どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

<   2015年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

c0219972_18544958.jpg7月1日からさんきゅうハウスの寮長が交代します。大川戸さん、『のんびる』にも登場して頂きました。最初の世話役が突然いなくなって途方にくれていたぼくらの希望の星としてなんでもかんでも太っ腹で引き受けてくれた彼の心意気に心の奥底から感謝し、「ごめんね・許して・ありがとう・あいしてるぜ」のメッセージを届けます。
彼とは何回も大喧嘩しました。最初は木曜日以外にカフェのシャッターを開けた日。2階から駆け下りてきて彼は言いました。
「木曜日以外は開けないでくれ。」と
僕は聞きました。
「なんでですか?」と
彼曰く「近所の人に苦情言われてる。大沢さんからも木曜日以外は開けないでくれ。変更する場合は、自治会に事前連絡して許可もらってから出ないと約束違反になる。」と。
その場で大沢さんに電話しましたら、「使うのであれば開けてください。」といわれて、その場は収まりましたが、もやもやした状態は消えませんでした。
次にぶつかったのはカルチャー教室の場所代請求について。このときはさすがの僕も切れて大声でどなりました。「いきなり値上げ通告は無いだろ。そんなことしたら借り手はいなくなるぞ。そしたらカフェはあいかわらず無収入の日が続いてしまう。なんも事実をしらべないで一方的に通告するのはおかしい。」と。
これも何とか話し合いで解決しましたが、まあなんちゅうか、これだけやりあうと普通は2度とあいつとは口聞かない、顔も見たくないとなる場合のほうが多いでしょうが、彼と僕、実は不思議な縁で結ばれているような気がします。
2011年の10月、星君と3人で、福島の南相馬市に「写真洗浄ボランティア(辛いぜ!)」にいきました。彼が運転する車の恐怖と二本松の山中での転落寸前の体験も共有し、何でもぶつけあえる同志として付き合っています。
今回の自立再生チャンスは彼にとっても、さんきゅうハウスにとってもプラスとなるに相異ありません。引越し先を聞いたら笑ってしまいました。なんと我が家から徒歩5分でした。大川戸さんの新しい人生スタートに乾杯!困っている人を見捨てない、支えあいのまちづくりをめざして、共に歩まん。
[PR]
by issei_tachikawa | 2015-06-26 18:54 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
今日は水曜日でカフェの日ではないが、千葉からヒロヤスが介助者と一緒にきてくれるというので、7月からの寮長とZさんでシャッター開けて、スロープ設置してもらった。
これだけでもなかなか難しいのです。何回かやって体得していただくしかない。ということでまっていたら、約束時刻はるかにすぎて「今日は体調不良でだめ」との連絡あり。こういうときがチャンスなんやね。ゲンバのリーダーはなれているはずです。
イレギュラー対応をどうこなすか、そこにどうやってマネジメントの酵素を振りまくかが問われます。今日はわだいほうふだったね。
1つは、広報(ちらし、たより、HP、SNS、ブロ具、ヒューマンライブラリーなど)で実名を公表しても良いか、だめかかの答えをそれぞれで交換して考える。以外だったのは、宮川さん、公表OKでした。だからこうして実名出しています。
あと、同じFB仲間の桑原同志もあっけ羅漢タイプ。江川さんからも「個人情報粉砕」で連帯のメッセージ頂いています。
もちろんこれは個人の選択でありますが、どちらの方向性に導くのかが問われています。強制はありえませんが、まったくの自由選択でもありません。
◎ひろやすはこなかっったけれど、シャッターあけていたおかげで、通りがかりの女性が「長岡式酵素玄米」のポスターをくいいるようにみていたので、ちょこっと話し込んで、名刺差し上げました。「明日か、来週買いに来ます。」とのこと。お父様がガンで苦労されているとのこと。食の改善から希望が生まれるかもしれません。いや、新井先生ご夫妻のように「三大療法」拒否されて、気血動の養生法で見事に現世復帰なさっている事実が希望につながります。
来年3月末には、何曜日の何時にとおりがかっても「さんきゅうカフェ」にあかりがともってぃる状態をつくりたいなー。
