どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

カテゴリ:三多摩フードバンク&フードバンク立川( 29 )

c0219972_16260354.jpg
昭島センターは立川センターが引っ越して改称したもの。最初のセンター祭り、フードバンク立川(社協、ワーカーズ、さんきょううハウス、コープ未来組合員、東都生協組合員、民生委員、市民ボランテイ有志などの連携任意団体)として出店し、組合員宅の食品提供に対応しました。
6件のオファーあり。センターからは玄米5kg2つが!入場者338名、内これからの方が68名、組合員が270名、新規加入が11件ありました。
センター祭りってのは、ぼくにとっては発見と出会いの宝庫なので、大切に継続しています。
おのまん(小野満さん)ファミリーに会えたよ!(最初の写真見てね)一緒に写ってるお姉さまは宇野さん、かって調布の拡大をリードされていた方、福利厚生分野でも活躍されていた。あと1年で定年退職ですと。感無量だね。
後昭島地区のベテラン、関戸さんにも会えたし、くんちゃんもよりいっそうチャーミングな姿で再会できて、しあわせでした。
生産者、メーカー、子会社関係では、沃土会の皆様にご挨拶し、カジノヤさんの納豆、なんとビニール袋に詰め放題で250円ですと!なかには16個入れた方も。(いっせーは10個が限界)パルミートの濱田さんともお会いできてしあわせでした。
昭島センターは、パルができる以前の立川生協の流れで言いますと、柴崎⇒砂川⇒立飛⇒西砂⇒昭島で5つめです。
10:30ごろに過去の回想がイッセーの頭の中ではじまり、涙がこみ上げてきました。やめなくてよかった、パルシステム有難う!なんで続けてるの?答えは面白いから。いつまでやるの?答えは死んだらおわるでしょ。でも、イッセー、パルシステムのガッツを受け継いで、世直し続けるアナルシ(究極の自由)を求める人が続いてくれ利でしょう。
★沃土会のネギと秋田のセリは、我が家では食べ切れないので近所の松尾さんにおすそ分け。わたしにいったら、コーヒーごちそう様でした。「フランスではもえとぇるのにどうして日本はしずかなんですかねー」と聞かれて、僕の考えを伝えましたが、不思議ですよね。虐めとかにいっちゃってるのかもね。いじめられてるものが、さらによわいものをたたく、だめだねそれは。精神保健衛生士の斉藤章佳さん(東京新聞2018年11月17日、「あの人に迫る」に連帯します。マスコミもがんばれ!カテゴライズ粉砕、敵・味方は要らな
c0219972_16270948.jpg
い、仲間が欲しい。フードバンク立川事務局の澤井さん、熱心に問いに答えています。いっせー拝




[PR]
by issei_tachikawa | 2018-12-08 16:28 | 三多摩フードバンク&フードバンク立川 | Comments(0)
c0219972_18224582.jpg
まさる大活躍、朝から「さんきゅう」に来て仕訳、スタッフの1人からガス台(なんとラーメン付き!)いただいてご機嫌でした。寒い日にラーメン、これで年越体制の基本ができる。「寝袋ありませんか?」と言われて探しています。イッセーブログ読者の方で、使わない寝袋、ゆずって下さる方いませんか?あと、ちいさな冷蔵庫も新入居に必要です。
その新入居者=「門馬君に会いたい」とまさるがいうので、3階の部屋まで呼びに行き、カフェでゴタイメーンっとなった。
門馬君は、最近、日野橋下生活から「さんきゅう」住人になったばかり、12月発行の「さんきゅうだより」で紹介しますが、「顔色よくなったねー。」とまさるがぽつり。「あんたもなんとかせねば」というのが俺らの言い分。まあ、ゆうっくりゆっくりね。だんだんとよくしていこう。(でも「自立」とか「社会復帰」なんていわないぜ)
星さん、健ちゃんも加わって「まめ吉」コーヒー飲みながらしばし談笑。
久しぶりに央線陸橋まで、4人で約3kmのすべてを回りました。「あさはら」さんには、まいどまいどしつこいといわれそうですが、生保申請のおすすめを継続しています。今日も断られました(笑い)
「死刑判決されたらよろしくお願いしますよ。」と本人。
「大丈夫ですよ、看取りますから」って冗談かわす。あったのが7年前ですから、それなりに気心しれてきて、ジョークも通じるようになってきました。いいね。
隣人のAさん(もう80近いんでしょ?いや越えてるかも)は、そば食ってました。よく歩いてるみたいで、良いことだね。寒くなるからなー、さんきゅうをうまく利用して生き延びましょうね。
天気の良い日は、チャリこぐ気分もサイコーだね。走ってるとキジやカラスや、いろんな鳥たちが「おりて」きます。叫びながらすすみます。
Hくん(住居不明の「現役」)いつものベンチにいなかったので、「Hくーん!」と3回大声で連呼しましたが、でてきませんでした。
お昼は、2人に、ウチナン店で、定食御馳走しました。たまにはこのくらいのラッキーがないとね、やってらんないよね。
SHJからの食品が3時過ぎに到着し、管理人とイッセーが立ち会いました。月2回次回は12月7日になるようです。生鮮品はすぐに必要なところに届けないといけないので毎回緊張します。幸い今回はバナナ(2本×6)と春菊4袋だったので、寮食などですぐにさばけました。
フードバンク立川の方は、総合福祉センターに食糧の備蓄が一定できつつあります。FD(フードドライブ)ははずみがついてきた。これからは配布の仕組みをどうするか楽しみなところであり
c0219972_10245276.jpg
ます。かならずできますよ、この確信が重要ですね。



