どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa
c0219972_22171520.jpg
「得る」という言葉は多様です。ありがたいと感じる、ありがたみに気づくことでもあります。
例えば、2005年でしたっけ?三宅島からの避難者帰島支援のとき、2週間毎日3食同じような仕出し弁当でした。野菜と芋が食いたくて、帰りの船中、自販機のポテトフライをむさぼるように食いました。あと、火山ガスのため移動はすべて車、2週間も歩くことができなかったので、帰ったらすぐに玉川上水散歩に出ました。鷹の台迄、往復3時間のウオーキング、歩けるってこんなにすてきな気持ち良い事なんだと気づきました。
次の事例は、50歳だったかな?入院手術のとき。部分麻酔が効き始める前に、頭の中で右足が延ばせないというイメージが固定してしまって、ずーっと苦しい思いでしたが、実はとうにまっすぐになっていた事には麻酔が覚めてからきづきました。
あと、一時できなくなった排泄活動が復活したときは、なんて気持ち良いのかをしみじみと味わいました。
さいごですが、2011年東電による、あの「無計画停電」の夜、まっくらの近所を散歩した時、なんて夜空が美しい事か、月があおいってかんじたのもその時でした。
そうだもう1つ追加ね。箱根の組織革新研究会参加時、3泊5日のすさまじい「研修」、風呂にも入れないで4日間過ごし、5日目に入浴した瞬間、お風呂のありがたみに気づいたことも思い出しました。
これらがすべて、貴重なホームレス体験の意味合いに関係しているように感じます。失ってみて初めて感じるありがたみですね。
家族、仲間、大切ですね。失わないうちに気づいたら、「いつもありがとう」いいあおうね。

[PR]
# by issei_tachikawa | 2018-10-19 22:18 | イッセー心理学、行動哲学、唯身論 | Comments(0)
c0219972_19091634.jpg
ぼくはマジにそう思えるのです。パル在籍中にこれらのことに気づいていたら?
1つは、失うことは得ることだと教えられたのです。書斎で本読んでいるだけだったら今の僕と同じようにこの境地(真理とはいえませんが)に到達できたかどうか?
誰から教わったのか?当事者のみなさんからです。この事実を情報化するにあたって、批判されことを想定して、本人に何度も確認しました。押し付けたわけではなく、本人がまじめにそうおもえるようにていねいに付き合いを重ねてきました。
失った事はあまりにも多い。家族(妻や子供)、仕事、健康(とくに歯、健康な血液)そして仲間、一番残念な喪失は、希望の喪失、絶望的な未来です。
でも、それで終わってしまったら本当に終わりですが、いくつになっても、どんなに厳しい環境に置かれても、ひとは変わりうるという機会や場所を、さんきゅうハウスは提供してきたのだという実感をかみしめながら書いています。
「いつもせわんなってばっかりじゃーなー、もうしわけないからカフェやるよ。」と言ってくれた英ちゃん、偶然ですがため年でした。昭和21年生まれ、団塊とは言えませんがその走りの世代は、かっての共同体的近所つながりをけいけんしている。
英ちゃんは、2年間自腹切って1人の「精神障がい者」スタッフを雇用して、月曜カフェを維持してくれました。金には代えられない貢献、天からいただいたご褒美は、国民健保・アルバイト・アパートでした。かれ、いまはハウスの近所で年金+週3バイト収入で自立生活です。
食堂での会話、「みんな失っちまってあと残ってるのは・・・、いのちだけだなー。」といって爆笑しています。
話が長くなってごめんね。つぎにいきます。
2つは、障害は可能性なんだという思いを確信に変えることができました。さんきゅうハウスのスタッフ、利用者のみなさん、自分で気づいているかどうか、また、病院などでそう診断されているかどうかは別として、何らかの「障がい」を持っているような感じが強くしています。
まるで「べてるの会」(北海道浦河市)にいるようです。ある人は、統合失調と診断されているようですが、スタッフの1人として他者の面倒見がよいことで評判です。
そのおもいやりははんぱない。友達が入院したときは、毎日お見舞いにいっていました。ぼくにはできないことです。
自分の障害と対話し、助けられながらも他者をたすけささえる毎日をすごしながら、地域協働を実践している。これも金には代えられない貢献だと思います。
3つめは、どん底でであう仲間って良いなーという実感です。8年間かかわってきて気づきました。ぼくも39歳までは、ハウスレスだったのです。ハウスだけではない、家族、仕事、貯金(通帳)、未来への展望、失っていました。
仲間はいたのですが、壮絶な孤立感を表現できないままに40歳になろうとしていました。実はちょこっとしゃべったこともあったのですが、「そんなはずないでしょ。めぐまれた家庭に育って、あなたは幸せですよ。」という反応が多かったようです。
未熟なイッセーでしたが、2005年に街頭で出会う路上生活者との付き合いが始まり、大沢さんに誘われてBIGISSUE販売者支援をはじめてから、しだいにNPO活動に深入りしていき、肩の荷が下りたり、また負荷が増えたり、「いつまでやるんだろ。」心理と戦いながらここまできました。
今の境地は、すっきりしています。
どうせやるなら気持よく、喜捨
他者の笑顔への信頼を失わない
一寸先を闇とみるか、光とみるかは自分次第
人生は自分の思い通りにしかならないようにできているのではないか
10月25日(木)さんきゅうカフェ再開します。11時オープン、ケテイさんの手料理が味わえます。ぜひおこしください。ラストオーダー4:45、おまかせ定食と自家焙煎珈琲の「おまかせセット」が800円です。