[PR]
by issei_tachikawa | 2015-06-24 22:23 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)

月曜カフェ、れぽーと

いろいろと心配しましたが、何とか初日やりきりました。売り上げ4600円、経費3369円、残り僅か1231円でしたが、初日としてはまずまずの成果だといえます。
場所代3000円はしっかりいただきました。これだけでもすまないナーという感じです。仮に誰も使わない状態だったら、カフェは遊休=無収入です。ボランテイア精神豊かな「利用者」の自発的行動が3000円を生み出したのです。
ここに感動して頂きたいです。
次に客足です。常連の2人のSさん、来てくれました。「やってないかなーと思って遠くからみたら看板見えたんでー」という感じ。コレもうれしい。
あと、東村山から来たという女性がみやちゃんの「トースト・パンセット」食べてくださいました。なにかのついでらしい。
そしてやはり常連の羽衣地域包括、早川さんから「酵素玄米おにぎり」6個注文いただき、帰りに配達しました。「今日は遅くなるなー」とおっしゃってました。たいへんやね。
砂高カフェ(6/20実施)でのパルパン評判はとても良かったらしい。コレもうれしい。
就労支援準備活動は、あまりきばらないでも進んでいくものだなー。入居者のTくん、このところかなり働いているeiさんから、「火曜日替わってくれないか」と頼まれて、何をやれば良いのかを説明したら交替OKとなりました。予期せぬ展開、これまたさらにうれしい。
最後ですが、国立の介護ホームから職員が来て、生活困窮5人家族、1週間2000円以下の食費で生活してるという「フードバンク申請書」(社会福祉協議会発行)を受け取り、缶詰、スイートコーン、りんごなどを提供しました。
力入って帰りのチャリンコで、9条念仏唱える声が大きくなりました。
[PR]
by issei_tachikawa | 2015-06-22 19:11 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_920851.jpg
さて、さて、さては南京たますだれではなくて、月曜カフェスタートです。調理は宮ちゃん、元中華レストランで勤務、カフェでは油いためできなくて残念ですが、パンメニューに工夫に工夫こらしたり、ごはんと冷凍もん活用でメニューも拡大します。
フロアは、あらゆることに「いぶしぎん」(分かる人にはわかる、よね)のEIさん、2人にはいくつかのチャレンジ課題を提案するつもりです。(まだ公表できませんが)
ワンデイシェフの基本は、ぐらすかわさき経営のメサ・グランディ(田代さん)から教えていただきましたが、当事者やサービス対象者がかなり違いますので規約や申込書はずいぶんと勝手に変えさせていただきました。これって使い勝手調べてから、より良い形に変形します。
他の曜日にも拡大します。やはり呼びかけ対象は地域が主体になりますが、もちろんツウキン時間圏内なら持続可能かなー?まああなたもチャレンジしませんか?
「ワンデイシェフ」って「わかんねーから日本語にしてください。」とも言われます。そうだね、気持ちがわかります。「1日だけ店長」?シェフ⇒調理師?まあそのうちなれていただけるだろうと思ってますが。
メニューは自分の得意や季節で決めて結構です。なかには、「鹿の肉もらったから使いたいナー。」なんて方もいらっしゃいます。
場所代3000円(9時から18時まで使用可能)と売上から食材費引いた残りの10%を「さんきゅうハウス」に入金して頂きます。例えば、1日8000円売り上げて食材費が1000円だったら、(8000-1000)×0.1=700円と3000円を売上から控除した金額、4300円があなたの収入になります。
「さんきゅうカフェ」は地域のお茶の間、市民活動拠点、チイキカゾクネットワークのハブみたいになっていますので、儲けとか回転率よりも、交流率と社会運動情報入手にメリットをかんじていただけたらうれしいです。もちろん、コーヒーは砂川「まめ吉」さんで自家熱風焙煎、フェアトレードでもあります。
表に、観葉植物とかテーブル&イスセットくらいは置いて雰囲気だしたいニャー。シャッターペイント諸般の事情で遅れてるんで、しかたがねーからイッセー風に見切り発車や!
