人気ブログランキング |

どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

カテゴリ:さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動( 285 )

c0219972_19395749.jpg
またまた「わたぼうし」さんから「菊芋」をコンテナいっぱいも!いただきました。平尾さん、平本さん、佐野兄さん、おうえんしているみなさま、みんなみんなありがとう!
さっそくカフェ店頭に出して売ってみましたら、ご近所の方に1袋買っていただきました。
あとは、今晩の寮食のおかずになりました。
それから、夜は三多摩アクションの会議でしたので、参加者の皆々様に配りました。
カフェのシェフだったクンちゃんにもお分けして、帰りのまめ吉さんにも配りました。地域に広がるわたぼうしかな。
あと、多摩川河畔で運営されている「賢治の学校」のせんせーがきてくれました。聞けば昨日の砂川秋祭りでアパッチと出会い、いっしょにきてくれはったらしい。うれしいぜ。年はほとんどためだし、しゃべらんでもしゃべらんでも通じ合える何かを感じる。日本の政治的文化のみならず、社会規範のパラダイムが根本から問われた1960年代の話の花開き、寺子屋予告編(猪風来=村上信義)までだしてしまいました。林たけじせんせーの事もなつかしく語り合えて幸せでした。
わたぼうしのみなさんに、お返しで、タルムリエの焼き立て天然酵母パンを差し上げましたが、気に入ってもらえたかにゃー。メイビー・いえす。


by issei_tachikawa | 2019-11-11 19:57 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)

c0219972_22304777.jpg
ようやく保健所の営業許可更新が済みました。期限が令和7年10月とある。気分転換にもなったね。
更新書類を取りに出たら西国駅方向から歩いてくるくわちゃん(桑島さん、金沢から)にばったり。「生協歴が15分でわかる」講座を受けました。(笑い)チョ―わかりやす!情報化の技術がすごい。生身もしっかりしていて味わい深い。お互いアナーキストとして共感できる部分がおおいからというとこもあるだろうな。「あなたNとSでどちらが好き?」という遊びの論議、ほれた女と惚れられた女、男女論(嫉妬を超えられるか?)なども面白かった。次回はおれんちに泊まりなよということになりました。
アパッチも噂をすればのタイミンングで、カムイの船でやってきた。みりんちゃんが生後3か月の「好伯」(読み方?)ちゃん連れて来てくれはった。
そして本当に久しぶりのOさんも来てくれた。就職できたらしい。別人みたいにすっきりした雰囲気でした。
常連さん8名にも支えられて、今日もカフェは賑やかでした。
神馬定食、まーさいざー(おいしいね)
来週11日月曜日のシェフは、くんちゃん、木曜日はじゅんこさん、フロアはそれぞれ熊さんとコウエツです。よってらっしゃいおいでやす。『老子』もまってるよ。2000年の時空を超えて。

