どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

イッセーの一人語り第3回「ラブ・レター」

c0219972_19174050.jpg
原作は、浅田次郎、彼の作品紹介、プロフィルから始めた。なんでいま「ラブレター」を話すのかの理由説明から始めました。
浅田さんて、自衛隊だったんだね。「家がビンボーだったんで高校いけなかったから。給料もらって働けるし、資格も取れるし」などとおっしゃっていたようないないような、おぼろな記憶。
浅田もんでは、鉄道員(ぽっぽや)がヒットした。活動写真の女、壬生義士伝など読んで友人に話したら、「ラブレター読みましたか?泣けますよ。」と言われて読んだら、言われたとおりだった。
深夜、一人、部屋で号泣、主人公の高野吾郎に自己を投影できる。おれって、いまここで、こんなことやってて、褒められたりすると恥ずかしいくらい、アウトロー人生だった。
小4からぐれ始めて、高校野球で社会復帰するまでは、はしにもぼうにもかからないチンピラだった。学生運動で2回敗けて、実質ホームレスんなって立川生協で拾われるまでは、自由だがアウトローだった。
ぼくにラブレター紹介してくれた大久保隆さん(㈱エコアイ、元はパルのえらいさん)もなかなか面白い人生を歩んでいる。
正月に「キャッチボールしよう」って我が家に遊びにきた。彼のたまは重たいよ。
たしか三菱銀行員だったことも、某組織のえらいさんだったことも、パルのえらいさんだったのに途中でやめて、環境企業を立ち上げた。
でも俺が彼の事すきなのは、実に知的で好奇心旺盛、遊び心たっぷり、人生の道草・寄り道を楽しむ術にたけていらっしゃるところに惹かれるのかな。
いろいろ本を紹介してくれる。漱石といえば「坑夫」だとか、「風姿花伝おもしろいよ。」とか、今回は浅田といったら「ラブレター」ときたのでした。
語りかたは工夫しました。アドリブいれて緊張感もつくった。最後は、『100万回生きた猫」の絵本読み聞かせになりました。
次は、宮本常一さん「土佐源氏」一人語りに挑戦します。4/2(日)3時から、さんきゅうカフェです。入場料は投げ銭にしてます。
●写真は、k-1ゴングの真吾

[PR]
by issei_tachikawa | 2017-03-06 19:22 | イッセーの一人語り | Comments(0)