人気ブログランキング |

どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

さんきゅうカフェNOW

昨日もおもしろかったな。テンションがあがりすぎてやばいて感じたくらいでした。うりあげは9900円(惜しい!)食材費は1448円、来客数は13名
開店前に来る人にも優しく対応してくれたスタッフにありがとう!この人は、たしか77歳で徳島県生まれ、東京サポートに紹介したのですが、かなり認知が進んでいて、過去の記憶が消えていて、でも、さんきゅう文庫の本は大好きで、いつも借りていきます。借りたものはちゃんと返してくれるみたいです。(笑い)文庫は、ワイナマユのベニート&ジュンコさんから、および理事の星さんからの寄付で成り立っています。最近では『こまくさノート』(シェフの吉森さん)、『生活保護で生きちゃおう』(理事の須釜さん)、『砂川闘争の記録』なども置いてます。うりあげはNPOの運営資金にという奇特な執筆者も多数。
社会福祉協議会『くらサポ』の大島さん、岸野さんも来てくれた。これで関係性とフードバンクのレベルが上がりますね。お互いの現場を知り合うこと、電話やメールだけでなくて顔の見えるお付合いになると、仕事もスムーズに進みますね。昨日の支援は、78歳の年金生活者の方、医療費かさんで15日の支給日までくいつなぐのが難しい。家が遠いので2人が代わって米などとりに見えた。びっくりだったこと、大島さんの娘さんは「ののか」の同級生だってさ!
社会福祉協議会にも少しは食料部備蓄があるほうが、緊急対応しやすいと判断して、缶詰、パスタ、米などを回しました。
たなべさん、ソラさんと3人で話してる時、パリのサロンみたいだなーて感じたよ。話題は安保法制から童話、絵本まで幅広く、テーマにタブーが無い!ここでは何でも話して委員(良い)だよ。28日のBAKA大チラシも渡した。2人とも参加してくださるという。大輔にも事務局としての参加を改めて要請した。たのむぜ!
今朝、ソラさんから、とても心あたたまるメールをいただいたので、FBなどで公表したいなーと切に感じて、彼女にお願いしてるんですが、まだ返事が来ない。OKがでますようにお祈りだな。
アパッチに聞いた、「河原に建てる家どうなってる?いつごろからはじめるの?手伝うぜ。」って。答えは「今材料集めてるよ。」でした。やっぱしやるんだね、たのしみたのしみ。アイヌモシリのコタンが多摩川にできる。
そうだ、下江さんが北海道土産のチーズケーキくださいました。昨日も吉森さんの機転でテーブルにでてましたが、まだあるからね。月曜日にサービスで出せると思います。下江さんいつもなにかとありがとう!
まだまだ全部は書きけれませんが、さんきゅうカフェは面白いですよ。月、木以外でも、来たい時は、事前にイッセーまで電話かメールかFB(フェイスブックでの連絡)ください。イッセーの都合つけていつでもあけるよ。空前絶後前代未聞も365日カフェなのだ!去年は日曜日のお昼に、日本山妙法寺から石山さんがやってこられました。

by issei_tachikawa | 2016-02-05 11:24 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)