by issei_tachikawa | 2019-11-08 22:31 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_21424906.jpg
現場からの切実な意見です。スタッフ会議でいってもあまりに議題が多すぎるし、参加諸氏の50%(7/14)の方はほとんど現場に来られないので、これは10年やっても「抜本的な組織変革」しか達成できない課題であると思うし、かえって先に「社会」で論議していただく方がよろしいかと考えて、ここに記述いたします。
1つは、対象者(生活困窮の範囲が特定できない)があまりにも多すぎて、1ナン去ってまたまたということになり、日常的負担は現場スッタッフに重くのしかかるということになっています。
2つは、さんきゅうハウスは男性オンリイのシェアハウスなので、女性とか外国人で日本語も英語もよーわからんで、そのくせやたら個性的で、どこぞの団体に紹介したり、生保申請の手伝いをしても、すぐにそこを出てしまって、ふたたびさんきゅうハウスに戻ってくるということになりがちです。
3つめは、たった1名の支援で、問題解決まで数年間、毎日の電話対応平均1時間以上というケースも発生しています。いっせーはやむおえずケータイを非公表とし、改めて300名ほどの方のみ登録しなおし、「かけ放題」に契約変更した次第です。
では、どうすればよいのか?
選択肢はいくつあるのか?
1つは、支援対象を路上生活者に限定する人たちだけで新しい団体をつくる。
2つは、1はやらないで、社協からの丸投げをやめていただく。せめて、「生活困窮者」との第1次段階での「出会い」で、申請書を作成して、必要事項をクリアにしてから「さんきゅうハウス」で受け付ける。
3つは、生保申請に必要な事項(要件)を明白にして、貧乏NPOのスタッフが個人負担しないように徹底することだと思います。「生活サポート資金」とか「緊急避難シェルター」の連携をしっかりとつくりあげるのも緊急課題でしょう。
とりえず、できることからクリアしていきましょう。「生活保障申請受付(申込)書」が突破口になると思います。
フードバンクでは、数年間の経験をいかして、「食品申請書」を作成し、食品置き場は「さんきゅうハウス」から、社協に移動し、食品置き場の定期点検(賞味期限や品質)を行い、フードドライブも地域レベルで実施できるようになりました。
このやりかたを、「生活困窮者支援」にもいかせると思います。
さてそこで、誰が、いつまでに、何をつくればよいのか?
これは、ベンデイングだな。



by issei_tachikawa | 2019-11-04 21:43 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)

マサルから学ぶ

c0219972_11332702.jpg
ボランテイアでさんきゅう(ハウスは省略、以下同じ)に来たり、支援者としてスタッフとして係る人で、おれにように考える人がいるのかどうか?よくわかりませんが、おれは、さんきゅうを学びの場、自己変革のチャンス提供の場、永久革命の拠点だと考えています。(おおげさ?)
さんきゅうに係らなかったら、おれもフツーの高齢者として、毎日ぶらぶら好きなことして暮らしていたでしょうが、その場合は、24時間副交感神経過剰稼働=リンパ球活躍のために、心身ともにリラックス状態が続いて、今以上に老けていたのではないかと仮説を出しています。(イントロ終了、笑い)
さて、マサルとの付き合い、3年になるかな?
残堀橋の近くに、もろさんが作ってくれたハウス(今回の激流で流されてしまいましたが)に月2回、パルブレッドのパンを届けに行っていたのですが、住人に会えませんでした。
他方で、週4回の「仲間の食堂」(なかしょく=ぱくり)で、やたらくちのたつ若いのがいて、おれが1シャベルと10返してくる感じで、「無口の人が多い」、過去に触れたくない人が多数のさんきゅうでは異色の存在だなーと一目置いていたのです。
が、あるとき、さんきゅうの「無料銭湯」を利用しに来る「わかもの」が、あの残堀テントの住人なのだと知ったのは昨年の春くらいでした。
それからいろいろあった。いったん他市で生保申請することに決まっていたのに、約束していた場所に現れないでいなくなり、利用者の1人が拝島付近で見つけて、さんきゅうに戻ってきたときには、わるいけど「あと何か月か?」と感じてしまうくらいやつれていました。聞けば「3日間公園の水だけで暮らしてた。」とのこと。
それからの1年間、彼の身の上話に耳傾け、我が家にも呼んで一緒に飯を食い、おやじさんには悪いが、おれはちがうやりかたでつきあうぜときめて、就労支援準備活動をしています。
食堂閉鎖後は、管理人に頼んで、毎夕食を月千円で提供し、地域のパンの地域への配布担当をお願いして若干の収入を保障してきました。
なのに、先週突然、管理人からこういわれて、びっくり。「まさるに、今日で夕食は結構です。」と言われたって!えーなんでーと思って、昨日本人確認したのですが、驚きの事実が見つかりました。
ある仲間が、毎晩市内から、売れ残り弁当を持ってきてくれるので、腹いっぱいで食いきれない状態らしいのです。勉強になりますね。
1つ、親子であって親子でない関係、それはもう仲間です。
2つ、希望は仲間の存在が保証してくれます。それは、ひとそれぞれですが、とりあえず今朝目覚めたら息をしていたという事実、そしてからだもこころも、そこそこうごかせること、これこそが希望です。
3つ、さんきゅうハウスは面白い。ここでしか学べない事実が、そのへんにたくさんころがっている。気づき、おもいやり、信頼(と信用)、地域家族、地域の縁、大人の里子どもの里、いいなー。
★10月8日、まめ吉さんにて、さんきゅうカフェスタッフと希望者で、コーヒー淹れ方研修を行いました。写真はその風景です。人生喜怒哀楽、感情と理性のはざまでコミニケーションのだいご味をたのしみませう。老子?

