どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

<   2017年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

キヌアを使ってみました

メニューその1.ソーメンをゆがく、マヨネーズ(パルのはトランス脂肪酸控えめ)をのせて、鰹節ふりかける。当然ですが、カツオ節は、はーどなのを1個1400円くらいで購入し、その都度削る。削り器は5000円くらい。
キヌアは、15分間先にゆがいておき、醤油(国産丸大豆、産直)かけてから、まぜるだけ。かみしめるたびのプチプチ感味わいながら、「ぱちゃまま」にありがとうの気持ちがからだのしんからこみあげてきます。
その2、15分間湯がくのはすべて同じ。さらだにまぜます。
その3、スープに入れます。1の変形で、湯がいたお湯を捨てるのはもったいないので、そのままスープに使う方が良いです。そのほうがぱちゃままもよろこびます。とアイドウビリーブ。
玄米に振りかけると、ごま塩効果&オブジェ効果も期待できます。なを、さんきゅうカフェ2017では、ゴマも用意してあります。
長岡式酵素玄米とぱちゃままの贈り物(キヌア)、これで鬼に金棒だな。おにぎりを毎回買ってくださる常連のみなさま、本当にありがとうございます。味だけではなく、米にもこだわっております。今は、わたぼうしさんからの無農薬玄米、これがきれましたら茨城の佐藤さんからやはり無農薬玄米30kgを取り寄せます。
あずきは、太陽の家産直の「ささげ」、こぶりでみがしっかりつまっているので、1時間程度煮沸しても形が崩れません。サンナトリウムといっしょに発酵を促進してくれます。
おにぎりは1つ、150円、決してやすくはありませんが、命に値段は?ですからね。
ごひいきにおねがいいたします。ご近所の通りがガリの方が気楽にお買いになるのもうれしい限りです。
2017年、さんきゅうカフェ、土・日にも拡大したいなー。希望者は、イッセーまでご相談ください。


[PR]
by issei_tachikawa | 2017-01-29 11:27 | 気・血・道、医・食・農 | Comments(0)

千客万来、カフェ繁盛

c0219972_20383091.jpg
日高さんからキヌアの寄付をいただきました。ケテイさん、トシさん、アパッチ、そして我が家で試食します。15分間煮沸すれば、サラダにもいいし、チャーハンにもできる。2月4日の映画「パチャママの贈り物」情報もいただきました。参加します。
日高さんは、法政大学でスペイン語のセンセーも、チャランゴの福田さんともお友達らしい。これをきっかけにして、さんきゅうカフェでの、アンデスイベント構想が膨らみますね。(映画、ライブ、キヌアなどアンデス料理など)
日高さん、グラーシャス・あら・びーだ

[PR]
by issei_tachikawa | 2017-01-26 20:39 | アンデス、中南米 | Comments(0)
c0219972_19184717.jpg
水曜日はまめきちさん定休日なのに、9名でおしかけてしまいました。気持ちよく受け入れてくださり、丁寧な説明をいただき、ほんとうにありがとうございました。また、さんかしゃのみなさまも、それぞれ熱心なかかわりをありがとうございました。
勉強になった点を3つだけ報告しますね。
1つ、やはり最初が肝心だなという点。20秒待つとこが大切。
2つ、2つのステージでは、右回し6回、1回1秒くらい、描く弧はだんだん広げて大きく、逆に後半はだんだん閉じて小さく。
3つ、としさんからのまさにタイムリイな質問への答え、「アメリカンとは」です。今まで、薄目としか認識していませんでしたが、「お湯の量ではなくで、そそくときの速さなんです。」ということらしい。これはカルチャーうろこべりっ!
●考えてみたら、ペルーブレンドの「本家」の味、いままでしらないままにカフェで出したきた自分を見つめなおせました。
●産直事業でいうところの、産地見学になりました。ドイツ製の焙煎機、各種おまめが入った瓶、てづくりスコーン(3種)など、現場を見たスタッフのみなさんが入れるコーヒー、変化が楽しみですね。明日のカフェ担当は、ケテイ&トシですね。よろしく!

