どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

<   2016年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

c0219972_1349050.jpg
よくかいたなー、著者は1974年生まれ。マジに面白くてためになります。感想の要点は3つ、いやいや緊張して、一気に読みましたよ。安倍政治、安倍内閣に関するたくさんのなぜ?への回答を出すヒントになるのでありがたい。あと、憲法をめぐる論点については「ほほー、なるほどー、これから気いいつけようかな。」と反省したりしました。
1つめ、なぜ緊張したのか、最後まで読んで腑に落ちました。前田さんが書いた『民主党政権への伏流』と対比して考えると「緊張感」の理由がわかる。
日本会議を動かしている安東巌のネットワーク、60年安保世代(今77歳、83歳)と70年安保世代(村上正邦、椛島有三、伊藤哲夫、百地章、高橋史郎など成長の家原理主義者)の結束の原点を、民族派(成長の家青年部、日青協、反憲学連)による1969年の長崎大学バリケード解除前の「くやしさ」(269頁)にもとめているところは面白い。
反帝学評側からはどうみるんだろうか?ちょうど前田和男さんの話(『民主党政権への伏流』、ポット出版)で、仙谷由人さんがでてきているんで、東大全共闘vs長崎大学生協議会(左翼vs右翼)などという比較も頭に浮かんでしまう。
いっせーの立ち位置は、いづれでもありませんが。1968年3月のブント第7回大会での「分裂」以降の「内ゲバ」から距離をおきながら、実践と議論と思考で自己と向き合ってきたイッセーとしては、60年代末の「タタカイ」はまだまだ続いている、これからなんだなーという感じがします。
2つめ、3つめ。そうかー、彼らは改憲派ではなくて、明治憲法復活をたくらんでいるのか。僕は9.19以降、日本国憲法読み直して、9条を守れではなくて、9条実現の主張をしてきましたが、安倍内閣(日本会議)の力点は、緊急事態条項の新設、13条と24条の改定なのだね。9条第2項の削除と自衛軍の創設はあまり強調しない。実にずるいやりかただね。「集団的自衛権」が違憲であることは、十分承知で改憲をたくらむ。だまされないようにというのは、じぶんだけわかっていてもだめだよという警告にもなるな。すそ野を広げるべし。だから僕はNPOやるし、パルの総代も続けるし、イッセー通信近所にまいたり、自民党や公明党支持の人にも笑顔で語り掛け続けるんです。命が大事、お金優先社会を変えよう。
成長の家本体が、路線転換して「エコロジー左翼」(著者の言葉?)になってしまったので、反発した安東、椛島、伊藤、百地らが「成長の家原理主義」的な運動を展開していることになる。安倍内閣閣僚の90%が「日本会議」につながっているとのこと。民主主義、立憲主義、愛と協働の地域、こちらも実現するべき社会のイメージを押し出す必要があるな。
(おまけ)内閣支持率が47%に上昇、不支持が29%に減少、政党別では増えてるのが、自民、公明、大阪維新、民進などだが、自民単独でも20%台なのに支持政党なしが60%超!ここだな。18歳から20歳の民主主義感覚に期待したい。腐りきった日本の霞が関・新宿料亭政治にメスを!
[PR]
by issei_tachikawa | 2016-05-28 13:49 | 地域から政治を変える(ライフワーク) | Comments(0)
c0219972_1728976.jpg
問1「集団的自衛権」とは何か? (別名は、集団的侵略権、アメリカ同盟軍でいっしょに攻撃権)
忘れマジ9.19!参議院で安全保障法案(武力攻撃事態法、重要影響事態法など10本の平和安全法整備法、及び国際平和支援(PKO)法が自民党・公明党・次世代の党(今は日本のこころ)・日本を元気にする会、新党改革(公私混同舛添さんのグループ)の賛成で強行採決された日です。
反対した政党は、民主党、維新の党、共産党、社民党、生活の党と山本太郎となかまたち。憲法学者の90%、仏教者も反対、元内閣法制局長官や元最高裁長官も「集団的自衛権は違憲」とみなしていました。
いっせーも「集団的自衛権」は憲法9条違反ではないか、本当に日本の防衛のために必要なのかと考えて、何度も読み直し、暗唱できるようになりました。今では、念仏のように9条を大声で唱えながらチャリをこいで「さんきゅうハウス」と家を往復しています。
結論は、違憲、本土防衛のためでなくアメリカ軍の世界戦略に必要なだけだということです。安倍内閣が有権者支持率20%未満なのに、焦って強行採決した理由について、選挙前に再確認する必要があります。

