人気ブログランキング |

どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

カテゴリ:さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動( 301 )



さんきゅうよもやま譚(続き)_c0219972_20184675.jpg
今日も「おまかせ定食」はおいしかったなー。5人のシェフが良い意味で(?)うでを競い合っている感じです。
今日のシェフは「じゅんこさん」、鶏肉の味付けがお上手だね。あと、味噌汁のみそが飯館村支援のだったこともあり、油揚げ・わかめ・ねぎ・プラスアルファのハーモニーもすばらしかった。
今日のお客様13名の内で、1年ぶりの女性がこんど立川市に引っ越してくる。残念ながらさんきゅうハウスには空き部屋がないので、高松町の旧いずみや邸に案内した。ちょうど大沢さんとカフェでご対面してからだったのでジャストインタイム。で、どうなったか?シェアハウスだと、一戸建てに7人同居で家賃3万円、こちらの物件だと個室で5万円、どうするかは本人判断でしたが、「諸事情でシェアハウスにします。」との連絡あり。でもこれからは、さんきゅうの仲間の輪でおつきあいできそうなのでよかったです。UKが縁結び。
のぶさんの「葬儀」、来れる方は、3月28日(土)10:30結集です。僕も参列します。あれだけの「よっぱらい」だったにもかかわらず、3年前のお雑煮会、ノンアルコールでという提案に、彼は真っ先に同意してくれたのです。りっぱな人相してはった。「世がよなら・・」とかんがえると、はやすぎる旅立ちを見送らねば。彼はたびたび「Yさんとこで呑もうぜ」と誘ってくれたんですが、果たせませんでした。あの世でいっぱいやろう。因みに、かれといっせーはため年なのでした。
あと、パルブレッドさんのパンを路上生活者に配達し始めてから2020年度で7年目ですが、7つの参加団体からのさんきゅうへの支払は年1回にしています。
今回いつもははなせない窓口の方との話が盛り上がりました。たまこむのKさん、また明日のKさん、いやー、とくにタマコムのkさんとは、なんと50ねんまえからのお付き合いだったんだーと知って、感無量ですわ。また明日のKさんは、めっちゃあかるいひとやね。なにが?っていわれるとこまるけどね。(わらい)
★夜回りはIさんがひとりでやってくれたので、予定は変更になった。最近河原や公園、駅周辺などで寝泊まりする人はゼロではないが減ってしまったので、わらわれの活動も「対象・目的・方法」などの変更が迫られています。BIG ISSUEも、4月1日号から100円値上がりして450円、通販もできるようにするとか。
★来週の月カフェ、シェフは、ラスカルでーす。フロアは、むらしゅう、3週連続になりますが、ボランテイアよろしくね。
★あすは、ようすけチラシとイッセーちらしを、砂川6丁目、柏4丁目、幸町かわ若葉町のいちぶに投入いたします。
★ドイツでは、若者が、コロナパーテイやってるってさ。

by issei_tachikawa | 2020-03-26 20:19 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
今年も元気で走りぬこうぜ!立川反基地駅伝日程公表!_c0219972_21091401.jpg
事務局もりさんからのメールです。
「みなさんこんにちは、立川反基地駅伝大会実行委員会の井上森です。
コロナなど色々ありますが、今年も反基地駅伝の日程が決まりました。

★第33回立川反基地駅伝大会★
日時:5月17日(日)10:00 砂川秋まつりひろば集合、ぜひご予定を空けておいてください。また封書でもご案内できると思いますが、エントリーはメールでも
OKです。
5月8日の〆切までに、以下の内容をメールください。
①チーム名
②走る人数、第二部参加人数
③代表連絡先
④プログラムに掲載するひとこと(200字以内)
をお書きください。
どこかのチームに入りたい方などもお気軽に御連絡ください。今年も寄せ集めチームを結成します!
一昨年から1人ランナーにはハンディキャップをつけていますので、ぜひチームに入ってください!  エントリー、お待ちしています!
なお、担当者が昨年多忙だったため、去年のレポートを送り損ねています。
4月上旬に今年のビラと共に簡単な昨年の結果を発送いたしますので、
ご覧ください!すいません!