[PR]
by issei_tachikawa | 2015-06-22 09:20 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
一寸先は闇なので手探りですすむ。予期しなかった障害物にぶつかってきずつくことも。コレまでの常識でしか先を読めない人も必ずいる。つまり反対意見が出ないで、行け行けドンドンなんてありえないのです。
例えば、1986年立川生協時代、世の中「共同購入」しか考えられなかった時。ぼくが最初にむかついたのは、職員の言葉使いがえらそーだったこと。
「組合員教育」とかいっていた。えっ!?「あんたらがおっかさんからおそわるべきだよ。」って思ったが何もいえなかった。
あと、「1人班」って言葉を職員の多くが無媒介に使っていた。つまり生協事業で1人加入をを認めれば次のような結果になると言われていた。
1つは、愛と協働の仕組みが崩れる。
2つは、採算があわなくなる。コストがかさむので。
3つは、生協はつぶれる。
ぼくは何となくむかついていた。生協業界の常識は一定の真理をもちつつも、すでにゲンバでは共同購入の高邁な理想は崩れているのではない、いやもう十分にくずれていると気づいた。1986年の夏のことである。
もひとつの判断。1人でも仲間にしたい人がたくさんいた。桜ヶ丘団地のSさん、ムサムラのFさん、高松町のMさんなどなど。「友達がいないけれど入りたい。4万から5万はとる。」と約束して入っていただいた。
しかし職員会議では不評であった。反対ではないが「よっちゃんしかたねーなー、かってに1人班ふやして。」とよくいわれた。腹はたたなかったが、不思議にいうこと聞くきになれなかった。でもコハイはこんなに伸びるとは想像だにで来ませんでしたが。
そこで採った対策は主に3つ。
1つは、1人班と共同班を上手く組み合わせてコースを再編する。(タコ糸、待ち針=赤・黄・緑三色で班の所在地にピンポイント、ゼンリン地図コピー張り合わせ)
2つは、受注は1人用で取る。例えば、卵は1パック=10個で。発注と納品は、5kgで。届いたケースから10個ずつだして、パック詰め作業はすべて自分でやった。
3つめは、請求、1人分に分けて手入力していた。(だと思う)
たしか、東村山センターで丹治・瀧・長谷川3人がはりついてパルシステム(コハイ)の実験やりだしたときもこのスタイルに似ていたのではないかなー。
まあいずれにしても新しい事業と運動に抵抗はつきものです。成功に確信もって、ゆっくりむりしないで楽々歩みましょう。本日、月曜カフェ用の酵素玄米仕込んできました。えいさん&みやちゃんたのむよ!
[PR]
by issei_tachikawa | 2015-06-20 14:39 | パルシステムで愛と協働の地域社会を | Comments(0)
エイさんいわく「木曜日以外に営業日拡大すんのは賛成ですが、第2、第3火曜日3時-4時は、びよさんの「よが」教室、毎週金曜日の1時-2時は藤田さんの気功術、カフェでやってるんだから営業できないでしょ。」といわれて考えています。
「身体発見動場・体話カフェ」は開始時刻が3時だから、この時刻以降カフェに来る人は、コーヒー飲みながら、「身体発見動場・体話カフェ」を楽しんでいただくというのではまずいかなー。見るだけでも、1000円払って参加も自由、これは事務局と相談だな。問題解決いそがないでみんなが幸せになれるように努力しよう。
次は気功術。2階でやっていただくのはどうかなー。むしろその方が落ち着いてできるとも思うがいかが?あとは藤田先生、利用者と相談だな。民主主義は時間がかかる門なんや。
来週22日(月)11:00から、いよいよマンデイ・カフェスタートです。シェフは宮ちゃん、「1日店長」はエイさん、メニューは木曜日と同じがベースですが、カレーとかも考えているらしい。なにがでるかワクワク楽しみだニャー。(ネコの顔マーク、でねー!)