問2 安倍内閣、違憲承知で安保法成立を急いだのはなぜか?
アメリカの都合と「日本会議」の思惑が一致したのだと思います。アメリカは1975年ベトナムからたたき出されてから、こりずに湾岸、アフガン、イラク、シリアなどを侵略し続けていますが、思ったようには戦果が生まれないで、イラク戦争時にブッシュ政権を熱狂的に支持した国民は、トランプやサンダース(みんな民主党がらみ、クリントンとも仲良し)の指示に回っている。つまり貧困大国アメリカの世界市場戦略を維持していくためには、軍事費削減が至上命題になっているのです。
 安倍さんは、2014年7月に安保法を閣議決定し、アメリカ連邦議会で「来年秋までには成立させます。」と約束してきました。法案の内容も、アーミテージ・ナイ報告に類似しています。背景にあるアメリカの世界戦略を見抜く必要があります。
 わかりやすいのは北アフリカ、スーダンです。今まさに自衛隊がPKOで派兵されています。背景には石油利権があります。10年以内にアメリカの石油輸入の40%近くは、北アフリカからになるでしょう。南スーダンの政府は不安定、いつもISなどの脅威にさらされながら危ない橋を渡っている。
 イラク戦争(大量殺りく兵器なんてないのはわかりきっていたはず)のときは「非戦闘区域」だからという理由で、「復興支援」と称して自衛隊が派兵されましたが、今度は駆け付け警備、ゲリラに武器で反撃してしまう危険が生じます。
問3 日本国憲法について考えながら思うことですが

・9条はGHQから押し付けられたんでしょうか? 違います。幣原首相のコメントを読みましょう。(鉄筆編『日本国憲法 9条に込められた魂』2016年3月18日、株式会社鉄筆)
・9条があったから「平和」が守られた、というときに沖縄のことを忘れていないか?
辺野古に普天間基地を移すんですと。今でも0.6%の国土に74%の米軍基地が存在しているというのに。横田にオスプレイ(住宅街を低空飛行、墜落の確立高い設計ミスの輸送戦闘機)配備も許せませんが、何はさておいても沖縄の占領状態を改善できる政府が欲しい。
・沖縄で20歳の女性が米軍属に殺された事件も含めて、なんでこういう状態が改善されないのでしょうか?『日米地位協定』(1960年1月調印)にあります。明治維新以来の不平等条約、1945年敗戦後も続いています。「日本がんばれ」をスポーツや災害復興だけで叫んでいては、まずいですよ。『日米地位協定』見直し交渉やれる政府をつくろう。
・7月の選挙ポスターをよく見ましょう。「動く政治・決める力」(自民党 小笠原さん)ですって。何を目指してどのように動くんですか?決めるって、数の力で押すだけではないでしょう、自衛隊員が大義なき「対テロ」戦争で亡くなる前に安保法制一緒に廃止しましょうよ。自民党員だからなんでも安倍さん(アメリカのいいなり)のいうとおりする必要ありません。立川自民党の主体性が問われています。
・公明党の竹谷さん、長沢さん、お二人笑顔のポスターすてきですが、政策ないんですか?
創価学会結成の精神(牧口さん、戸田さん)は平和ですよね。

問4 憲法9条に「自衛軍」規定盛り込んだら,ISの思うつぼではありませんか?改憲論者は国際情勢の緊迫を理由の1つにあげますが、米とキューバ、ロシア、イランとの関係はあきらかに緩和されてますねー。これで原発再稼働しては原発テロで日本壊滅の恐れありです。

◆国民必読書:①鉄筆編『日本国憲法 9条に込められた魂』(2016年3月 株式会社鉄筆、500円+税)
②前泊博盛『日米地域協定入門』(2013年3月創元社、1500円+税)
③小林節『なぜ憲法学者が「野党共闘」を呼びかけるのか』(2016年5月 株式会社 新日本出版社、1300円+税)
④菅野完『日本会議の研究』(2016年5月 株式会社扶桑社、800円+税)
だまされないための参考書です。憲法そのものもしっかりと読み込みましょう。リロンブソー復活!
まだ死語ではなかったんだ。問いかけあえる=つきつけあう文化の継承を。

