どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

カテゴリ:足元から社会を変える(政治・社会革命)( 255 )

c0219972_13092707.jpg
フランスが燃えているらしい。なんと燃料値上げ法案、半年間執行猶予するということを首相が発表した。厚かましい嘘八百のごうまんAB内閣とはえらい違いだ。
その違いの根にある民衆運動なのですが、フランスに比べて日本をくさす切りくちはあかんとおもいます。
日本の場合は徳川から明治期がチャンスだったのですが、ものの見事に「長州クーデター」で権力は移り、自由民権・米騒動・ええじゃないか・城東農民運動などなど皆潰され、共産党もがんばったが壊滅し、アナボル論争は時代的な限界を露呈して、日本の民衆1人1人に「究極の自由」意識がそだたないままにあというまに72年なんですね。
フランスは一味違う。1789年フランス大革命は、普仏戦争敗北(反戦闘争)がきっかけで始まったのだがルイ16世処刑まではよかったが、ロベスピエールの独裁が失敗して、ふたたびナポレオンに権力がうつってしまう。立憲政治今一歩だった。
1871年パリコミューンも惜しかった。ソビエトロシアをまたずに史上初の市民政治が生まれるチャンスだったのに、逃げてゆく政府軍を徹底的にたたけなかったコミューン政府はすぐに崩壊してしまう。クールベ、ビクトルジュゴー、ブランキ、〇円含めておつかれさまでした。
そして1968年五月、戦いの火の手はソルボンヌ大学ナンテール分校からだった。ベトナム戦争は世界中に反戦運動を広げた。日本も同じく立ち上がった。ベトナム戦争の間違いについてはもう繰り返す必要がない位明白になっている。プールの落成式に出席していた文部大臣が反戦運動で逮捕された学生の釈放を要求する学生運動のリーダーに対して「出来立てのプールに頭入れて冷やしたらどうか」と暴言はいたのがきっかけで、フランス全土が騒乱状態になった。ドゴール慌てたであろう。ゴミ収集労働者、警察官、墓場労働者までもが学生に連帯してストライキに入った。
この運動のリーダーの一人、D.コーンバンディは今もドイツ緑の党で活動しているという。活躍した労働組合はCFDTやFOだったと聞く。日本では、新左翼とかサンパといわれた学生運動と社会党のダラカンをつきあげた反戦青年委員会が大活躍した。
どうですか?暴力・非暴力を、カテゴライズして語るだけでは、問題解決はないとおもいませんか?
いま日本でフランス民衆に連帯して「世界一国・・・・」を語るつもりはありませんが、暴力論と内ゲバの本当の総括は、映画や論評でも必要ですが、むしろ生涯現役の活動家人生を歩みながらやるほうがいいよとおもいませんか?
(そろそろ73歳ですが、まだまだこれからです。戦争法廃止、原発廃炉、格差是正、憲法守り公文書改ざんしない内閣を!)
★毎週月曜日2時からの3000万署名アクション、やりきるぜい!

[PR]
by issei_tachikawa | 2018-12-05 13:16 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)

俺流のチラシ撒きなど

c0219972_11240992.jpg
何しろここに住み始めて32年だつので、チラシ撒きながらの出会いが楽しめる。昨日は30年ぶりで豊島さんに会った。
チラシは山本洋輔さんの議会活動報告お手伝い的なものですが、4年に1回いくだけじゃー口先だけでの地域になってしまうので、イッセー通信やチラシ撒生きながら、コミニケーションを創っていきます。
豊島さんの家は砂川8丁目、立川生協村と言われていた通りにあります。共同購入はじめたのがたぶん、1980年くらいだから、俺は30代、彼女は20だいだったんだよな。
近所は武川、武藤、矢の口、佐竹、後藤、土屋、高崎などなどそうそうたるメンバーが住んでいます。矢の口さんは85歳になられたとのこと。むすめさんは埼玉に引っ越してお孫さんということ。
武藤さんちには、珍しくあかりがついていた。おともだちがきているらしい。豊島さん土屋さんとの立ち話がいつまでたってもおわらない。
終わらない歌をうたおう、なんてね。
チラシは500枚預かった。今日は6丁目を撒きます。天気が良いので気持ちも良い。チラシ撒いてから午後は「健康麻雀」です。
広報は社協の「あいあい通信」+口コミ、I・T・S夫妻の4名はすっかり定着してくださっています。月3回、第1第4土曜日と第3日曜日に、さんきゅうカフェは「麻雀クラブ」になります。参加費500円、運営資金の足しになりますので、貴重な収益事業です。囲碁、将棋、花札、トランプなどのリクエストも受けています。そのつどリーダーがかわります。リーダーはOBがやってくれます。
社会運動で「地域」を初めて意識したのは、1980年代初めの京都でしたが、当時は・・・・で寮を追われて、次の活動場所をどこにするか考えての選択で、地域といっても「イメージ」でしかありませんでした。
あれから約40年、ここ(砂川)でくらしつづけてようやく地域のひだがみえてきたかなーというところです。