[PR]
by issei_tachikawa | 2018-11-16 18:48 | 三多摩フードバンク&フードバンク立川 | Comments(0)

c0219972_15410369.jpg

940からフードバンク立川の会議で、FDの報告と計画について話し合い、承認と決定しました。今後の計画は以下の通り。

11/3~4 立川市楽市でFD、時間ごとに担当決めて参加します。パンフレット配布、旗デビュー。

11/10(土)パルシステム東京の映画会にからめて、さんきゅうコーヒーの販売とFDを実施する。FB立川から車でも参加し、持ち帰る。

12/8(土)パルシステム東京の立川センター(昭島市内に移転)でFD

FB立川の課題は、配布のしくみづくり、その前提は、今困っている家庭とどうやってつながれるのか?です。

配布活動は、3人でやりました。ラパン引き取りはイッセーがやり、【仕訳】は「まさる」と研修生のA野さんで、河原3名、OB等58名分に袋詰めしました。1袋当たりの個数は10個でした。

残堀橋付近の「まさる」は、フードバンク活動を始めて1か月経過、10/1からの謝金は勤務表に従い、月1回25日支払いとします。

毎週月・火・金・土の地域パンの引取り、家事代行サービス(YPO)の草取りも依頼しました。

【配布者】は、イッセーとまさる、A野さん3名でした。

日野橋下、M間さん、は入寮を決意してくれました。今月末に引越し予定です。堀内さんの転出予定日は、1020日です。兄弟が応援してくださるという貴重な事例になります。

N平さんは、今日もマンガ読んでいて、元気でした。今日もマイペース。長いキャリアです。もう5年以上のお付き合いです。今を変える気はほとんどなさそうです。

A部さんは、今日は朝から外出との事。雨で外出できない日以外は、よく歩いています。スタッフに街中で会って、さんきゅう食堂で1回喫食されたことがありますが、1回きりです。時々Gを求められますが、断っています。

【パン以外の配布物】は、アルファ米(ワカメ入り)、ポテチ、ヨーグルトドリンク1人2本ずつ、チョコレート1人2箱ずつ。

1名の路上生活者(まさる)には、9/25から夕食(引取り方式で)サービス始めています。

★資源ごみが相変わらずたまる一方です。

★マサルも、生保申請については徐々に前向きになってきています。あきらめない、あわてない、確信をもってすすめきること。殺し文句の1つは、「今年の冬はチョー寒いぜ。」