7月選挙で戦争内閣を倒しましょう。正義感の強い若き自衛官が、遠くのアフリカから棺で帰国するの待つわけにはいきません。シールズ、ままの会、オールズ、出番だよ!
[PR]
by issei_tachikawa | 2016-05-27 17:28 | イッセー通信 | Comments(0)
c0219972_915181.jpg

●BAKA大講師を務めてくださった青木さんに敷布団1つのうちなおしを注文しました。7900円に消費税です。
引取りに来てくださったので、2人でお茶した時の話題です。彼曰く
「お店に勧誘にくる宗教団体の人(エホバとか創価学会、イッセー挿入)にいうんです。人間は地球上の生き物の中では最下等ではないか。例えば、ライオンは決して殺し合いはしない。ケンカはしても降参している相手を殺したりはしない。なのに人間は・・・
リスは当面必要な木の実は集めるが、森の木の実を独り占めしたり、過剰にためたりはしない。人間社会のお金や物はとても不均衡に、金持ちだけがさらに肥え太るような仕組みを治せないでいる。」と。
次のような事例も聞きました。
「生徒がある先生を嫌いだというので聞いた。『仮にぼくが君のこと嫌いだって、もう来ないでくれっていったら君はどう思う?』って。そのときその子は僕の話を腕組みしてきいてたんです。そのことも指摘して、『先生だって何か良いとこあるんじゃないの。そこを発見したら教えてくれ、といったら必死になって観察して見つけたみたいですよ。」
青木さんは、大沢さんのサポーターでもあり、脱原発・反TPP・戦争法廃止署名活動の同志でもあり、イッセー通信も配達しています。
◎画像は我が家の庭、草木伸び放題なので、真夏でも涼しい風が窓から吹き込んできます。エアコンほとんど不要の生活、使ったのは子供が受験したときくらいだな。熱中症?何それ?
[PR]
by issei_tachikawa | 2016-05-26 09:18 | さんきゅう寺子屋 | Comments(0)
c0219972_1082961.jpg

11名の受講生は、「若葉町のふとんやさんがなぜ金メダリストのコーチなの?」への疑問がとけたでしょうか?
彼はふとん職人修行12年で独立したのですが、ほこりが原因で1日2度も喘息の発作で救急車に乗ったことも。体力をつける必要性を感じて30過ぎてから走り始めた。
最初は辛かったのだが、休んで冷えてくると、胸が楽になっているように感じたりして、だんだんトレーニングが楽しくなり、習慣になってくる。
玉川上水(イッセーもその近くに住んでいる)を走っていたら、ある男性に呼び止められた。「青梅マラソンの申し込んだのですが、出られなくなった。もったいないので代わりに出ませんか?」と。
もちろん喜んで引き受けた。良い記録だった。これが37歳の時。自信がついて第1回立川マラソンは3位入賞、40歳の時は中高生よりも速かった。(彼は800m日本記録保持者でした)
「どうしたらおじさんのように走れるんですか?」と聞かれて、店の前の路上に器具置いて教え始めた。その生徒の1人に、右代啓祐さん(2014年アジア大会10種競技金メダリスト)の奥さんがいた。それが縁でウシロさんのコーチも引き受けるようになった。
国際大会で8300点を超えたのは、8500点がメダルラインだから、リオでは期待できるかも。
ここまでが世間の常識の範囲内の話ですが、それだけの話だったらぼくは彼を講師には呼びませんでした。今の僕にとって(つうか昔=小学校4年くらいから)、順位だのスピードだの地位や名誉だのは関心ありませんから。
でも、青木さんには何か不思議に人をひきつけるものを感じます。生徒に「コーチって何か?考えたことありますか?」と聞きます。えっ?スポーツとかで選手教えて、成績上げる人でしょ、と思ったら50点です。
郵便列車という意味もある。頼まれたものを目的地にちゃんと送り届けるという使命を強調されていました。「素行の良くない子がいたら、親に会うだけではわからない。おじいさんおばあさん、代々さかのぼって暴力の連鎖を見つけたりすることもあります。」とおっしゃる。
そっかー、そこまで1人1人にかかわってるんだなとわかると、今の僕の活動に近いものを感じて同志感覚になれるのです。人生の目的は「他者の笑顔」だな。
あと興味深かった話を2つ。1つは「病は気から」と自己免疫回復力について。中身は安保徹さんのとほぼ同じなのですが、安保さんはスポーツマンではないので、スポーツ医学、生理学、力学などについては、青木さん独特の経験談を伺えました。
最後は、特定秘密保護法は権力者が自分の都合の悪い情報を国民に隠すに都合が良い、集団的自衛権はむしろ集団的攻撃権、終戦でなくて敗戦、戦争については一億総懺悔などとんでもない(悪いことした戦争犯罪責任者を裁くべし)などの気持ちも共有できました。
ありがたいですが、こまったことが1つ。彼はどうしても講師料受け取ってくれません。江川さんもそうでした。お気持ちに甘えて、場所代2000円含めて全額「さんきゅうハウス」運営資金としていただきました。それでも気が済まないので、ふとんの打ち直しお願いしました。おもいやり、まごころには、これからの活動でお返ししていきたいです。つながりながらね。セカンドリーグ宣言が脳裏によみがえります。地域に出よう!人のためにはたらこう!お金中心の社会を「困ってる人に手をさしのべられる=困ったときには相談できる」社会にかえていこう!大事なのは金じゃない、ひとのつながりなんだよ。であい・つながり・うごきながら変えていこう。安保(安倍)体制打倒!7月選挙安倍を倒せでまとまれば勝てる。戦争法廃止署名1200万筆突破しまだまだこれからですぞ。
c0219972_10563073.jpg

