どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

さんきゅう強運な人々

c0219972_18061668.jpg
N崎さん、何とかなりそうです。吉田さんからの連絡がまだないので、いまいち不安も残りますが、神奈川県のどこかの「寮」に入れそうです。
64歳男性、つっこめば「もう死にたい、何の希望もない。」とおっしゃる。思わず同感,相槌打ってしまいそうになる自分にブレーキかける日々。
この間さんきゅうハウスの総力上げて支援しているのですが、はっきりもうしあげれば「おれたちのてにおえる相手じゃねー」というのが事実です。でもありきたりの「線引き」はしない。だから、さんきゅうハウスは最後のよりどころらしくて(光栄ではありますが、つらい)、のんだくれて夜にカフェのシャッター前で寝ているところを近所の方の通報でわかり、さんきゅうハウスに1ッぱく避難、一時的なシェルターといえば聞こえは良いですが、管理人さんや在寮者の皆さんにとってはえらいしごとです。徹夜になりかねない。
やむおえず、寝袋を渡して、厚手のジャンバーや1日分の食料を渡して、近所の公園で眠れるようにしたのですが、持っていた僅かの所持金で酎ハイを3本呑んで、よっぱらい、すべての「プレゼント」をおきっぱにして、いずこかに消えた。(これが11/20夜のこと)
月曜カフェでは、シェアランチ御馳走した。前の日だってお寿司屋おにぎり飲み物差し入れした。なのに「3日間何も食ってません。」とおっしゃる。もうすべてがぐちゃぐちゃなのです。
でも気張って考えました。
1つ、排除してはいけない。
2つ、見下しても行けない。
3つ、見捨てるな。同じ命なんですから。
4つ、希望なんかはこれから一緒に見つけていけばよい。
5つ、こごえしぬことだけはなんとしてでも避けたい。
と思っていましたら、今朝、11時に救急隊から電話で、「通行人からの通報で災害医療センターに搬入されました。」とのこと。
すぐに吉田さんに電話して直行してもらい、そのまま「保護」にかける段取りをしましたが、まだまだ「タタカイ」はこれからですとはいえ、路上での凍死は免れたので本当に良かったです。
●写真は、庭中に生い茂っていた桑の木の剪定が終わってすっきりした我が家の庭。近所の友達から「あったかいジャンパー」が届きました。手紙には「お元気ですか、お役に立つならどうぞ。一句:青い鳥 つかまるまいと 冬ごもる 花笑」
●別の友達は、家族で奥多摩に引越しだそうです。ちょうど畑の大根持っていたので、餞別にしました。「ちょうどこんばんおでんにしようとおもってたんでー」とうれしい反応。地域はええなー、がんばろーさんきゅう。