さんきゅう食堂が、9/17以降休業していますので、食品は「さんきゅうハウス」にも一定たまっています。


[PR]
by issei_tachikawa | 2018-10-19 15:41 | 三多摩フードバンク&フードバンク立川 | Comments(0)

c0219972_17020235.jpg
今日は出だしの発注からイレギュラー発生、と言えば聞こえはいいが、どうもイッセーがパルブレッドに発注したのに、FBのML(フードバンクのメーリングリスト)に送っていなかったらしい。ドライバーさんからいわれてあわてて1日遅れでML。
本日仕訳は、まさる&けんちゃんでやってもらって助かったよ。作業的な余裕は、すぐの発想転換などのメンタルに好影響を及ぼし、日野橋下の3人に、お弁当(地場産直のピーマン肉詰めのおかず)、ワカメアルファ米にお湯注いで届けました。飲み物は、セカンドハーベストさんからの麦茶パック。
わずか3人の河原生活者への配布は、さんきゅう4名でやりました。星さん、まさる、SAIGO、いっせーで。
Mさんに変化有り。今まではふきっさらしに布団で寝ていたのですが、なななんと!パリのセーヌ川沿いに並んでいるテントみたいなやつで寝ている。
理由を聞いてみたら「行がかリの男性から『雨風大変でしょう』ってもらった」ということ。渡る多摩川鬼はなしか。
Nさんは、あいかわらず、余裕の河原生活。面白かったのはマサルの自己紹介、「こんど配布担当します。おれも現役なんで。」Nさんなんかは、ぜひ食堂利用してほしいのであきらめないで誘い続けよう。
Aさんは、最近よくで歩いている。立川駅周辺まで歩かれるそうだ。今日も留守でした。
★他のフードバンクと立川の違いは、2重構造にあります。
三多摩FBとフードバンク立川、さんきゅうハウスは、前者の事務局と配達ボランテイアなどを担当し、後者では今まで食品置き場と生活困窮者への直接配布を担当してきました。
三多摩FBには、府中緊急派遣村や三鷹のびよんどネットなど7団体が連携し、府中の配布先と連携先拡大には目を見張るものがありますが、別に競争しているわけではなく、各団体の力に見合った等身大のFBをやっています。2か月に1回の「三多摩アクション」会議には、三多摩地区の議員さんもきてくれはるので、運動体としてもメリハリがあります。このみち50年の人、3.11以降の人、市議選で目覚めた人などなど日本の政治的文化の面白みを表している?かな。
フードバンク立川で、イッセーは代表ですが、とくに日常的仕事はありません。異業種混合接着剤みたいな役割りかな。パルシステム(生協)32年の労働と経営の経験がめっちゃ役立っています。9月15日は、立川センター引越し記念のお祭り、フードドライブやります。集まった食品は、社会福祉協議会の総合福祉センター2階の置き場に置かれて、いつでも生活困窮者からの要望に応えられるようにしています。

[PR]
by issei_tachikawa | 2018-09-07 14:45 | 三多摩フードバンク&フードバンク立川 | Comments(0)
c0219972_21064318.jpg

高松町へのパン引き取りは4名で行き、【仕訳】は課外授業の高校生3名とイッセーで、河原5名分、OB等8人分に袋詰めしました。1袋当たりの個数は8位、食パンが6斤あり、それぞればらして3切れずついれました。

残堀橋付近の「まさる」は、フードバンク活動を始めています。毎週木曜日、総合福祉センターへのピーマン引き取り、毎週金・土の地域パンの引取りなど。自然農家との連携事業にも巻き込もうと思っています。

【配布者】は、東京都立立川国際中等教育学校(旧称:都立北多摩高校)1年の生徒さん3名とイッセー4名でした。

日野橋下、川岸のN波さんは相変わらず川岸のコンクリートの上に寝ていますが、体力の限界に近付いているように感じます。爪が異様に伸びて居たり、足の垢(あか)に路上生活の年輪があらわれて、すぐに就労は無理っぽい。先日の河原回りチーム情報によれば、東京サポートから出てきたとのこと。さてどうするか?

この間調子が悪そうだった、M間さん、調子は回復しているらしいですが、今日も睡眠中。

N平さんとは、もう6年以上のお付き合い、今日もマンガ読んでいて、元気でした。

高校生から質問が、「ここ(日野橋の下)で暮らしていてつらいことは何ですか?」への答えは、「台風と蚊」でした。笑えませんね。泣けてくる。

Aさん(80歳は越えてる)は、今日も外出中、元気なのは何よりです。顔見るとGの催促されますがめったにあげません。こっちのふところがもちませんから。

【パン以外の配布物】は、SH(セカンドハーベストさんから)の麦茶2パック、アルファ米(わかめ)、ポットに熱湯入れて現場に持参し、その場で注入して置いてきました。

全員がマイハシ・マイスプーンもっています。

★資源ごみがたまっている様子ですが、こちらで何とかする方が良いかも。

★マサルとは行き違いになったので、後でテントに届けてから帰宅しました。



[PR]
by issei_tachikawa | 2018-08-17 21:08 | 三多摩フードバンク&フードバンク立川 | Comments(0)