by issei_tachikawa | 2019-11-02 11:36 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_09315557.jpg
今の焦点は「消費税」どうするかです。スピリッツのゴールド、頼まれて買ったら530円、ついに500円突破。さんきゅうカフェの、自家焙煎フェアトレード「まめ吉」コーヒー300円や「世間では1000円以上でも通用する内容の」おまかせ定食600円、10月からも値上げしてません。消費税上げられても、どこぞの大手新聞のように便乗値上げすることはしません。当然です。
消費税については、共産党がれいわの政策から学んで「5%に減税」に提案変更してきていますね。よいことだ。
税は、金持ってるととこ、金持ちから、リーゾナブルな(多数が納得できる)累進課税でいただくのが筋です。
法人税引上げ、金持ちには累進課税基準引き上げ(ちゅうか、1970年代に戻す)、使い道のない武器をおどかされて買わない政権を樹立する、さんきゅうハウスは、次の選挙でもやれることをやりきって戦います。いまも毎日、あきもせずにアクションアクション。(この道50年、よくぞ使いし、足の裏)
今日のシェフは、じんちゃん(幸悦)です。知る人ぞ知る、度重なる生保基準引き下げをやめさせる「新生存権」裁判の原告、副団長です。料理も次第にプロ級に。
今日のメニューは、???
★まめ吉さんで、コーヒー淹れ方研修をやりました。ぼくは3度目かな?酵素玄米と同じで、先生の話は、何度うかがっても、新しい気づきがあります。べリーイントレステイング&ラーンドソウマッチ(アロットかな?)
c0219972_09345221.jpg




