どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

今日はYPOで仕事です。道なき道をつくりゆく

カフェの常連さんから、リビングの床清掃と庭木の剪定&草取り(めいびー)を頼まれました。それぞれ時間単価800円、1000円。NPO価格ですよ。
小生の実家は盆栽業なので、門前の小僧よろしく3年間父と兄の下で修業したことがあります。幸路さんから大はさみをかりることになっています。小ばさみは、買います。
問題はお天気ですが、台風?
リビングだけならできるやろということで、これから現地直行します。
YPOというのは、NPOをもじった言葉で、「収益上げて運営資金と小遣いつくろうぜ」という趣旨です。わかりますよね。ノンというのも、本来はノット・フォーとするべきで、助成金・寄付金・ボランテイアだけではなく、自前の収益事業を継続して、こつこつと小さな収益を積み重ね、あったかいお金を地域でまわしましょう、というおもいでやってます。
さんきゅうハウスのなかに、YPO志願のグループができています。ほしさん、2人のきよしさん、つよし、だいすけ、そして女神いくこさんです。参加自由
●9/20本日は、ツヨシとイッセー2人で、3時間やり切りました。台風接近の雨の中、Sさんのだんなさんにも手伝っていただき、お昼はコンビニの豚丼とサンドイッチごちそうになり、お昼休みには立川の市民運動これからのことなど、話に花が咲きました。22日は、Sさん介助で車いす押しながらの集会参加です。
[PR]
by issei_tachikawa | 2016-09-20 08:47 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)