どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

いっせー通信vol.45、20160701 怒り心頭、憤怒天を突き

c0219972_200361.jpg
6/1号では、「集団的自衛権」とは何か、 安保法成立がなぜ急がれたのか、9条はGHQから押し付けられたんでしょうか?について書きましたが
今回は、参議院議員戦況、都議選戦況について思うところを記します。
おれはもうだいぶ前から議会制民主主義には限界があると感じている。非暴力直接行動、草の根民主主義、「足元」に問いかける政治に目覚めないといけない思っている。
今朝、進吾と電話でやりとりした。
「選挙行くかよ?」(いっせー)
「いかねー。」(しん)
「でもおめーらが意見表明しないと安倍のいいなりだぞ、それでいいんか?」(いっせー)
「かんけーねーよ、誰も信頼できねーし、先の見通し効くやつは政治家なんかにならねーから。」(しん)
この話しながら思い出したんですが、おれは40歳まで2回しか投票していません。最初は戸村一作さんが出たとき、次は奥崎謙三さんのとき。両方ともはずれでした。中山千夏さんの応援したことありますがあんときは投票しませんでした。(笑い)だから子供への迫真力に欠けます。
ところで、安倍のミスは何だったのか(苦しみのクに鈍感、双葉町、富岡町、10万以上の故郷を追われた人々の苦しみに寄り添うべし!1日インスタントラーメン1個で暮らす人がいる事実にも眼を向けようとしない。)
実質賃金下がりっぱなし。有効求人倍率などでは、派遣社員係が増えている事実が隠されていることにも鈍感又はしかとしている。
消費も増えていない。上げるべきは大企業法人税、とくに軍需関連2000社、大手銀行、大手商社に増税をすべきなのに、経団連は自民党の票田ですから大企業法人税上げられない、賃上げしないで内部留保380兆円!(国家予算でさえ90兆なのに)
一方、遊休個人金融資産1400兆から1700兆に増加、4年間で300兆も増えた!一方で「自宅に1600万円も置いていてオレオレに」とか。「あったかいお金」をまわせていない。
米軍への思いやり予算1兆円!日米地位協定の改定、辺野古への米軍基地移転ではアーミテージ・ナイにすり寄るばかりの安倍さん、これでは国益守れませんし、日本人こんなうそに騙される人はせいぜい30%程度ですよ。
何しろ「支持政党なし」「投票先まだ決めていない」18歳から40歳代に期待します。老若男女、まとまって安倍をたおしませう。
佐藤かおりさんか三宅洋平さんが、東京都1人区で、トップ当選することを、夢想しています。都知事は、自民党・公明党は猪瀬、舛添擁立の責任とって、今回は推薦も公認も事態するのが当たり前だのクラッカー(あえて古ギャグ)
舛添、税金返せよ!自民党・公明党で立て替えたらどうやねん。責任感感じさせる政治を!(続く)
[PR]
by issei_tachikawa | 2016-07-01 20:00 | イッセー通信 | Comments(0)