どうせやるなら気持ちよく、地域家族へ


by issei_tachikawa

<   2018年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

「バラの館」にて

c0219972_11561692.jpg
近所の友人夫婦が8日間の旅に出るというので、鉢植え60鉢の水やりを頼まれた。ぼくはこう見えても(???)実家が盆栽業で、門前の小僧よろしく3年間は家業の手伝いをしたことがあるので、盆栽の世話は大好きで、気持ちも落ち着くので引き受けました。
さんきゅうハウスのYPOの仕事にしようかどうか迷いましたが、結局自分で引き受ける方がベターなのでそうしました。
昨日から、毎朝10時にききます。お隣さんにもご挨拶、バラの花に蝶々がきます。今日のお客さんは2人。なにあげは?今日は1時半から、アイムの第三学習室でさんきゅうハウスの年次総会です。5時から8時ごろまで高松町の大沢事務所で、市会議員選挙、山本洋輔当選の祝賀会です。
c0219972_11560373.jpg



[PR]
by issei_tachikawa | 2018-06-24 12:02 | エッセイNOW | Comments(0)
c0219972_15105481.jpg
変える」+「変わる」=新たな出会いで感動しながら。
K君と会った。元風波土のメンバー。でっかくなっていた。あたりまえやろ、40年ぶりだし。かれにもおれにもいろいろあった。×の数(自分じゃー〇の数)では負けません。(笑い)
今彼は社会福祉士の資格も取って、都内某所で精神関係の仕事をしている。学生時代はラジカルだったね。ある日彼から届いた封筒、明けてびっくり便せんに穴が開いている。たばこをこすりつけたらしい。文面は忘れたが、1980年代なのでクワンジュやヅカに連帯する手紙だったのかもね。
其のK君と会った場所は、銀だこ前の応援演説終えて、北口に移動する途中でした。「おめーなんでここにおるんや!」といってしまった。
昔の新宿ホコテン、段ボール引いて、焼酎飲みながらダイヒンミンやってたけな。10人同士で誰々さんほしいもやろうぜって提案されてたが、できなかったね。
このように、選挙活動期間中の出会いは、時空間を溶かして、神羅万象宇宙原理で動く面白さを楽しめるのでした。
あと、去る人もいたね。気功師のFさんとひとひとての2人、なんと引越し先が同じだってさっ!ありえなくない!期日前投票、おつかれさまでしたー!
けんちゃん、よく練習したね。・・・・、ひらがなでよかったね。清き感動の1っぴようや。
洋輔の今日は、4.30に向けた駅頭街宣でした。今さっきパンの引き取りを依頼しました。夜は都内某所で支援活動との事、立川のパンが他の地域の活動を応援する。市会議員がそれを媒介する。いいねー。人間一生生徒、生涯現役、議員は公僕、主人公は「おれたち」なんやで。このゆびたかれ、おれたちに。

[PR]
by issei_tachikawa | 2018-06-23 15:11 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_11152407.jpg
5年目だっけ?いやもっとやったかなー。「手作り品青空市場」なので、並みのフリマーとは違います。売り品物は、手作りが要件、ひとがつくったもんとか市場品の持ち込は原則禁止です。
「お高い?」と感じる方もいます。でも、出展者50名以上、年4回続いています。
さんきゅうハウス、まめ吉コーヒーでお役にたっています?よね。
今日は、いつものベテランスタッフが来れないので、京子さんが運転手兼売り手も、ベテラン幸悦も元気で出動。
夜は、クッチーナで打ち上げだよ。おれは毎回宴会部長なので、参加人数集約してオウナーに知らせる役です。
参加者は毎回若干の変化はありますが、ほぼ常連10名弱で決まってます。今日の話題の1つは、市議選かな。いろいろ話題豊富です。
そうだ、楽しみにしてくれている「イッセー通信読者」のみなさまに、お知らせです。
毎月1回、66号までお届けしました。ご近所に約120部、郵送で3部、これからも続けますが、毎月はやめます。
理由は単純です。知らせたいこと、伝えたいこと、紙ベースで、いまあなたにぜひというテーマが思いついたら書きます。月1にすると義務感で続けることになり、本末転倒ですし、コストもばかになりませんから。
あと、正直、さんきゅうハウスに毎日のように通ってますので、現場対応が面白くて忙しいのです。やらされ感はゼロ以下ですから、面白いのですが両面印刷・配布がつらくなります。
というわけで、66号でと待ってまーす。
さてと、ご近所で頼まれた家事代行サービス(鉢植えの水やり、依頼者はご夫婦で海外旅行10日間)やって、これからマルシェに出動です。
雨さん、ザ・レイン・ウオント・ストップ・ミー(雨にも負けずの素敵な英訳)