今日のおまかせセット、ずうさんのピザトースト、心がここてて、チョーうまかったぜ。ごっそさんでした。コーヒーお代わりだと、200円もありがてー。
りんごジャムのりんごいただいているGPSさんから見学に来ていただけるとのこと、めちゃうれしいっす。首長くしてまってまーす。
◎明日は、パルパンのフードバンクの日、すながわ高校にカフェにも40個お届けします。
[PR]
by issei_tachikawa | 2015-06-19 19:31 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)

トランス脂肪酸について

アメリカの食品では年以内に使用禁止になるから、日本はどうするなんていっている。甘いぜ!遅いぜ!
20代の頃、毎日朝はトーストにバターではなくてマーガリンこってりぬって、いちごジャムのせて、紅茶で流し込むような朝食だった。ヨーグルトも呑んでたナー。
「バターよりマーガリンだよね。安いし、植物性だから。」なんてマスコミに洗脳されていた。その結果は?いろいろ出てきた。十二指腸潰瘍、毎日下痢(時には何ヶ月も連続で日に何回も出た)。この状態少しは改善されたが、寝酒飲んでる間は続いてたと思う。
生協に入ってから(40歳で入協!)続いていた。
「試しに」とマーガリン、サラダ油、ヨーグルト、牛乳、一切の食肉(牛、鶏、豚、その他全ての4つ足と2本足と鳥などの肉)、卵、貝類、甲殻類を食材からデリートしてみた。
まあ、俗に言う「ベジタリアン」ですね。その結果身体と心と人間関係は何が変化したか?
もうFBでは語りつくせない変化がありましたが、あえてメリットだけをだしますと、病気しなくなったナーという感想です。というか中村仁一、安保徹、永田一宏、星野善彦などの著書・インターネット情報を読み整理して、自分の生活に取り入れたら、いつの間にか「健康診断は自分で出来るやん。もう近代医療、医者の言いなりになって、数値で自分の健康状態を確かめるのは卒業や。」と思えるようになりました。
多くの友人、親戚、兄弟の死を見送りながら真剣に考え直しました。
たまたま夫婦でも「依存健診止める」で意見が一致し、子どもにも「健診に依存せんほうがええで、心ある医者もそうゆうとるし。」と話しています。
トランス脂肪酸の話にもどります。厚生労働省は、総エネルギー摂取量の1%が危険・安全の境目やとアホ丸出しの指導をしています。「日本人は0.3%だからまだ危険ではない。」ともいっています。ほんまにあほやわ、はなしになりません。(福島第1原発水素爆発直後の枝野発言「直ちに人体に重大な影響を及ぼすほどの値ではない。」)
「平均値」なんてのは、物事(講ずべき対策)の判断基準にしては危険です。やばいもんくいすぎて身体壊している若いもん(20代、30代)たくさんおる。さて、パルシステムはどうしているんでしょうか?ぼくも勉強しなおします。
[PR]
by issei_tachikawa | 2015-06-18 08:56 | 気・血・道、医・食・農 | Comments(0)

チョー出会いの日

朝から晩まで楽しかったニャー。最初はパルシステム東京第23回総代会に立川地区総代の1人として出席し、最後に少し意見を言わせて頂きました。
要は3つ、1つは、コハイの次の事業の柱を企画提案して欲しいという要望。これは亡くなった中澤さんからの引導です。成功事例は調べればたくさん在ります。グリーンコープの福祉基金、ホウボク館、オレンジコープのリビングハウス、セークラのワーコレによる「もうひとつの配達システム、BIG ISSUEの基金などなど。
2つは、生協事業活動の原点とも言える賀川豊彦⇒賀川督明さんから受け継いでいる「痛みのシェア」について。
3つめは「事実」認識の大切さです。とくに3つめにはこだわっています。事実といっても数値を出せば良いのではありません。「思い込み」で提案するのではお互いにイデオロギーだけに流される危険があります。例エバ、「委託会社のドライバーさんの労働条件の改善が遅れてます。」という善意あふれる組合員の言葉に、ぼくはあえて質問しました。「委託のドライバーとハグしたことありますか?トラックに同乗したことはありますか?」と。答えはノーでした。「センター長に頼めば乗せてくれますよ。」と背中を押しました。
因みに、ぼくは現役のころ、2004年?に100回以上トラック同乗しました。ゲンバのテンションが実感できました。午後の食事会では、会うべき友と再会でき、新しい仲間には「7/24ワンデイシェフ説明会」のチラシを渡せました。3人が参加してくれそうです。
帰りのタマジョー駅下りると、ご近所の「すながわ男かい?」の松尾さんから「呑み会」提案があり、その場で8月8日末広がりの会を決めました。さらに、まめ吉さんでも「会うべき」友に再会し、鉄っちゃんに向う途中で再会した中村さんと、柏小学校PTA同窓会(8.6)を決めました。んで、ラストは鉄ちゃん、客はおれだけ。でも3人でもりあがれました。おやすみなさい(いやほとんどの人には「おはようさん」かな?)
