どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

<   2014年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

地区総代1年生スタート

昨年から総代になった。今年2年目の最初の総代会議、立川RISURUホール5階で10時から13:00まで意外に(?)ハラハラドキドキわくわくでした。要はこっち側(自分自身の感受性)の問題なのかなーと思う。
ABC3つのグループ(6名ずつ)に生協役職員1~2名で話が進んだ。最初は自己紹介、それぞれのお気に入り生協食材の話し。絞込みが難しいのですが、今日は米と水にした。米は予約玄米、今おおがた村の5kgを頼んでいる。長岡式で白色のやつとか選別するのだが、最近のはほとんど問題なし。かっての新潟コシに比べるとレベルが違う。あと水ですが、20年くらい白州町からの自然水を愛用している。この話しをした。伝わったかなー?
第1回なのでざっくばらんなんでもありのゆるやか話し合い。1ついわせていただいた。「反貧困を福祉政策に入れるべき」と。和歌山のオレンジコープ、北九州ホームレス支援機構とグリーンコープとの連携協働事例について調べる価値ありとも言った。「路上で寝ている人を生協がほっておけるのですか」「立川では路上生活者はゼロにしたい。」ともいいました。さんきゅうハウスのスタッフの50%は、パルの組合員です。生協本体より先に組合員が地域で動いています。ここが肝腎なところではないか。
今日は、山形県置玉で小翠力発電所開所式だとか。総代会議途中で佐藤さんと福浦さんがあわただしくでかけていかれた。こちらはゆっくりお弁当を食べながら雑談、総代1年生スタートです。「死ぬまでパル地域連携」これでいきます。賀川精神に立ち返り、地域ベースで愛と協働ですね。


[PR]
by issei_tachikawa | 2014-10-25 22:48 | パルシステムで愛と協働の地域社会を | Comments(0)

昨日のさんきゅうカフェは圧巻だったなー。スタッフはずうさん、トシさんでバッチしかためて、楽市のトマト焼そば試食会もやった。
最初は、トシさんの辺野古報告。現地見取り図見ながら話しを聞けたのでリアルだった。ジュゴンは最近こないらしい。だろーなー気持ち分かるぜ。ジュゴン裁判判決は12月くらいになるとか。トシさんと2人で、「沖縄を返せ、沖縄に返せ」をおもいっきし歌った。
ご近所のAさんほんまにきてくれはった。「メルヒエン(ヘッセ)のアウグスツスよみましたよ。」といったらうれしそうでした。「アヤメもおもしろいですよ。」ということなので、今日車中で読んじゃおうかな。
社協の早川さんとは、「生活困窮母子家庭」調査とNPOへの依頼書のフォーマットについて具体的な検討を始めようと約束した。11月のフードバンク山梨研修の際に、助言をお願いしたいと思う。米山さん、齋藤さん、よろしくお願いします。
売上は、6250円でしたが、12名の来店者お一人お一人と中身の濃い時間を共有できて幸せでした。トシさん、紫芋の歩土産ごちそうさん。辺野古カレンダー2015は、自分で七つ森書館に注文します。今日はこれから『のんびる』の地域配達だよ。そのまえに須川歯科だな。


[PR]
by issei_tachikawa | 2014-10-24 09:17 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)

秋深し

c0219972_20391499.jpgばけつ稲収穫しましたが、できは良くありませんでした。稲穂の背が低い、実りも少ない、稲全体に勢いがありません。失敗の理由は、おそらく土にあり。近くのスーパーで買った3種類の土を混ぜただけですから、前回のパルシステムから提供されたものに比べれば月とスッポンです。近所に田んぼがあればもらってきたんですが、田んぼさがす手間はぶいてしまいました。来年どうするか・・・?