c0219972_10564786.jpg

[PR]
by issei_tachikawa | 2016-05-23 10:31 | さんきゅうBAKADA大学から寺子屋へ | Comments(0)
c0219972_959233.jpg
土曜日の強みがでてきたね。平日は期待できない葬儀参列の方が6名入ってくださいました。
カフェの斜め向かいに斎場(メモリアルホール)、隣が「成田屋」さんという地の利を感じました。注文は力入れて用意した定食ではなくて「冷やしうどん」いきなり5つ!気抜いたらあかんなー、うどんかっとかなくっちゃ。これから冷やしの季節だからね。
いっせーのご近所の高齢(89歳)の女性とも仲良くなりました。大正琴されるんだと。「18番は?」と聞いたら、・・・・と答えられましたが、忘れてしまった。(ごめん)
ひるすぎには、みやちゃんが「外出」で遊びに来てくれました。6月15日退院予定なので、金曜日カフェチャレンジを進めましたら、いちおう前向きの答え、ジャムづくり含めて自立再生のきっかけになればよいと思います。
ポイントは、生きていてよいという自己肯定感、生きていこうとする意欲、笑っていいとも人生だと思います。上から目線の指導や支援はたちどころに見透かされます。まさにこのとんでもない社会をいっしょに面白くしていこうという愛と協働の実践が問われています。
諸欲望(108つの煩悩)には、抑えようとすれば逆に強くなる性質があります。生きていく際のストレス対応のやりかたにも通じます。専門家の意見にも耳傾けながら、仲間の共同性を大切にして、一緒に世の中を面白くしていきたいなー。
クンちゃんカフェ、来月は6月18日(土)です。お楽しみに
[PR]
by issei_tachikawa | 2016-05-22 10:16 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_13155452.jpg

土曜日のくんちゃんカフェ、主菜は、しっとり鶏むね肉の照り焼き、副菜は、油揚の袋煮で、700円です。
売り切れ御免10食限定飲み物とセットで900円でーす。

●長岡式酵素玄米おにぎり1個 150円

●砂川の「まめ吉」さんで自家ガス焙煎したフェアトレードこーひー 300円
豆はペルーのカハマルカ地方から

●うどん、生協のパン(トースト)セットもあるよ。

さんきゅうカフェは、羽衣町3-14-13さんきゅうハウスの1階です。
問合わせは、080-5192-1463 いっせーよしむらまでどうぞ
c0219972_1321725.jpg

[PR]
by issei_tachikawa | 2016-05-16 13:21 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)