[PR]
by issei_tachikawa | 2017-01-25 19:22 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
先週木曜日のカフェの帰りにチャリこぎながら右に背中違和感を感じた。夜から咳と熱、といっても医者いかず、薬も一切のまず、熱も測らないので、何度までいったのかは???ですが、悪寒が全身を走った。
通常のパジャマにセーター&ジャンバー着て、靴下は2枚はき、3日間(実は土曜日はカミシバラーに会うために出勤したのです)眠れる森のおっさんになっていました。
悪いこと(実は考え方次第で吉ともなる)が重なり、メールが受発信不能に。1404円のAUへの支払いがされてなかっただけのことでしたが、原因がわからないので、気持ちがふさぎこんだりもしました。
今日はいろんな人から電話が入りはげまされました。社協の女神早川、こーえつ、つゆきさん、あとYPOで台所ゴミ清掃やったお宅から電話があり、再度の仕事依頼らしい。やっぱ俺にとっては天職なんだなーとおもい、明日はなんとかでられそうな気持になってきました。
入金が何件かあります。金カフェ家賃、土カフェ家賃、日曜日の麻雀クラブ収入(家賃+?)、月カフェ家賃などなど。
スタッフの1人がカフェで食事した感想をメールでくれました。
「今日、久しぶりに、さんきゅうカフェでランチを食べました。前回は、煮込みうどんにご飯というランチでちょっと炭水化物に偏っているなあという印象でしたが、今日は、あじフライ、キャベツの千切り、コンソメスープ、玄米ご飯、漬物というランチで、とっても美味しかったです。外で揚げ物を食べると気持ちが悪くなることがあるのですが、今日のあじフライは全然気持ち悪くならなくて、よ い油を使っているのだなと思いました。食後のコーヒーも、以前よりもずっと美 味しくなっていて、感心しました。宮川さん、ご馳走様でした!」
あと1つ、うれしい情報。さんきゅうハウス近くに住む、坂本さんの話が、COCOからに掲載されています。ライターは山木美恵子さん、さんきゅうカフェや夕食ボランテイアでもご一緒しています。こころがあたたまるよ。

山木さん
大見出し見るだけで泣けてきます。
あなたの感受性、表現力、誠真誠意が
世の中を(さんきゅうを)救ってくれています。
ありがとう、おおきに、ほんとうに


こんにちは。
KOKOCARAの坂本さんの記事が公開になりましたので、お知らせいたします。
本日、記事を公開いたしました。
「川原での暮らしも悪いときはなかったよ」 20年間の路上生活を送った男性が教え
てくれたこと
http://kokocara.pal-system.co.jp/2017/01/23/living-on-the-riverside/
なお、今晩、パルシステムのフェイスブックでも紹介される予定とのことです。
[PR]
by issei_tachikawa | 2017-01-23 20:11 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_1263799.jpg
昨日のコミュニテイワーク連絡会は、ぼくにとって、さんきゅう(ハウスの事、以下同じ)にとってもブレイクスルー(課題解決、問題突破、一点突破)でした。
新年会で稲城里山代表の小林さんから言われました。「今まではなんかうさんくさい人だなーとおもってたけど違ったなー。」って。爆笑ですね。「小林さん、そのことばそのまんまあなたにお返ししたいです。」、今までのおれだったらそういってたかもね。でも、きのうは笑ってスルーできました。
そのわけは、おそらく、お互いの信頼関係が生まれてきたということだとおもいます。不信、嫌悪、上っ面の付き合いしかできない関係性の根源には、相互不理解があるようです。
かって、何人かの年下上司や同年上司(なんと万年係長だった俺は、連合会移籍後の20年間、ずーっと年上上司に直属経験がない!)と感情的にうまくしっくりいかないことはありましたけれど、今はとても親密な付き合いができていることにも似ています。
お互いが、相手の立場に立って、そうかーわかるわかるの実感をもてれば、人間関係も改善されてきます。時間がかかりますが、とても大事な営みの1つかとおもいます。
そこで今年の標語です。「どうせやるなら気持ちよく」
次に面白かったのは、世田谷区の「行政書士」の男性との会話。ブレイクスルーの切っ掛けは、こちらから作りました。パルシステムやNPOや、さまざまのセーキョーかつどーかが話題にすること以外の、笑えるテーマ(会話の引き出し)、その1つが「野球」なのです。
「おれってさー、どうおもわれてるかしらんけど、じつは18まで体育系で、勉強しないで野球、マラソン、卓球ばっかしだったんですよ。」というと、行政書士の顔が急変して、和やかな眼になり、「ぼくも野球でしたよ。高校生までですけど。」ってきた。
彼は北野高校だと!えっ!?「大阪弁でませんねー、かくしてるんでしょ。」というジョークにつなげて「ぼくは大学で田淵・山本こーじ・富田・鶴岡・岡本らといっしょだったんですよ。」といったら、「北野高校も甲子園で優勝したことあるんですよ。」ときた。それがなんと、昭和22年のできごとですと、ははははは!笑いの渦巻きが会場を席捲(?)しました。
いつのまにか、ぼくは大阪ことばでしゃべっておりました。
次に(3つめ、これで終わりにしときます)面白かったのは、「ゆうゆうふれあい食堂」(3月15日(水)から、月1回ペースでスタートの話。連絡会メンバーの、村上朋子さん(ウイッシュ・プロジェクト代表)いわく「子ども食堂の限界を超えたい」ですと。
その志におれの身体が反応し、「おれも見学しにいっていいかなー。」といってしまった。彼女大喜びで、「楽器演奏してください。」ときた。よっしゃ、人肌ぬぐぜ。
このような楽しい充実した時をくださった、パルシステムとさんきゅうの神々にありがとう!
◎稲城里山代表の小林さんが、「桑原さん来ないの?」っていってたぜ。4月22日のCW連絡会シンポジウムには、さんきゅうハウスもパネラーだすことになりました。誰を出すかな?3年、5年、7年先のことも考えて人選しようね。
[PR]
by issei_tachikawa | 2017-01-12 12:06 | パルシステムで愛と協働の地域社会を | Comments(0)