[PR]
by issei_tachikawa | 2018-12-01 11:24 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_18002212.jpg
http://space.geocities.jp/tama_stitch/access.html
ステッチ・マルシェ、要は「手作り品の青空市場」のこと。詳細に関しては、上記のブログを見てね。
32回も続いたんだと感無量です。言い出したのは、誰?オウナーは、青木栄司さん、この近所では知る人ぞ知る。彼の祖父は、青木市五郎さん、伊達判決を生み出し、砂川にあった米軍基地(今は横田に移転)拡張計画を実力阻止した反対同盟の行動隊長です。副行動隊長が宮岡さんで、立川生協の砂川8丁目時代(柴崎センターの次?)の恩人です。砂川闘争についても写真集が2冊、『米軍基地を返還させた砂川闘争』(ヤマス文房)と『ベトナム反戦闘争と砂川闘争』(?)出ています。これについても今回は触れません。超党派で反対運動が盛り上がりました。
今帰ってきて、これから打ち上げです。毎回必ずと言ってよい位打ち上げします。3つのお店を順番に使います。(これはオウナーのアイデア?)
今回は、タマジョー南口下車のクッチーナ、6月市議選、ようすけといっしょに、選挙前にこべつやったなー。あと、さんきゅうカフェにも「まさるさん」といっしょにきてくれたっけね。もとは、セブンスポット、立川生協時代の職員遊び場です。懐かしい人もおるやろ。
マルシェってフランス語、なんとなくエレガントな感じ、でしょー。そうなんです、フリマーとは違うのです。「ビンボー人ついて行けへんわ。」なんていわんといてや。これは場の趣旨なんですから。個性をださないと、継続力は生まれない、個性的な市場ならお客はついてくる、と主催者は考えているのです。
さんきゅうハウスは、毎回、まめ吉コーヒーを販売しています。まめ吉さんは、FB(フェイスブック)もなさっていますから、友達申請するときは、イッセーから聞いたといえば、絶対拒絶されますので、言わないこと。ははは!もちろん冗談や。
今日は62杯も売れました。運営資金の補填になり、参加スタッフ2名の就労支援準備にもなり、たくさんの友達や恩人との交流にもなり、ありがたい限りです。
いつまで続けるのか?たぶんオウナーしだいでしょうか?いずれにしても毎回毎回よんでいただき、心の奥底から感謝申し上げます。
それと、ステッチはコミカフェとギャラリーも兼営していて、さんきゅうハウスのスタッフや市民活動の仲間も働いています。その信頼があればこそのお呼びだと思います。そして、搬入と搬出、販売活動には、さんきゅうハウス理事やスタッフの皆様がボランテイアで働いてくださいます。みなさまの愛と協働有らばこその継続事業なのです。改めて心の奥底から御礼申し上げます。


[PR]
by issei_tachikawa | 2018-11-24 18:00 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)

出会いで充実のサンディ


第28回砂川秋祭りに向かう
c0219972_16350701.jpg
第28回砂川秋祭りに向かう途中、猫返し神社近くの信号で、山下洋輔さん(ピアニスト)と会う。なんとチャリこいでいる。背も少し曲がってる感じで、ややふけたかなー。お互いにというより俺が急いでたんで、声かけなかった。さいちぇん
砂川祭りでは、30年ぶりくらいで半田君に会う!なんと、俺が行かない間に出店者常連になっていた。鹿島からくるという。この人と話すと、50年分の時間がスリップする。1966年行動羽全学連大会から1968年B第7回大会、その後の「分裂」と・・・・について。おれはまだ真剣に考えている。
秋祭りは参加者も増えて大盛況、ラストは「さっちゃん」のソロで盛り上げたが、半田君がOさんとつなげてくれて、これまた20年ぶりくらいの話。NWで那覇に行ったんだと、そこに定住している元・・・がいるとのこと。いいなー。
祭り終わって帰り道、行に山下さんと会った信号で、イッセー通信読者と出会う。「山本さんよかったねー。」といわれたので、ありがとうございましたとお礼をいう。「まだ27なんで、5期やれよ。そんでもまだ57才、楽しみで死ねねーよ。」という話。
そして我が家についたら、近所の◎さんが、年末ライブの日程確認に来てくれた。「連れがあるかも」とのこと。◎さんは、下北生まれの下北育ちで、彫金し、おれより1つ上だが、よく話す。通信読者でもあり、おれのことセンセーとちゃかす。
このように、今日の日曜日は出会いの宝庫です。
夜は福助ライブなので、さらにプラスアルファを満喫しました。じゅんこさん、あっちゃん、今日もありがとう!「力をぬけー!」(エミリイ)
祭りでの9条改憲阻止3000万人署名、たぶん60筆以上集まったのではないか。さすがだ!
 