たかが倉庫、されど倉庫

c0219972_14345796.jpg
毎月1回は整理している。衣装ケースを30個買って、寄付衣料品を分類し、カード表示して棚に収納する。女性がいてくれるとありがたいと管理人がいうので、先月は京子さんに頼んだ。今月は両親介護でだめだとおっしゃるのでどうすっぺーか悩んでいたら、なんとワーカーズの笹川さんが来てくれはった。ついてるぜ!
10時から8人でわいわいがやがや倉庫整理、食堂の棚からは衣料品が消えて、すっきりした。これからフードバンクのフードドライブチラシを全戸配布するので、グッドタイミング。
作業が終わると、近所のソバ屋で交流会かねて昼飯を食うことにしている。これがまた楽しい。6月7日の古希祝いパーテイは、3人でやることにした。
中村、鈴木(英)、イッセー、3人ため年、以前は「小指のT」もいたのだが、いまはどこかに消えてしまったのでとりあえず3人だ。
プログラムのないパーテイ、適当適当、なんでもありだがさんきゅう秩序はしっかり守る。はめはずしながらも線路は尊重する。脱線はない。
でもせっかくだから、いろいろアドリブは出したい。BAKA大用のテーマで話すかもしれない。イッセーの70年についてなんでも質問受付ける。答えは即座に表現する。
みなさんあそびにおいでやす。
倉庫整理のために集まったのに、予期せぬもりあがり。いいよなー3Qハウス、俺たちは7月の選挙で、安倍政権から日本を取り戻すための準備中、おもろいでおもろいで。為せば成るなさねばアウトや選挙戦、取り戻すべき日本社会の中身が問われています。
◎今年から、ハウスのご近所清掃ボランテイア始めています。自治会長からも感謝のことばが、さんきゅうハウスは確実にセカンドステージに入りました。
[PR]
by issei_tachikawa | 2016-05-15 14:35 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_1314271.jpg
暑くなってきなしたが我が家は今年もエアコン・車・新聞・テレビ無しの生活です。
冷蔵庫・洗濯機・掃除機はありますがこれも時間の問題です。東電潰せ、でもおれたちは困らない。

多摩ニュータウンに配布されている『もしもし新聞』を読んだ女性(母子家庭)が木曜日の夕方事務所に電話してきました。
「フードバンクのパン、届けていただけますか?」という要望を伺い食べ盛りの小さな子を抱えて困っている母の言葉を聞いてみにつまされました。多摩コムの小山さんに電話したら、6/3に届けてくださるとのこと。やったね!
府中、立川ではすでに配布対象を「生活困窮母子・父子家庭等」に広げて取り組んでいます。
府中は9家族31名、立川では引き取り方式で通算21家族(単身含む)にパルブレッドのパンだけではなく米・缶詰などの食品をお届けしています。
三多摩フードバンクには6団体が、フードバンク立川では3団体が連携協働しています。フードバンク立川では、ボランテイア2名含めて毎月1回、さんきゅうカフェで会議を開いています。
7月13日水曜からボランテイア主体のカフェが開かれるなど、勢いを感じています。

