人気ブログランキング |

どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

いっせー通信vol.74号 20191001

たまには島国の政治から地涌になりましょうか・・・

イッセー通信読者との会話

「最近出ないねー」(松下さん)

「すみません、いつ死ぬかわからんので」(ジョウクのつもり)

この先輩とは、実に不思議な縁で結ばれています。うちの神さんの高校の簿記のセンセー!なんと今年82才ですと!見た目は70代中ごろの勢いを感じていました。実年がわかったのは先日のステッチマルシェでした。

さらにびっくりしたこと、今井ゼミの先輩でした。😱-っ!

奥様とごいっしょに地域でNPOを運営されていますが、奥さまは、かって(たぶん学生時代)、井汲卓一氏の事務所でバイトされていたとか!!!

彼から言われることは、そのまま素直に受けとめます。忖度無し。彼と話すたびにイッセー通信発行エンジンがかかるのです。本願他力、百千万劫難遭遇

会話その2

青木誠一さんは若葉町の布団屋さん。お店の前にトレーニング装置が置いてある。気づいたのは2007年、レストランサラのお弁当配達ボランテイアの帰り道。

ご主人に聞いたら、「近代5種の右代(うしろ)くんはここで育ったんです。」と。新聞記事観て2人並んだ姿みると、じつにほほえましい師弟愛を感じます。

身長差は30cm?!

なぜ布団やさんがオリンピック候補者のコーチなのか?答えは彼のキャリアにあります。以前は800mの陸上競技日本記録保持者だったとか。

青木さんは、自然に生きることにこだわっていて、イッセーの同志です。原発、軍隊、消費税、ノーです。国防については「身体で国を守れる会」を2人で作っています。ざけんなよしんぞう政権、さようなら原発、立川市でも自然エネルギーを!!!

会話3つめ。これって書きづらいな。書き方考えなくては。書いてよいかどうかも本人確認しなくては、などなど迷ってます。地域っていうけれど、実に微妙なんですわ。でもかいちまえ!

阿吽の呼吸、ステッチマルシェだって40回目が無事終わりましたが、

最近SSC会議にも参加していない。でも出店希望者多数でも定位置を確保していただいている。オウナーの青木さん、事務局のあらがねーさまに感謝感謝なのであります。

最近自転車事故で負傷されたTさん、車から降りた姿を見て、本人確認できないくらい元気回復されていました。

「いやーすっかり回復ですねー。」(おれ)

「あんたも元気だねー。」(Tさん)

「いやー、いつ死ぬかわかりませんよ。まわりはばたばたいってますから。」

「あんたに死なれたら困るよ。」

「いや準備はとうにできてますよ、むしろ早めに行く方がよろこばれるんじゃないすか。」

「そんなことはないよ、あんたに期待してるひとはたくさんいるんだから。」っていってもらえて、うれしいぜ!

★★★あれだけの被害を、犠牲を出しておきながら、誰も有罪にならないなんて。

ありえなくない!!!

福島原発から放出された放射性物質被害は収まっていません。なのに固定資産税の減額などの援助が打ちきられています。自主避難者への住宅補助もおなじですし、放射能被害で危ない地域への帰還が始まっています。

事故原因究明も中途半端で、東京電力の勝俣会長、清水社長などの事故責任追及裁判、地裁で無罪判決でしたが、控訴が確定しました。他方、電気は足りているエネルギー需給状態なのに、老朽化した原子力発電所を再稼働させることは国家的な犯罪です。地震、津波はどこにいつくるか?誰にも分らないのですから、あらゆる原発即時停止、被爆させない政策を!

嘘は泥棒の始まりっていうじゃないですか、「日本の原発は平和利用が目的、絶対に安全です、温暖化対策にもなるクリーンな国産エネルギーです、他の発電と比べて最も安いコストで発電できます、地域おこしにもなります。」

嘘ついてきた責任は、電力事業で大もうけしてきた経営者が撮るべきです。東電だけではない、三菱、日立、東芝、WH、GE、同罪です。もちろん中曽根さん以降の自民党の責任は重いと思いますが、いかが?

さんきゅうハウスの活動予定はホームページでご覧ください

●詳細に関しては、ぜひイッセーブロブで。検索ワードは issei2nd.exblog.jp/ さんきゅうハウスのHPは、「さんきゅうハウス」で検索すれば開きます。

インターネットやらない方で、予定表見たい方はイッセーに電話ください。

●●そろそろ、2人目のお孫さんの顔みれるかにゃーっていう時期なんですが、静岡からの連絡待ちです。サイチェン アジアはひとつ!!!


by issei_tachikawa | 2019-10-01 16:42 | イッセー通信 | Comments(0)