どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

10年分の心身オーバーホール終了かな?

先週木曜日のカフェの帰りにチャリこぎながら右に背中違和感を感じた。夜から咳と熱、といっても医者いかず、薬も一切のまず、熱も測らないので、何度までいったのかは???ですが、悪寒が全身を走った。
通常のパジャマにセーター&ジャンバー着て、靴下は2枚はき、3日間(実は土曜日はカミシバラーに会うために出勤したのです)眠れる森のおっさんになっていました。
悪いこと(実は考え方次第で吉ともなる)が重なり、メールが受発信不能に。1404円のAUへの支払いがされてなかっただけのことでしたが、原因がわからないので、気持ちがふさぎこんだりもしました。
今日はいろんな人から電話が入りはげまされました。社協の女神早川、こーえつ、つゆきさん、あとYPOで台所ゴミ清掃やったお宅から電話があり、再度の仕事依頼らしい。やっぱ俺にとっては天職なんだなーとおもい、明日はなんとかでられそうな気持になってきました。
入金が何件かあります。金カフェ家賃、土カフェ家賃、日曜日の麻雀クラブ収入(家賃+?)、月カフェ家賃などなど。
スタッフの1人がカフェで食事した感想をメールでくれました。
「今日、久しぶりに、さんきゅうカフェでランチを食べました。前回は、煮込みうどんにご飯というランチでちょっと炭水化物に偏っているなあという印象でしたが、今日は、あじフライ、キャベツの千切り、コンソメスープ、玄米ご飯、漬物というランチで、とっても美味しかったです。外で揚げ物を食べると気持ちが悪くなることがあるのですが、今日のあじフライは全然気持ち悪くならなくて、よ い油を使っているのだなと思いました。食後のコーヒーも、以前よりもずっと美 味しくなっていて、感心しました。宮川さん、ご馳走様でした!」
あと1つ、うれしい情報。さんきゅうハウス近くに住む、坂本さんの話が、COCOからに掲載されています。ライターは山木美恵子さん、さんきゅうカフェや夕食ボランテイアでもご一緒しています。こころがあたたまるよ。

山木さん
大見出し見るだけで泣けてきます。
あなたの感受性、表現力、誠真誠意が
世の中を(さんきゅうを)救ってくれています。
ありがとう、おおきに、ほんとうに


こんにちは。
KOKOCARAの坂本さんの記事が公開になりましたので、お知らせいたします。
本日、記事を公開いたしました。
「川原での暮らしも悪いときはなかったよ」 20年間の路上生活を送った男性が教え
てくれたこと
http://kokocara.pal-system.co.jp/2017/01/23/living-on-the-riverside/
なお、今晩、パルシステムのフェイスブックでも紹介される予定とのことです。
[PR]
by issei_tachikawa | 2017-01-23 20:11 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)