c0219972_21055122.jpg考えた挙句の結論は、冬水たんぼです。一冬置いてよく耕して、それでどうなるか実験です。いきなりクローバーで自然農は無理だと思うので。米でも野菜でもやっぱ基本は土づくりから。あとは太陽と雨に相談だね。ぼくらは自然の力にちょこっと手を貸すだけだから。












c0219972_21082051.jpg我が家では立ち木の枝も焼却場には出しません。ただ庭に積んでおきます。枯れる腐る虫がわく土に還る、自然生態系の動きに合わせています。ご近所の方には、イッセー通信で説明しています。伸び放題の野草と生きていると、西砂のモジヤマさんの気持ち(日々タタカイなのだ)がよくわかるよ。自然はただの友達ではない。いろんな生き物の共生空間には、蚊もネズミも、ヘビもぶよも、いろいろおる。人間の都合で自然生態系をゆがめながら環境を語る愚、もっと多くの人間が気づいてくれることを祈ります。










c0219972_21115215.jpgここに植えた落花生は隣の中村さんと味噌の里親PJメンバーの胃の中に収まったと思います。落花生抜いたあとには、おおば(あおじそ)とルッコラがいつのまにか生えていますが、さてつぎは何植えようかなー。できれば在来の種にしたいです。どこから手に入れるか、アラガネさんに教えてもらおう!









c0219972_21150993.jpg見え辛いかもしれませんが、庭の中央に伸びてるのは、実生のけやきです。トリが運んできたのか?桑の木も植えた覚えないのに、どうどうと生えています。切っても切っても次々と枝が伸び葉が生えてくる。桑の木の生命力、さんきゅうハウスか、はまちゃんちか。















c0219972_21194079.jpg19日の安穏朝市で田崎さんと再会した。うれしかったのは彼が田んぼやってること。それも自然農に近いやりかたらしい。パンフレットには「耕福米」とあるが、自然農なら「無耕起・無除草・無施肥・無農薬」だと思う。まだかんぺきではないという謙虚なネーミングなんだろうな。試しに10kg注文しようか。もちろん玄米で。そうだワイナマユの幸路さん、朝市で2kg買ってくれた。バンドの荷物と果物お土産だけでもたいへんなのに、彼の好奇心とやさしさにかんぱい!
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-10-20 21:26 | 家族、地域家族 | Comments(0)

今日もさんきゅうハウス、なんだか嫌な予感(虫の知らせ、神様のお導き)がしたので、いってみたら、なんと冷蔵庫の中に「小松菜」が満タン、20束はあったかな。昨日のパンも5袋残っている。リョウチョウ(???)に「冷蔵庫の小松菜どっからきたんですか?どうするんですか?」と聞いたが、彼も困っているらしい。ではということでハウス周辺のみなさまに配達することにした。
最初は裏の◎さん、この方とは最近良く話せるようになっている。支援者とまではいかないが理解者とはいえる。それからカフェの常連さん4名のお宅にお邪魔して引き取って頂いた。「ただではもうしわけない。」とおっしゃって寄付をいただいた。シェアコーヒーに入れよう。
こういうときに弾む会話が面白い。我が家の食のはなしから、ヘッセの短編集『メルヒエン』収録の「アウグスツス」の話題に発展した。「仕事やめたんで木曜のカフェ行きます。」というありがたい情報もいただいた。
最後は連携先の事務所にいた12名の女性職員さんと大いに盛り上がりながら引き取って頂いた。「20日の夜回りよろしく」のひとことも忘れない。本日も、戦々恐々薄氷を割ってしまって地獄の世界寸前の一日でした。でも不思議なのは、全く疲れないこと。長岡式酵素玄米のおかげもあるが、自分の判断で動いてるからやろナー。家族の応援もありがたい。NPOでは提案者=実行者のほうがうまくいくらしいね。


