どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

<   2016年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

c0219972_20545691.jpg

c0219972_20551319.jpg

c0219972_2055335.jpg

津久井の「わたぼうし」農場から、新玉ねぎ7ケースもいただいた。これはとても1団体で使い切れる数ではないので、レストラン・サラ、コミカフェ鉄っちゃんにも買っていただいた。もちろん、さんきゅう食堂やカフェでもみなさんの食欲をみたすのに貢献できました。
届けてくれた平本さん、平尾さん、畑の佐野さんに、心の奥底から、グラーシャス・あら・びーだ。
フードバンク立川では、多摩信総合グランドの畑から、毎週月と木に、茄子、ピーマン、ミニトマなどをいただく予定になっているが、今日は、茄子が30個ほどいただけた。
ぼくがいけないので、けんちゃんと江川さんチームでやっていただいた。
その分で、けんちゃんはじつに満足そうに、カフェの「うどん」を食っていた。クンちゃん餃子入りで。シェアランチばっかしだったからなー、後ろめたい気持ちを抱えながら食べてたんだ、とおもう。就労支援準備、ちょっとずつね。ゆっくりと、あわてないで、笑顔見ながら。
[PR]
by issei_tachikawa | 2016-06-30 20:59 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_1153644.jpg
そろそろカフェに行こうかニャーとおもっていたら、市民活動センターの比留間さんから電話。「多摩信さんのはたけで、茄子がおおきくなってしまったので収穫しました。次の月曜日まで冷蔵庫に置いておいたら、品質保持に自信が持てませんから、できれば今日明日中に取りに来ていただけませんか」と。
まよわず「いきます!」と答えました。意思決定が速いのが最近のイッセー、だって何にも気いつかわなくていいんだから、楽なんですよ。誘いはたいがいことわらない。いつのまにか名刺の「カタガキ」(無償のボランテイアばかりですが、笑い)が10にもなってしまった。
2007年に、伸さんが言っていた。「イギリスのNPOの活動家は、たいがい複数の組織に係ってる。そうするとAの経験、知識、人間関係がBでも役に立ったりするから、かえって楽になって効率もよくなる。」と。そんときは「ほんまかいな、あんたトップだからそんなこといえるんよ。その理屈、俺みたいなパシリには適用できないさ。」なんてねじくれていましたが、今フリーになってから彼の説の信ぴょう性にうなずいています。いやー、伸さんさすがだわ。先見の明あり、人を動かす、仕組みづくりにたけている。
なんてかいてたら、じかんがなくなってきた。まめきちさんからコーヒー(25日のステッチマルシェにも使う)仕入れて、多摩信の畑に行って新鮮野菜満載チャリでカフェに向かい、今日は「的屋(八百屋)」だな。
『ホピの予言』チラシ作成に入っています。上映予定日は8月26日(金)です。お楽しみに。
[PR]
by issei_tachikawa | 2016-06-23 11:05 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_19434695.jpgc0219972_1944342.jpg市民活動センター様のお導きで、多摩信用金庫さんの運営する畑から、とりたて野菜をいただけることになりました。今日は第1回目の配布日、イッセーがチャリでとりに伺い、茄子30個をカフェの常連さんと店頭で販売し、さんきゅうハウスの夕食にも茄子のみそ炒めが登場しました。
来週の27日から、毎週月曜日(または木曜日)にいただけるそうです。朝10時に西砂川の多摩信総合グランド事務所まで引き取りに伺い、羽衣町の「さんきゅうカフェ」まで届けます。9月くらいまでの期間、ボランテイアやれるかたを求めています。志願者は、イッセーのケータイまで連絡ください。
(写真は、市民活動センター センター長の比留間さんから提供していただきました。比留間さん、グラーシャス・あら・フォト)
c0219972_19442030.jpg

[PR]
by issei_tachikawa | 2016-06-20 21:59 | 三多摩フードバンク&フードバンク立川 | Comments(0)
c0219972_912440.jpg
右下の奥歯の1ッぽんを抜かれてしまいました。悩みは「ケーナの音(声)がかわってしまうこと」でした。腹をくくって、昨日の練習に挑みましたが、なんと、今までよりも気持ちが良い音(声)なのでした。サバドスの神様、フォルクローレの神様、ありがとう!「ホピの予言」上映会、8月26日の準備開始しています。世界中の人にみてほしいなー。
[PR]
by issei_tachikawa | 2016-06-19 09:12 | バンド・演劇・大道芸活動 | Comments(0)