[PR]
# by issei_tachikawa | 2017-11-21 18:12 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_12032614.jpg
今日(11/19)は、麻雀・囲碁・将棋クラブ、女神・いくこの発案で始めたこのクラブも地域に定着してきています。とくに健康麻雀には多才な高齢者が集まる。男も女も元気な人は死ぬまで元気なんだろうなーと感じる。笑い声がカフェ内をはじけて飛び交う。いいなー。
でも中には病気抱えている人も、元気人に交じって、さりげなく元気を続けている場合もある。そのあたりはなかなかわかりずらいので細かな思いやりが必要なのですが、教科書は?メイビー・ノー。
月曜日は、カフェですが、昨日シェフが2日連続の救急車、「死ぬ気でのんでるんか?」と心配で、ミヤちゃんに問い詰めた。「のぶあきみたいになりたいんか?」と。答えは「ノー」でしたが、いつもこうなんです。今日は泣きました。「俺より先に死なないでくれ。」と。
いろいろある月曜カフェなのですが、何があってもやめません。少なくとも俺の命が続く限りというと大げさかもしれませんが、地域の皆様に支持されつつあるカフェですから、次の担い手さんが出てくれればやめますが、それまでは楽しくやっていきます。K-1精神です。
火曜日食堂は、勝男ちゃん休業中なので、見守りしています。高木さんがしっかり作ってくれるので安心して係れます。
水曜日、不動のなりたん&幸悦コンビで、食堂です。最近は地域にも「開放」しています。プロ並み和食調理師の定食が500円で食える。人選んで、個別に誘っています。いちどにどどっとこられる対応デキマセンノデ、ポコアポコ(少しずつ)。
木曜日は、敏さんがまだお遍路中ですのでイッセーがフロアで、じゅんこさんが調理ですが、今秋からなんと高校生のボランテイアがきてくれます。須田学習塾の丸山さん紹介で、津曲君という男性です。やたらかっこええし、センスも良い。カフェの雰囲気もがらっと変わるね。あっ、そうだ、来週「勤労感
謝の日」なので営業します。逆説だよ。サンクスギビングにギブギブだぜ。この世で大切なことは、与えること、捨てること、見返り求めない「ピース&ラブ」なのです。
金曜日は、恒例の『のんびる』引き取りがてら、パルシステムの若き職員さんとの「一期一会」を楽しむ昼食会です。『のんびる』5冊を仕入れて、鉄っちゃん、ステッチ、さんきゅうカフェ、星君、なみきょんに配ります。組合員以外の地域(イッセー)ルート販売、定年退職後もずーっと続けています。立川地区総代の仕事と同じく、「ゆりかごのまえから、墓場の後まで」パルシステムで責任をもてればいいなー、特に大風呂敷きではないと考えています。だってこの精神こそが、大手や共同購入(小さいほうが良いという考え方)の理念に向こうを張って、地域生協づくりを体張って推進してきた、パルシオステムの大切な資源なのですから。
そして、11月25日(土)は、10時から、今年最後のステッチマルシェ、あったかいまめ吉コーヒーが飛ぶように売れます。スタッフも、幸悦、えつこ、のぶお、いっせーで安定しています。ただ今回は、約束していた立川落語会の発表会に行けないので、電話入れないとなー。
あっ!いけねー、麻雀等くらぶや、出かけなくては。インフルも治ったし、10年分の人生オーバーほーろ終了です。お天気さいこー、がんばろうさんきゅう!

[PR]
# by issei_tachikawa | 2017-11-19 12:03 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)

c0219972_19121784.jpg
さんきゅうカフェでOB1名が仕分けし、イッセー、OB1名、研修中の高校生が河原6名(日野橋下5名、残堀川周辺1名)にパン配布。ラパンのパンは数量が少なく内販で終了)

河原分含めては、今回は増量して18個ずつとしました。

●貝殻橋のHさんは、中州に移動し、今日は久しぶりに「さんきゅう食堂」を利用しましたので、帰りにパンを渡しました。

●日野橋下の高齢男性は、今日も元気でしたが、あいかわらず生保申請には乗ってきません。新人1人は今回で9回目の配布。「あさはら」さんは、今日も漫画本を読んでいました。

●同じく、日野橋下住人、流れに最も近いところで寝ているMさんは、今日も元気でした。

新人2人で配達終了。

●残堀橋下のKさんは、河原生活15年目、65歳で、生活保護申請し富士見町の寮に入られてからフォローはしていませんが、「頼りなきことは良きことかな」と思いたいです。

●Sさん(まさる)分はおいてきました。バイトもしているらしく当面心配はなさそう。

・高校生が希望したので、猫屋敷に案内し、しばらく「アリ」(黒猫、かなり高齢)とたわむれました。「虫が嫌い」だそうで、緊張していました。来月も来てくれるかどうかは、未定ですが、これこそ自然力・環境教育なので、やれることはやります。それより西は、生活者ゼロの様子ですが、草深くて十分に現状確認できていません。毎月訪問・調査を続けます。

・食堂利用者からパルパン注文を取り、名簿に10名書きましたが、今回も利用は6名(路上1、生保5)です。「9月から1袋、菓子パン等6個で 100円」で販売中。現金収入500.円はある意味大きいです。ちりも積もれば自立資金。食パン希望のKさんにも、今回は食パンを配れました。

●夕方、フードバンク立川(利用者Oさんは国立在住の女性、メンタル問題あり)、1名引き取りあり。米、レトルトスープ、パン、ジュース、果物(柿とりんご)、大根などを配布しました。

