どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

毎日が日曜日、毎日が労働日、楽しいぜ

c0219972_21583217.jpg
名刺の裏に「活動」が書いてある。
1.特定非営利活動法人 さんきゅうハウス理事長
2.NPO法人 高齢社会の食と職を考えるチャンプルーの会 会員
3.フードバンク立川代表
4.福島原発告訴団(第2次)
5.宇宙ミュージックKING応援団長、ジェンベ教室
6.アンデス音楽演奏グルーポ:ワイナマユ(若い川)
7.同上、ロス・サバドス(毎週土曜日に)
8.気・血・道コンサルタント
9.目高舎(めだかや)会員
10.みどりたちかわ(代表らしい?)
11.玉川上水さかえ野自治会 怪鳥(いや会長)
12.パルシステム東京(消費者生活協同組合)立川地区総代
●名刺には印字していないが、SSC(ステッチサポートクラブ)にも入っていて、年4回、ステッチマルシェ(手作り品持ち寄り青空市場)にも「さんきゅうハウス」で出店している。6年目かな?
「大丈夫ですか?やれてるんですか?」ときかれる。
答えは簡単です。すべてが自分の意思でやってることで、無責任なイッセーですから、大丈夫です。まだまだ増やせますか?うーん、要相談ですが、余り先のことは考えてませんので、毎朝床に正座して、祈りながら歌いながら、泣きながら笑いながら、「今日も一日天職遂行いたしますのでよろしくお願いいたします。」と念じています。
毎日が楽しい。どん底からはいあがってくる人たちと、今を語り合える。俺たちはみんな失った。仕事ない、家もない、家族逃げた、貯金ゼロ、生保まであと1週間、金貸してくれ攻撃もなんのその、怖いものなんてない。飯食いながら、「あと残ってるのは命だけだぜ。」と笑いあう。
最近若い利用者が増えている。そして路上現役は河原7名、駅頭4~5名、24時間マックなどは不明ですが、最多時に比べたら3分の1くらいに減り、その分OBが増えている。さんきゅう食堂は週4回、毎日10名前後の利用があり、カフェも同様です。細々と生きています。目立たないがとても豊かな地域家族的つながりを夢想しています。
天高くシロ肥ゆる秋。猫はいいニャー。にしくんもうしばらくまってろや。(約束)


[PR]
by issei_tachikawa | 2017-10-24 21:58 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)