お雑煮会余韻です

c0219972_11234780.jpgさんきゅうの面白いところ、なんてったってドラマみたいな出会い体験ですね。阿部さん(写真左、長髪を後ろで束ねてる人)もその一人。かれは保坂世田谷区長と麹町中学校(たしか千代田区)の同級生。もとはロックミュージシャン、市内でもやたら目立つ存在になっていました。さんきゅうとの出会いは昨年末の安藤組誕生日パーテー、なんとカラオケでイマジンを歌い、「これは反戦歌なんですよ。」と解説まで。すぐに、吉田さんが生保申請手伝って、花小金井でアパート暮らし再開しました。
ぼくは彼との不思議な縁(えにし)を感じます。ワンスアポナタイム・イン・ナアメリカのロバートみたい。ニックが保坂だな。実際、阿部さんは区長になってからの保坂に会いに行ったんだな。したら、「会ってくれたよ。」って嬉しそうでした。
ニックも、ロバートに会ったが、仲間との掟、約束破って、ビッグギャング団のコネに頼って出世し、財務長官まで成り上がった。
もとは、2人とも、ミシガン州デトロイトのイタリア移民の悪ガキグループだった。なんとなくにてるよなー、保坂&阿部と。
保坂は中学校全共闘、高校受験時に内申書で書かれたことで裁判を起こし、勝利した。(だよな、たしか)当時は元気だった社会党の党首、おたかさんこと土井たか子さんと意思一致して、党員になり今は社民党員の世田谷区長、区民からの信頼厚いとはいえ、阿部さんから言わせれば、複雑な気分だろう。
この話、やりだすとながくなるんで、ここでロン。なにはともあれ、阿部ちゃんが花小金井で、人生後半戦のスタート切ったことを心からお祝いしたい。よかったにゃー。阿部ちゃんは、22日の麻雀クラブにもきてくれるってさ。うれしいぜ。
[PR]
by issei_tachikawa | 2017-01-02 11:23 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_205524100.jpg

立川IKEA(スエーデン家具販売店)前の公園で、60名以上が新年を祝いました。朝8:45にハウス到着、今8:57帰宅です。
シロの食事、長岡式酵素玄米の攪拌、年賀状などのために、今晩は砂川泊まり、明日は草野家でこれまた恒例の新年会と続きます。
新年の仲間の食堂は、4日水曜日から、カフェは5日木曜日から、新年最初のシェフはケテイさん、フロアはトシさんです。おまかせセットおたのしみです。
寺子屋は、15日(日)2時から、テーマは「家族ってタイヘン?」、コーデネーター、ファシリテーターは、阿久津陽子さん、参加者からの生の家族体験談、楽しみだニャー。オープンマインドに救いあり?
健康マージャンクラブは22日(日)、地域にじわりじわりと浸透するさんきゅうハウス、これまたライブのだいご味、女元気やねー、男もなかなか。
c0219972_21834.jpg

さらに存在感を強める被ばくハマユウ、ハチ(湯浅さんちのにゃんこ)の・・がおにあいでしょ。
[PR]
by issei_tachikawa | 2017-01-01 21:09 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)