[PR]
by issei_tachikawa | 2014-10-18 21:31 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_09115155.jpgゲバラは、1967年10月8日にボリビアでとらわれ、翌日処刑された。ぼくらは、佐藤首相の訪越(戦地南ベトナム・サイゴン)訪問に身を挺して反対行動に出た。(俗に言う「67年ジュッパチ闘争」)
山崎博明くん(当時京大文学部2回生?)が羽田空港に向かう弁天橋上で「虐殺」された。(とぼくは今でも思っている。ベトナム侵略戦争に反対する正義の活動中のできごとだったのですから、殺されたとしかいいようがないです。辻弁護士が新たな証拠発見活動もされているらしい。)
同じ10月八日というのに不思議な縁を今でも感じています。学生自治会先輩の指示で、ゲバラの追悼式をやろうということになり、ぼくが事務局を勤めた。キューバ日本友好協会に、諸党派、諸個人集まって打ち合わせし、日比谷野外音楽堂で開催することになった。でも集まったのは150人もいなかったと思う。ぼくは連日の疲れもあって極端に後ろ向きになり、その場から伊豆へ逃亡した。でも逃げ切れないで1970年3月までは何とか「つかずはなれず」的なかかわりをつづけるのですが、「安保自動延長」と「就職(ダイアモンド社)」さらに「同棲開始」で社会運動からの距離はさらに遠くなっていきます。だから「みんなが尊敬するゲバラ」への気持ちよい記憶はなかったのです。これが正直な告白です。
c0219972_09120888.jpgでも、最近のボリビア、中南米政治情勢をみていますと、なんかこう熱い血潮が体内から湧きあがるのを感じてしまうのです。
モラレスはボリビアの有権者60%以上の支持を得て、大統領に3選されました。彼は史上初の先住民(アイマラ族)大統領です。キューバ、ベネズエラ(故チャベス大統領の反米路線継承中)、エクアドル(ローマ法王から破門されたが、コレア大統領も先住民系)などと共同歩調で南米の自立を目指しています。









ゲバラとモラレス、2人の成否をわけたコトで重要だと思うことが3つある。先住民の気持ちをどれだけどこまでつかんでいたか、労働組合など都市の反軍部組織との連携、ボリビア共産党との間柄など。ゲバラはおそらくアイマラ語を流暢にしゃべれなかったのだろう。今は英雄だが当時の先住民の受け止め方はどうだったのだろうか。モラレスの前進はコカ生産組合の組合長、ゲバラはキューバから来た外国人、この違いは大きい。あと、ゲバラは山岳地帯に隠れながら都市への攻勢を考えたのだがコレにも無理があった。ボリビア共産党ともうまくいっていなかったようだ。
だからといって、もしもゲバラがキューバ一国の革命で満足し、経済産業省のトップでおわったのなら、これほどまでに多くの人々の心をつかめなかったであろう。ぼくらはゲバラが貧しい人々の解放を追求する熱い情熱を忘れてはならないと思う。とても全部書きけれませんが、チリのアジェンデの記憶、キューバ解放の映像、ピノチェト来日阻止活動、虐殺されたキラパジュンのライブ、メルセデスソーサ(Mさんによーにとる)の記憶など、ぼくが何で今もフォルクローレなのか、さんきゅうハウスになぜ係るのかを理由付けるものかたくさんあるような気がします。
◎カルカスの「ボリビア」しびれるぜ。http://kjarkas2014.com/
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-10-18 14:27 | 国際政治(歴史、原理、批評) | Comments(0)

さんきゅうハウスNOW

c0219972_21374806.jpg独自事業を起こしたい、なんとかならないのか、いろんな案が出ては消え、また出てくる。あきらめない、急がない、こつこつやっていく。お昼の後、利用者と入居者3人が自分らでチャリのパンク修理を始めている。子供未来センターからの一輪車は、Sさんがチョチョイのちょいと直してくれた。








c0219972_21381889.jpgカフェは1年たったが、木曜日以外は誰でも使えます。自分で仕入れて、調理もして、売上の一部をさんきゅうハウスにいれていただければ、自由に使えます。コミカフェ、コミレス企業したいかたは、トレーニングに場にしてください。シェアコーヒーなどいくつか継続メニューもありますが、基本は自由なワンデイ・シェフです。希望者はイッセーまで。そうだ、さんきゅう岡田ジャムってのをカフェで発売します。昨日の会議で試食しました、りんごは2種類の味付け、甘さ控えめでおいしいです。◎写真は、ケティさんオリジナル野菜目立たせカレー(肉も入ってる)、これにドリンク付きで800円、今週は6個も出ました。おかげで売り上げは9,430円!最高記録ですぜ。1万円突破も夢ではなくなってきました。お昼なんか満席だったぜ。長岡式酵素玄米おにぎりテイクアウトの女性もリピートしてくれたし。「すみませんこれから仕事なんでよれませんが、来週来ます。」という女性は、このブログの読者でした。