[PR]
by issei_tachikawa | 2018-06-23 11:15 | さんきゅうハウス・カフェ・対抗文化活動 | Comments(0)
c0219972_10265360.jpg
日本がサッカー弱い理由は、その歴史の短さもさることながら、3つに絞り込めると素人ながら思う。
1つは、何でもやれ過ぎる環境にある。食にたとえるならば食いすぎや!おのずとハングリー精神やどうしてもサッカーという気迫は育ちづらい。ブラジルとか南米しかしらないけれど、テレビも冷蔵庫もない家庭で育つ子もざらにいる。ゲーセンなんかもないから、学校から帰ったら空き地でサッカーっていうのは実に安価で手ごろな遊びなのだろう。つまり生活に根差したスポーツになってる国のサっカー少年は強くなれる可能性が高いということかな。
2つは、基礎体力の問題。日本の子らは、車社会で育つ子が多い。家ではエアコン完備、駅やビルでもエレベーターやエスカレーターは常識。歩いたり走ったりが日常生活では「ウオーキングとかジョギング、さらにはマラソン」みたいに制度化されたところでしかなされなくなる。金のあるやつはジムに通って汗流せるが、イッセーのような◎美(貧)は別にして、生活の中に運動を習慣ズケるのはたいへんてまひまかかる。むりしてつづけるとやらされかんがたかまってきて、すぐにやめてしまう。南米、アフリカ、アジアの子らはどうなのか?たぶん、日本みたいないたれりつくせりの環境で育たない子の方が圧倒的に多いんじゃないの?これが基礎体力の違いにつながるんではないかなー。大谷、田中(MLB)などすごいなおもうけれど、故障が多いのも気になる。
3つめは、民主主義革命の伝統の話。哲学と政治的文化の話。野球と比べると感じるのは監督やコーチ、そしてチーム全体のマネジメントが、日本はサッカー向きではないのかもしれない。
日本野球のマネジメントは、かなり世界レベルでも上位だと思う。ぼくは法政二校から法政大学1年まで野球部だったのでかなり確信もっていえる。だから世界の舞台でも十分通用する。
しかし、サッカー選手に同じようにマネジメントをどこまでてきようできるのか?ぼくはサッカーど素人なのでよくわかりませんが、野球に比べてさらにもっと「個人の動物的原始的な人間力」が問われるのかなー思う。
つまり勝手な動きも時には有効度がたかくなる、のかも。ここはあまり自信もっていえませんが、どうでしょうか?
いずれにしても昨晩のブヤ駅周辺の群衆の盛り上がり、まるで力道山がルーテーズやシャープ兄弟と戦っているときのテレビ観戦みたいだったね。クライマックスのテレビ視聴率55.5%!この一体感、非日常のエネルギーが戦争に向かわないことを切に祈っています。米朝会談実現、米韓合同軍事演習中止歓迎、オスプレイ横田飛来反対(気持ちは阻止ですが、大昔に流行った議論、団塊受け狙い風笑い)
そしてあらためて、九条は世界遺産であること、ぜったいに変えてはならないことを強調したいと思います。3000万署名やりきりましょう!