c0219972_08072230.jpg

地域のパン屋さんからの引き取りはイッセーがやり、仕訳はボランテイのM山さんとイッセーで、河原6名分、OB等7人分に袋詰めしました。1袋当たりの個数は10位、食パンが6斤あり助かりました。

残堀橋付近の「まさる」は本日、法政大学学生のヒアリング対応で、フードバンク活動はしませんでした。また来月ね。ボランテイのM山さんは、彼と話したそうでした。

配布者は、スタッフの星さん、ボランテイアM山さん、けんちゃん、イッセー4名でした。

日野橋下は1名増えて、4名になりました。川岸のN波さんは新人です。先日、自主見回りのNくんから、「立飛橋下の路上に寝ている人が」と報告されている方でした。50代?

彼に関する詳細は不明ですが、爪が異様に伸びて居たり、足の垢(あか)に路上生活の年輪があらわれていたりで、派遣切りとかの「新人」ではないのではないかとみています。

この間調子が悪そうだった「新人」の名前がわかりました。M間さん、「1・2週間、風邪ひいて調子が悪かったが、最近は夜も活動できるくらい回復しているので大丈夫」とのこと。「体調が悪くなる前に連絡くださいね、サポートしますから。」と伝えました。

パン以外の配布物は、SH(セカンドハーベストさんから)のペットボトルとバナナ、満豆缶詰、サバ缶、イチゴジャムとバターもつけました。

「ベテラン」はマイハシ・マイスプーンもっていますが、「新人」さんはないとおっしゃるので、届けておきました。

★資源ごみがたまっている様子ですが、どうするか?あまりつきまとうのは、かえって支援活動にマイナスする部分もあり、なやましい。でも、行政が高飛車に動くより、こちらで何とかする方が良いかも。

・配布中に2回、配布者同士の「幸せクラブ」的コミニケーションがもりあがりました。

誰もがストレスためてるんですねー。ミー・ツー(笑い)

・日野橋付近の木陰で対話中に、西方向から最近入寮された森田さんが、チャリをさっそうとこいで通り過ぎましたので、拍手しました。3月まで彼が暮らしていた橋下に、今はN波さんが暮らしているのです。

★夜中のFB N君対応 管理人自分用のストック「インスタントラーメン」提供!

毎月、月末になるとOB相手のフードバンクもやらざる負えない状況です。

M角さんには、お米5kg(つけ)

●今回は187でした。(お休みは、多摩.com)


[PR]
by issei_tachikawa | 2018-07-22 08:07 | 三多摩フードバンク&フードバンク立川 | Comments(0)
c0219972_18351494.jpg
とりあえず、「報告書」からコピーです。

(配布対象)

日野橋下の3人(Aさん、Nさん、「新人」)、残堀橋付近のマサル、中央線陸橋東側の「新人」の5

(仕訳、配布者)

仕訳は「さんきゅうカフェ」で、イッセーとボランテイア女性(Mさん)で、10~30分ほどかかりました。

配布は、星さん、いっせー、マサル、Mさんの4名で、さんきゅう食堂で昼飯いただいてからやりました。小雨ぱらつき条件は良くありませんでしたが、チャリで河原を走りながら、終了後は河原でスタンデイングのまま、状況やおもいについて話し合いました。

(配布物)

パルパンに地域のパンを加えて、ドリンク(冷たい麦茶など)、サバの缶詰め、さらに「さんきゅう食堂」のお弁当(コロッケ、メンチ、キャベツ千切り)を付けました。

マサルは、その後、拝島付近で仲間が発見し、さんきゅうに来るように勧めてくれたので、復活しています。「11食食べていれば大丈夫」とつぶやいています。カフェでも「シェアランチ」するようにすすめていますが、遠慮しているようです。かれが再び生保利用の自信を持つようにサポートしていきます。

