、他の生協もすてきです。どうか十分に品定め、人定め、仕組みの勉強なさって選んでください。規模の小さな共同購入グループもなかなか筋のとおった事業活動をしている仲間がいます。マック、KFC、コンビニ、スーパー、ファミレスじゃなくたって食べていけるんですよ。
因みにぼくは、毎月パルシステム東京から4万円~5万円共同購入で買います。食の90%は生協ルートです。作ってくれるみなさん、運んでくれるみなさんに毎朝ありがとう。でも自分たちだけ良いもん食べているだけではいけない。もっとたくさんの方にパルシステムやっていただきたいです。人を良くする、社会形成の基本が食ですから。(医食農、根源は1つ、気血動三みいったい)
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-07-23 09:46 | 気・血・道、医・食・農 | Comments(0)

ご近所づきあいNOW

c0219972_10510151.jpg
前のお宅の庭木が一挙に刈り込まれた。長い間伸び放題、道路をふさぐくらい。我が家の自然とうまく調和していたのに残念。聞けばご近所から苦情が出てボランテイアもくりだして、清掃されたそうです。「次のターゲットはうちかなー。」といったら、Kさんのだんなから「いやいや大丈夫ですよおたくは。」といわれた。安心できませんが(余裕の笑い)
c0219972_10555119.jpg
お隣さんの奥様が、「すいませんねー息子がこんなことしてしまって」とあやまる。「いやいや、ネコが傷つけるとやばいですから。こちらこそ毎日すみません。」とフォローする。我が家のネコ様は半野生なので、夜の散歩(仕事?)は欠かせない、ご近所の車や家の屋根にもあがりかねないのです。
c0219972_10593401.jpg
門の横にとりさんに開かれた餌箱、毎日パルの玄米(新潟のコシ)を補充する。最初は、すずめとか小さな野鳥だけでしたが、最近はキジバトも来るので、なくなるのがやたらはえー!5kgかってもどんだけもつか?でもコレもまたご近所つきあいの1つだとわりきって続けています。
今日は、NPO法人ぐらす・かわさき経営のメサグランデ「そば吉本」へ遊びに行ってきました。田代さんと久しぶりにゆっくりおはなしできて幸せ、明日は、立川純福音教会(メンバーの女性3名が、さんきゅう食堂にボランテイアできてくださっています)に遊びに行きます。地域のネットワーキングは、小さなことの積み重ねだと思います。どんなに立派にみえるところでも、要は単純なのです。3つのエス、スロー・シンプル・スモール、これにスマイル・スリム・サプライズがつけば、面白い地域が生まれるよ。「ここにいてもいいんだ、ここでおまえたちといっしょでよかった、ずーっとここでくらしたい。」日曜日に、自宅でいっぱいやりながら、しみじみとこう思える地域になると良いなー。
じわりじわりと「イッセー通信」の「読者」(いっしょに動いてくれる人、喜怒哀楽を共に)をふやしながら、「4年後」に向かっています。6W2Hにこだわらずに、捨て身で、喜捨の志を豊かに磨きながら、祈りながら笑いながら、歌いながら踊りながら、ときどき「ザ・ロンゲストウオーク」の気分にひたりながら、コンクリートひっぺがえした地の果てにある世界を想像しながら、面白きことも無き世を面白くすみなすものはあなたのからだ?