[PR]
# by issei_tachikawa | 2018-10-19 19:09 | イッセー心理学、行動哲学、唯身論 | Comments(0)

c0219972_15410369.jpg

940からフードバンク立川の会議で、FDの報告と計画について話し合い、承認と決定しました。今後の計画は以下の通り。

11/3~4 立川市楽市でFD、時間ごとに担当決めて参加します。パンフレット配布、旗デビュー。

11/10(土)パルシステム東京の映画会にからめて、さんきゅうコーヒーの販売とFDを実施する。FB立川から車でも参加し、持ち帰る。

12/8(土)パルシステム東京の立川センター(昭島市内に移転)でFD

FB立川の課題は、配布のしくみづくり、その前提は、今困っている家庭とどうやってつながれるのか?です。

配布活動は、3人でやりました。ラパン引き取りはイッセーがやり、【仕訳】は「まさる」と研修生のA野さんで、河原3名、OB等58名分に袋詰めしました。1袋当たりの個数は10個でした。

残堀橋付近の「まさる」は、フードバンク活動を始めて1か月経過、10/1からの謝金は勤務表に従い、月1回25日支払いとします。

毎週月・火・金・土の地域パンの引取り、家事代行サービス(YPO)の草取りも依頼しました。

【配布者】は、イッセーとまさる、A野さん3名でした。

日野橋下、M間さん、は入寮を決意してくれました。今月末に引越し予定です。堀内さんの転出予定日は、1020日です。兄弟が応援してくださるという貴重な事例になります。

N平さんは、今日もマンガ読んでいて、元気でした。今日もマイペース。長いキャリアです。もう5年以上のお付き合いです。今を変える気はほとんどなさそうです。

A部さんは、今日は朝から外出との事。雨で外出できない日以外は、よく歩いています。スタッフに街中で会って、さんきゅう食堂で1回喫食されたことがありますが、1回きりです。時々Gを求められますが、断っています。

【パン以外の配布物】は、アルファ米(ワカメ入り)、ポテチ、ヨーグルトドリンク1人2本ずつ、チョコレート1人2箱ずつ。

1名の路上生活者(まさる)には、9/25から夕食(引取り方式で)サービス始めています。

★資源ごみが相変わらずたまる一方です。

★マサルも、生保申請については徐々に前向きになってきています。あきらめない、あわてない、確信をもってすすめきること。殺し文句の1つは、「今年の冬はチョー寒いぜ。」

さんきゅう食堂が、9/17以降休業していますので、食品は「さんきゅうハウス」にも一定たまっています。


[PR]
# by issei_tachikawa | 2018-10-19 15:41 | 三多摩フードバンク&フードバンク立川 | Comments(0)