先月から、食堂で余ったものは、可能な限りお弁当にして河原に運んでいます。

「さんきゅうハウス利用案内」も時々付けています。

(反応、気づき、発見、連絡事項)

★日野橋下の「新人」は、体調不良の様子でした。N君からの情報待ち。

★中央線陸橋付近の小屋は、リニュアルされていました。ドンキで買ったと思われるテント使用、住人とは1回もあっていません。寝に帰るだけ?かも知れませんが、先月の配布物は無くなっていましたので、無駄にはなっていないと判断して、しばらくは見守ります。

★猫屋敷には、猫2匹しかおらず、住人不在。お亡くなりになったIさんの家に向かって、4人で合掌。猫たちの墓にもお参りしました。

★★★ まさるは、次回も手伝ってくれるそうです。何とか就労につなげたい。Aさんは、失業保険受給中とのことで、「また来たい」とおっしゃっていました。ちょうど「わたぼうし」の平本さんから、じゃがいも20kg、きゅうり5kg、小玉のメイクイーン1袋をいただき、きゅうりをそのままかじっている人もいました。(笑い)

マサルの荷物が重かったので、平本さんが帰りの車に日野橋まで乗せてくださいました。深謝!「わたぼうし」は、パルシステム神奈川の定年退職者3名が中心に運営されている農場で、津久井から野菜を運んでくれます。さんきゅうジャム、まめきちコーヒーと物物交換、思いの交流を深めています。彼らは地場の子ども食堂やセカンドリーグ神奈川の支援にも余念がありません。

●今回は184でした。(お休みは、ゆずりは)

この写真のわんちゃんは、かなり老犬でいつもはまるくなってねてばかりなので「寝犬」(ねけ)と呼ばれているのですが、飼い主曰く「カメラとかケータイみせられると吠え掛かるんです。」と。試しにやったら、案の定でした。おいおい、おっさんやばいでー、物好きもほどほど、そこそこにな。と言ったら急に「純米ひや」が飲みたくなった。奇数月は厳しいにゃー。


[PR]
by issei_tachikawa | 2018-07-08 18:35 | 三多摩フードバンク&フードバンク立川 | Comments(0)

c0219972_08191552.jpg

5回三多摩フードバンク(敬称は省略します)実施日:20180601 報告日:20170607

1.たま・多摩川.com (小山)報告待ってまーす。

2.府中緊急派遣村(高見)

(配布対象者)(配布者)(配布品)(反応、気づき、発見、連絡事項)

気温が高い割には湿度が低く風があり、なかなか快適な配達でした。
先日、三多摩アクション関係者にカンパを頂き、ジャンボ蚊取り線香(12時間は持続、1591円、他店より200円はお得)を購入。この場をお借りし、改めて御礼申し上げます。
河川敷4名、配布スタッフ3名。
配布物。パルパン、ジャム、アルファ米、凍ったペットボトル一人1.5×4本、蚊取り線香、おフランス製のクッキー
蚊取り線香はタイムリーで喜ばれました。
空き缶の持ち込み業者はほぼ決まりました。
A斉さんは朝5時出発で川崎まで。キロ126円。130キロ、週1回が限度。回収、缶潰し、売却で時間を取られるとのこと。T木さんは、川崎までは体力的に無理なので府中市西府の業者に、キロ80円、1回に10キロ強。持ち込み回数を増やして稼ぎを上げています。しかし長い坂がありキツいとこぼしていました。
稼ぎが厳しくなっているので、今週にはアルファ米、四谷橋にも足を延ばそうかと考えています。
生活困窮家庭。15家族46名。今回から1世帯(大人+子ども3)が増えました。スタッフ、6名。
配布物。パルパン、フランス製の焼き菓子、クッキー、500mlペットボトル
新しい方は、未生保。難しい課題を抱えていると聞いています。高校生の子を筆頭に何とか支援の手を差し伸べたいのですが……
「あおば」。今回も児童養護施設、母子家庭のお宅に届けました。
国立青柳の2名には、元住人のM岡さんがアルファ米、クッキー、水を届けています。パンは、有賀市議が届けています。

3.また明日(岡田)