by issei_tachikawa | 2019-10-10 09:35 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
風の旅団の大谷さん、関谷さん2人の語りとアクション、そしてバックミュージックのお芝居、RISURUホールのアングラ(地下ホール)で、10月5日(土)7時から9時過ぎまで興奮しました。打ち上げにはあえて行きませんでしたが、いつもの中華料理屋さんで11時まで続いたのでは。
とりあえず感想3つと提案1つです。
感想1つ、聖書でいわゆる「右の頬打たれたら左の方」というだけで問題は解解決できるのかなー。やられた側(遺族とか仲間とか)の感情も大切やろ。2008年(だったっけ?)釜の実力闘争、「やられたらやりかえせ」、関谷さんの演技でも表現されていましたが、考えさせられ、ませんか?
2つ、ベトナム反戦闘争1965-1968、そしてウチゲバ化する新左翼の一部党派の運動、1980年代のヅカ闘争、いまもつづく「一坪共有化」の戦い、活動の歴史があたまをよぎる。「反暴力キャンペーン」に体張って抗ってきたよな。
この世の最悪の暴力は、グローバリズム、新自由主義政策、格差と差別社会の容認、忖度社会。しいたげられたものたちが、必死にうめき声をあげ、時の声をもとめているのではないか?
人と人のコミニケーション、家庭教育、地域での教育、企業での教え合い・学び合いさんきゅうハウスは、もう一つの文化形成として、何をできるだろうか?
3つ、「ホームレスのおっちゃんを殺った生徒は未来の自分を・・・」という切り口、たしかに納得できる点もありますが、さんきゅう活動10年、土方と鳶のフー太郎(その日稼ぎ仕事)歴50年のぼくからみて、世の中の巨悪は少し違う分析と評価が必要で、対応も異なるかなーと感じました。
例えば、人殺して何も反省しない人もいる。派遣会社経営してベンツ乗りまわしている社長さんもおるらしい。こういう「悪」、地獄をどうとらまえればよいのか?
親鸞は何を語るか?(例、歎異抄第3条)
提案は1つ。仲間を増やそうよ!れいわ新選組は、結党後わずか半年で有権者の4.3%4.3%の支持をゲットできた。90年やってきている共産党4.7%(見込み)、立憲民主党などの野党が10数%、野党連合で20%。一方9条改憲に傾国会議員数は、マスコミの記事よりも低い。公明はわれているし、自民も同じ、かえってNHKなんとか(立花の)とか大阪維新の方が右だと思う。
他方、れいわが躍進しつつある背景について、何人かの評論家のややぴんぼけした評価「左派ポピュリズム」(左系の大衆迎合主義)とかナチスドイツ(国家社会主義労働者党)登場とかトランプ当選成立と同根だという主張には「ノー」をつきつけたい。つきつけたい。ちがうちがう、うまくいえませんが。
つぎの衆議院議員選挙では、約40%(多数ハ!)の「支持政党無し」(無党派というのは正確な呼称ではない)の政治に絶望感しかいだいていない「無関心層」をどうゲットするか?超えてーゆけそこおー、越えて―ゆけそれおー!
1人が2人に、仲間を増やすのさ。実に簡単なことだよ。あなた自身が変われれば良いのですから。
ご近所で選挙について1人以上に提案をしよう。オープンまいんど、コンビニなんかは最高の活動舞台ですよ。


by issei_tachikawa | 2019-10-06 03:50 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_20221027.jpg
まいど!いまさっきシェフからメニューが届きました。
1つは、豚しゃぶ
2つは、茄子のそぼろ煮
3つは、竹輪のてんぷら  です。
ご飯は「長岡式酵素玄米」、本日早朝に炊きましたので、熟成しています。もちごめみたいにねばる。消化はしやすいので、通常の玄米みたいに「30回噛みなさい」なんていいません。あかちゃん、かまないでのんでます。センセーのお宅では、金魚や犬もおなじめしくってるらしい。歯の無い利用者の皆さんにもおすすめしてます。
ホットコーヒーは、いつもの自家焙煎、フェアトレード、砂川のまめ吉さんからの地場産直です。イッセーがちゃりで仕入れてきました。アイスコーヒーは市販品です。
全部込のおまかせ定食セットで900円、定食だけなら700円です。込み合う時間帯は
12:00から13:30くらい、遅れても食べたい方は、イッセーの携帯に電話くださればキープしときますよ。
★写真は、先日おみえになった「べてぶくろ」と「国境なき医師団」(?ちがうか)の面々とさんきゅう3役。YYO!

by issei_tachikawa | 2019-09-15 20:24 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_22130824.jpg

ゴーヤの肉詰めフライ、

春雨サラダ、煮物です。スープか味噌汁か?

(実際とは少し違うかもしれません。)

みんな寄っといで

ご飯は、長岡式酵素玄米、おにぎりにして持ち帰りもできます。ホット・コーヒーは、砂川のまめ吉さんからジバサンです。コーヒー豆は、ペルーのカハマルカ地方からのフェアトレード品、ドイツ製のガス焙煎機でつくります。

他の飲み物も大丈夫ですよ。

月曜日は、韓国旅行(12日間)帰りのMarioさんによる

「韓国のリアル日常」報告が為になりました。

日本のマスコミ、責任は重いぜ。歴史的な誤りを繰り返してはなりません。あくまで、事実、リアルなお付き合いで。

それにしても、あのK太郎が防衛大臣だと!