さっそく2名の申し込みがありました。






by issei_tachikawa | 2020-03-07 21:06 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
1問:人をあいしたことがありますか?惚れたでもよいですが
2問:愛されてると感じたことはありますか
3問:誰かに、「好きだよ。」とか「愛してる」ていったことありますか
4問:今、誰かに惚れていますか
5問:好きと愛してる(惚れている)区別できますか
6問:誰かを好きになると独占したくなりますか、逆ですか
7問:共同生活者、相方が他の人(男女問いません)にこころを奪われている状態に耐えられますか
8問:マスコミの「不倫」報道について、何かコメントありますか
9問:愛と革命について、自由にご意見を、エロス+虐殺
10:一夫一婦制について、他の制度と比べてご意見を
まあ、大切なのは、「ときめき」かな。男と女では、そうとうにちがうみたいですね。


by issei_tachikawa | 2020-03-01 22:52 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)

愛とは何か(続編)

1つ、愛、家族、天皇制、縄文時代、なんでいま、夫婦別姓なのか?
2つ、沈没家族、万引き家族、あたりや(父子=息子)、ペイパームーン、おれたちにあすはない、明日に向かって撃て
3つ、LGBTの愛
4つ、快楽(6E=きもち、おいし、やさし、楽し、うれし、損してもE)
5つ、読んだ本
F.エンゲルス『家族・私有財産・国家の起源』、問題だらけ
レーニン『国家と革命』『帝国主義論』
新左翼の「帝国主義戦争を内乱へ」はコピーミス
吉本隆明『共同幻想論』
6つ、家族、感じが良い3組

by issei_tachikawa | 2020-03-01 22:38 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
世の中ファシズム体制に入った。でもまけない(まきてーないびらんどー)、のきなみ中止や延期のイベントが多い中で、本日、谷保のぼけさん経営の「かけこみ亭」にて、「愛についてかたりあう」かい?が開催されている。
たのもしいぜ、誘われていきたいのだが、もうなおったとおもっていたインフルかコロナか?ようわからんがせき込むので、あえて自宅から「ブログ参加」にしました。いきてーなー、くやしいなー。でも、おれの考えの整理はついたので、レジメだけ公開しておきますね。
てなことを気にしながら、昨日、河辺の金子さんまで「わさび根」を買いに行く途中、河辺駅の売店で「セイタカアワダチソウ芥川賞受賞」のかんばんがめにとまり、中央公論を購入したら、なんと、有働由美子のマイフェアパーソン14で柴門ふみのインタビュー発見、芥川賞そっちのけで一気に読んだ。
おもろい!おれのいけんともだぶるとこおおい。さすが女性同士の会話は、リアルだな。男の場合は,やや理念的になりがち。理屈っぽくなるともいえる。
今日は、2人の話の紹介がテーマではないので、柴門さんへの共感を表明するだけにして、今日のかけこみトーク用に準備したメモを載せますね。
1つ、ジンセー74年、ほれた男女と惚れられた男女
2つ、太宰治はなぜ心中したのか
3つ、愛しあうことと憎しみあうこと、ときには一方通行もありますが
4つ、愛情と障害
5つ、愛する・恋する・比べる・嫉妬する、乗り越えたいが、どうすれば
6つ、動物とひと
7つ、いろんな愛:キリスト、釈迦、ムハマンド、ヒンデイ、パチャママ、アイヌーン、火の神、神道、慈愛から恋愛まで
8つ、ナショナリズムを超えよう。家族、企業、地域、仲間、同士、さんきゅうハウスは地域家族めざして
まとまらなくなってきたので、別稿にします。

by issei_tachikawa | 2020-03-01 22:26 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)

