人気ブログランキング |

どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

<生活保護受給者>「冠婚葬祭出ず」7割…民医連調査

金がなく生活困窮者が冠婚葬祭にも出れないことが、統計で示されたことに意義がありますね。
<生活保護受給者>「冠婚葬祭出ず」7割…民医連調査
毎日新聞 5月9日(木)21時20分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130509-00000078-mai-soci

 「生活保護受給者の大半が地域の行事や冠婚葬祭に参加していないことが、全日本民主医療機関連合会(民医連)の調査で分かった。交際費を捻出する余裕がないことや生活保護に対する後ろめたさが背景にあるとみられる。

 調査は2~3月、岩手、秋田、栃木をのぞく44都道府県の医療・介護施設利用者で生活保護を受ける1482人から聞き取った。地域行事の参加状況は「全く参加しない」「あまり参加しない」の合計が82.5%。冠婚葬祭でも同様に69.5%に達した。交際費については「なし」と「月額1000円以下」の合計で50.4%だった。

 回答者の7割超は60歳以上。自由記載欄では「近所の人に肩身が狭い」「金銭的なことからつき合いは全て断っている」など、孤立しがちな胸の内がつづられていた。

 調査担当者は「受給者は『もらいすぎ』『不正受給ばかり』などとバッシングされるが、健康で文化的な最低限度の生活ができているとは言い難い。経済的困窮が人的交流の貧しさにつながっている」と話している。」

◎昨日パルシステムの食堂で、生活用品課の定時職員さん(懐かしき顔ぶれ2名と初見3名)相手に話し込んでいたら「生活保護不正受給」の話題になった。1人は受給者にたいして批判的だったので瞬間ムカッとしたが感情的にならないように質問してみた。(切れやすいイッセーの自己防衛術、他者を傷つけないような配慮)「不正受給っていいますが全体の何%、金額にしていくらぐらいか知ってますか?」と。

案の定ご存じなかったので、2010年時点における不正受給件数は2万5355件、全体に占める率は1.8%、不正受給額は128億7425万円、全体に占める率は0.38%と伝えた。

さらに補足率(本来保護されるべき生活レベルにあるひとが受給している割合)についても、まだまだ数%台で立川市は13%とトップレベルにあることも伝えた。

「健康で文化的な最低限度の生活」って考えてみると人それぞれ考え方で解釈が違ってくる。へたに定義しないほうが良いかも。しかし、冠婚葬祭に出る金もだせないような金額では何が保護なのか?がつくことは疑いない。支給金額を減らすと言うのはどう考えても、一般市民感覚から見ても理不尽です。

「4分の3を国、4分の1を自治体が負担して世帯ごとに支給される。今年度は3兆7千億円に上るとされる。基準額から、仕事の収入や手当を差し引いた額が支給額となる。内容によって生活扶助、医療扶助、生業扶助など8種類がある。生業扶助には技能修得費のほか衣服代などに充てる「就職支度費」などがある。」
( 2012-10-20 朝日新聞 朝刊 2社会 )
by issei_tachikawa | 2013-05-11 09:35 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)