来年の衆議院議員選挙で、きっちり政権再交代を!!!

れいわ新選組、全国行脚スタートしたそうです。



by issei_tachikawa | 2019-09-07 22:17 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_18103019.jpg
5%から8%になるときも価格は上げませんでした。今回も「おまかせ定食」(くんちゃん以外は600円、くんちゃんは700円、飲み物セットで800円と900円)、砂川まめ吉自家焙煎ペルーからのフェアトレードコーヒーは300円キープ、長岡式酵素玄米おにぎりも1つ150円でやりぬきます。
おもいは1つ、消費税へのレジスタンスです。
何故消費税に反対するのか?答えはクリアです。安倍が約束守らんからです。増税分を社会保障にですって?!
うそ八百ですよ。れいわ新選組の街頭宣伝でもでてきますね。今までの増税分250兆(数値はアバウトです)の約200兆円は、大企業法人税減税と高額所得者への減税で消えたということ。
おまけにアメリカからの使う当てのない武器買わされて(F35、イージスアショア、オスプレイなど)、軍事基地維持の予算も我が国の負担が増えて、などなど。
景気政策としても、新自由主義のドグマから抜け出られないで、20年以上続くデフレの経済、なんでやろ?
金が無いのか?違うね!もってるやつらは、しこたまためこんどる。大企業の内部留保はそろそろ500兆円超すよ。国の予算の5倍もためこんどる。
実質賃金は統計不在で正確なカウントができないという異常事態ですが、東京新聞の試算では、OECD諸国で日本だけがマイナスで推移している。
福祉だ社会保障だという割には、福祉労働者の賃金は低賃金のままで、暮らせない状態。こんな状況下で消費税上げれば、デフレはさらに強まります。
霞が関も立川も、新宿も、各自治体も、すでにはじまっている安倍おろし選挙で「野党共闘」勝利させて、生き物に優しい地域をつくりましょう。
このようなおもいで、さんきゅうカフェの値段は現状維持いたします。もちろん、ぜんこくのサポーターのみなさまからのカンパがたよりのつっぱりでもあります。ボランテイア労働、商品⇒貨幣⇒資本の論理にキッコウできるピープルズマーケットを拡大していきましょう。
★寅さんの番組見ていたら、だんちゃんと賀和(よしかず)にようにとるとおもったよ。
ここまでー来たらサクセス、じゃろー。
★所得税の課税対象額早見表、皆さん見てますか?最高税率しってるけ?45%だよ!おどろけよ!!!1970年代は75%まで累進課税だったんだぜ。それがいつのまにか45%マックスだって。ゴーンさん(たぶん年収10億円以上)もコナミの重役(年収5000マンくらいかな)も同じ税率だって。ありえなくない?
税金は、たくさん稼いでるとこからより多くいただく、累進課税、これって経済政策の基本中の基本でしょ。あと、MMTは近代経済学の中では比較的まともな理論だとおもいますが。
グローバル化した資本主義と一党独裁化した市場共産主義、第三の道を唱えた賀川豊彦たち、北米にEUで抵抗するキリスト教民主主義、現代十字軍の侵略を止める力はどこから?とうぜん、さんきゅうハウスからだぜ。世界中でもっとも信頼できるのはこのおれですから。まいったか?よしかず、きてくれてありがとう!おばちゃん、又はなそうぜ!(神仏習合、時間軸を1850年代まで逆回し)





by issei_tachikawa | 2019-09-01 18:11 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)

c0219972_09064439.jpg

本日26日(月)のカフェは大沢がワンデイシェフです。
メニューは以下の通りです
・シャキシャキ肉野菜炒め(炒めすぎない野菜炒めです)
・水餃子
・アサリの味噌汁
・夏野菜の浅漬け
そろそろアサリの季節が終わりそうです。今、砂抜きを始めました。
時間のある方は食べに来てください!
大沢ゆたか

by issei_tachikawa | 2019-08-26 09:07 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)