どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

年の瀬ご挨拶(facebookと◎以降以外は内容同じです)

さんきゅうハウスもそろそろ4年目でセカンドステージです。
「人がいやがり避けたり見てみないフリをする」分野にも事業のチャンスはあります。
コハイだって、立川の桜ヶ丘、武蔵村山で実験的に「あわせ配達」として勝手にはじめたころは周囲からふくろだたきでした。
東村山の配送センターで、丹治・滝・長谷川(T・T・H)がはりついて組織的に はじめてからしばらくは「生協を破壊する危険が高い」という人が大半でした。
まじめなひとほど新しいことには懐疑的になりがち。ぼく(ら)のようなヤクザモン(ほんとうに社会のレールから脱線しっぱなしの)だからこそ手をつけられたのかもしれません。
今日は、てづくりうどん教室、パルシステム東京の組合員も含めて11名の参加申し込み、講師の藤田さんは、 気功術の達人で、父は西勝造さんの弟子、3ヶ月「不食」(水分以外は摂らない)を やりぬいたひとですが、修行僧のイメージとは程遠い気さくなエロオヤジです。(イッセーにも共通 笑い)
年の瀬の事故にはくれぐれも気をつけてください。

グラーシャス・あ・ら・ビーダ(生きていて良かった、人生よありがとう、メルセデス・ソーサ、享年86歳?)

◎今週は親戚の葬儀があいったり、小平福祉園のクリスマスパーテイ応援ライブがはいったり、22日ライブのもうしこみうけつけと今日の「うどん教室」申し込み受付をやっていて充実した日々を過ごしています。しかし皆様と違ってスマホをもたない(もてない)身なので、自宅PCに座る余裕が無いと、ブログもFBもお休みになります。もしもイッセーのスマホ維持費を出せる方がいらっしゃいましたら、スイス銀行の口座に振り込んでください。(冗談です)余りがねは、さんきゅうハウスに年越しカンパお願いいたします。
これは真面目な話です。郵便預金口座番号は
00190-2-306646 加入者名 さんきゅうハウス
[PR]
by issei_tachikawa | 2013-12-15 11:25 | パルシステムで愛と協働の地域社会を | Comments(0)