[PR]
by issei_tachikawa | 2018-06-20 10:27 | 映画・演劇・スポーツ | Comments(0)
c0219972_10030840.jpg
4年前に比べてみました。変化を感じましたね。
1つ、事前投票が増えたのではないか?ぼくは、コンビニで買い物するとき、お金払いながら笑顔でさりげなくパートさんに聞いています。
「もういきました?」って。
それから、路上で会う友達にも同じ質問してます。
今回はイェスが多かった。いや、聞いた人全員がイエスだったのにはおどろきもものきさんしょはこつぶ。(じょーだんや)
気心しれたひとには、「誰にしました?」って聞いちまう場合もある。人をみてね、慎重に大胆に。(ヘビのように聡くトラのように大胆に)このとき、投票先として出てきた人は受かってたね。まあ、これは偶然に一致でショウガ。
事前投票っていうと、沖縄の名護市長選挙、6/10の新潟県知事選挙を思い出すね。自公側はかなり危機感つのらせて組織的に事前投票を推進したらしい。あと、ラインつかっての若者集めの工夫ね。資金も豊富だしな。フェアでないと批判してもあまりいみないだろうな。こっちも対案考えないとあかん。
2つめの変化は、立候補者本人の動きと周りの意識・動きね。オオサーさんに比べると、洋輔は人の言うことに耳傾けられる力を感じたね。どっちが良い悪いという話じゃーないんだけどね。例えば、周りの女性達が髪型、もみあげなどで注文付けると、かれは自分流にこだわらずに素直にかえていたっけね。スーツも夏らしいのに買えたしね。支持者に握手もまめにエネルギッシュにやっていた。島田⇒大沢ラインでは握手ゼロ、てーふるのもそしきだっていなかった。今回はビジュアルにも工夫がみられたのは良いと思う。
3つめになりますが、周りの動きも変化したね。最初の頃、洋輔の勝利を信頼していたのは2人だけだった。あとは比較、迷いの領域だったね。それが、だんだん変わってきて、ラストの1週間では、グループ全体が打って一丸となったかんじ。変わるんだねー、だから面白い。俺自身の動き(演説内容)にも力が入ってきた。2回褒められて嬉しかったよ。同時に「本人だったら大変でそれどころではなかったんだろうなー。」とも感じた。
洋輔の4年間の議員活動の成否を決めるポイントは、双方向かつどうだろうな。草の根民主主義ってやつの地域展開のモデルケースになるかもね。
無から有、そして生そして、ヘーゲルじゃないよ。イッセーです。

[PR]
by issei_tachikawa | 2018-06-19 10:03 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
始まったな新しい立川が。変えよう立川、やさしい街へ、ネットワーキングスタートや!
さんきゅうカフェ月曜日、みやちゃんのめがきつい!やばっ!シェフがアルコホーリックNOW、どないしたらええねん。おまかせするしかないやろ。
実際いちいちこまかいこといわんと、彼がつくるめしめし食っている間に、いろんな人がやってくる。アイ子さん「当選おめでとう!」の喜び共有のためご近所からやってきた。OKOK。西君も、たつやも、ほしくんも、うしさんも、きよしシニアも、だいすけも、きよしジュニアもみんなで喜びを共有できた。
駅前アクションでネットの2人とでっくわした。気の毒、案の定3人ともおちた。当然だと思う。彼らの基礎票はせいぜい3400、稲橋さんだけが独り勝ちで3800票、これでは他の3人全員が1000票以上とれる可能性はまずない。なのに3人が突っ張りあった。ほんまに気の毒としかいいようがない。
ぼくは今日も1時間しゃべってしまって、帰る途中で、立飛の南門近くで、2人の洋輔(山本と田村)と母に会う。このスポットは、何回も大沢豊に会った場所なのです。縁ある人に出会える場所と俺が勝手に決めている場所。彼らは当選証書をゲットしての帰り道なのだ。
そんで、セブンイレブンに寄ったらなんと、山下洋輔さんが!ほんまやで。実は、今回の選挙活動で彼のお宅に2回行ったのですが会えなかったのです。声かけなかった。もう投票終わってるんで。レジのパートさんに、彼の家はこの近くなんだよと教えてあげた。ついでに、イッセーは、1968年ピットイン以来のファンなんだということも。4年後には「推薦人」になってもらえるといいなー。
なんと今日はわずか1日で3人の洋輔と出会えたわけだ。田村洋輔、これからどこへ?山本洋輔、これから4年間の議会活動大変だけど孤立させないゼ。山下洋輔さん、ご近所だしピットイン1968トリオ以来のファンなんでいつでも話せる距離にいる。4年後は山本の推薦人になってくださいね。たのむぜ!!!
さんきゅうハウスのおっちゃんら、がんばったなー、おつかれさまー、とくに勝男さん、安藤親方、たつやくん、ありがとう、おつかれさまーーーーー
c0219972_18131956.jpg