今日のつぶやき

c0219972_10192630.jpg
・6月9日、生長の家が「安倍政権不支持」の声明をだした。なんでわざわざこの時期に?答えは明白で、『日本会議の研究』の売れ行きが好評で、ここで態度表明しておかないと、「生長原理主義者達」(安東、椛島、百地、伊藤などなど)と同一視されるリスクを考慮しての判断であろう。
生長の家は、すでに環境重視(脱原発、自然エネルギー)の運動方針のもとに、政治活動の前面からは撤収する方針をだしていたのだから、まあ今回の声明はさして驚くことでもないのかもしれないが、7月10日の参議院議員選挙の結果にどれだけの影響があるか?
一時期信徒数300万人と好評されていたが、実数は70万人程度ではないか。真如苑よりも少し少なくて、全国24番目、比べて幸福の科学って意外にでかいんだな。1100万人と発表されていた。しかし端数なしというのは???教祖の余裕の笑顔にも?(ただし2007年数値、『週刊ダイアモンド2009年9月12日号)
それにしても、安倍さんおよび自民党残党(失礼ですがイッセー造語です)の選挙方針、なにからなにまで詐欺瞞着です。嘘つき集団、論点避けている。比べて「イッセー通信6月1日号」では、憲法特集で9.19強行採決、「集団的自衛権」「九条」問題を真正面からとりあげています。
前回も騙しのテクニック、今回もまたです。公明党の竹谷とし子さん(東京選挙区)の選挙ポスターなんかは、もっとひどい。何も政策がかかげられていません。まあ、どいつもこいつも情けない政治家がばっこしてしまっています。なんとかしたい、なんとかしましょう。これでは安心してあの世にいけません。
18歳から20代のみなさんの投票活動、どうなるか?シールズ今回の選挙で解散なのかなー?ちょっとさみしいですね。でも奥田くんがいっている「個人」におりてこれからも政治生活を考え続ける主体が、何十万人規模で形成されていると仮定すれば、日本のまだ見ぬ民主主義社会形成がすすんだのだという見方も可能であろう。おれはそう見守りつづけながら、別こに進みともに打つ機会を模索し続けたいと思う。30年のタタカイ 
梅雨はどうなっとるんや?今日もよい天気だ、我が家の庭は「熱帯雨林」(桑、竹、やつで、けやき、つつじ、馬酔木=あせび又はあせぼ等のシンフォニー)なので、毎年エアコンなしで暮らしています。水分だって気にしない。のどかわいたら「白州の水」をいただきます。今晩は、夕食後寮のミーテイングです。何年も考えてようやく始まったミーテイング、いろんなやりかたがある。カラオケとかもいいにゃー、専門家呼ぶって手もあるんですが、教科書的話の繰り返しではなー、「そこにいてくれてにこにこみなのぐちをきいてくださる」専門家、おるやろなー。そういう方だったらぜひおねがいしたいなーなどと都合のよいつぶやきでした。『教行信證』毎日トイレで音読しています。
c0219972_1044256.jpg