ひろちゃん引越しおめでとう!!!_c0219972_14490286.jpg
約半年遅れでしたが、無事、故郷にかえり、第?のジンセーを歩むことになった。
しかし、たかが引越し・されど・・で、彼の場合は、ものを安易に捨てられないので分別に時間がかかった。こっちの頭もおかしくなりそうに
途中で、マサルに、応援してもらったので大いに助かった。
クライマックスは、トイレと風呂の洗浄だった。風呂は長期使ってなかったらしい。湯舟は本来ベージュ色のはずだが、茶色になっていた。こびりついた汚れとの共生、たたかわないよおれは。俺自身が地球の汚点の1つに過ぎないと割り切ってるからね。
まあなんとかきれいにして「原状回復」の要望に応えられてよかった。
あと、12月に、おれがダウンしていた時にも、電話が入る。1月の家事代行サービスの打ち合わせだ。
おれは40度近い発熱、止まらない咳、下痢で食欲ゼロ状態なのだから、うっとーしー電話だなーとかんじるとおもいきゃ、彼の声聞くとやすらぐんだなー。
ふしぎだー。こんなんめったにないことだ。
比べて悪いが、19歳からめんどーみている姪が、おれの病気も考えずに1日に6回もでんわいれてくるので、「もうおまえのことなんかしらん。かってにせー!」と言ったことも有ったような時期なのです。
このようなときに、ひろちゃんから電話が来ると、なまらげんきになるんだよなー。
ふしぎだー!!!
とかれにいったら、「ぼくもイッセーさんの声聞くと、元気もらえるんで・・」といってくれるんだよな。
引越しが済んで、最後の手伝いに行ったまさるから、30年もののワイン(山梨産、赤)が届いた。
ひろちゃんにお礼の電話したら、「30年しまっといたものなんですが、よかったらどうぞ。」ということ、のんでびっくり至福の味だった。
彼の新住居は、こうた(長男)の生息地に近いので、こんどいこうかなーおもってます。がんちゃん、もっちゃん、こえかけるからな。

by issei_tachikawa | 2020-02-22 14:49 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)

今日も続いているミカン狩り援農の御利益_c0219972_19125211.jpg
にしくんがいう、「食堂のみなさんにもみかん届けないんですか?」って。最初ははー?すぐに気づく。さんきゅうハウス2010年に立ち上げてから、16名の方をあの世の旅に送り出した。全員分ではないが、坂本さん、かんじい、などの遺影を食堂のテーブルに飾り、気の向くままに(本当にすみませんが、アナルシです)お線香などあげている。今日は、わたぼうしからのみかんを遺影の前に供えて合掌した。
あと、あと、昨日から「お歳暮」として、理事、スタッフ、連携諸団体、ボランテイアの皆様のお宅に届けたり、カフェの常連さん、健康麻雀の常連さん、さんきゅうハウス近所に住むOBのみなさんにおすそ分けしている。昨日は、てっちゃんにも届けた。
2019年、ほんとうに、いろいろごたごたありましたが、なんとか潰れないでここまできて、あっという間に来年は、10周年。
何か面白くて皆のためになる企画をしようねと、話し合っています。
さんきゅうハウスに来てよかった、仲間に恵まれて俺は幸せだ、何時まで生きられるかわからんが、まあかんらからからで生き抜こう。
イッセー74才、天職と巡り合えて幸せです。
人生の目的は、他者(ひと)の笑顔、自分のガシツを捨てれば先が見える、万物命の循環を大切に生きていこう。
万人は一人のために。
今晩は、なぜか、猛烈に味噌汁が食いたくなったので、飯館村からの贈り物で夕食するつもりです。
★写真は、わたぼうしの蜜柑山に向かう途中でとった富士山、おれはいまだにのぼったことがない。いつかね、かならず。

