人気ブログランキング |

どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

酉二兄から何を学んだのだろうか?



c0219972_00501747.jpg
これで2回目の案内です。吉村酉二の夢と題して、お弟子さんの講演があります。15日の体話カフェで、びよさんはじめさんかしゃのみなさん濃淡はありましたが、小生としては以外の関心を示していただき、なんと、10/19(火)の対話カフェを29日に変更して迄して、19日は講演会に来ていただけるとの事。光栄です、嬉しいです。
丁度、酉二兄の長女、葉子と家族も参加するし、妹の恵実とも会える。深谷にいるまーくんもくるし、わがやも2人で参加します。ミニ緑風会になるかな。
FBつながりの、みどりちゃん、じゅんさん、momoちゃん、情報行ってるかなー。
あと、11月5日(火)菊池びよさんの「身体発見動場・体話カフェ」で、希望者には招待券差し上げます。

令和元年度 秋季特別展 開催要
項1 名 称 開館 10 周年 ・ 姉妹館提携 記念 秋季 特別展
Bonsai, Beyond、the Border
海を越えた盆栽家 吉村酉二―ニューヨーク、 1958、
2 趣 旨 本企画は、 盆栽の国際化に 関する 物事 を取り上げる 展覧会として、 「 Bonsai,Beyond the Border (国境を越える盆栽)」と シリーズ名を立て、 開館 10 周年記念及 び 米国立盆栽・盆景園 と の 姉妹館提携 記念 と し て 特別展 を 開催する もので ある。特に本展では、 戦後の日本と密接な関係を持 つ アメリカを舞台とし て、 戦後間もない日本からニューヨー クに渡り、盆栽文化を広めた日本人盆栽家・吉村酉二 1921 1997 の生涯に焦点を当て、現代に至る アメリカ盆栽史 の一端 を ひも解いていく。“アメリカ盆栽の父” 、“世界の人間国宝” と称えられながらも 、 日本国内では認知度の低い知られざる 日本人盆栽家の 功績を改めて考察する 。
3 主 催 さいたま市大宮盆栽美術館
4 協 力 米国立盆栽・盆景園(申請中
5 後 援 NHK さいたま放送局、 株式会社 埼玉新聞社 、 株式会社テレビ埼玉、一般社団法人日本盆栽協会、東日本 旅客鉄道株式会社大宮支社 (申請中
6 会 期 令和元年 10 月 12 日(土 11 月 24 日(日休館 日 木曜日
開催日数45 日間 /開館日 39 日間
7 会 場 大宮盆栽美術館 企画展示室
8 展示構成 ( 吉村酉二の夢―米国立盆栽 ・ 盆景園
( 吉村とクリーチ―アメリカへの扉
( 渡航―ニューヨークから世界へ
( Mr. Y と呼ばれた男 ―アメリカ盆栽史の開拓者
( 夢の続き 盆栽、海を渡る
9 出品物 写真 、 書籍等
10 関連事業 (1) 講演 「 日本の父、師“ Mr. Y ”の思い出 」 (仮題)
日時:1 1 月 19 日( 火 1 4 :0 0 15 3 0
会場:講座室
内容:吉村酉二の弟子で、吉村が遺した資料の継承者である盆栽家 ウィリア
ム・ヴァ ラ ヴァニス( William N. Valavanis 氏 〔 インターナショナル・ ボンサ
イ( International Bonsai 、アメリカ北東部ロチェスター在住 〕 が、吉村の
事績について紹介する。
備考:英語講演、 同時通訳、 聴講無料、定員 4 0 人、事前申込制(往復はが
き、 11 7 (木 )必着

11 観覧料 通常の観覧料とし、特別料金は徴収しない。
・一般 310 円 (団体20 人以上200 円)
・高、大生、65 歳以上 150 円 (団体20 人以上100 円)
・小・中学生 100 円 (団体20 人以上50 円)
12 出版物 図録(A4 判、64 ページ、1,000 部、販売価格1,000 円)予定
13 印刷物 ポスター、チラシ
14 広 報 市報さいたま10 月号、当館HP およびSNS、広報用ポスターチラシの設置および配布、ニュースレター、記者発表等
15 担 当 さいたま市スポーツ文化局文化部大宮盆栽美術館
学芸員 田口(文)、 林
c0219972_00513236.jpg
●写真説明:冒頭は、父と母、元気であれば、当年128才と121才、、父・鋭治(としじ)は1891年(明治34年)生まれ、母・文(ふみ)は、1898年(明治41年)生まれです。
最後のは、ゆうじ兄を真ん中に、右が長女の洋子、左が恵実。


by issei_tachikawa | 2019-10-17 00:06 | 家族、地域家族 | Comments(0)