●今回から、さんきゅうハウスへの到着時刻を早めていただきました。おかげさまで、きちんと希望者全員に配布することができました。ドライバーの高木さん、吉田さん、ご協力ありがとうございます。
(緊急!)
路上のNさん、最近けがをしてから弱気になったのか、昨晩もさんきゅうハウスシャッター前でねていたらしく、通報される危険があり、ハウス内で保護しています。しかし、これはあくまで非常時の特別対応であり、管理人さんやザイリョウ者に仕事を押っ付けるわけにもいきません。吉田さん、大沢さんで対応お願いしています。頼みは「ふるさとの会」さんか。何しろ見捨てるわけにもいかず、かといって無限責任も負えない状態なので、苦しい状態です。ここ一番踏ん張りどころです。



[PR]
# by issei_tachikawa | 2017-11-17 19:12 | 三多摩フードバンク&フードバンク立川 | Comments(0)
c0219972_19585271.jpg本日のおまかせセット、なんとコロッケだけれどあげてない、クルミが入ってる。味噌味うまかったー!

c0219972_20020038.jpg













ジャガイモつぶしは、ケンちゃんの仕事。けっこうできるぜ。指導がうまいのだろーな。c0219972_20034341.jpg













これがおまかせセットメニュー全貌です。このほかに、食後のデザートにいろいろつきます。お寺さんからいただく、柿やメロンも。c0219972_20053796.jpg











帰ってきたら『シロ』がいない!やばっ!とおもったら窓の外から声がする。なんと、ぼくといっしょに約2週間以上、車にはねられたらしく、後ろ足を引きずっていて、ほとんど寝たきりだったのに、今日の午後自分で窓こじ開けて外出してかえってきたのです。自然の回復力に脱帽、イッセーもシロもまったく医療には依存していません。(時にはうまくつきあいますがね。いいなりにはなりません。いいなりにはなりません。日本国憲法と政治家みたいなもんです、主人公は国民、個人1人1人。
★★★ケテイさんの12月当番日は、14日(木)です。としさん(お遍路巡礼中)も帰ってきますので、ささやかながらカフェ望年会やろうかな。

[PR]
# by issei_tachikawa | 2017-11-16 20:10 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_23132214.jpg

先日明大前から井の頭線に乗って吉祥寺に向かう途中の話。
満員だったので優先席の前で立っていた。3人席には明らかに現役って感じの男女と「同世代かなー、いやまだもっと若いかも」と思われる女性(Aさんとします)が1人座っている。
Aさんは、明らかにそわそわしている様子。「せきゆずんなきゃー」と感じているらしい。
で、永福町で1人がおりたら、Aさんが空席を指さして「どーぞー!」とおっしゃる。
実は、これで2度目なんですね、席ゆずられるのは。本年で言うとうれしいにはうれしいんですが、明らかに現役でつかれてんなーというひとみると、かえって悪いなーと感じてしまいます。
その日もそう感じたので、座った直後、右側のAさんに
「すみませんねー、きいつかってましたよねー。」といってしまったんです。
そっから先がおもしろい。
ちょうど赤旗読んでたんで、9条のところ指さしながら聞いてみました。
「どうですかー、変えた方が良いとおもいます?」って。
そしたら答えは、
「自衛隊明記しないと気の毒ですよ。災害復興だってだいかつやくだったじゃありませんか。」とくる。
そこで次の質問をしました。
「そうですかー、きもちわかるなー、だとすると、こないだの選挙、自民党ですかね。」と聞いたら、なんと答えは「共産党に入れました。」でした。いやーたまげた。
「なんでですか?」ときいたら、小林多喜二のこととか話してくれました。つまりこの人は、平和が良い、平和は守りたい、でも自衛隊はちゃんと憲法で「日本を守る」役割を規定してあげたいということなんだろうなーと思いました。
そっから先の話はできませんでした。
聞いてみたかったのは、安保法制(とくに集団的自衛権、駆け付け警備、邦人救出、米韓補給活動)は違憲ではないのか、トランプ大統領は好きですか、日米地位協定の詳細などについてなのですが、吉祥寺で別れてしまったので果たせませんでした。しまったなー、お茶でも誘うべきだったな。
でもね、車中のわずか30分足らずの会話で、これだけ盛り上がれたのは、ぼくの活動歴50年の中でも異例の事でした。これはきっと「状況が人と人のコミニケーション」を誘発してくれているんだろうなーと感じました。
民衆どうしはつながれば絶対多数なんですから、勝ちます。孤立と無関心を溶かして協働の輪をひろげていきましょう。パルシステムは永遠です。協同組合社会の実現に向かって。


[PR]
# by issei_tachikawa | 2017-11-15 09:39 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)