[PR]
by issei_tachikawa | 2018-06-18 18:21 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_02071491.jpg
山本洋輔、1288票のご支持をいただいて25位、見事に当選できました。大沢豊の20年の実績を引き継いで、彼らしさを加えて、4年間頑張ってくれると信頼しています。多くの感動と教訓を残してくれた数か月間でした。事務所では宴会が続いて、若者は徹夜かな。若いっていいなー。明日から駅頭アクション(3000マン署名)再会します。24日はNPO総会です。おやすみなさい。
[PR]
by issei_tachikawa | 2018-06-18 02:13 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_12401923.jpg
日本人との付き合いも72年になります。そういうおれも世田谷(岡本)生まれ東京育ちの日本人、でもちょっとしゃれて「在日・・・」とつけている。あくまでしゃれだよこだわってやしません。
ようすけ、だいぶ変わってきなー。そして俺自身もね、変化している。良いことだ、で、変わらん人もおる。
大沢くんやね、昨日の夜街宣、立川駅南口に安どー親方現る!最初の内はえらく機嫌がよい。写真のように通行人に向かっててー振っている、100マンドルの笑顔で。
しかし急に顔つきが険しくなっておれに怒ってくる。「今日ここでやってること、なんでおれらにしらせねーんだ。おれだって洋輔応援してんだぞ!」っていうのが彼の言い分。よくわかりますが、酒飲んでるぜ。おっちゃん酒くせー。下手すれば逆効果やで。
でも、事務所に帰っておおさーさんに報告したら、満面の笑顔なんですよね。彼って、困ってる人にはとことんやさしいんだよな。「ガード下の靴磨き」(宮城まり子)聴いてやってください。
さて洋輔ですが、すでに「師匠」を超えている部分を発見できました。
1つ、わかりやすい人だね。自分の悩み、主張、人源関係などじつにたくみに(hpゃ漫画で)世間に知らせる努力をしている。伝えようとしている。伝わっているかどうかは次の課題ですが。
2つ、駅で演説してると立ち止まって聞いてくれる人をみつけると、素早く飛んで行って握手、お辞儀、会話!おおさーさん、しまださん、こういうの苦手なんですよね。苦手通り越して「やらない!有権者にこびない!」なんておっしゃってた。
3つ、親戚と同世代が集まりつつあります。ここがおれとしてはめっちゃうれしいっす。「若者街宣」第1回目成功、第2回目は6月16日(土)3時から5時まで、場所はたぶんJR立川駅北口か南口かですが、わからなかったらイッセーに電話してね。
「多世代交流しましょう」という洋輔からのメッセージもついでにお届けします。
c0219972_12410786.jpg