第一章 総 則

第一条 この法律は、行政庁の違法又は不当な処分その他公権力の行使に当たる行為に関し、国民に対して広く行政庁に対する不服申立てのみちを開くことによつて、簡易迅速な手続による国民の権利利益の救済を図るとともに、行政の適正な運営を確保することを目的とする。
 行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為に関する不服申立てについては、他の法律に特別の定めがある場合を除くほか、この法律の定めるところによる。
辺野古移転について、玉城県知事誕生によって、沖縄県民の民意は明白になりました。
そして、上記の法律は使えないことも明白です。政府の機関同士でやりあうことを正当化する法律ではありません。裁判にかけられた国民からの権利(再審査要求)擁護の法律です。茶番劇でアリバイ証明するのではなく
今安倍内閣がやるべきことは、
1つ、トランプ大統領にこの事実を伝えること。
2つ、日米合同委員会でこのことについて論議し結果を公表すること。
3つ、使わない侵略戦争用の武器の購入について、日本全体の民意を問うことです。(いっせー)

[PR]
# by issei_tachikawa | 2018-10-18 09:58 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_17193439.jpg
ギリヤーク、ありがとう!写真集(鬼の踊り)見たのは、1980年、熊野寮の部屋で。京都で孤立する自分は、たった一人で大地の上で演技する彼の生きざまに感情移入してしまいました。
憧れていましたが、まさかねー、直で話せるとは思ってもみませんでしたが、い風来のグループ展(上野美術館、い風来の土偶の背景にカンジュ蜂起の画が出ていた。)見て、外に出たら目の前にギリヤークが。
演技終了後慌てて片付けしているところに、ぼくは声かけました。というより「あれ!?日本にいたのー?」という調子でした。
そしたら「うん、今度はブラジルに行ってやるんだよ。日本でやると反応が鈍いんでさみしいけど、パリとかリオじゃーおわるとお客さんから抱き疲れたり普通でね。日本は寂しいね。」なるほど、アイシンクソーだねと感じました。
それから、しばらくたって、電話で「パフォーマンスを8mmでとらせてくれませんか。」と懇願したのですが、固い決意で断られました。「映像で残すことに意義を感じません。むしろいまここで1回限りの表現、コピー不可能性にぼくはこだわっているのです。」といってました。「テレビとかマスコミも出ません。」ということでした。
1968年10月に渋谷のハチ公前で街頭演技を始めてから、変わらぬ出し物、裸一貫大道芸だけで食ってきた心意気、マジでかっこよい。
でも、昨日は新作として「果し合い」が演じられました。チャンバラが好き、アラカン(嵐勘十郎)のファンだそうです。
新作披露の意気込みはわかるし、応援するために来ているのですが、目の前のかれは88歳で数年前からの原因不明の病で立っているのがやっとという感じ。
身につまされる1時間、でも観衆は誰一人として帰らない。2時に始まり3時まで1時間のパフォーマンス、それでも誰も帰らない。
演技終了後の彼を取り囲む人の輪は広がるばかり。おれは何か心配になってきて、人の流れを観察し続けました。
やがて左側の人々は一人二人と立ち去り。ギリヤークを囲む人の数も10人位に減ってわかったことが一つ、写真集にサインしてもらってるんだね。へー、俺の神経とは違うんだね。おれは一刻も早く彼を解放してあげたい。早く家に帰らせて横になってもらいたい、そう願っていた。
まあでもいいさ、価値観の違いの溝を埋めようとは思わない。だだかれが最後に言った一言は忘れないでいてほしい。「身体もこんなんですが、あと2年は頑張ります。」というギリヤークを改めて応援しようと思う。
ワイナマユも最年長が来年は77歳ですが、80歳になっても今程度の、いや今よりパワー低下しても良いから、できる限りの表現活動を続けようと思いました。
さんきゅうハウスも死なない。ワイナマユもまだまだこれから。
ギリヤークさん、ありがとう!グラーシャス・ア・ラ・ヴィーダ

[PR]
# by issei_tachikawa | 2018-10-09 17:19 | バンド・演劇・大道芸活動 | Comments(0)