どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

これからマチパです。

マチパとは、「待っています、地域の仲間と学びのパーテイ」のこと。立川市産業文化部協働推進課と社会福祉協議会市民活動センターが共催で、多摩信用金庫さんと商工会議所さんが協力されています。
さんきゅうハウスでは、おたよりや利用案内くばるだけではなくて、さんきゅう産直リンゴジャム販売で、あったかいお金を地域で回すしくみづくりをすすめます。
会場はRISURUホールです。1時半開始、5時まで、終わってから懇親会もあるよ。さんきゅうはうすからは、だいすけ、えいさん、きよしシニア、ゴッド・ホース、くんちゃんが活動説明とジャム販売にたちます。
クラッカーにジャム試食もできますよ。
回れ回れ、お金は地域で、ためたら地獄、回せば天国、お金回せば福来る

[PR]
by issei_tachikawa | 2016-03-26 10:53 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
S子さん

1000人委員会(3団体分集約されています)で確認しました。
2016年3月17日現在、400万筆です。
この数値には労組分(410万見込み)が含まれていません。
チェルノブイリ後は、380万らいでした。(バンちゃんの情報)
都民投票条例時は、34万筆(世話人1万人)
2011年福島原発水素爆発以降の脱原発署名は850万
今までの最高獲得署名数は3000万筆、原水爆禁止が要求項目でした。
起点はたしか三鷹の共産党員だったとおもいますが

7月までに2000万集めるという目標にとらわれないで
まめに地域コミニケーションをすすめましょう。

1つ、コンビニの東京新聞を買う。販売部数を増やすように働きかける。
2つ、東京や毎日を置いてない店には置くように働きかける。(市役所の「ポプラ」で成功)
3つ、家庭内、親戚やご近所で、話をする。集めるというよりも聞き役にてっていすること。傾聴、仲良くなる、コミニケーション
オープンマインドは自分から。
4つ、自民党や公明党支持者でも、法案反対の人が増えています。だだし、世間体かんがえると発言できないでいるひとが多い。
そこに、どうやってとびこんでいくか?これをやるんですよ。そうすると面白くなる。

5つ、何社会をつくるの?変化のベースを想像すると気分が明るくなってくる。大切なことは勝ち負け(結果)より気分(過程)です。

僕らは必ず勝ちます。正しいことをやってるんですから、当然です。
あと、ひとは「面白そうな、気持ちよさそうな、おいしそうな、ちょっぴりお得そうな」誘いには弱いようです。

いっせー「ほととぎす鳴こうが鳴くまいが、あんたの自由」(吉村晋吾、自称革命家、ゲバリスト、アフリカとアジアに学校創る準備中)
[PR]
by issei_tachikawa | 2016-03-18 11:01 | 国内政治、市議選、国政選挙 | Comments(0)
シェフはくんちゃんこと、川合薫さん、プロの調理師です。10食限定らしい、もちろんコーヒーだけとか「酵素玄米おにぎり+おしんこ+味噌汁」も大丈夫ですよ。
c0219972_1152392.jpg

c0219972_11525711.jpg

今日ご近所にチラシ入れます。お手伝い歓迎です。
[PR]
by issei_tachikawa | 2016-03-17 11:53 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
メールが入ってました。
「こんばんは。
アパッチです。2週、続けてカフェに顔を出していないので心配しているかもしれないと思って連絡しました。

実は先週の木曜日、朝の日課のウォーキング中、多摩川の堤防の階段の途中で、朝日を気にして、よそ見して、転倒してしまったのです。

右肩打撲、右股関節捻挫し、肋骨にヒビが入ったようです。外傷は無し、頭は打っていません。以上は病院に行っていないので自己診断です。

杖をつき、何かに掴まりながらなら歩くことができるようになりました。今日、近所のスーパーまで買い物に行って来ました。歩いて片道10分くらいですが、今日は1時間以上、かかってしまいました。これで体力を消耗してしまい、カフェには片道2時間かかってしまい、体力がもたないと判断してカフェに行くことは断念しました。

もっと股関節の痛みが無くなり体力を使わず歩くことができるようになったら、自転車に乗れるようになったらカフェに行きたいです。

チセ、アイヌ式の家作りのための茅刈りも早く再開したいと思います。
では、またカフェで会いましょう。

   Bistrot 
﨔Mon Petit Mignard 
  Patron & Chef

 BIG JOHN APACHE」そーだったのかー
[PR]
by issei_tachikawa | 2016-03-10 20:29 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
フロントにこんせんくん出てもらいました。バックには、モンブランのぺん、20代のリベンジ受験時に使っていたものを吊るしました。
嫌がるシロさんにも出ていただきました。表現も「排除」空気にならないように、笑い誘って巻き込みムードにしました。
愛の対極、無関心を減らしていく努力です。まめきちさん、アドバイスにありがとう!
c0219972_12374089.jpg
c0219972_12375625.jpg
c0219972_12381240.jpg

c0219972_12372817.jpg

[PR]
by issei_tachikawa | 2016-03-04 11:45 | 足元地域から政治を変える(ライフワーク) | Comments(0)