どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日本ってのは島国で、物理的に侵略してもほとんどその国土自体には使用価値がないのだが、今のアメリカ軍にとっては、かっての朝鮮戦争でそうだったように、国連軍の名を語る北米軍(現代のキリスト教十字軍)世界戦略実現のためには、なかなか手放せないようだ。日米地位協定がいまだに有効である理由を考えていくと、今の世界の取引関係の実態がおぼれげながらにわかってきます。
さて、どんな点で例外国なのか?
1つ、アメリカ軍は日本のどこにでも軍事基地をつくれる。フイリピン、エクアドル、ドイツ、イラクでさえ「協定」を変更したのに。
2つ、首都(東京)羽田から離着陸する民間飛行機は、「横田基地空域」に押されて、操縦士に危険きわまりない経路選択を強いています。羽田の管制塔労働者も大変でしょう。取らんぷう大統領が羽田からではなくて、横田から日本に来たのは、そういうことだったのでしょう。
3つ、自民党(保守)政権が(途中若干連立もあったが)約50年も続き、民主党が生まれたのち、今度は「日本会議」という国粋主義的団体の国会議員が増えている。平和憲法壊されるか守れるか正念場。安倍政権は、まったくの違憲政権、憲法論じる資格なし。
4つ、小学校朝礼とか運動会で、背高のっぽは後ろに、背の低い人は前に並ばせられる。なんと健康診断で「座高」測ってるところも残っているらしい!(これ指摘してもピンとこない人は、オーストラリアなど他国の事例と比べてみると良いです。)
5つ、「めだちたがり」というのがマイナスイメージで伝わっている。アフリカに行ってみてくれといいたい。
6つ、ハーフという言葉も実に奇妙です。父さんアメリカ人、母さん日本人だと、素直に2つの血が合わさっていると考えれば、「ダブル」が正解でしょう。なのにハーフとされてしまっているのは、万世一系天皇主義、大和史観教育の結果でしょう。改めて「先住民インターナショナル」の立場から問題提起したいです。ビバ、ボリビア!
7つ、何かというとマスコミが話題にする政治家やタレントの不倫ですが、これもなー、これだけ話題になってんのは日本だけではないか?
8つ、一国の首相が、「忖度新聞に書いてあるかラ読みなさい。」と言ってすまされる国。嘘ばっかしの国税庁長官佐川、それを出世させた安倍内閣
まだまだ出てきますが、今日はこの辺で。
今日のカフェシェフは、みやちゃん(きよし)です。今日のメニューは、カレーうどん、マカロニサラダ、酵素玄米おにぎりでーす。ぼくは12時頃カフェにつきます。

[PR]
by issei_tachikawa | 2018-02-08 11:23 | イッセー心理学、行動哲学、唯身論 | Comments(0)
c0219972_20370633.jpg
昨日、駅頭アクションの仲間から借りて、夕食後に一気に読み切りました。面白くてためになりましたと言っては平凡すぎるかもしれませんが、自分の体験に重ね合わせて今を振り返り、これからの「生きる」を考えるヒントがたくさんみつかりました。ずーさん、ありがとね。
さて、これの原作者は吉野源三郎さん、初版が出た1937年は、2/17日蓮宗の「死なう団」が皇居前などで割腹自殺、4/26ゲルニカ空爆(ナチス空軍、イタリア機による)、盧溝橋での関東軍自作自演の侵略戦争開始、2.26事件判決(北一輝、村中孝次、西田税=ちから、磯部浅一が処刑され、島崎甚三郎大将はなんと無罪!(トカゲのしっぽ切り終了)11/6 日独伊防共協定成立、11/6日本軍による南京総攻撃始まる、12/15日本無産党などの幹部らがいっせー検挙された年、ですね。
1937年、大変な年だったなー。激動の時代、美空ひばりのデビューもあったんだなー。
これは男の子のほうによりいっそうピンとくる話かもなー
今の20代、10代、果たしてよんでるんじゃろか?メイビーNO(おれの想定)

俺にとっては「ベトナム戦争」加担、域内平和、せんそーしか知らない子供たちだな。
あと、差別でいえば、高校時代のTくんやなー、足が悪くて馬鹿にされていた。授業中に、後ろの奴が缶詰なげたりな。ひでーやつがいたもんですが、おれも黙ってみていたので同罪?いや多数といっしょにわらってたんじゃないかな???
T君とは、1980年代に、日々谷野音集会で会ったなー。青ヘルやった。東水労?