c0219972_21465046.jpg「カフェの掲示板」、台風でまえのやつが吹っ飛ばされたので急遽つくりました。飯館村の3.11以前の生活風景の写真を貼ってみました。大根ぶらさげたばあちゃんらの笑顔がかんしいほどあかるい。小川では子供らが無邪気に魚取りしている。菅野さんだけではない、人間だけではない、あらゆる生き物から念仏のような抗議の呟きが聞こえてくる。「原発さえなければ・・・」
11月29日は、さんきゅうハウスの活動紹介もかねて、リスルホールでシンポジウムやります。記念講演は徳武聡子さん(生保問題対策全国会議事務局次長、司法書士)、佐久間裕章さん(ふるさとの会代表理事)
困っている人を見捨てない、ささえあいのまちをつくりましょう。明日は、昼炊き出し(総合福祉センター1階)ジャンバー1つもっていくよ。旅行の案内くばりがてら、参加費も徴収します。
◎さんきゅうカルチャー教室または「羽衣ダイガク」について強気の提案が出ました。
1つ、12月14日(日)に、1時からうどん教室再開、おろしうどんホッカホカにします。モジヤマさんなどから野菜仕入れて売ります。
2つ、長岡式酵素玄米炊き方教室を開催します。「さんきゅう食堂」「カフェ」休みの日にやります。月、または日曜だな。11月24日(月)昼から30分ぐらい坐学「食と体」(医食農、気血動)「免疫力とは何か」、セットしてから話すので、話が終るころには炊けている感じ。米麹一夜漬けとお茶を出します。金の無い人はただ、ある人からは2000円いただきます。
3つ、歎異抄など「読むかい?」を始めます。「いやなやつとどうつきあうか?」「頭の良い悪いを何で判断するのか」「希望と絶望」「親孝行、血のつながりを超える地域縁」これは、いつでも始められます。いまここからでも良い(笑い)
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-10-17 21:47 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_15084631.jpgパルシステム東京にはこのよぷな素敵な職員さんがたくさんいるのかなーと想像するだけでも元気になりますね。高田さんからのメール勝手に掲載します。おこられるかも。その場合は直ぐに削除しますから、今が読みどころだよ。

「吉村一正様 お世話になっています。コミュニティワーク連絡会に加入いただき助成基金から手づくりうどんが続いているんですね。松長より入稿の手続きを進めています。 パルシステム商品の自販機ともう一つの事業は毎月、商品を発注して対面でビル内の職員に販売します。「職場でもっと食べようよ、仲良くなろうよ」そのツールはパルの商品で!組織に頼らないで、まっさきに思いのある職員が主体的に動く、このエネルギーをもらったのが、市民活動でがんばる皆さんです。 男性の参加はうれしいです。ソーシャルラブリーおじさま(吉村さんや小林さんやデンデンの木村さんたち)の活躍をこれからも期待しています。 今後ともどうぞよろしくお願いします。------------------------------∞生活協同組合 パルシステム東京組織部 市民活動支援課高田 範子〒169-0072東京都新宿大久保2-2-6 ラクアス東新宿7Ftel:03-6233-7617 fax:03-3232-2577 【内線】5206Email:takata-noriko@pal.or.jpURL:http://www.palsystem-tokyo.coop/」
◎で、土曜日の味噌の里親1周年、手前味噌もちより交流会、これはぜひ立川でももう一度やりたいと思っています。詳細がわかり次第、あらゆる広報ルート(withyou、『のんびる』、イッセーブログ、FB、「さんきゅうハウス」スタッフML、SANTAMAアクションMLなどで呼びかけますのでお待ちください。
◆以下は土曜日の集まり集合写真です。みんなの笑顔がすてきでしょ。このとおりの集いでした。
c0219972_15241928.jpg