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-07-20 11:13 | 足元地域から政治を変える(ライフワーク) | Comments(0)
c0219972_11563017.jpg朝からとても素敵なお客様、というより仲間現る!社会福祉協議会の柏崎さん、杉本さん、12月に「ヒューマンライブラリー」を開催されるとのこと。さんきゅうハウスの当事者、スタッフ、支援者の思いや体験談を、子供や親たちにきかせてほしいとのこと。だれが行くかは後で決めるとして、即座に要請をお受けしました。本読んだり、学校で習ったり、インターネットだけでは享受・認識しえないことが、できそうな気がします。たのしみだにゃー。
蒸し暑い日でしたが表でチラシ撒きながら客引きしていたら、青梅の女性が入ってくださいました。ひやしうどんセットのご注文、今日は「かおるバージョン」(写真の)、見た目美しく、美味でした。アイスコーヒーは、マルシェ用に仕入れた「まめ吉」パックがありましたが、かおるさんはわざわざ熱湯から入れていました。
そして今日は特別お昼ごろに山梨の増田・大仏・レアさんから、採り立ての野菜が届いたので、きゅうりはさっそく棒きりにしてお味噌でいただきました。きゅうりってこんなにうまいもんだったの!マジで驚いたのはぼくだけではないはず。これは瀧さんがやってるパルシステム山梨の畑でとれたものだとのこと。瀧さーん、ごっそさんね。他には、なす、大葉、ししとう、いんげん、ピーマンなど、ひやしうどんの具にも使い、お客様にもおすそわけして、完食いたしました。レアさん、本当にご馳走様でした。ご近所さん、瀧さんにもよろしくお伝えください。
さらにケテイさんが映画「遺言」のちらしもって登場、3枚売れてたかな?イッセーも前売り1枚買いました。8月30日(土)12:45開場、なんと13:15から17:30までの、3時間45分の大長編です。「原発さえなければ、福島の3年間-消せない記憶のものがたり」第1章汚染からはじまり、決断、避難、故郷とつづき、最後は遺言でしめくくり。ぜひみてくださいという福島からの切実な声が聞こえませんか。「苦しみをのり越えて新たな挑戦が始まる」生きるために笑いまっしょ。おれたちは負けない。チケット買うと、福島バッジプロジェクトのバッジがついてきました。さっそくエクアドル大使館でいただいた帽子につけましたよ。
今日も長岡式酵素玄米は好評でした。与七さん、社協のお二人、下江さんが食べてくださいました。残りは、スタッフの4人でありがたくいただきました。与七さんは喜寿を迎えて、耳は遠くなっていますが、心健在、頼もしき入居者の一人です。入れ歯も治ったので多少硬い漬物でも大丈夫とのこと。毎週こころこめてかれのために握っています。おにぎりには作者のこころがこめられる。だからおにぎりなんです。
3時からは、オジャガデザイン株式会社の森さんが、アルバイト斡旋できてくださいました。ずうさんとボランテイアスタッフ女性が対応、何か可能性がひらけましたでしょうか?あとで報告があると思います。利用者の皆さんの多くは再就職、就労は難しくても、内職アルバイト程度なら、自立の切っ掛け・加速材料てきな役割は果たせるかもしれません。ホットプラスでは成功してるらしい。(富松さん、社会福祉士の話し)
今日はボランテイアのトシさんの誕生日、3時であがるまえに、ノンアルコールビールでカンパーイ!アパッチさんもごいっしょしていただきました。きょうはラシサがでていた1日だったなー。トシさんはこのあと、大間のロックフェスティバル&反原発集会へ旅立ちました、笑顔で。
c0219972_11570496.jpg◎ひやしうどん、かおるバージョンです。マジうまいぜ。来週はケテイバージョンです。8月にはずうさんバージョンも楽しめる。ワンデイシェフ式ですから、その日に厨房に入る人のオリジナリ亭が楽しめます。そうだ20日は、ぐらすかわさきの「そば吉本」の日だな。おれは行くぜ!誰でも同伴OKだよ。
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-07-18 12:00 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