今の時代も、戦争法(安保法)と日米地位協定が生きていて、共謀罪の適用も不気味であり、「北朝鮮」ミサイルの脅威をあおり自分の支持率低迷を隠している安倍日本会議「小選挙区比例独裁」政治
がまかり通る世の中、3000万署名活動が続いています。
なんだか1930年代にいるようないやな気分ですね。
結局、漫画はハッピーエンドでよかったけれど、現実は厳しいなー、でもおれは、さんきゅうハウス楽しんでます。個人・個性大切に(100人100色)、集団の利害とバランス良く、カテゴライズはやめとこう。父母兄姉、義兄2人からの伝言をいつも思い出しながら、そして大学時代に「学習会」で「ベトナム戦争」へ1人の人間として、学生として、どのように主体的に係るべきかを追求していた仲間たちのこともしっかり記憶しながら進みます。
(続く)

[PR]
by issei_tachikawa | 2018-02-06 11:20 | 自分史(1946-2066) | Comments(0)
c0219972_12304300.jpg
雪の予報だったので、第1週目はやめませんかという提案もあった。たしかに、スリップ事故とか心配なので一理あるような気もしたのですが、当日まで決定を引き延ばした。
2月2日(金)は、緊張して一晩中うつらうつら、朝6時から目を覚まして、7:30までの連絡(ドライバーさん、パルブレッド、参加6団体への)に備えた。寝過ごしたらアウトだからね。
で、結局2日は中止にしていただき、来週9日に配布することに変更したのですが、いやー大変でした。事業支援部時代の体験が役立ちました。2002年の4月から2003年3月まで、毎日20件以上のイレギュラーやトラブルに対応していました。事実(時系列的、関係者3名以上からのヒアリング)⇒原因⇒対策
の手順も生きてきます。
「現場」の様子が、クリアになってきます。例えば、府中では、雪で中止を見越して、あらかじめアルファ米やほっかいろを配布していたとか。なかなかやるなー。
配布日変更する場合の選択肢は3つでした。1週目は中止、翌日実施、1週間延期するのなかで、3番目を選びました。というわけで、いつも来るパンが来ないとこまるひとのために、3日の日の「地域のパン」を届けました。ほっかいろも一緒にね。
教訓は、安全第一、そして臨機応変。まだまだ仕組みとはいいづらいやりかたですが、担い手がいる間は大丈夫。先の事?あまり考えてません。
「行政がやるべき?」といってもなー、たぶん無理でしょ。企業とか教会とか、お寺なんかと連携して柔軟なネットワークが育てば良いかなー。
あと、フードバンク立川は、そろそろ2017年度決算です。3月2日(金曜日)、
7時から、アイムの第3学習室でシンポジウムやります。
以下、講師紹介です。
重田さん(府中でひとり親家庭などにフードバンクを活用して訪問活動をされている)
★松本さん(NPO法人シェア・マインド。フードバンク事業やその一環で無料スーパーも実施されている)等身大で活動をされている素晴らしいお二人から、フードバンク立川でもお話し伺えることになりました。奮ってご参加ください。何は無くても連携協働、金は貯めるな地域で回せ。困っている人を見捨てない、たすけあい・支えあいのまちをつくりましょう。

俺たちは永遠の地域家族
社会福祉協議会、くらしサポートセンター、地域包括支援センター、ワーカーズコープ、子ども食堂などとの連携・協働の真価が問われます。



[PR]
by issei_tachikawa | 2018-02-04 12:31 | 三多摩フードバンク&フードバンク立川 | Comments(0)

174.pngイッセー通信20182月号 65

『沈没家族』上映会感想

2018127日土曜日の午後、小金井市議片山薫さんの「カエルハウス」でやったよ。

懐かしき人たちに出会えてよかった。監督の土くん、パネラーに出てくれた共同保育メンバーのみなさん、ぼくを会に誘ってくれた阿久津さんに、あ・り.が・と.・う 生きていてよかった、これからも死ぬまで生きていく、生きてるってなんだ?

