人気ブログランキング |

どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

市議会報告チラシ60部、砂川地区へ配布の妙味



市議会報告チラシ60部、砂川地区へ配布の妙味_c0219972_16202353.jpg
明日の講演会(さんきゅうハウス理事、須釜直美さんの)情報を入れた山本チラシを、砂川地区に60枚まいた。
と、これだけならどうてことない業務報告なのですが、イッセーが蒔くと、チラシがより一層生きてきます。
理由は、コミニケーションを媒介し・促進しながら、じつにたくみに意図的にまくから地域が拓かれてくるからです。(花崎浩平さんの著書より)
いろんなひとがいる。動機は様々なのはとうぜん。でもおれはおれなりに、50年間持続している自負と確信があります。
最初は、砂川7丁目からスタートです。さかえ野自治会49軒中の30くらいにまく。今回は顔が見えている人だけに限定する。当然ですが、選挙前は全戸配布です。
7丁目の次は8丁目、旧立川生協村です。イッセー通信は8軒とつながっていますが、今回は7軒にまいた。
Tさん(だんなは宇野経済学,H大の元教授、立川生協のサポーター、旧社会党の理論家)のポストに入れる瞬間にドアが開く。
感動するぜ。会ったのは奥様、つい最近立川病院でもお会いした。旦那は留守でしたが「パルに入ったよ、続いてるよ。」という力強いコメントに、イッセーは励まされます。(ゆりかごから墓場までね、無私・無翼で、ビバ・アナルシ!)宇野さんの原点は、アナーキズムなんではないか?
Tさんから庭木になる「ゆず」(でかっ!)をいただきました。
そこから6丁目に移動。まめきちでゆるゆるとチャイを飲み、おかわりにモカを1ッぱい。ちょうどパルの個配の車に出っくわしたので、「ちわー!僕もパルでーす。」と御挨拶。せっかくなのでちらしも差し上げましたら、なんと、ドライバーさんが「ありがとう、うちにかえってしっかりよんでみます。」だってさ。うれしいにゃー。生協活動には限りがありません。セーキョー・シュウキョウ、かみひとえ?
いいじゃんいいじゃん。無神論くそくらえ。何でも科学(価格)におきかえるな!
チラシ全部撒くと、なんとなく(正直に、いおつもといえ!答えははい)吉沢商店へ足が向く。鶴千代の季節限定搾りたて純米酒、まめきちで自家焙煎ノモカ買って、吉沢さんで鶴千代を、寒い中帰ってみたら「しろ」一人、保温器の上でまるくなり。
市議会報告チラシ60部、砂川地区へ配布の妙味_c0219972_16204012.jpg



by issei_tachikawa | 2019-11-29 16:39 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)