人気ブログランキング |

どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

あえて死者に鞭を!イエスよりユダへ


あえて死者に鞭を!イエスよりユダへ_c0219972_18032825.jpg
中曽根さんが亡くなった。101才大往生、おつかれさまでしたと哀悼の辞を捧げます。
日本の73年を振り返ります。そして日本の151年を振り返ります。
原子力発電、中曽根さん、正力さん・小林さんといっしょに推進してきましたよね。安倍さんは、あなたの追随者ですね。相変わらず原発・原爆・北米兵器に依存して世界平和を実現しようとしている。
亡くなってから申し上げては失礼ですが、安倍に遺言残してほしかったですよ。
「原子力発電所はもう時代遅れだ。中性子の動きを人間がコントロールできないことはできないことは明白になった、原発はいつ爆発するかだれにもわからない。自己コントロールできない技術に頼っていてはいけない。国家資源(税金)投入して、自然エネルギーを普及させよう。」と。
それにしても101歳とはまあ、ながいきでしたね。おつかれさまでした。石原有気センセーもおつかれさまでした。
「お前らは中曽根とおんなじだ。」って高崎さんから言われた。立川生協が砂川8丁目にあった頃、毎朝早朝便が届く。
ピーコ―ピーコ―、高崎さんからクレーム電話、いつもおれは出かける。なんでおれなんや?隆はなにしとったん?
まあ、ようわからんがいってみたら、だんなおこっちょる。「おまえらはなんどぃっても住民の意見に鈍感だ。」といわれる。
御免ねー、ごめんねーでしたよ。もうただひたすら、あやまるっきゃないんだ。中曾根康弘さん、おつかれさまでした。
安倍のあとはまかせてくださいね。


by issei_tachikawa | 2019-11-29 18:03 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)