さんきゅうハウスの理事として連絡会の定例会に出席し、新会長の曽根恵美子さん(こうとう親子センター)、副会長の岡禮子さんのご挨拶し、2013年助成金事業の報告と抱えている問題、2014年度事業の計画についてご説明し、連絡会に加入承認して頂きました。
でもさ、考えてみれば13日のスタッフ会議でこのこと提案しなかったよな。今気がつきました。あとで報告して承認して頂くしかありませんね。でもお互いに良い話だと思いますよ。
NPO側のメリットとして期待できることは、広報力向上です。パルシステム東京のコミュニテイ事業広報誌「withyou」は、2013年のうどん教室で集客力を証明してくれました。3月には、2周連続で広報していただき、10名以上の申し込みと参加をいただきました。中には、立川市議会議員選挙で大沢議員とつながった方もいらっしゃいました。まさに生協がスムースに地域政治にかかわったという実績もできました。
今日の出席団体は、13、欠席が6団体、NPO法人も任意団体も、ワーカーズもいて多様な顔ぶれ、昨年度まで代表を勤めておられた「NPO法人Mystyleこだいらの竹内さんともお久しぶり、企業組合くりえの友光さん、食育暮楽し部の森野さんとは7年ぶりかな!そのほかのみなさんも輝いていて若々しい、変ってませんね頼もしい。
途中で参加者交流をかねて、①私のストレス解消法/マイブーム、②活動や団体で困っていること、③勉強会(9/27または10/18(土))でとりあげたいテーマについて1人3分で話しました。
①について:アンデス音楽、山歩き、畑、マラソン、そして(なんと!)選挙活動をあげて、皆さんの笑いをゲットしましたが、岡さんからは「負けたらかえってストレスでしょう。」といわれたので、「やるべきことをやればかならずかてるんです。」「経済と政治を文化的につなげて進むこと、パルの課題ですよ。」とお答えしました。②について:アルコール依存症とどう向き合うか、経理雇う金をどこから工面するか、ボランテイア依存から独自事業をいかになどをあげました。③について:希望学でした。いなぎ里山の鈴木さんから、コレクテイブ・ハウスがでましたが、町全体を視野に入れて、個別と集合の切り分けと総合で組み立てる事例の研究はぼくも興味深々です。というわけで、2時から4時までの会議にオブザーバー参加し、連絡会加入は異議なく承認して頂きました。
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-07-16 23:32 | パルシステムで愛と協働の地域社会を | Comments(0)
BIG ISSUE販売員のYさんが、ついに野宿生活からアパートに移れた。今朝の顔色が良いので、聞いたらうれしそうに語り続ける。彼って明白なトラブルメーカーで、他の仲間を平気でくさすような態度をとってきた。とくにOさんに辛く当たるので、釘を指したこともあるくらい。
でも今日は「Kさんやばいんじゃないか?」と仲間のことを気遣う余裕さえ見せてくれた。
そのことをさんきゅうハウスで話したら、しげるさん(泉谷しげるにそっくりの人)が「それが俺達の求める姿だなー。自立再生」といってくれた。
彼が路上からアパートに移ったことを支援者の松本さんにjunkoが伝えたらいっしょによろこんでくださったとのこと。おれもうれしさの余韻を味わった。まったく生きていくってのはおもしれーなー。
Kさんも仕事に復帰した。半年以上不在だったが、今日は北口にたって販売したと思う。福島の子供たちの幸せを願う会の葉書をあづかったままなのが気になるという。これから売り切って金を渡したいというので、事情を説明して納得してもらった。実はこの活動は今停止状態なのです。仕切り直しです。
今日も食堂は繁盛した。15名が利用、おかずは東大和の教会からボランテイア女性(2名)が自宅でつくってもちこんでくれる。おれらは、米といで電気がまのスイッチ入れて、風呂沸かしてまってるだけ。
聞けばプロテスタントだとおしゃるので、賀川豊彦をご存知かきいたら、1名は名前だけだがご存知でした。「THINK賀川」のHPを紹介しました。神戸の貧民クツで救貧活動を開始して以来100年の歴史が、今を支えてくれている。おれはクリステイアンではないが、かれらの志の純粋さについては信頼している。
WAMの助成金内定が下りました。まだ本決まりではありませんが、決まったという気持ちで準備を進めています。世の中、イスラエルのガザ人民虐殺(無差別の殺人です!)、アメリカいいなり武力行使権容認閣議決定(集団的自衛権と誤訳されていますが)、川内原発秋にも再稼動か、横田米軍基地にもオスプレイ飛来、沖縄へのこ測量強行という緊迫した情勢ですが、おれたちはしゅくしゅくとやりたいこと、やるべきことを1つ1つクリアしていきます。