昨日昼過ぎに訪問し、パンの袋の詰め替えに参加いたしました。
提供対象の方は、家族の人数が多く収入が不安定なかた、シングルマザーの方、社会的なコミュニケーションが困難な方、寄り合い所に立ち寄った方などに分けています。
昨日は市内の作業所に通所している若者がボランティアに来ていて、小さい子の食事のお手伝いしていました。いろんな方が出入りして活気溢れるまた明日でした。

3.びよんど・ねっと(菊池原)

(配布対象)(仕訳・配布者)仕訳、配布(配布物)

(反応、気づき、発見、連絡事項)

(配布対象)・路上生活者(オープン事務所6人、井の頭公園方面1人、野川公園・武蔵野公園方面1人)
OB7人(定期配達7人)
・「みこし」(子ども食堂)に半分強、配った子どもたちの人数は分からず。
(仕訳・配布者)
・仕分け4人、配達者2人(公園)、OB1人、「みこし」配達1
(配布物)・小分けしたパルのパン(反応、気づき、発見、連絡事項)このところ、特に変化なし。蚊が出始めているので、次回公園回り(69日)には蚊取り線香を用意する予定。

4.ゆずりは(徳光)(お休み)

5.日野(有賀)。

(配布対象)(配布者)(配布物)(反応、気づき、発見、連絡事項)

議会初日であったため、午後に配布しました。

パンを渡した順番。Dさん⇒Bさん、この間と同様、現在パン配布が2名となっています。

一人当たりの分量がすごいです。

◇多摩川・青柳周辺2名

Dさん(Oし)にお渡ししました。相当な暑さ、今後が心配です。Bさん(Oな)もDさんのこと心配していました。熱中症の危険があるからです。ただ、なかなか助言を聞き入れてもえないようです。Dさんからは長島昭久氏と立川市議選のことで質問されました。

Bさんのところでは桑茶をごちそうになりました。桑の実が熟れて、ムクドリやヒヨドリがBさんの周りの桑の大木にも群がってきているようです。私も、前回も今回も桑の実を大分平らげました。

★吉村様:吉田さんからNPOハッピ―ライフへのパン配布の話、昨日6/6にいただきました。

野宿者へのパンですが、現在2名配布と6人に配っていた時の3分の1となっています。

なので、分量を3分の1に減らしていただき4袋、それプラス、ハッピーライフ分10袋で合わせて14袋でお願いします。

6.さんきゅうハウス 

日野橋下の3人は相変わらず元気です。「いなくなった」という情報が入ったワカモノは、「わけあって1日引っ越していた」だけだったとのこと。今日は寝ていました。

今日は彼の分はありませんでしたので、明日に、地域のパンを届けます。

残堀橋付近の藪の中にいたマサルは、青梅から生保申請する段取りでしたが、どこに連れていかれるかもしれないという恐怖もあって、今日は残堀橋付近のねぐらに戻ってました。

「さんきゅうにはいきづらい。」とおっしゃる。その後、拝島付近で仲間が発見し、さんきゅうに来るように勧めてくれたので、復活しました。

11食食べていれば大丈夫」と自分でつぶやくようにいいながら、木曜カフェでも「シェアランチ」しています。かれが再び生保利用の自信を持つようにサポートしていきます。

新人のOさんは、どこかに旅立ちました。いつぞやの韓国人とおなじく、縁がなかったのかなーと感じます。(去る者おわず来るものこばまず、排除しないやさしいNPOに、

もちろん筋は通すような努力もしますが。)

パンといっしょに、さんきゅう食堂でスパゲッテイ弁当こしらえて日野橋下の2名とマサルに配布しました。おかずは、さばの缶詰め。

先月から、食堂で余ったものは、可能な限りお弁当にして河原に運んでいます。

「さんきゅうハウス利用案内」を付けています。

★昨日のさんきゅうカフェに、府中の生保利用者(男性50代)がやってきて、「支給日まであと1日ですが今日食べるものがりません。」とおっしゃるので、シェア・ランチで御馳走しました。2時から5時まで、カフェスタッフやお客様とのコミニケーションを満喫しておられました。その後音沙汰無しですが、年金迄あと1週間。

●今回は182でした。(お休みは、ゆずりは)

★なお、フードバンク立川の臨時食品置き場が、総合福祉センターにできました。社会福祉協議会やワーカーズコープの内部でも情報共有お願いします。いまのさんきゅうハウスには、あまり食糧備蓄はありません。



