人気ブログランキング |

どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

パルシステム東京の「コミュニテイ・ワーク連絡会」に加入承認されました

さんきゅうハウスの理事として連絡会の定例会に出席し、新会長の曽根恵美子さん(こうとう親子センター)、副会長の岡禮子さんのご挨拶し、2013年助成金事業の報告と抱えている問題、2014年度事業の計画についてご説明し、連絡会に加入承認して頂きました。
でもさ、考えてみれば13日のスタッフ会議でこのこと提案しなかったよな。今気がつきました。あとで報告して承認して頂くしかありませんね。でもお互いに良い話だと思いますよ。
NPO側のメリットとして期待できることは、広報力向上です。パルシステム東京のコミュニテイ事業広報誌「withyou」は、2013年のうどん教室で集客力を証明してくれました。3月には、2周連続で広報していただき、10名以上の申し込みと参加をいただきました。中には、立川市議会議員選挙で大沢議員とつながった方もいらっしゃいました。まさに生協がスムースに地域政治にかかわったという実績もできました。
今日の出席団体は、13、欠席が6団体、NPO法人も任意団体も、ワーカーズもいて多様な顔ぶれ、昨年度まで代表を勤めておられた「NPO法人Mystyleこだいらの竹内さんともお久しぶり、企業組合くりえの友光さん、食育暮楽し部の森野さんとは7年ぶりかな!そのほかのみなさんも輝いていて若々しい、変ってませんね頼もしい。
途中で参加者交流をかねて、①私のストレス解消法/マイブーム、②活動や団体で困っていること、③勉強会(9/27または10/18(土))でとりあげたいテーマについて1人3分で話しました。
①について:アンデス音楽、山歩き、畑、マラソン、そして(なんと!)選挙活動をあげて、皆さんの笑いをゲットしましたが、岡さんからは「負けたらかえってストレスでしょう。」といわれたので、「やるべきことをやればかならずかてるんです。」「経済と政治を文化的につなげて進むこと、パルの課題ですよ。」とお答えしました。②について:アルコール依存症とどう向き合うか、経理雇う金をどこから工面するか、ボランテイア依存から独自事業をいかになどをあげました。③について:希望学でした。いなぎ里山の鈴木さんから、コレクテイブ・ハウスがでましたが、町全体を視野に入れて、個別と集合の切り分けと総合で組み立てる事例の研究はぼくも興味深々です。というわけで、2時から4時までの会議にオブザーバー参加し、連絡会加入は異議なく承認して頂きました。
by issei_tachikawa | 2014-07-16 23:32 | パルシステムで愛と協働のまちづくりを | Comments(0)