さて、映画の主人公は、1995年に東中野のある3階建てのマンション1室で「共同保育」を始めたシングルマザー加納穂子さん、当時23歳。

なぜ「共同」だったのか?答えは明白で、「自分一人じゃーできないから」という母が地域にチラシを撒いて、保育者募集したら10名くらいが集まってきて、土くんはみんなの手で育てられた。

映画製作の切っ掛けは何か?それから20年以上がたち、土くんは大学を卒業することになり、卒論がわりに共同保育の記録をつくって、みんなに見てもらいたいということ。

母親は「東中野が息苦しくなったので」八丈島で一人暮らし。NPO法人「なんとかP家」という精神障碍者のたまり場を運営している。

父親だった(離婚したんで)山ちゃんは、三重の実家で暮らしている。

共同保育者のぺぺ、ガテマラ、かみなが(みんなだめれん)他の人たちはそれぞれの人生を歩んでいた。

土くんは係わっていた人たちを訪ね歩き、この映画ができた。

ちゃんとした家族でないとこで育ったぼく(ら)って、何なんだろうか?」という不安と対峙しながらの制作だったという。

結論は明白で、「沈没っていう表現と逆に、これぞまさに人の共同性を生かしながら新しい命を育てられた素敵な実践記録」なんだということだと感じました。

フツーの人?・・・と思い込んでいる「ちゃんとした」家族って何なのか?

3つのセリフが印象に残っています。

1つめ、「沈没家族には逃げ場があるんだよね。」では、ふつーの家には無いの?ぼくの70年代体験談、1人の女と1人の男の共同生活、学生運動で挫折した2人が「突きつけあって」息苦しい「次はなにか?」の模索が続く。「家に帰りたくない。」と感じても逃げ場はない。外泊したらホームレスの可能性も。友川かづきの「生きるっていってみろ」のセリフそのものの世界にも似て居る。

2つめ、土くんの小学校卒業式での記念写真撮影時の話。母は山ちゃんに「フツーの格好して!」ときつくいったらしいが、山ちゃんに言わせれば「何言ってんだよ、おめーだって変じゃん」というのには笑った。おれも彼女からよく言われてたし、反論できなかったし。

3つめ、いろいろ語り合っていって話もかなり煮詰まってきたころ、ある女性が言った。

「今までの話ってみんな大人目線だよ。子どもに戻ろうよ。こども目線で話すと違ってくるんじゃない?」という問題提起があったが、誰も答えられなかったね。だろーなー、あれって50年前の体験についての話、どうやったら子どもに帰れるんじゃろか?

答えの出せない問いばかりですみません。でも、さんきゅうカフェでも、上映会したいです。また後程ご案内いたしますので、待っててね。

はてさていつ果てるともいえない呑み会、延々と続いてました。8時過ぎて途中退席しようとすると、イッセーの70年代、80年代について質問が出て、さらに帰りづらくなり、家についたら10時頃でした。サイチェン

2月予定表です)

★カフェは、月・木11時から営業、月曜は3時終了、木曜は5時終了です。

長岡式酵素玄米おにぎり、シェフにお任せ定食、まめきちコーヒー(フェアトレード、砂川で自家ガス熱風焙煎)が人気です。

★★食堂はどなたでも利用できます。火、水、金は毎週11時から2時まで。

★★★麻雀クラブは、2/3(土)2/18(日)、2/24(土)の1時から5時まで

FB⇒フードバンクは、第1と第3金曜日、引き取りは随時受け付けます。

●しあわせクラブと寺子屋連携企画は2/25(日)2時から5時まで
正午からきりたんぽ鍋&持ち寄りの健康食事会。その後、引き続きしあわせクラブ

2/11(日)11時から16時まで 子ども未来センターで「児童館祭り」、コーヒーとおにぎりで出店します。

2/17(土)1時間から、素敵な人とまちで出会うパーテイ(通称:まちぱ)出店します。チャンプルーの会も出ます。

気功治療は、毎週金曜日の昼前後から。なお講師の藤田さんの「壮行会」を3/5(月)のカフェ貸し切りでやります。参加費1000円、参加自由

💛最後に、菊池びよさんの「身体発見場・話カフェ」は、第2、第4火曜日の、2時から4時までです。


[PR]
by issei_tachikawa | 2018-02-02 15:35 | イッセー通信 | Comments(0)