[PR]
by issei_tachikawa | 2014-10-06 15:22 | 3.11を忘れないために | Comments(0)
c0219972_21145658.jpg9:00に八王子工場(㈱パルブレッド様)に到着し、ビニール袋特大を5つ用意し、127袋のパン(ぶどう、クリーム、あんなど、今回は人気の天然酵母パンなしでした)を、88人分に仕分けします。来年からの増便を見越して、新人ドライバーをお願いしてます。仕分け時間は約20分間でした。









c0219972_21222773.jpgたま・多摩川com.についたのは10:00過ぎ、松浦さんが多摩川河川敷の7名に一人で配ってるとのこと。そこまでチャリで30分?たいへんやなー。でもついでに「10月10日11時から府中四谷橋の下で炊き出し」チラシを配れると力強いおことば。















c0219972_21281649.jpg10:45府中の緊急派遣村事務所「みんなの村」に到着、高見さんから熱烈な説明とメッセージをいただきました。食パンでも食べられるように、ジャム3点セットを助成金有効活用してつくられているとか。「多摩川河川敷調査票」には、受け取られる方のこまかな情報(生活場所、年齢、河川敷キャリア、収入源、健康状態、持病、困りごと、生保受給有無、その他(ネコ、犬、畑などの情報)まで入力されていました。









c0219972_21354631.jpg小金井の「ゆずりは」の隣は、市会議員片山さんの事務所、縁を感じますねー。ここの空間はいつきても落ち着けます。コンサルの高橋亜美さんは、なんと岐阜から通勤なさってるんだと!










c0219972_21391908.jpgラストの「さんきゅうハウス」(カフェで15名分に仕分け)ここは配達しないで、ナカショク(仲間の食堂)にくるときに、持って帰る仕組みです。ついでに入浴や洗濯もできるし、冬支度(ジャンバーなどの在庫も或る)できる。「場所があるってのはうれしいなー」と感じてくれているだろうと信じます。次回は10月17日、第3金曜日です。今回は手渡し現場でのコミニケーションが入ったので、次回は府中以降はもっと早めに進むはずです。次回もドライバーは高木さん、研修生の山田さんには、アドバイザーとしてイッセーが同行いたします。
[PR]
by issei_tachikawa | 2014-10-04 21:29 | 三多摩フードバンク&フードバンク立川 | Comments(0)
c0219972_10430338.jpg夜回り再開しました。モノレール立川北口下に6名、南の駐輪場前に1名、北側の緑公園に1名のかたが寝ていました。起こしてしまって申し訳ないが、あったかいみそ汁・ぱん・おにぎりを届けました。そして衣類と薬も。
困ってる人を見捨てない、支えあいの立川を、ごいっしょに
いっせー通信vol.23 2014年10.1号  経産省テントひろば1117日目 商業用原発停止378日 脱原発金曜日行動120回目(立川でも独自に2回やったよ、毎週はやはりきついな、無理しない)
◆さんきゅうハウスNOW(仲間の食堂=ナカショクは週4日営業、カフェは毎週木曜日11:00-17:00営業)「11月の研修・交流旅行、参加申込者は35名になりました。
◆子供らの現況、まだまだ変化がたくさん
長男光太は25才、静岡に転勤になり、元気で営業してます。時々帰ってくると鉄ちゃんで飲む。
二男進吾は23歳、「大学やり直す」といってます。ビジネススクールですが。
野花(ののか)20歳は、ついに普通自動車免許を取得、就活中です。

◆(フードバンク山梨見てきた記)11/14から1泊2日初めてのバス旅行、研修先で事前研修とうちあわせがてら仕分けを手伝ってきました。活動のきめ細かさに感動と同時に、生活保護さえもらえないでお母さんが年収150万円前後で子供3人育てていたりする家庭があることを知りました。研修をきっかけにお互いを知り合えればうれしい。立場の違いを超えて、更に親密な連携と協働の社会事業に発展することを願います
サントリイの工場見学やバーベキューも予定しています。14日はさんきゅうハウスに9時集合、」
帰りは15日夕方です。大型バスなのであと10名くらい乗れますよ。希望者はイッセーまで

