人気ブログランキング |

どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

三多摩フードバンク7年目のNOW


c0219972_16285931.jpg

中州に住んでおられたO無さんの葬儀に参加し、感想等は吉村のブログに掲載いたしました。多摩川増水の情報が届かなかったのか?詳細についてはもう確かめようがありませんが、本当に残念です。こころの奥底から改めてお悔やみ申し上げます。

災害発生事前・事後の緊急避難先として、いざというときは「さんきゅうハウス」等を開放するということ、113日のスタッフ会議にて決定いたしました。

(配布対象)

・日野橋下2名(Nさん、Aさん、Sさん)さんきゅうハウスご近所2名のOB:Yさん、Kさん。高松町のOB Tさんは、同じアパートの2階に引っ越されました。このところ地域のパンを2回連続でお届けしているので、今回はお休みです。

(仕訳、配布者)

仕訳はマサルが、配達:河原2名もまさるが、Mさん、Kさんには安否確認かねてまさるがすべて配達。Mさんは、Kさんは元気です。Mさんは、身体発見動場・体話カフェにも参加しています。

(配布物)パルパンのみ。地域のパンは毎週火、金、土、及び祭日の月曜日に高松町の「にんじん」(社会福祉法人)から提供されていて、現役の就労支援準備事業として、自分で販売した場合は、全額本人の収入となっていましたが、1123日をもって終了となります。

現役にとって、収入が減るのは痛手です。11/24以降どうするか、検討中です。

長岡式酵素玄米おにぎりは、炊飯日をカフェ前日にしたので、余らなくなりました。

在寮者のTさん、隣のアパート住民Mさんの健康づくりのために、月・木カフェで、酵素玄米おまかせ定食を提供し続けています。(経理がケアマネとも相談して金銭管理です。)

(反応、気づき、発見、連絡事項)

★安否確認活動としてのフードバンクを継続しています。さんきゅう関係では、80過ぎた「長老」(Aさん)もいます。

★母子家庭助け合いグループたちかわ未来へのパルパン供給は、自主引取りで実行中。

1150円(15袋分)2回で300円の代金は、年度でまとめていただきます。請求と支払いサイトは、他の団体と同じで、3月末に請求し、410日までに支払い。

★パルシステム東京昭島センター経由で、パルの野菜(産直)を受け入れ、受入団体は「フードバンク立川」です。第1回目は、10.21(月)に実行し、第2回目が1118日(第3月曜日)です。

配布の主な対象は、母子家庭(立川みらい)ですが、

さんきゅうハウス、さんきゅうカフェ分は、寮食などにもいただける可能性はあります。。提案者は理事の高木さん、配達もとりあえず本人がということで、ありがたいです。

提案者(知恵者)が手も出すというじつにNPOさんきゅうらしいやり方です。初めに行いありきとは、始めに一言ありきのこと。(れんわゲーテ)

★今回は総数189でした。(お休みは、ゆずりは)


by issei_tachikawa | 2019-11-15 16:29 | 三多摩フードバンク&フードバンク立川 | Comments(0)