[PR]
by issei_tachikawa | 2018-11-11 16:36 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_18322982.jpg
毎週2時から3時、立川駅北口デッキでやってます。50年間の思い出に浸ったり、近所の友人にはげまされたり、小金井のあるバス停で1人で90万筆も集めて他界された男性のことも思い出します。
今日も面白かった。
Hさんのところに若者が寄ってきて議論になる。何話してたんだろ?今はわかりませんが、2人の話は3時になっても終わらない。いずれにしても1人の仲間が増えた実感を持って帰ってきました。
署名は10筆以上集まったよ。5月で1350万筆だったんだから、今は?だけれど1500万くらいいってるんじゃろか?
酒臭いおっちゃんとも我慢して念入りのコミニケーションで来ました。彼は「うるせー!」っていいながら通り過ぎようとしたので、マイクを置いて、手招きして論議しました。
最初はぼくのことを、共産党、中国・北朝鮮の手先、馬かなどとののしっていましたが、ぼくは冷静に頼みました。
「事実に基づいて、冷静に話し合いましょう。そして共通項を見つけましょう。」と。
続けて彼に質問しました。
1つ、憲法9条言えますか?
かれは言えませんでした。なのに、「9条があるから中国になめられる。」ということはいえる。こういう人多いね。だめだねこれじゃー。
だから9条の中身を教えて差し上げました。
2つめの質問、ベトナム戦争で9条に「自衛隊」が明記されていたら、どうなったと思いますか?答えは返ってきませんでした。ベトナム戦争って何だったのかも知らないで、9条論議できないでしょう。平和の意味もつかめないはずです。
3つめ、日米合同委員会、地位協定、オスプレイの横田使用についてどう思うか?
答えは、日本の国土防衛に必要だと言います。このての主張は多いですね。米軍は日本を守ってくれていると思い込んでいる。この見方に対しては、今の自衛隊の動きを説明して、米軍のパシリをやらされているが、戦闘行為の前面にはたてないでいることの是非を問いました。
いろいろ話しましたが、30分ほど話していたらあれだけ殺気立っていた彼の目に、人のやさしさがにじみ出てきました。なんなんでしょうね?ふしぎ。
最後は彼から握手を求めてきて、ぼくもそれに快く応じて別れました。「共通項」感じてくれたのなら嬉しいなー。

[PR]
by issei_tachikawa | 2018-10-29 18:37 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)

第一章 総 則

第一条 この法律は、行政庁の違法又は不当な処分その他公権力の行使に当たる行為に関し、国民に対して広く行政庁に対する不服申立てのみちを開くことによつて、簡易迅速な手続による国民の権利利益の救済を図るとともに、行政の適正な運営を確保することを目的とする。
 行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為に関する不服申立てについては、他の法律に特別の定めがある場合を除くほか、この法律の定めるところによる。
辺野古移転について、玉城県知事誕生によって、沖縄県民の民意は明白になりました。
そして、上記の法律は使えないことも明白です。政府の機関同士でやりあうことを正当化する法律ではありません。裁判にかけられた国民からの権利(再審査要求)擁護の法律です。茶番劇でアリバイ証明するのではなく
今安倍内閣がやるべきことは、
1つ、トランプ大統領にこの事実を伝えること。
2つ、日米合同委員会でこのことについて論議し結果を公表すること。
3つ、使わない侵略戦争用の武器の購入について、日本全体の民意を問うことです。(いっせー)