by issei_tachikawa | 2019-12-16 19:14 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
念願のわたぼうし蜜柑がりに行ってきました_c0219972_18585142.jpg
8:30にさんきゅうハウス集合、JR御殿場線下曽我駅につき、みかん園に向かいました。参加者は、さんきゅうハウス関係7名(大沢、星、神馬、佐野、けんじ、門間、イッセー)、わたぼうし3名(平尾、平本、佐野兄)そして、くらしサポートウイズから吉中さんでした。
4本の木から、コンテナ10杯くらいもいだかな?子ども食堂用は、当事者さんらが後ほど収穫にこられるとのこと。
高いとこには、脚立でも届かないので、木によじ登ってとりました。子どもの頃、実家の裏の神社に生えていたリンゴの木で、ターザンやったなーと思い出にひたりながら。
富士山と相模湾がとても美しく輝いていました。
ドライバーのおおさーさんお疲れ様、わたぼうしのみなさまお世話になりました。参加者の皆さんまんぞくしていただけたでしょうか?メイビーイエス。
そうだ、お昼は、ラスカルの手作り玄米おにぎり、イッセー持参のパルシステム高菜漬物、吉中さんの卵焼き、おでんでみなさんおなかいっぱい、ごちそうさまでしたー!!!
もひとつご報告、みかん配布先は、在寮者、かけこみ亭、白倉理事から作業所の方へ、ハウスのお隣さん、土曜日夕食当番に来られた稲川さんからjikkaへ、などでしたが、まだ5ケース有りますので、希望者はどうぞ差し上げますよ。明日の健康麻雀でもお土産にね、あと、月曜カフェでもお歳暮といたしましょうか。
念願のわたぼうし蜜柑がりに行ってきました_c0219972_18592574.jpg
最後は植樹祭、ネーブルを植えました。実がなるのは5年後くらいとか、またきまーすと誓いました。




by issei_tachikawa | 2019-12-14 19:01 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)

「さんきゅうハウス経営10年間振り返り」12/9補足_c0219972_12312889.jpg
資金循環(あったかいお金を回す実践活動)は以下の通りです。
1つ、毎月の収支概算、支出約70万、固定収入(寮の家賃、5万円×6名)30万、をクリアして、場所(たまり場、居場所、地域の縁側、情報センター、パリのサロン、コンビブカフェ)を維持してきた。
2つ、家賃以外の固定経費:物件費として:寮・カフェ・倉庫・食堂の水光熱費、通信費、衛生的な住環境維持費、OBのアパ-ト代補填費、入居時費用立替(毎月返済)など、人件費として:ボランテイア交通費、寮やカフェの食材費、食堂やその他事業での謝金など
3つ、にもかかわらず、2018年度総会(20190623)の決算書では、410万円の繰越であった。
4つ、それを生み出してくれたのは以下の取り組みである。
1)助成金について。2011年から6年間、WAMからの助成金をいただいて事業してきた。真如苑様、パルシステム連合会、パルシステム東京からの助成金も有効活用して事業運営してきた。しかし、これだけでは収支トントン。
2)資金循環をプラスに導いてくださったのは、
・賛助会員からの寄付(毎年3000円から30000万円)さんきゅうだより年2回発行、そのたびに100万円程度は寄せられました。(メッセージ読んで感動、少額の年金からの寄付はありがたいです)
・理事12名とスタッフ約20名のボランテイア労働も大いに貢献してくれました。さんきゅうカフェは、2013年9月23日スタートし、5年間は、シェフ・フロアともにボランテイアしていただきました。改めて御礼申し上げます。
(2018年9月13日食堂閉鎖・カフェ休業後、10月カフェのみ再開以降は、月曜日はワンデイシェフ方式、木曜は本部運営方式にして、いずれも若干の謝金を出せるようにしました。
・YPO事業が拡大してきたことも貢献しています。
健康麻雀毎月4回、毎回家賃2000円以上の収入をあげ、その分は寄付、そのうち一部をボランテイアスタッフへの謝金資金にしてきました。
その他、カルチャー教室、音楽ライブ、お誕生会などの家賃収入、ステッチマルシェなどへの出店売上、家事代行サービスの売り上げ半分も貢献しています。
・手間がかかりすぎたフードバンク関連は、社協・ワーカーズ・生協・民間ボランテイアとの連携協働事業として、総合福祉センター2階に移してこちらも活用させていただいています。
●身銭も前向きに切り続けてきました。手間のかかる利用者、様々の問題をかかえたOBへのサポートも喜んでやってきました。(1人30万以上、5名で150万円)
★★★「さんきゅうハウスでの人と人のつながり、立川での経済闘争と政治闘争、生活と政治のおもしろさ、なぜ人が寄ってきたのか、人材の育成と自立について」これは、別稿にゆずります。
★ビジネス常識は、さんきゅうハウスでは通じません。その実例
1.事業計画も目的も共有しないままに、いままでの「大沢豊と市政を変える会」のネットワーックベースで活動を始めてしまった。
2.支援対象が、2000年の路上(とくに河原と駅周辺と公園)生活者から「生活困窮者」に広がってしまった。Y、Oの功績、「しょうがねーな」でボランテイアしてきた仲間
3.決算は総会のときだけ。
4.総会に理事長が呼ばれなかったことも。2017年6月
●自分としては、ここでのNPO活動は、2006年から係わってきた「セカンドステージ事業」の実践であり、さかのぼって2015年あたりから始めた社会運動での成果と犠牲(内ゲバ、暴力革命路線の敗北)の反省に裏打ちされており、多くの同志の霊と共に、賀川豊彦先生らが始めた反貧困活動の継承であり、立川生協からパルシステムと継続してきた「愛と協働」の実践課程であると位置づけております。
道半ば、この道は、日本全体の自治と協働による協同組合社会が実現するまで続いていきます。
おもしろい、たのしい、おいしい、きもちいい、ちょっぴりお得の事業には、人や資源が集まってきます。さんきゅうハウスの可能性は無限なり。
スピード、ストレス、酒、スモーク(喫煙)はほどほどに。
れいわの8大政策で補足されるべきは、未来(今の連続)社会のイメージですね。先を読み、全体を俯瞰してあゆみませう。


