人気ブログランキング |

どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

頑張ろう支援室(地域活動) 再考察・再出発のために

c0219972_1112035.jpg古今東西洋の南北問わずに一般論は、時代の変わり目に活発になり、それ自身では多大な犠牲を生み出してしまうリスクがある。古くはルネッサンス、新たは「政権交代」などなど。
セカンドリーグに欲しいのは、愛と協働の精神だと思う。思いやりとかたすけあいともいえる。言い換えれば「地域ってナンなの」、「こんな地域ならいいなー」逆に「こんなんだったらかなわんなー」ということで、もっと素朴に率直に「地域の事実」(現場からの声や叫び)をベースに、次(セカンドの1つの意味、含蓄の一部)を論議すると生産的だと思う。

仮に名前を変えるのであれば、以下のようなことに答えを出して欲しいな。
Q1.略称を何にしますか? セカンドリーグ支援室を地域活動支援室と改称した理由をたどっていけば、地域セカンドリーグの名称は、「地域活動支援室・・・・」というのはスマートかな。英語が好きな人には、コミュニテイ・アクション・サポートだから、略称は、CAS、コミュニテイをローカルに替えるとLASかな。
Q2.地域活動支援の目的は何ですか? 組合員活動と地域活動の区別と連関
Q3.支援の内容は、東新宿(トータル・サポート・センター=TSC)と各地域の役割分担を明確にしながら、つながり方WINWINの中身もクリアに説明する。
Q3.支援の対象は何ですか?(組織と個人、産官学民、CB、NPO、ボランテイア)
Q4.他の「中間支援組織」と比べて、パルが係わるそれの特徴は、長所と短所は何ですか?
Q5.「中間支援」的な部署を生協内部におくのと、外部に独立させるのとでは費用対効果がいかにことなるのか?(人件費・物件費、地域市民の目線で、かかわりやすさ、融資の受けやすさ、地域波及効果)行政の「指定管理者制度」と比べると?
Q5.2007年からの「名称確定⇒変更」歩みをそれぞれの理由と意義について概略説明してください。
Q6.2012年度から3年間のアクションプランを出しませんか?夢と未来を語り合おう!

地域活動支援室は、地域をどう変えたいのかなー、地域に何があればよいのか、何が無い方がよいのか、地域ってマネジメントができない場所ですが、この点についてどう考えますか?
★10月1日の「地域活動パルに集まれシンポジウム」期待してるぜ!
by issei_tachikawa | 2012-07-23 10:48 | パルシステムで愛と協働のまちづくりを | Comments(0)