[PR]
by issei_tachikawa | 2018-10-18 09:58 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_20302798.jpg
これで敗けたら、もう日本の政治活動から一切手を引こうかどうか迷っていた。しかしだめだとしても、10代から続けている政治的なことへの係りを一切立ってしまうと、正直おれって何なのかがわからなくなってくるような不安もあった。
その不安は、デニーさん当選でぶっとんでしまいました。ほんとうによかった。ぼくはFBで情報シェアする以外は、ほとんどなにもできませんでしたが、うちなんのみなさまといっしょに喜びを分かち合いたいです。イチャリバチョーデー、ユイマール
 さて、世の中にでまわっている総括と少しは違うブログにしたいなーと考えて書いています。
 いくつかの感動が残りました。ニューヨークタイムズでは、「アメリカ海兵隊の息子が沖縄県知事に選ばれて、米軍基地反対の先頭に立つようになった。日米政府はそろそろ根本的に基地配置、日米安保にあり方について見直すべき時がきているのではないか」と読めそうな記事を載せている。
 翁長さんの奥さん樹子さんの応援演説、当選後の話も心にしみいりました。翁長さん喜んでいると思います。
 翁長さんの次男、健治さんの話も考えさせられました。「学生の頃はネトウヨだったぼくがかわったのは、おやじのことを腐す彼らと自分は違うと認識し始めたからです。」という。彼は今は市議会議員、そこで玉城県政とつながりながら、たたかいぬくのでしょう。やまとんおれらもしっかりせねば。
 あと、沖縄でも砂川で起きている学会員の公明離れが進行している事実がみとめられましたね。来年の選挙を眺望するにあったって、明るい情報かな。我が家の近所に学会員が6人いますが、今まで継続的に自宅の塀に掲示していたは公明党のポスターをはがしてしまいました。明らかに「反乱」の一部だと思います。今回の県知事選挙でも、学会員の30%くらいは玉城さんにいれたという出口調査結果があります。
 それから、印象的だったのは若者活動家の動きね。事前アンケートで、10万人の支持を集めて選挙にいどんだんですと。うれしいなー、国会周辺だけではない、地域でもシールズ、新しき公共的な学生運動の流れが形成されつつあるのですね。
これで決まりかな?支持政党なしの人の70%が玉城さんに入れたんだと!その人たちの割合は全有権者の40%に達している。この傾向は東京でも同じ。安倍無い閣の支持率に比べると恐るべき数値ですよ。これからもっと増えていくんでしょうね。この事実に希望を見いだすことが、政党活動にたずさわるひとにももとめられているんですよ。「求めよ!」
 立川では、毎週月曜日にJR北口デッキで、改憲反対の署名活動やっています。来年の選挙を楽しみながら勝利しましょう。
★画像は、自宅でお蚕様を飼っているしげきくん、桑の葉は我が家からのです。かれとはためどし、S21年生まれのご近所友達は割と多いんです。きよみ・はるよもそうだし、1っこ違いで松尾さん田中さんもおるし。年食ってくると同世代コミニケーションの気楽さってのを感じるね。ケンカしてもなかなおりできる。ここが特徴かな。

[PR]
by issei_tachikawa | 2018-10-03 20:35 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_16124473.jpg
何しろ、人生何が面白いかっていえば、愛と革命しかないでしょ?!
革命ってのはレボリューション、回転だよ。計画的ではないのが多いよね。研究者はくさるほどいますが、わからんのですよ、答えは。
人は何故に自分の利害を超えて、たくさんの人と共通利害を追求しうるのか?戦後の主体性論争が懐かしい。
マルクスの再読み込みが始まった。梯明秀、黒田寛一、三浦勉、武谷光男、星野・・
・・ついには宇野弘蔵まで登場した。
ぼくはたまたま17歳時に梅本克己の『人間論』と出会って、マルクスの『職業選択について』、『経済学哲学草稿』、『ドイツイデオロギー』などを読みながら、人が変わる要件について考え始める。
もっと気楽に考えても良かったんではないかとも考えたが答えは出ていない。
ベヘイレン(ベトナムに平和を市民連合)の人たちと自分ら(ブンド)を差別化しないと納得できない何かに賭けて、こっちは日々筋肉労働に明け暮れていった。
その1つの限界露呈が、1968年3月、ブントの7回大会が近づいていた頃に僕は、王子の「野戦病院」粉砕闘争でぱくられて23日獄中にいる間に再建ブンドは分裂してしまった。
荒君もこの時期にヅカでぱくられて分裂現場にはいなかったらしい、ことは何十年もたってから知った。
いずれにしても、今でも総括は続いている。命の続く限りこの営みは続いてゆく。これが俺たちの責任なのだと思う。
50年よくぞ使いし足の裏、左脳右脳両刀使い、人生楽しみながらやっていきます。
★今日のさんきゅう食堂、まさるが突然言い出した。「今度河原へのパン配達、やりますよ、世話んなってるばっかりじゃー申し訳ないから。」って。
えいちゃんが、24時間マックでの「現役」生活脱出の直前に、俺に言った言葉とおんなじや!場所も同じ、さんきゅうやっててよかったなーおもう。
★★7月7日(土)立川市民交流大学が我が家で開催される。生徒は15名、市の広報で集まった。講師はおれ、事務局は、豚の校長こと「しげき」くん(ためどし)
テーマは、お庭拝見です。
写真の「ばけつ稲」は、しげきくんからもらった苗で作っています。ただし、化学肥料までくれたんだよなー。おれには撒けないよ。おれは自然農だからな。