[PR]
by issei_tachikawa | 2018-06-13 12:41 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_15594419.jpg
昨日の夜の駅頭での話、実は前の晩3時ごろにひらめいたことばをメモして、わかりやすくしゃべろうとしたのですが、例によってネバーエンディングになってしまい、夜の会議で「これからの5日間は1回5分以内にします。」と約束せざるおえなくなりました。
約束は守るよ。
ということで、「理由の1」は「悩みの共有」なのです。
今時の若者にもこんな人おるんやと知って嬉しいぜ。たちコー、ひとつばし、就職4年目といえば、そのままつとめておれば人生何とかなるのは間違いなかった。
そこで誘われて考えた。いや、さそわれるまえにすでに相当考えに考えていたと察します。彼がhpの漫画で語る「100円のチョコレート」の話、「そのうちいくらが生産者にいくのだろうか?誰が利益を独占しているのだろうか?おかしい世界、何とかしたい。」この疑問こそが、学問、世直しの原点だよね。
「人は悩んで大きくなる。」(野坂昭如)ようすけも、おれもそういえる。おれも10代の終わりに、ベトナム戦争に加担して特需で儲けている日本の資本主義と自分が許せなくて、ベトナムの戦地で弟のてえ引いて泣き叫びながら逃げ惑う姉ちゃんの姿がいつの脳裏に浮かんでいて、他の要因もあって十二指腸潰瘍になったこともあります。
洋輔もいちじはかなりやばくて、BIGISSUEの金子さんに救われたとも聞きます。で、考えたんです。
一攫千金たくらむ人だったら、今事実を立候補時に公にするかなー?って。ふつーしないでしょ、それをあえてオープンまいんどしているところ。
やまもとようすけ、まっすぐですよ、うそつけない、死んだふりもできない、うらぎれない、逆に心配になるよ。おおさーさんに学んだ方がよい?(悪い冗談や)
今日の話もやたらながっ!
推薦理由2と3は後日にします。
かつおさん(さんきゅう利用者)腰痛めてるのに、今日も夜街宣に参加してくれる。うれしいぜ。6時~8時まで、南口でやるよ。ギャーティギャーティハラギャーティハラソーギャーティ

[PR]
by issei_tachikawa | 2018-06-12 16:00 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)
c0219972_23371655.jpg
朝から小雨のためにいつもは1人でチャリこいで23か所はるのですが、今回は運転手付き、ありがとさんでした。おかげさまでペースはいつもの倍で、1時間半かけて11時半には終了し、事務所で冷やし中華ごちそうになりました。チョー大盛、さんきゅう仕様やねんで。
たっぷり昼寝してから5時半以降の駅周辺街宣参加。銀だこ前で元幸小学校PTA会長さんと再会、たのむよー!
その後、モノレール下のデッキに移動しようとしたらなんと、元ふわっとの加治に会ったぜ。偶然ですが、今朝町を歩いていて40年前に彼から届いたたばこの火で穴が開いた手紙の事思い出してたんですよ。マーなんて偶然なんだろ。必然?
立候補者数は43どまりのようです。44番以降はポスター未添付なんで。29番は本日10時時点で、まだ張ってませんから、やめたのかも。仮に43人が立候補してるとすれが、28名枠ですから、15名は落選する。
さっそくポスター見ながら当落を予想してみましたところ、13名が確定、2名のすれすれがいて、さらに2名の方がどうなるかというところ。選挙は生き物ですから、17日の11時頃まで詳細は分かりません。いずれにしても接戦だからこそ、・・・当選目指すのです。
今日も、応援演説では、2つの事を強調しました。
1つは、なんでおれはようすけのことを推薦するのか
2つは、6.17に向けてすそ野を広げるために、どんな選挙活動をしてきたのか、そして得票率55%めざすこころがまえとやりかたです。
足元をかえられるか?40歳までに投票したのは3回だけ、戸村一作、奥崎謙三、市川房枝にいれたけな。京都ではたのまれて中山千夏さんの選挙の手伝いを数時間やったが「記者会見はホテルで(学生食堂では世間体がわるい)」という事務局とケンカしてすぐにやめてしまった。
考え直してみると選挙、民主主義、革命の路線について今とはかなりちがっていました。選挙に行かない人、政党支持がない人、未来に絶望的な人になおさら訴えたいです。うだうだいわんといっしょにやろうぜって。
銀だこ前では候補者本人27歳に続いて、21歳、32歳、25歳と若い声がきけたのはすてきでした。一抹の寂しさは禁じえませんでしたが、とーぜんだよな、長い未来が展望できる人らに主役になってもらう方が面白い。
明日もがんばろう。新潟県知事選挙、沖縄の名護市長選と同様の敗北パターンか?残念ですが、あきらめない、いそがない、ゆっくり楽しみながらですね。残り28年(プラス20年)


[PR]
by issei_tachikawa | 2018-06-10 23:37 | 足元から社会を変える(政治・社会革命) | Comments(0)