人気ブログランキング |

どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

シールズとの体話を続けます

シールズ研究報告)2冊買ってきました。
1つは、『民主主義ってなんだ?高橋源一郎×SEALDs』(河出書房新社)、2つは、『SEALDs民主主義ってこれだ!』(大月書店)
昨日は、1冊目を読んだ。第1印象ですが、良く勉強してルナーという感じ。あと、ほんまに個人なんやなーとも感じる。だから親しみを思えます。そして、奥田君の父も僕と同じ様な活動を僕よりはるか以前から、確信(信仰にうらうちされた)を持ってやっている点が気になりました。
内容についてたくさん教わりました。ページ数で言うと、(50、129-132,134)アナティの民主主義はアナキズム(無政府主義じゃないからね)に近いという指摘。
(126)ではべ兵連についてふりかえっている。コレは今の僕の問題意識と重なるのでためになります。ぼく(ら)は、あきらかに新左翼党派的な、ブント的視点から、彼らの運動は軟弱、市民主義、広がるのも速いがすぐつぶれてしまうだろうとしたに見ていた記憶がある。他方での小田実とブラックパンサーへのさわやかな印象も残しながら。「なんでうちげばになってしまったんじゃりか?」「どうすれば再発ふせげるのか?」を問い続けてきました。だから、こういう本がでるとうれしくって、とびついてしまうのです。
(150)イロコイ連邦について。なかなか良い着眼点だと思う。ぼくは、アンデスの先住民と交流しながら、西側の文化とは別流で行き続ける政治敵文化の研究を続けていますが、シールズの京都の大学生の指摘に共鳴するところ大ですね。
というわけでたくさん学ぶことができましたが、以下3つの点で???も感じました。
1つは、9条の意義について。戦争抑止する力があったというのが、ぼくのみかたですが、牛田くんは「変えてもいいんじゃないか」とおっしゃる。
2つは、自衛隊の存在を違憲とみなすかどうか?ぼくは違憲だと思いますが
3つは、「じゃーせめられちゃらどうすんのよ」というがきの喧嘩れべるの現代戦争リスク分析について。ぼくは「まるごし、民衆交流、芸と音楽が平和と民主主義の原点、あらゆる武器を楽器に」という立場ですから、彼らといかなる話になるか?
元寇について詳しく知るには、網野善彦の本が良いですよ。
そしてこの点いついてももううすこし突っ込んだ体話(行動)がほしいな。「足元をどうかえていくんですか?」という働きかけです。自由民主党が50年間不抜の政権を担当してきた理由の1つに、ご近所とのお付き合いがあります。地域の細胞は、家族、ご近所、町内会・ジジ会、PTAなど。食、農、食理学が問われます。
いろいろありますが、シールズをになっている1人1人に心の御底から「ありがとう、よくでてきてくれた」を送ります。学歴社会を超えています、か?
by issei_tachikawa | 2015-10-28 09:15 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)