どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

c0219972_08211138.jpg
「50年来の岩盤規制をすみやかにくだいて国家戦略特区の目的・目標を実現するのであれば」あらゆる手段を講じるのが当然だろう。フェアにやればよかったのだ。「1月まで知らなかった」などと言っては、かえってウソがばれるだけ。

国民(マスコミ通じた)疑惑強まる一方だろう。次回の世論調査、内閣支持率20%以下になるかも。

安倍首相「加計の計画承知せず」=民進は矛盾追及参院閉会中審査
 参院予算委員会は25日午前、安倍晋三首相が出席して閉会中審査を行った。
 首相は、国家戦略特区を活用した学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画について120日の特区諮問会議で初めて承知した」と改めて表明。経緯について「獣医学部新設の提案者は愛媛県今治市であり、加計学園ではない。事業主体が誰か、今治市から説明はなく、加計学園の計画は承知していなかった」と説明した。
【図解】衆院予算委論戦のポイント
http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_politics20170724j-03-w460
 民進党の蓮舫代表は、首相の通常国会での答弁と矛盾していると追及。これに対し、首相は「整理が不十分なまま答えた部分がある。厳密さを欠いた」と釈明した。蓮舫氏は納得せず、「全く信頼ができない。国家戦略特区はもはや疑惑だらけだ」として、臨時国会の早期召集を迫ったが、首相は「適切に対応したい」と述べるにとどめた。
 首相は、同学園の加計孝太郎理事長に関し、「互いの立場を利用して何かを成し遂げようとしたことは一度もない」と述べ、依頼されたり便宜を図ったりしたことはないと重ねて強調。「そういう関係だからこそ、友人として長い付き合いができた。相手を利用すれば、友人とは言えない」と語った。それがほんとーならば美しいなー、でもであれば真っ先に理事長の参考人招致、そして前川氏、泉補佐官、今治市の責任者、4名の「証人喚問」に応じなくては、誰も納得しないだろう。(最初からそうすればよかったのではないか)教員も集まりづらくなった。受験者もどうだろうか?これでは8月の大学設置審議会で「不認可」になるかもしれない。モリ・カケ両方キャンセルか。
【関連記事】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170725-00000034-jij-pol


[PR]
# by issei_tachikawa | 2017-07-26 08:24 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)

c0219972_09293265.jpg
この状況で、野党としては、
1.
安倍首相=日本会議のずる賢い改憲策動を叩き潰し、安倍政権を潰す
2.
野党4党協力による「日本版オリーブの木」態勢で総選挙を戦い、野党連合による政権奪回を目指す
3.
その場合に民進党代表が真ん中に座って「首相候補」としてそれなりの存在感
を示し、その両側に右大臣・左大臣という感じで小沢一郎と志位和夫が寄り添っているという形が可視化されることが重要で、その場合に真ん中に座るのが蓮舫でいいのかが問われる。小沢は、民進・社民・自由合流論だが、小沢が民進に入ると代表代行とか顧問とかになって顔が見えなくなるので、自由党党首のままで、右大臣・左大臣という見栄えを保つことが大事ではないか。
4党の政策合意 4つの課題)
安保法制、共謀罪法を廃止して、専守防衛に立ち戻る

沖縄県民の総意に沿って普天間、辺野古の問題を解決する

原発は順次廃止しつつ、太陽光や風力など自然エネを急速に拡大する

アベノミクスは止め日本型福祉社会の形成と財政再建を両立させる

――
というあたりで大雑把に合意できれば政治ははるかに面白くなる。
6
月上旬に会った某民進党幹部は「次の総選挙で民進党が現有95議席から約150へ、共産党が21から30へと、それぞれ1.5倍化すれば、合計で180、社民と自由を合わせれば190議席程度で、結構いい線まで行く。それで次の総選挙で政権奪回だ」と言っていたが、都議選後に会った別の同党トップ幹部は「いや野党選挙協力が巧く組めれば、次の次と言わず、次で民進と共産が議席倍増、政権をとることもあると思いますよ」と自信ありげだった。さあて、この安倍1強態勢下では改憲でも何でも罷り通ってしまうのではないかと思わされていたけれども、その圧迫感が突如とし消えて、何でもありの政局展開が始まろうとしている。
都民ファースト、都議会では躍進したが、今だ誰も記者会見や取材に応じていない。ぱっとみは女性党首の寂し気なほほえみで陰険きわまりないほほえみで微笑みごまかされがちであるが、実は「国民ファースト」結成が狙いではないか。
ただし、時事通信の調査では「期待する」は26%にすぎない。期待しないが56%


[PR]
# by issei_tachikawa | 2017-07-25 09:29 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)

c0219972_22093975.jpg
人口予測???