[PR]
by issei_tachikawa | 2016-06-11 10:19 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_224711.jpg
1つめ、何時間いてもいいんだなーと感じてしまえる場所。
2つめ、うるせー奴らだけれど憎めない奴らがごろごろしている。
3つめ、それでいて「反知性主義」で凝り固まってはいない。世界の知の最前線で表現し続ける、と思い込んでいる。人生思い込みが大事なのだと思い込める。
4つめ、チャリがパンクしたとかPCプリンターインクが切れた。マイナーなのでどこで売ってるのかわからないと、隣にいた客が大声で教えてくれた。この人耳が遠いから声がでかい。彼がしゃべるとカフェのサウンドエントロピーが急上昇していく。
5つめ、琉球新報とか沖縄タイムスが読める。
6つめ、週刊金曜日、のんびる、東京新聞が読める。スポーツ紙もあるぜ。赤旗もとろーかにゃー。
7つめ、やばいこといってもうきあがらない。空気なんて読まないで気が付いたらしゃべってたみたいな雰囲気が気持ち良い。人生喜怒哀楽。
8つめ、365にちカフェを心がけている。例えば、日本山妙法寺の〇さんから土曜日の深夜に電話、「あしたよりたいんですが。」喜んで、お迎えする。彼らは、インドの・・・でお寺建設中、北海道にも土地があり、国立にも泊まれるとこがあるんだと。奥さん同伴でやってくる。これは話おわらんでよ。
9つめ、日本社会の常識を明るく疑える場でもある。日本の小学校の朝礼で並ぶとき、なんでセイの低い人がまえで高い人がウシロなの?健康診断で座高測る、なんでやねん。駅前にはチャリンコがおいてない。(シルバー公害に誰もはむかわない。)コンビニで缶ビール買うとき、「袋もテープもいりません。」ゆーてるのに、わからん店員がまだおる。日本の社会はほんまに不思議な社会、世界の常識が日本の非常識、逆もまたである。
そして10まできた、笑いが絶えません。いずれ誰かが「よしもと」デビューするのではないかと期待されております。面白い、気持ち良い、楽しい、3S(ゆっくりスロー、わかりやすい単純シンプル、お笑いすまいる)
百笑講座、百回笑わせたらおしまいの題名無きイッセートーク
「カゾクの笑顔がある場所、幸せで安心な我が家に」(西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話、角川文庫、187頁)
[PR]
by issei_tachikawa | 2016-06-09 22:04 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_23275081.jpg
最近、大学生や大学のセンセーが見学・研修または調査に見えることが増えてきた。立教大、明治大、中央大、首都大、そして先日はわが母校(法政大学)からも来てくれた。
かれらの問題意識を聞いて、身につまされました。
「ホームレスてぼくにはまだまだ別世界の存在のよう、もっと現場の事実を知るべきだと思いました。福祉制度、福祉事業に携わっている人に興味があります。」(Mさん男性3年)
「ホームレス、他人事と思えません。女性の貧困、母子家庭、生活保護も受けられない家庭がどうなっているのか知りたい。」(Tさん女性2年)
「長野出身ですが、新宿駅近くなどでホームレスがたくさんいるのに、通行人がスルーしているのが気になって。支援者が活動中に社会の何に疑問を感じているのかを知りたいです。」(Sさん女性2年)
約3時間ねつっぽく語り合いました。また会えることを楽しみにしています。次回は当事者インタビューかな。
[PR]
by issei_tachikawa | 2016-06-07 23:27 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_8522739.jpg
楽しかったね、トリオde古希
えいちゃん、のぶお、イッセー、3人合わせて210歳、お祝いにかけつけてくれた20名のみなさん、あと自分は来れなくてもカンパいたり酒のさしいれしてくれたりのみなさん、ほんとうにありがとう!
僕らが生まれた昭和21年(1946年)、オールウエイズ三丁目の夕陽がはっきり見えた時代、平均寿命は50歳いってなかったよな。イッセーは12人兄弟ですが、長男・6女には会ってません。俺が生まれたときには死んでたからね。死因すらおれにはわからない。こういう時代に生まれて、何度かの経済高度成長と日米安保で失うものは失い、安倍の悪政下で自衛隊員のみなさんがアフリカなどで命を失いかねない時代に生きている。
昨日はそうがかり国会前行動、スタッフの多くのみなさんはそっちにいったのですが、ぼくらはあえて地域で「戦争法廃止」をつぶやきながらのパーてーでした。
エピソード1つ。なりたんとイクコ(姪)が知り合いだったとは。マジにびっくり。
もうひとつ、もろさんが、8月のBAKA大講師引き受けてくれました。誕生日6月6日なのに戸籍では7月なんだってさ。話はここから始まり、寮の管理人になるまで続く。
さらにもうひとつエピソード、くんちゃんの唐揚げとか肉じゃがとか、オードブルおいしかった。今日のカフェでも食べられます。
12日は「さんきゅうハウス」総会ですね。19日は倉庫整理。26日はBAKA大で森野栄一さんのお話し「お金の働き方を変える知恵」です。申込締め切り25日の夜まで延ばした!
c0219972_8531196.jpg

[PR]
by issei_tachikawa | 2016-06-06 08:53 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_13514686.jpg
5/30、都内某病院にて、Mさんを囲んでこれからのことを話し合うミーテイングをやりました。
今後どうするか、彼も考えている退院後の計画です。
1)週4回、作業所に通い、ペーパークラフト(趣味でもある)的仕事をする。
2)金曜日にさんきゅうカフェで働く。洋食カフェ
3)7/10 BAKA大で体験談、プレッシャーですがあえて提案しています。
4)ジャムづくり
5)土、日は断酒者の自助会に通う。
近代西洋医学、精神医療世界の常識的文化とどうやっておりあいつけて生きるか?
なを、報告書でも書いていますが、彼に連帯してイッセーと大輔(桑原)は、アルコールを立っています。仲間、同志として何かかれの「不安」とのたたかいに連帯してできることはないのかと、長い間悩んだ結果の方法です。
あすの「トリオde古希」においても、3人はアルコール無しで盛り上がります。
1つの欲望を抑えると、全身が鋭いチューニングメーターみたいになり、ある意味歌唱大賞もいけるかみたいな表現力(自信に裏打ちされた)が出てきます。
効果としてあげられるのは以下の5点
1つ、飯がいままでよりもうまいと感じる。
2つ、寝覚めのすっきり感がちがう。
3つ、音感が鋭くなる。バンドやってるとわかるのです。
4つ、朝のお便りの形が理想状態に近づいてくる。(バナナ型、S字型、川型、C型等)
5つ、悟りへの道がうすぼっびゃりとみえてくる。文章に切れが出てくる。
実に不思議です。「みやちゃんのおかげですよ。」っていったのは、社会福祉協議会、早川郁子さんでした。アイ ディープリイ シンク ソーです。
[PR]
by issei_tachikawa | 2016-06-04 13:52 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)