2014年度の事業活動計画について、みなさまからの経営資源協力、連携協働を切に願っています。「さんきゅうだより」2014年8月号の巻頭言を書いていますので、できましたらブログ掲載いたします。
◎そうだ!さんきゅうハウス恒例の夏祭りやります。8月17日((日)3時~6時くらいかな。場所は、立川公園、詳細については追ってお知らせします。WAM(福祉医療機構)さんの助成金事業になります。

[PR]
by issei_tachikawa | 2014-07-15 17:16 | さんきゅうハウス活動 | Comments(0)
①1)古い話で恐縮ですが60年代のエピソードを2つ。1965年10月「日韓通商友好条約」が締結・批准された事に抗議する集会が清水谷公園でもたれ、赤坂見附交差点から新橋当たりまで人生初デモ。法政大学の経営学部自治会のM(R)さんに強烈極まりない誘い(オルグ)を受けて思い腰をあげた。実は彼らとは真逆の情勢認識だった。クラスの討論会では、読売新聞社説(御手洗辰夫氏の記事)を持ち出して、北朝鮮・中国・ソ連の脅威から「自由経済」を守るための条約なのだから反対する理由に乏しいと主張した。でもフランスデモで隣の女性のやわらかな肘裏のあたたかみが伝わってきて、なんか良い気分になったことをおもい出す。なぜデモにいったのか?最初は誘われて試しに行って見ただけなのです。
①2)でもベトナム戦争、ベトナムへの米軍などの侵略行為は見過ごせなかった。(今も「十字軍」遠征は続いていますが)「なんで戦争なのか?他に解決の手段は無いのか?日米の関係はいかにあるべきか?」真剣に考えて、本を読み、クラス討論とかクラスで学習会をやり、親は宗教家だったこともあって心配をかけてすまなかった。1967年1月17日に砂川に来た。このときも誘われてきたのだが、最初と違うのはセクト(新左翼党派)のメンバーでもあったこと。砂川でデモしたのは2回か3回だったと思う。その後は都心(御茶ノ水や各大学のバリケード)が活動拠点となった。「ベトナム戦争はすぐにでもやめさせなくてはならない」という使命感が次第に強くなる。勉強大嫌いだったイッセーでも、行動につながるのではずみがついて、寸か惜しんで学習しました。「帝国主義侵略戦争」「諸列強による世界市場分割合戦の帰結」という言葉が身体に入りました。砂川の基地が侵略の拠点だと結論づけたのです。戦争を止めさせるには「身体を張る(身を挺する)しかないのだ」と思い込みました。
②効果?これは人類史が表現してくれます。きっとそうなります。事実、砂川闘争では「伊達判決」(米軍基地違憲)を勝ち取り、他の地域での反基地闘争にも良い影響を与えたはずです。ベトナム戦争に関しては、北米の国務長官だったマクナマラ氏の自己批判書が出ています。なぜか翻訳されていませんが、彼は「ベトナム戦争は間違いだった。」と明言しています。ただし国防長官のキッシンジャー氏は「名誉ある撤退だった。」と旧日本軍のえらいさんのような記事をジャパンタイムス紙にのせてましたが。いずれにしても、今では間違った世界情勢分析(将棋倒し理論、ベトナム民族解放戦線は北ベトナムの傀儡など)と赤(共産主義)の手先論にもとづいた米軍に基地を提供し、特需で大もうけし(三菱重工・商事最悪)、時の首相佐藤栄作氏が戦地に行くことを阻止する行動には人類史的な正義があったことは今でも確信持っていえます。
1967年10月8日、あわや羽田空港突入寸前、ここまでやれば場合によっては東京もバンコク状態にとなっていたかもしれません。これは真面目な話しですよ。日大の「200mデモ」なども歴史に残る行動でした。あれで日大はそこそこ民主化されたと思います。応援団の学内独裁がゆるくなったし。
京都市上京区の事例。2階建てスーパーマーケットが着工され、2階まで基礎コン工事が進んだが、毎晩テントで張り込み抗議行動してつぶした。商店街のおじさん・おばさんがブルトーザーにしがみついて阻止行動する姿は人の心をうった。成田空港だって、隣町の富里で生まれた激烈な反対デモで、やむなく御陵牧場が40%を〆る比較的買収しやすいとみなされた三里塚・芝山に持ってきたというはなしです。やったからどうのこうのいうまえに、地元に何の話もしないで閣議決定したから・・というやりかたに、あなた従うんですかという話しでしょう。