[PR]
by issei_tachikawa | 2018-07-03 16:14 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_15105481.jpg
変える」+「変わる」=新たな出会いで感動しながら。
K君と会った。元風波土のメンバー。でっかくなっていた。あたりまえやろ、40年ぶりだし。かれにもおれにもいろいろあった。×の数(自分じゃー〇の数)では負けません。(笑い)
今彼は社会福祉士の資格も取って、都内某所で精神関係の仕事をしている。学生時代はラジカルだったね。ある日彼から届いた封筒、明けてびっくり便せんに穴が開いている。たばこをこすりつけたらしい。文面は忘れたが、1980年代なのでクワンジュやヅカに連帯する手紙だったのかもね。
其のK君と会った場所は、銀だこ前の応援演説終えて、北口に移動する途中でした。「おめーなんでここにおるんや!」といってしまった。
昔の新宿ホコテン、段ボール引いて、焼酎飲みながらダイヒンミンやってたけな。10人同士で誰々さんほしいもやろうぜって提案されてたが、できなかったね。
このように、選挙活動期間中の出会いは、時空間を溶かして、神羅万象宇宙原理で動く面白さを楽しめるのでした。
あと、去る人もいたね。気功師のFさんとひとひとての2人、なんと引越し先が同じだってさっ!ありえなくない!期日前投票、おつかれさまでしたー!
けんちゃん、よく練習したね。・・・・、ひらがなでよかったね。清き感動の1っぴようや。
洋輔の今日は、4.30に向けた駅頭街宣でした。今さっきパンの引き取りを依頼しました。夜は都内某所で支援活動との事、立川のパンが他の地域の活動を応援する。市会議員がそれを媒介する。いいねー。人間一生生徒、生涯現役、議員は公僕、主人公は「おれたち」なんやで。このゆびたかれ、おれたちに。

[PR]
by issei_tachikawa | 2018-06-23 15:11 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_10030840.jpg
4年前に比べてみました。変化を感じましたね。
1つ、事前投票が増えたのではないか?ぼくは、コンビニで買い物するとき、お金払いながら笑顔でさりげなくパートさんに聞いています。
「もういきました?」って。
それから、路上で会う友達にも同じ質問してます。
今回はイェスが多かった。いや、聞いた人全員がイエスだったのにはおどろきもものきさんしょはこつぶ。(じょーだんや)
気心しれたひとには、「誰にしました?」って聞いちまう場合もある。人をみてね、慎重に大胆に。(ヘビのように聡くトラのように大胆に)このとき、投票先として出てきた人は受かってたね。まあ、これは偶然に一致でショウガ。
事前投票っていうと、沖縄の名護市長選挙、6/10の新潟県知事選挙を思い出すね。自公側はかなり危機感つのらせて組織的に事前投票を推進したらしい。あと、ラインつかっての若者集めの工夫ね。資金も豊富だしな。フェアでないと批判してもあまりいみないだろうな。こっちも対案考えないとあかん。
2つめの変化は、立候補者本人の動きと周りの意識・動きね。オオサーさんに比べると、洋輔は人の言うことに耳傾けられる力を感じたね。どっちが良い悪いという話じゃーないんだけどね。例えば、周りの女性達が髪型、もみあげなどで注文付けると、かれは自分流にこだわらずに素直にかえていたっけね。スーツも夏らしいのに買えたしね。支持者に握手もまめにエネルギッシュにやっていた。島田⇒大沢ラインでは握手ゼロ、てーふるのもそしきだっていなかった。今回はビジュアルにも工夫がみられたのは良いと思う。
3つめになりますが、周りの動きも変化したね。最初の頃、洋輔の勝利を信頼していたのは2人だけだった。あとは比較、迷いの領域だったね。それが、だんだん変わってきて、ラストの1週間では、グループ全体が打って一丸となったかんじ。変わるんだねー、だから面白い。俺自身の動き(演説内容)にも力が入ってきた。2回褒められて嬉しかったよ。同時に「本人だったら大変でそれどころではなかったんだろうなー。」とも感じた。
洋輔の4年間の議員活動の成否を決めるポイントは、双方向かつどうだろうな。草の根民主主義ってやつの地域展開のモデルケースになるかもね。
無から有、そして生そして、ヘーゲルじゃないよ。イッセーです。

[PR]
by issei_tachikawa | 2018-06-19 10:03 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)