by issei_tachikawa | 2019-12-11 11:51 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)

昨日の「さんきゅうハウスQ&A」感想、学んだこと、反省_c0219972_12494825.jpg
あえて参加された元理事長さんに、各自1つづつ「さんきゅうへの質問、イッセーに聞いてみたいこと」を用意してきていただき、それを2点(資金巡り、人の縁)に集約して、お話ししました。小生は話し好きなので、悪気はないのですが、ついつい話が長くなり散漫になってしまうリスクを避ける効果はありました、よね。
1つの質問(ケテイさんからの)に答えられませんでしたので、またの機会に、です。「新しき公共」へのイッセーの見解でしたね。しばらくおまちください。
「全部しゃべり切ろうとしないで、問題残して、問いを投げかける方が良いですよ。」というラスカル氏の助言、ためになりました。アイシンクソーだね。
共生食品ができる直前、商品部からネーミングについて問われましたが、「コンビブ食品」を提案しました。コンビーブルは、フランス語で、旨酒かわすという意味、コンビブは共に生きるということ。
キョーセイという響きには、強制、強精、なども入り、漢字より横文字、それも英語よりフランス語の方がしゃれっ気あってよいのではとかんがえたのでしたが、提案は却下されました。(笑い)
この話の途中で、レアさんが「共生といえば共死もあるでしょ。」とおしゃいました。これはおもしろい。そのひとことに触発されて、「生を明らめ、死を明らむるは、仏家一大事の因縁なり。生死の中に仏あらば生死なし、生死としていとうべきもなく、生死として願うべきも無し。ただひたすら一大事因縁とぐうじんすべし。」(だったかな?)が湧き出してきました。
あと、これは参加者の皆様にお詫びし、お願いです。「貯金なんかしてんじゃねーよ。」という乱暴なことばをはき、「我が家は・・」という惨状を開けかす(暴露する)ことをしてしまいました。申し訳ございませんでした。
本音でお伝えしお願いしたかったことは1つ、「パルの皆様のお力を拝借させてください。」ということです。ぜひ賛助会員になっていただき、共に反貧困・愛と協働の地域づくり、自治と協働の「やさしいまち」づくりで歩みましょう。
昨日参加されなかった群馬のみちかさん、埼玉のみはるさん、千葉、静岡、福島のみなさまも「さんきゅうカフェ」でお会いできることを心待ちにしております。
サイチェン


by issei_tachikawa | 2019-12-10 12:50 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)