[PR]
by issei_tachikawa | 2015-06-16 23:50 | パルシステムで愛と協働の地域社会を | Comments(0)
日本のマスコミ関係者(99%はその場主義、売れそうな話題に飛びつき、「国民の生命・財産を守るために」恒常的に報道すべき話題は何かを考えていない)や政府関係者・高級官僚、大企業の経営者はイスラムについてまったくわかっていないのではないか?
「信仰をお持ちですか?」と聞かれて、「無宗教です。」と答える。「支持政党は?」と聞かれて「べつに。」といってしまいながら、実は人が死ぬと坊さんを呼んだりするのが常識になっている。ぼくはずーっと、あほか、思ってます。
イスラムの教えでは、アラーは唯一絶対神であり、モノに仮託した信仰は邪宗とされますから、十字架に貼り付けされた裸体のイエスキリスト、仏像、その他営利目的で生産されたモノすべてに???を持ちます。この点では、神道(イッセーが勝手にイメージしている)と似ている。かって大川周明が獄中でコーランを全訳したエネルギー源にも関係している。
要するに、毎日のように米軍の空爆でIS指導者のだれかれがやられたやられたという報道がされていますが、そのリーダーはその状況下でたまたまリーダーになっただけで、全員がISなのですから、これはもう泥沼ですわ。アメリカは勝てませんね。今の国際政治を関が原にたとえれば日本の位置はどこだろう?筒井順けい又は斉藤道三、または?いずれにしても石田光成ではないんですから、「かしこくしかとするべき」なんですよ。
今の安保法制論議はすべて・・・の手のひらで演じられているような気がしてやみません。
誰が、何から、何を、どういう手段で守るのか、その有効性(効果)についての、主体的な論議が欠落しています。近所のAさんと、「カラダはって国守る有志の会」つくろうかなんて語り合っています。武器に頼るよりもなんぼか安上がりで効果的なのです。
この真理に共鳴できる人が、300万人でもいればなー。
[PR]
by issei_tachikawa | 2015-06-15 15:05 | 国際政治(歴史、原理、批評) | Comments(0)
c0219972_2225120.jpg
なんと誕生日が国会包囲デーだとは、安保粉砕はオレの遺伝子にインプットされてるのだろうか。69歳、ロックで行くぜい!
ところがです、午前中ハッピーバースデーに答えてたら、国会着いた時にはみんな帰り道!でもせっかくきたんだからとテント訪問、2人の仲間と時空超えたコミニケーションしてきました。テントの仮処分・強制代執行は当面できなくなってますが、まだまだたたかいはこれからやね。
86歳の齊藤さんと意見一致「戸別訪問しないとねー」でした。個人通信も大事です。地域の高齢者はパソコン持たない人も多いからね。
国立音大の夕焼けきれいでした。
夕食に鯖たべたあとのしろ君(めすですが)は、たまにしか写らないテレビに写っているメス狼「グレー」見て興奮しています。こわくないんかね。
[PR]
by issei_tachikawa | 2015-06-14 22:03 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)