人気ブログランキング |

どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

納豆菌の存在感、酵素玄米とは相性悪い?

納豆菌の存在感、酵素玄米とは相性悪い?_c0219972_19470741.jpg
早朝急に納豆が食いたくなり、温かい飯にぶっかけてたべたら、いやー極楽境地。朝食べた納豆菌は、夜になっても息から外に出てくるらしい。
これに目をつけたある企業の品質管理部は、O157大流行の年にある実験をした。毎日1回納豆を食べた人、食べない人で、O157が入ったときにどうなるか?
実験結果は予想通りで、納豆食べている人はO157菌を摂取しても、発熱とかの異常現象は起きなかくて、逆も真なりであった。
そこで問題です。玄米と納豆は相性が良いか悪いか?
ぼくは納豆にはやはり白米、それも炊き立てが似合うかなと思っていた。逆に、酵素玄米だと折角の酵素が、強烈な納豆菌酵素にやられてしまうのではないかと。
この問については結論が出ていないのですが、今日、国立のあひるの家で、質問してみたら、美しい声の女性店主がこういわはった。
「べつべつにたべたらいいんじゃないの?」と。
この会話を隣で聞いていた主人さんが、おっしゃった。
「かっこむからねー、やっぱはくまいじゃーないと。」って。
この会話を思い出しながら、夕食は納豆でした。大粒と小粒両方買ってきた。そうそう、昨日の「しあわせくらぶ」で、勝家くんが、「関西の人は納豆嫌いで・・」といっていたので、一般論(カテゴライズした意見)の問題性について、指摘させていただきました。
やれ、日本は・・とか日本文化の西東とか、外国に関しても「洋行自慢」型の各国論を展開する人がいますが、ちょっとおまちをですね。
納豆菌と長岡式酵素玄米酵素の相性については、実験中で、結論に至っておりません。理屈はさておいて、ぼくは納豆には白米が似合うと感じています。あと、御寿司もね。玄米寿司、アンビリーバブル?

by issei_tachikawa | 2018-11-26 19:47 | 気・血・道、医・食・農 | Comments(0)