◎野菜は、パルシステム神奈川を定年退職された平本さん、平尾さん、佐野さんが津久井で始めた
農場から届き始めています。お米は試しに気張って「無農薬米」を龍ケ崎の佐藤さんからとり
始めました。この継続にも夢がひろがります。来年3月末までに、カフェと左半分(立川パラダイス)が毎日営業していて小さな稼ぎをこつこつと積んでいけていれるといいなー
「なんじほっすればあたえられん、結果恐れることなくゆっくりと歩むべし」
[PR]
by issei_tachikawa | 2016-05-14 13:14 | 三多摩フードバンク&フードバンク立川 | Comments(0)
c0219972_10301253.jpg
思いがあふれ出て筆進まず締め切り迫る。昨日エイやで書いたらまあなんとかかっこが付きそうです。題は「病は気からを考える」ですが、2つの点が書き足りません。1つは、プラシーボ効果とノーシーボ効果、2つは免疫力を下げる生活習慣からどうやって抜け出るかです。「つめがあまい!」って怒られないように何とか完成させます。
目高舎はメダカヤと読み、約40年前に(たぶん)武蔵村山団地の林喜代美&治代夫妻が立ち上げた環境・たすけあいなどの市民活動グループ。
林さんらは旧姓も林、誕生日も1946年10月8日で同じ、おまけにその日は「木の日」です。出身は2人とも千葉県かな?木が2つで林、三つで森だね、まあなんて環境的なんでしょうか。
でもね、性格は真逆だよ。ないしょですが(ぐふふ・・・)
2人と出会ったのは1986年、おれが40歳、緑の黒髪時代!立川生協で初の「返信はがき付営業ちらし」で資料請求されたのでお邪魔したら、ちょうどお昼をごちそうになり、意気投合してしまったのでした。竹馬の友、3人ともためどし、学生運動経験も共有し、今では「シンクグローバル、アクトローカル」も同感できました。その場で4000円の会費払って、会に入会し、さっそく畑の協働耕作開始。
その畑変わってました。200坪くらいの耕地、会員は30名くらいだと思いましたが、どこがだれの耕作地なのか決まっていない。収穫もいいかげんで、必要な野菜を勝手にもっていっても文句言われませんでした。いい加減なイッセーにぴったしじゃん。当時はまだ車もってたもんで、夜に子ども3人乗せて、たい肥造りに行ったら、エンスト起こして死ぬ思いしたことも。
光太(長男、今27歳、11月5日生まれ)が金子助産院で生まれてすぐの餅つきにつれていったら、首が座ってないのでがくっとなってしまい、みんなに心配かけたなー。
20年前、大嵐の日に学園公民館で3人の生前葬をした。50×3=150歳の生前葬、ワイナマユで「素焼きの甕」(大好きな埋葬曲)を演奏したなー。
みんなで日野原村キャンプ、ここで鉄あにいと出会う。しゃけを焼いてくれた。彼はその直後に会社やめて「割烹鉄ちゃん」を開いて今に至る。
夜の宴会で「コンドル」吹いたら、治代さんが「よっちゃんのコンドルなかなかとばないねー。」なんて同情気分でいってくれましたが、こたえたぜこの一言は(今では笑いとばせるけど)
その後団地の庭に「勝手にログハウス」建ててしまった。うそだろと思ってたらほんとでした。奥多摩の森林組合から間伐材を安く仕入れたんだろうな。そのログハウスのなかに、元武蔵村山市長宍田さんも応援要請に来てくれた。まだ当選するかどうかわからん26歳の若者に目になんだか変革のエネルギーを感じた。
それから数年して市議補選チャレンジ、時間差で2人ともチャレンジして2人とも惜しくも次点でした。ほんの数票差だったからなー。おしかった。敗因は選挙活動のやりかたが素人だったこと、補選だから組織票がものを言って負けたのだと思う。おれもまだ生協職員現役だったので大沢選挙(立川市議5期目)のようには全力で応援できなかった。ということは、これからでも可能性はまだあるじゃんということだな。
そして団地建て替えで2階建てから10階のマンション1階に引っ越すころに彼の方がうつ病になってしまった。一時はくちがきけなくなって心配した。でもおれは回復を信じて彼の家に通い続けた。かれは俺が行けば元気になる。思い込みではないとおもう。治代さんもそういってくれる。
毎月のイッセー通信配布時には必ず寄る。茶飲み話に花が咲く。かれらが出している『目高舎通信』などはそろそろ1000号に達する。イッセー通信はようやく41号目、まだまだです。
林くん誘って山梨の生産者の「七草セット」づくりの応援にいったことがある。正月の寒風吹きすさぶ田んぼから出たら、自販機があった。かいろがわりのつもりで買ったら、林君に「こうたくんのことをかんがえろよ!」って怒鳴られた。いいかえせなかった。彼とは天国でも友達だと思う。ケンカもできる、むつかしいはなしもできる、ジョーダンも通じる、笑って良い朋、その近所に暮らすありまた楽しからずだなー。
[PR]
by issei_tachikawa | 2016-05-08 10:30 | 気になる友達シリーズ | Comments(0)
c0219972_7223672.jpgc0219972_7225997.jpg・今までの調理スタッフ全員が都合悪いとおっしゃるので、どーするか?お休みも含めてえいさんと検討した結果、山木みえこさんにお願いしました。彼女は土曜日夕食ボランテイアの現役、青島さん介護の時も協力してくださいました。
  前の晩にこしらえた和食を持ち込んで大人気でしたので、6月以降、月1回月曜日にお願いすることにしました。残ったおかずは、翌日の食堂でも食べていただきました。
・松ちゃんが退院し、彼女連れてきてくれました。やまちゃん、まるちゃんの分もはらってくれました。グラーシャス
・常連さんのひろ子さん、「最近調子が良い。今日は快調」ということで、ピンク系のシャツで登場、ナチステーマの映画の話題が悲痛にもりあがりました。
・アパッチが、国分寺在住の51歳の友達同伴で来店、定刻過ぎても話が途切れないで、イッセー帰宅したのが7:00でした。
・近所の仕出し屋「りんと」さんでは、近所のお子さん集めて「ながしそーめん」でした。こちらは大人が時空年超えて「こども」に帰っていました。大人ってなんだろー?成長、進化、神話???
c0219972_726201.jpg

[PR]
by issei_tachikawa | 2016-05-06 07:26 | さんきゅうハウス活動 | Comments(0)