◆ ◆今夏原発ゼロでも余力 使用率95%超 全国で2日だけ
  「原発無しでも電気は足りてるので、再稼働必要なし」
 「東日本大震災後、初めて国内で原発が1基も稼働しない原発ゼロとなった今年の夏。本紙が原発のない沖縄を除く電力9社の7、8月の電力需給を調べたところ、電力使用率が「厳しい」状態となったのは、関西と中部で1日ずつあっただけ。節電も進み、原発ゼロでも夏のピークを乗り切れることが裏付けられた。(中略)
 電力需給に詳しい植田和弘京大大学院教授は『節電や省エネ、自家発電も進み、年々需給に切迫感はなくなってきている』と指摘。そのうえで『需給の厳しさから原発再稼働が必要だという議論は成り立たなくなってきている』と語った。」
(9月21日東京新聞「核心」より抜粋)
川内原発(鹿児島県)再稼動はまったく必要ありません。電力会社、メーカー、政府、推進研究機関一体の利害関係にひきづられた原発推進委員会も信用できませんね。
川内原発の半径160km圏内には、火山が5つもある!爆発し火山灰が5cmでも積もれば坂道を車は登れない。川内市民の85%が再稼動に反対しています。!新聞はまったく報道しませんが。『福島原発事故から3年、被害者の証言集』が出ました。読みたい方、広めたい方は連絡ください。さんきゅうカフェでも扱っています。売上の全てを、NPO活動資金に寄付いたします。
◆◆◆沖縄の普天間米軍基地、名護市辺野古への移転に反対しています
辺野古はジュゴンの生息域(国の天然記念物)でもあり、日米の自然保護団体によるサンフランシスコ連邦地裁への工事中止の申し立てが8月16日受理されました。
原告には、ジュゴンも入っている。当然だ!アオウミガメだって米軍基地ができたらえらい迷惑なのですから原告に入れてしかるべし。
対象となる法律は、米国の文化財保護法らしい。すでに、2005年には連邦地裁はジュゴンを保護対象と認定し、国防総省に対してジュゴンへの影響を考慮するように命じている。しかし同省は「移設工事によるジュゴンへの影響は限定的」との報告書を提出し、これが今回の工事強行の一因になっている。
今回の追加申し立てでは、米軍キャンプシュワブの管理者である国防総省に対して、道基地内に移設工事関係車両の立ち入り禁止を求めている。日米地位協定における治外法権的な状況を逆手取った訴訟になっている。
9月の名護市議会議員選挙では移転反対派が過半数以上当選、さらに11月沖縄県知事選挙で反対派が勝てば、現地で苦労されている皆さんの励みになります。

(10月の活動予定)
10/2(木)アディクションセミナー原稿提出(さんきゅうカフェにて)
10/3(金)三多摩フードバンク(パン配食)活動現場視察、10/17も配食あり。
10/4(土)11:00から、手前味噌自慢大会 パルシステム連合会本部2階
10/5(日)フードバンク稲刈り(群馬県)7:00大沢(緑たちかわ)事務所
10/7(火)13:30市民活動センター「ヒューマン・ライブラリィ」打合せ
10/11(土)16:10~東京都消費者フェスタで演奏、新宿駅西口地下広場で
10/13(月)10/28(火)6時半から ジェンベ教室 ステッチで
10/19(日)岩槻本願寺安穏朝市で演奏 10時、11時2.ステージ
10/26(日)10:00~15:30 アディクションセミナー 20分話します。
●ワイナマユの練習は、毎週水曜日、7時-9時
●ロス・サバドスは毎週土曜日 6時-8:00
イッセーブログ http://issei2nd.exblog.jp/ facebookもやってます。
メルアド a064kys@ac.auone-net.jp
ケータイ 080-5192-1463
( 公園や駅付近や地域で倒れてる人、困っている人見かけたらお電話ください。)

[PR]
by issei_tachikawa | 2014-10-01 10:52 | イッセー通信 | Comments(0)