もちろん逆に負の効果だってあったことは事実です。大学キャンパスにできた背の高いフェンス、新宿東口の植え込みなどなど。でも何もやらなかったらもっとひどい結果になっていたかもしれないのですから、「デモは民衆の権利であり、民主主義を定着させるための必要不可欠な行動の一部なのだ。」とまとめられると思います。
③ぼくにとっては友達や稀に親戚に会う絶好の場であり、機会になっています。50年ぶりなんてのもあります。政権が変わっても死ぬまでデモを続けるでしょう。今では音楽など様々の表現行動が広まってきて、一部の学生や若い労働者(過激派といわれた)だけの激しいデモはなくなっています。毎週金曜日夜の首相官邸前の脱原発パレードは、「再稼動阻止、輸出反対、廃炉事業推進・再生エネ」の思いで参加したり見守っています。今のような世の中では、デモするってことは人生なのかもナーとさえ思えてしまいます。福島の荒れ果てた田んぼ風景おもいだすと54基すべて廃炉に成功するまでやめらんない。浜岡で原発事故ったら東京壊滅、日本沈没です。「まだまにあう」だからデモなのです。
広報の応援も大事です。東京新聞購読を続けよう。1部買うことも脱原発デモンストレーションになります。
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-07-11 10:38 | 足元地域から政治を変える(ライフワーク) | Comments(0)
c0219972_16434333.jpgさんきゅうハウスとベテルの比較して感じていることが2つ。1つはベテルは、自分らのハンディ、事実を隠さないで公表しつづけていること。
2つは、支援者と当事者の一緒のメーテイングが継続して組まれていること。
「さんきゅうでもやれたらいいよなー。」と以前から感じているのだが、なかなかスタートできないのがもどかしい。
あっというまに4年もたっちまった。何でベテルでできるのにさんきゅうではだめなのか?
1つは、当事者の意識が違いすぎることか。入居者6名だけでも、実に多様な理由、境遇、気分を抱え込んでいる。もちろん年齢だって20台から60代まで、利用者の最高齢は80うんさいだ。
2つは、グループで取り組むテーマの提供が弱いからかもしれない。ベテルは、お店を出して、近所の、地域の高齢・弱者にオムツの配達などをしている。カット昆布を袋詰めして、全国ルートで販売している。
3つは、プロヂューサー、リーダーの存在。もちろんさんきゅうにも、いるのですが、ベテルのムカイヤチ夫妻、精神科医川村さん(?)、・・介護福祉士など専門的な知識と治療・介護経験者が現場に密着して(とまり含めて)かかわっている強みがある。
でもさんきゅうハウスには、無展望の展望、絶望的な希望という逆説的な可能性がある。それは集まってきている人(当事者、入居者、スタッフ、ご近所、支援者、行政、専門家、生協関係者、お寺、教会などなど)による。
中山(仮名)くんとばったり会ったので、IKEAでソフトクリーム(なんと50円!)を食いながら、お話ミー天狗。でるはでるは、尽きない話題。なかでも本日トップテーマは、4年後に選挙でろやの話し。生活困窮者だって、誰だって議会に立候補する権利がある。当然です。
大沢くんが今エストニアにいる話題にふれながら、Sさんの行動分析に入る。「彼は南米とかだったら十分くらしていけるよな。もちろんエストニアでもいけるだろー。」と2人は大笑い。
WAMの助成金を生かすも殺すも人しだい。今度は、上手に使いきろうと思います。パルブレッドさん、近いうちにおじゃましますのでよろしくお願いします。山梨のフードバンクさんとも新しい地平での協働連携が始まりますので、よろしくお願いいたします。子供未来センター(ワーカーズコープ)、東村山の教会さんとのお付合いも楽しみですね。13日のメーテイングは、ハウスにて5時半から、ということはまた6時半開始かな?(しゃーないか)
◎写真は、さんきゅうカフェのボランテイアスタッフ、ケテイさんの絵、明治神宮?ですよね。ちがうかも、でも秀作だね、じーっと見つめて念じて行ずれば夢が叶いそう
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-07-04 16:40 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)