【農林水産業に脚光を】

1.農業高校増設、農工大見直し

2.担い手づくり(農=80まで働ける産業、農業でなくて農でもよい)

3.自宅「農」奨励、自宅畑に助成金を

【環境】

1.脱原発・再生エネジーの町へ

・小中学校の屋根、マンションのベランダにソーラーパネルを

・自宅駐車場はコンクリートではなく、砂利か・・に(自宅改造に補助金)

2.戸締り・フェンス・規制の町から、オープンまいんど・憩いのスペースへ

・公園のフェンス つくらない・替える(ウッデイ、背が低いに)・減らす

・駅前(立川駅、西国立駅、西立川駅、玉川上水駅等)の自転車停車ルールの変更

(シルバーのみなさんおつかれさま、いつもありがとう)

・コミカフェを各地区に5件×23?=市内120

3.井戸水(のめる)・青空(みえる)・メダカの(泳ぐ)まちへ

チャンゲチョンに敗けない神田川、雑魚・蝶々・トンボの玉ジョー

泳げる玉川上水、泳げて住める多摩川河川敷

【福祉と医療】

1.福祉は権利、憲法第25条の「健康・文化的・最低限度」の生活見直し

2.医療、病院をみんなのものに、立川相互病院、災害医療センター、西の木クリニックなどとの協働・連携

3.すべての家を「さんきゅうハウス」に、ホームレスゼロ、生保利用者は「必要レベル100%」に、福祉行政の考え方の転換を、「円卓会議」の定例化(年4回、少なくとも2回)

4.こどもの貧困対策 市内どこでもワンコイン・レストラン

5.和歌山県オレンジコープに学ぶ(市内100か所のリビングホームを)

【平和】

1.横田にオスプレイノー!、日米地位協定の変更

2.9条を世界遺産に

3.安保法、テロ等組織犯罪準備罪、廃止または修正(集団的自衛権は違憲、駆け付け警備なども廃止)

4.スイスの民兵から学ぶ


[PR]
# by issei_tachikawa | 2017-07-16 22:10 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)

c0219972_19224137.jpg
地域参加7名、さんきゅう関係8名でした。中には女性4人組もいて元気いっぱい、7年前が夢のよう。さんきゅうハウスに地域が期待する役割が徐々に変わってきている事実を実感できます。
「地域の憩いの場」になっているなー。まさに多様性の宝庫だ。路上生活者を必死に応援していた昔が懐かしいくらい。いろんな人がここに集まってくる。
ここにもう一つの家族をイメージでできればうれしいね。何言ってもいいんだよ。忖度しなくていい、あたりまえだのくらっかーやねん。ふるー!
収入は15000円を超えました。家賃2000円払ってもだいぶ余ったので、事務局4人には、一定バックしました。
毎月第1土曜日、第三日曜日に開催しています。広報は社協の「アイアイ通信」ね。
来月は8月5日(土)と8月20日(日)です。
ぼくは6時前に撤収しましたが、1つの卓はまだまだ延長戦でした。つよし、もろさんの天ぷらはよーたべや。そーめんもかたくなるで。
来週もおもしろくするよ。
7/17(月)きよし&だいすけカフェは休み。1時から2時 JR立川駅北口デッキで「辻説法」
7/18(火)昼頃 多摩信⇒社協から有機無農薬野菜(ピーマン、なす)引き取り
7/19(水)萩原さんの陰陽食
7/20(木)さんきゅうカフェにわたぼうしさん来店は、予定変更で7/27になりました。たのしみやねー。多摩信野菜はレストランサラに連絡。
7/21(金)三多摩フードバンク 河原あついでー。

[PR]
# by issei_tachikawa | 2017-07-16 19:40 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_10480824.jpg
昨日はカフェの日、ケテイさんの「ごーやチャンプル定食」うまかったぜ!夏バテ対策OK。けんちゃんが通院なので、Kさん宅にはおれがいった。
新聞をまとめてゆわって置き場に出した。約1時間15分の家事代行サービス、いろんな仕事が来るのであきないよ。おれむきだな。
昼飯くってから総合福祉センターまで地場野菜(ピーマンとナス)のひきとりに。帰り道、青梅線の踏切で若い女性の声。「駅はどこですか?」と聞かれた。立川駅までは歩いて15分くらいかかる。どうもその人熱中症らしい。
日陰に案内してしばらく雑談していたら顔色が良くなってきた。目にも生気が蘇ってきた。タクシー呼ぶ必要あるかないか聞いたら、大丈夫ですというので、イッセー名刺を差し上げて、「やばい時にはいつでも電話してくださいかけつけますから。」といいのこしてさんきゅうハウスに戻った。そこからさんきゅうハウスまではチャリで5分くらい。
そのこと忘れてましたが、今朝ブログ書いていたら彼女から感謝のメッセージが届いていました。「立川の道端でお話しさせてもらった者です。 熱中症にならずに無事東京駅に着きました。 今日は本当に助かりました。 暑い中親切にしてくださりありがとうございました。 」こちらこそありがとう!
さんきゅうハウスの歌をつくったよ。「新選組」(三橋美智也)のカバー。
多摩の川らーにー
 カラスがさわーぐー (かあかあ! ケンちゃん&いっせーで掛け声)
まーたもパルパン配布ノーひー
さんきゅーというなーにー、命をかーけーてー
さんきゅうはうすはきょうもーゆーくー(かあかあ!)
「おもしろきこともなきよをおもしろく」
住みなすものは、仲間やねー。
●写真は、「ゆずりは」です。この木の葉っぱは、次の春に新芽が出てくるまで落葉しません。他の木、例えばけやきなどは秋が終われば土にかえります。とても不思議でしたが、三多摩フードバンクの仲間である「ゆずりは」の活動をイメージしていてピーンときました。わかったー!

[PR]
# by issei_tachikawa | 2017-07-14 10:48 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)