[PR]
by issei_tachikawa | 2018-06-08 08:19 | 三多摩フードバンク&フードバンク立川 | Comments(0)

c0219972_23315126.jpg

日野橋下の3人は相変わらず元気です。「いなくなった」という情報が入ったワカモノは、「検査日逃れのために1日引っ越していた」だけだったとのこと。今日は寝ていました。

今日は彼の分はありませんでしたので、明日に、ラパンを届けます。

残堀橋付近の藪の中にいたマサルは、青梅から生保申請する段取りでしたが、どこに連れていかれるかもしれないという恐怖もあって、今日は残堀橋付近のねぐらに戻ってました。

「さんきゅうにはいきづらい。」とおっしゃるので、別途対応します。

新人のOさんは、どこかに旅立ちました。いつぞやの韓国人とおなじく、縁がなかったのかなーと感じます。

今日も、さんきゅう食堂でスパゲッテイ弁当こしらえて日野橋下の2名とマサルに配布しました。おかずは、さばの缶詰め。

先月から、食堂で余ったものは、可能な限りお弁当にして河原に運んでいます。「さんきゅうハウス利用案内」を付けています。

★昨日のさんきゅうカフェに、府中の生保利用者(男性50代)がやってきて、「支給日まであと1日ですが今日食べるものがりません。」とおっしゃるので、シェア・ランチで御馳走しました。2時から5時まで、カフェスタッフやお客様とのコミニケーションを満喫しておられました。

★★フードバンク立川の新しい食品置き場ができました。総合福祉センターの2階倉庫の一室です。写真参照

フードドライブも楽しみです。


[PR]
by issei_tachikawa | 2018-06-01 23:32 | 三多摩フードバンク&フードバンク立川 | Comments(0)
c0219972_12304300.jpg
雪の予報だったので、第1週目はやめませんかという提案もあった。たしかに、スリップ事故とか心配なので一理あるような気もしたのですが、当日まで決定を引き延ばした。
2月2日(金)は、緊張して一晩中うつらうつら、朝6時から目を覚まして、7:30までの連絡(ドライバーさん、パルブレッド、参加6団体への)に備えた。寝過ごしたらアウトだからね。
で、結局2日は中止にしていただき、来週9日に配布することに変更したのですが、いやー大変でした。事業支援部時代の体験が役立ちました。2002年の4月から2003年3月まで、毎日20件以上のイレギュラーやトラブルに対応していました。事実(時系列的、関係者3名以上からのヒアリング)⇒原因⇒対策
の手順も生きてきます。
「現場」の様子が、クリアになってきます。例えば、府中では、雪で中止を見越して、あらかじめアルファ米やほっかいろを配布していたとか。なかなかやるなー。
配布日変更する場合の選択肢は3つでした。1週目は中止、翌日実施、1週間延期するのなかで、3番目を選びました。というわけで、いつも来るパンが来ないとこまるひとのために、3日の日の「地域のパン」を届けました。ほっかいろも一緒にね。
教訓は、安全第一、そして臨機応変。まだまだ仕組みとはいいづらいやりかたですが、担い手がいる間は大丈夫。先の事?あまり考えてません。
「行政がやるべき?」といってもなー、たぶん無理でしょ。企業とか教会とか、お寺なんかと連携して柔軟なネットワークが育てば良いかなー。
あと、フードバンク立川は、そろそろ2017年度決算です。3月2日(金曜日)、
7時から、アイムの第3学習室でシンポジウムやります。
以下、講師紹介です。
重田さん(府中でひとり親家庭などにフードバンクを活用して訪問活動をされている)
★松本さん(NPO法人シェア・マインド。フードバンク事業やその一環で無料スーパーも実施されている)等身大で活動をされている素晴らしいお二人から、フードバンク立川でもお話し伺えることになりました。奮ってご参加ください。何は無くても連携協働、金は貯めるな地域で回せ。困っている人を見捨てない、たすけあい・支えあいのまちをつくりましょう。

俺たちは永遠の地域家族
社会福祉協議会、くらしサポートセンター、地域包括支援センター、ワーカーズコープ、子ども食堂などとの連携・協働の真価が問われます。



[PR]
by issei_tachikawa | 2018-02-04 12:31 | 三多摩フードバンク&フードバンク立川 | Comments(0)